--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.11.23 01:05|Bevalling/ 出産
ブログ上では、ご報告が遅くなってすいません…

11月上旬に、無事、第二子となる男の子を出産しました!!名前はソラチェです。
どうぞよろしくお願いします!


08112013 (7)

無事に、元気に生まれてきてくれて、ありがとう!!毎日、新生児のふにゃふにゃした顔や手足、表情にミレチェのときの懐かしさを感じつつ、2人目の誕生に幸せをかみしめている日々です。

さて、お待ちかね(?)出産までの流れは以下のとおり。

予定日を1週間過ぎた。思い切ってアムステルダムまで足を伸ばした。昔住んでいたKinkerstraatへ…青空マーケットやら、本屋さんやら、オリボレンの屋台やら、懐かしいところばかり。なんだかほっとするオランダの下町。ここへ来たのはじつに久しぶりだった。お腹の赤ちゃんは、わたしが出産前にここへ来ることを望んでいたのかもしれない。そういうことにしよう、うん。そろそろ出ておいで~。

夜になっても兆候なし、だったので、satotjeに就寝前に「陣痛促進」という、名ばかりの普通のマッサージをお願いする。気持ちよくて思わずソファの上でうたた寝…。目が覚めてからトイレに行ったら、なんと!破水が始まったような感覚(初産のときは、破水は自然に起こらなかったので、それが破水なのか不確かであった)。いよいよ来たかも!どきどきしながら、ひとまず就寝。眠れるときに寝ておこう。陣痛が始まる前に。が、陣痛らしきものは午前12時から徐々に始まっていた。その後、緊張していたのか、意識しすぎていたのか、全然眠れない。

1:00am 陣痛の感覚が20分ごとに来ていた。え?!ずいぶん早い気がするけど…。携帯電話の時計とにらめっこ。

2:00am 15分ごとに変わったので、その時点で助産師に電話。この声は聞いたことある。研修生?!「10分間隔になったらもう一度電話ください。」と、その研修生らしき女性にいわれて、電話を切る。

2:20am やっぱりもうすでに10分間隔になっている(ずいぶん早い)!! 再度電話したら、「それではいまからすぐ参ります」とのこと。電話の裏ではなぜか騒々しい音。後ほどわかったことだが、このとき別の赤ちゃんが病院で生まれた直後だったらしい…。

3:00am 助産師到着。電話に出た研修生も一緒。「ごめんなさい、電話ではいい忘れたけど、研修生が付き添ってもいいかしら。」と聞かれる。すでに痛みが増してきていたので、そんなことはどーでもよく、ただうなずいていた(と思う)わたし。

4:00am 子宮口が最初の3,4cmから6cmになる。本来はここからまた徐々に大きくなるはずが、一気に10cmになった。この世のものと思えない痛さと自然と出てくるわけのわからない涙で正気ではなかったが、助産師2人とsatotjeの声がけでなんとか生きていると実感できたくらい…。

4:25am いきみ開始。無我夢中。

4:34am
 ソラチェ誕生。生温かい息子を胸元にのせられたときの安堵感と、泣き声を聞いた時の感動は、いまでも鮮明に思い出せる…

身長は53cm、体重は3380gと、オランダ人の生まれたての赤ちゃんの平均的な大きさ。五体満足で健康に元気よく生まれてきてくれたことが、なによりの幸せであった。研修生を連れてきた助産師のシャーロットとは、じつは初対面であったが、とても落ち着いたひとで、わたしも忠実に指示に従っていたので、今回もずいぶん褒めてもらえた

出産には間に合わず、生まれた直後に到着した助産師のアシスタントさんであったが、出産後のシャワーに付き添ってもらい、ベッドも綺麗に敷きなおしてくれた。シャワーでは、前回もそうであったが、かなりの出血があり、からだは貧血だったのであろう、何度もよろめいて倒れそうになった。今回はまったく睡眠を取っていなかったこともあって、途中で睡魔に襲われ、余計にふらついていたようだ。satotjeに支えられながらも、そのままベッドになだれ込んで、その日はもうほとんど動けなかった。

その後、今回も産後ケアをお願いしていたMihoさんが8日間、赤ちゃんの世話や、わたしの健康管理、掃除洗濯などをしに来てくださっていた。母乳が出始めるまでの最初の4日間は、寝不足と後陣痛の痛みなどでつらい日々だったが、母乳が順調に出始めてからは、よく一緒に笑い話をしたり、ご飯を作ったり作ってもらったりと、楽しい日々であった。

 16112013 (8) 16112013 (26)

Mihoさんは、これからも繋がっていたい「オランダの母」なるひと。

さて、ミレチェはどうだったか、というと、出産した当日、夜9時に就寝して朝9時までぶっ通しで寝ていたという、いままでにない快挙だった!騒々しかったであろう寝室の物音にも気付かずに寝てくれていたのであろうか…真相は分からないが、とにかく出産時にちゃんと空気を読んで寝てくれていた娘にはほんとうに誇りに思った!!ソラチェと対面時には、どんな反応をするか楽しみだったが、その様子を見るやいなや、涙があふれ出て止まらなかった…。「さっきまでお腹にいたのにね。いまここにいるのがその赤ちゃん。びっくりやね」。そう教えてあげたのがおかしかったのか、相当嬉しかったのか、娘はソラチェの横でがははー、と大笑い。わたしたち親もそれを見て思いっきり笑ったっけな。。 出産した寝室で、ソラチェにおっぱいをあげていると、出窓から外の景色をぼーっと眺める時間が多くなった。夕焼けの綺麗な空に、鳥の群れが右へ左へ流れていく。その様子を見ているだけで、自分はこの部屋で二人の命を授かったことを思い出し、とても感慨深くなるのであった。自分が死ぬときは、この部屋ならいい、なんて考えたりもする。そんな、極めて特別な空間になってしまった。

08112013 (25) 08112013 (22) 13112013EOS (7)

ミレチェのお姉ちゃんぶりには、驚かされるものがあり…。少し台所で忙しくしていて、子供たち二人がリビングにいるときは、お姉ちゃんに「ソラチェをお願い!ちょっと見てて~」というと、お姉ちゃんはなんと弟に湯たんぽを持って寝ているそばにそっとおいてあげていた!そして頭をなでたり手を握ったり…。わたしがソラチェで手が離せないときは、赤ちゃん人形のおむつを換えたり、ベッドに寝かしつけたり…本当にわたしの行動を見てるのが分かる!2歳児なりにも、世話の焼き方を知っているなんて格好いいぞ!!二人がこれからどんな風に成長していくのかを見るのが楽しみだ。

スポンサーサイト
2013.11.04 23:27|Bevalling/ 出産
もうすぐ41週になるので、今日は夕方に買い物に出かけて、その後検診へ3人で行ってきた。今日の助産師の担当は、予期もせず、ミレチェの出産時にお世話になったMarleenであった。わたしは、彼女のことは他の助産師から聞いていたのだが、本人は第2子を出産して産休後、先週末から職場復帰した、とのことだった。いっぽうで、彼女もわたしたちのことを覚えてくれていて、最初はミレチェのことで話が膨らんだ。ミレチェの出産のときに、受け取ってくれた助産師さんとの再会…なにか、感慨深いものがあった。検診のはじめと終わりに、必ず助産師と握手するのだが、今日の娘はなんと、自ら手を出して握手。それをみて、なんだかほろっと来てしまった…。

肝心の検診は、とくに赤ちゃんに問題はなく、心拍もわたしの血圧も良好。今日から4日後、まだ生まれていなければ、エコー検診となる。

彼女は今週末、当直だそうで、「土曜日の出産ならわたしに任せて!きっとまたそのときに!」といわれたが、果たしてどうなるやら。

ここ最近は、こうしてゆっくりブログを書く時間があるので嬉しい。オランダ語も書き続けて磨かないとね。毎回、メールでチェックしてくれる近所のオランダ人、Henkさんにはいつも助けてもらってます!

続きを読む >>

2013.11.02 23:24|Bevalling/ 出産
出産予定日は、かなり構えて待っていたけれど、なんの兆候もなし。丸2日過ぎた今日も、うーん。。前駆陣痛?みたいなものは少しあったけれど、1,2回感じただけ。

おおーーーーい(コンコン)。起きてますか~~~。 笑

前回はこんなに悶々と過ごしていただろうか。動こうにもからだがもう重すぎて動きにくい。動悸がする。昼間は眠すぎる。ベイベは胃からようやく下がってきたのに、また胃を圧迫される感覚が、プラス、横腹まで広がって重~く痛くなってきた。。お腹の皮膚は伸びて、かゆいのなんのって。巨大児になる前に、どうか出てきておくれ…。

買い物や料理を率先してしてくれるsatotje。いっぽうで、相変わらず「~しない!」「~おしまい!」と言ってはわたしと真逆なことばかり言って困らせてくれる魔の2歳児を相手にするのも、気晴らしになるし。笑

さぁ、ここまで来れば、本当に安産であることを祈るのみ。どうか皆様、そう祈っていてください!

続きを読む >>

2013.10.18 13:40|Bevalling/ 出産
あっというまに38週目まで来ました!!37,38週といえば、もういつ出てきてもおかしくない時期。気持ちの準備は、できているようなできていないような、複雑な心境!はやくベイベに対面したい!という気持ちと、もう少し居座っててくれ…(笑)という気持ちと。先日、検診してもらったDe verloskundige(=助産師)によると、お腹のベイベはすでに下に下がってきており、出てくる準備は出来ているけれど、実際に出てくるのはやはり予定日前後でしょう、とのことだった。今日はミレチェを託児所に預けてから、市内へひとりで外出。コンタクトレンズや化粧品やら、出産後しばらく出歩きにくいことを考慮しての買いもの。が、歩いているとだんだんお腹が張ってきて痛くなるので、できるだけゆっくり歩くようにしていた。今週末の遊ぶ予定が終わったら、あとは基本的に自宅待機。外に出るのは散歩と買い物だけにしよう…。

今回は、母親が来蘭しないため(時期をずらしての来蘭予定)、出産後の家事(掃除に食事)を頼れるのは、基本は旦那のsatotjeだけだ。とくに、しっかり母乳をあげたいので、食事はがっつりお願いしたいところなのだが…。ただ、幸いにも、いろんなひとたちが「手伝いに行くよ!」「ミレチェ預かるよ!」と声をかけてくれているので、本当に皆さんのご協力のおかげなのである。

なかでも、愛知の義父・義母が送ってくれた和食材ほか、ミレチェが喜びそうなものも山盛り送ってくれたことには本当に感謝!!

18102013 (9) 18102013 (2)

さっそくアンパンマンのDVDを見て大はしゃぎする娘。

先週末は、お仕事の関係でオランダに再度来蘭していたNaniwa-Sさんからも、和食や日本の雑誌をいただき…ありがとうね!

satotjeは、前回の出産時もそうであったが、率先して子供たちの準備をしてくれるから助かる。Naniwa-Sさんのヘルプをお借りして、IKEAへ久しぶりの家具買出しへ行ってきてくれた。買ったものは…

ミレチェの洋服箪笥
ミレチェのベッド(長さ160cm)マット、ブランケット、カバーなどもすべて
リビング用の本棚
(車に乗らないので、搬送してもらった)

これらを合計すると結構な出費 かつ、IKEAといえば、もちろん自分たちで組み立てないといけないわけで。

02102013 (34)

日曜大工さん。

ミレチェも、釘やねじを打ち込む音を、生まれる前から聞いて慣れ親しんでいたせいか(?)、組み立てのお手伝いは進んでしてくれる。え?邪魔なんてしてませんよ!!

それでミレチェ、ベイベそれぞれの洋服タンスが整理ついた。一応間に合った

Mireis klerenkast(2) Mireis klerenkast(15092013)

この日曜日は、ミレチェのベッドと、リビングの本棚を作ってもらう(予定…)。

そういえば、ミレチェの一人でベッド寝訓練だが、まぁほどほどに順調である。寝かしつけてから、ベビーベッドに移動しているのだが、夜中に起きてしまうのは、6、7割くらいだろうか…。起きてしまう回数としてはまだまだ多くて、夜中に様子を見にいくのが大変だけれど、ベイベが生まれてくれば、必然的に一人で寝てもらうしかないから。寝顔も、そばで寝ていることも、どうしようもなくかわいいのだけれど。

最近は娘も、自らわたしのお腹をさすってくれたり、プーさんや赤ちゃんの人形を使って、おむつを換えたり、ミルクをあげたりする真似ごとをしている。わたしが声かけしているように、「あぁ~汚い!」とか「おいしいね~」とか、まったく同じような口調で話しかけているのが無性にかわいい娘(笑)。弟が生まれたら、たくさん手伝ってくれるといいな。一緒に子育てしようね、小娘ちゃん!笑




2013.08.04 21:55|Bevalling/ 出産
日本に里帰りして、帰ってきたらあっという間に次のベイベの出産までもう3ヶ月を切ってしまった…!!早い!

と同時に、ミレチェはどんどん成長し…そう、先月にとうとう2歳を迎えました!

世間一般には、「魔の2歳児」と言われる年齢に突入。いやいや、そんな「魔」と言われるような言動、行動はすでに1歳半を過ぎたくらいから出てたけどね。。ミレチェはわりと外面がいいというか、内弁慶というか…まわりからはよく「相談したくなるような、落ち着いた、クールな女の子、etc.」としての評判が高いみたいなのだが、家にいるあいだは、踊り出すわ、ジャンプしまくるわ、うまくいかないことがあれば床に伏せて泣きわめくわ…で騒々しいったらありゃしない!毎日の就寝も21~22時ごろと遅く、その時間まで付き合っているので、夜はいつもへとへとでそのままわたしも寝てしまうことも多々。まぁ、それでも寝顔を見ればかわいさは100倍で、また起こしたくなるんだけどね。笑

さて、出産までにミレチェとベイベのためにできるだけはじめたいことがいくつか…。

 トイレトレーニング!
子育てでこんな面倒な(笑)過程があるって、考えてなかったけれど、そろそろ「お○っこ」「う○ち」などを事前に知らせてくれるようになったので、トレーニングを始めてもいいかと思っている。というより、できれば、ベイベが生まれるまでにおむつが取れたら…なんて軽く思ってたけど、さすがにそれは無理だろうな おまるに関しては、家におまるを置くのが嫌なので、即、子供用便座("toiletverkleiner")ではじめようと思っているのだが、果たして(まず)座ることができるだろうか?!

 一人寝への移行トレーニング!
オランダではよく驚かれてしまうが、2歳児になったミレチェといまでも3人「川の字」で寝ている。ベイベが生まれたらダブルベッドに4人寝るのはあまりにも厳しい。提案としては、①ベイベを生まれたときからベビーベッドに寝かしつけて、ミレチェはそのまま、川の字で寝続ける。②ベビーベッドをいまの寝室に移動させて、そこにミレチェを寝かし、ベイベは添い寝。③ミレチェ用(2歳児~)のベッドを買って、自分の部屋で寝させる訓練をする。ベイベは添い寝。

いずれもメリット・デメリットがあるのだけれど、今回も母乳で育てたいとなると、ベビーベッドでのベイベの出し入れは、じつに面倒で体力がいるので、できれば添い寝がいい(①はよっておそらく消去)。いっぽうで、娘が自分の部屋で寝ることになった場合、慣れてきたとしても、ベイベが生まれてからは、「自分が疎外された気分」になる可能性があり、夜泣きなどしかねない。夜中に二人が交互に(または同時に)泣くのは極力防ぎたい…となると、③も可能性低し。というわけで、おそらく②でどこまでできるかやってみよう、ということになった。まだベッド動かしてないけど。

 娘の部屋?
ベイベ用の洋服タンスもきっと買うことになるだろう。2つある(しかない)子供用となる部屋を、いったいどうやって分けよう?いまは2つのうち、ひとつは電子ピアノや本棚、机にソファと置いているのだが、ここもちょっと整理せんとね。屋根裏部屋をうまく活用できるといいんだけど、なんせ狭い。でもおなじ間取りで5人家族の家庭もあるこの長屋の家。どうやってやりくりしてるんだろ…。あともう一部屋でもあればもっとゆったり使えるのにな。

家族がひとり増えるっていろいろ考えないといけないことが多い。そうこうしているうちに、娘はあと2年でオランダの小学校?!学校選びもぼちぼち見ないといけないし…。子供の成長は待ってくれない!親のわたしも、一緒に成長していかないとね。。

長くなってしまったけれど、ひとまず「育児の現実」を書き留めてみた。おなかが大きくなってきて、仕事との両立も、だんだん大変になってきた。帰って来たら疲れてヘトヘト。でも睡眠だけはできるだけ取るようにして…しばらく連休なので、ひとまずゆっくり休みます

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。