2013.12.18 00:48|pasgeboren/ 産まれたて
ソラチェあてに頂いたもののご紹介です

30112013 (21)

まずはこちらの命名書なるもの。日本からAiちゃんが送ってくれた!前回、ミレチェのときに作ってくれて、すごく気に入っていたので、ソラチェの分も迷わずお願いしてしまった。和風なテイストがオランダ人にもウケがいい。これは一生に残る宝物!本当にありがとう!


11122013 (5) 11122013 (21)

高校時代からの親友のKamacchiからは、さすが神戸っこならではのファミリアのセーター!申し訳ないくらい高級なセーターで、でもこのかわいさはオランダには決してないもの。大切に使うね!

11122013 (13)

↑フィンランド人でいまはスイスはチューリッヒに住むベリンダから届いたもの。フランス製らしいKalooといううさちゃん人形は、手触りがとってもソフトで気持ちいい。marimekkoの生地を使って手提げ袋も作ってくれた。

11122013 (9)

Reebokのスニーカー。ファーストシューズになると思うので、それまで大切に温めておきます!

他にも…ご飯を作って持ってきてくれたにじいろ会のママたちや、生まれて初めてのkraamvisitieだった隣りに住むコックおばさん、近所の仲いいマノン、カードだけでも送ってくれた友達まで…ありがとうね

このブログの記事も、じつは何度も中断して今日で開けるのが3回目、という、なかなか通して書ききれない現実。ま、仕方がない。

そう、この「仕方がない」というのが、最近よく口に出したり頭で考えたりする言葉で、本当にその通りなのである(笑)。ソラチェが泣いている→仕方がない。ミレチェがぐずっている→仕方がない。二人とも泣いている→あぁ~仕方がない。。 まず、「その言葉」が出てきたら、つぎの行動に移すまでが妙に落ち着きをはらっている自分がいる。なぜって?あせっても苛立っても、なにもいいことないから、ただそれだけ。ミレ・ソラを順番に対応するしかない。二人いっぺんに泣き止ますことはできないから…。

でもこれは、少なくとも落胆するような、悲観的な対応ではない、と思っている。わたしはなるべく笑顔で楽しく接するようにしている。それも、不思議と自然に出てくる。実際、子供たちはとても可愛いから。なんだろうな…ミレチェ一人のときより、子供「たち」がすごくかわいく思えるのだ。2児の母になると、余裕が見られる、と言われるのはこういうことなのだろうか?子育てを一通り経験して慣れている、ということもあるけれど、何と言っても新生児であるソラチェの泣き声が、たまらなく愛しい。もちろん、何か用事をしているときに泣かれるとそうは思う余裕はないのだが、たいていはこの感情がわいてくる。

それで、昔ミレチェが生まれたての頃に書いた記事を読み返してみることにした。「なぜ泣いているんだろう」「どうして寝てくれないんだろう」そんなことでよく悩んでいたような気がする。なんで悩んでなんかいたんだろう。たぶん、いままで自分で好きなことを好きな時間にできていたことが、四六時中ケアしなければならない赤ちゃんに時間を拘束されて、また、こんな風でわたしは親として正しいのだろうか、という不安とストレスがたまっていたのかもしれない。

いまなら、冷静になってわかる。赤ちゃんは泣くものだ。赤ちゃんは寝たり起きたりを繰り返すのだ。赤ちゃんはたくさんおっぱいを飲むのだ。ただそれらは、大人と一緒で、日々リズムがあって毎日違うのだ、ということ。子供たちにほぼ一日のすべての時間を費やしている。二人が一緒に昼寝したときには、普通の2倍ほど大きい安堵のため息が出る。二人目の育児…ソラチェが泣いていれば、「おなかが減った」だけではなく、「眠い」「ゲップが出そう」「うんちした」etc.の理由があって、その原因が分かれば「なーんだ。そりゃぁ仕方ないね。」と笑っておしまい。一日を振り返って、そんな冷静に判断できるようになった自分に、少し母としても成長したんちゃうん?!と褒めたくなる。

…ま、今のところ、だけどね。苦笑 

今日も、近所の散歩だけで1時間を費やした。まっすぐ歩かない、あちこちで止まっては葉っぱや木の枝を拾ってくる。ほうってバギーに乗った息子と二人だけで先に進みたいところだが、車道のあるところはそうはいかない。前を見ずにキョロキョロしながら歩いているから、危なっかしいったらありゃしない!まだ家でやることも溜まっているから、「早く歩いて!」とついせかしてしまう。でも、今日はくじらのような大きな雲が広がった冬の青空だった。それを見上げて歓声をあげている娘を見ると、なにもあせらなくてもいいな、と思う。こんなのんびりした時間、今しかないんだし…楽しまないとね。結果、3人で楽しく帰ってこれたことがまた嬉しい一日であった。



2013.11.28 12:31|pasgeboren/ 産まれたて
ソラチェが生まれてから、すでにたくさんのカード(日本からも!)やお祝い品を頂き、そして直接訪問してくれたひとたち(Kaambezoekje, Kraamvisitieという)にも…みんなありがとう!!

一日ずつ、ご紹介しようと思っていたけれど、ちょっと追いつきません。。ごめんなさい
…と、たくさんの方に見てもらえるのは嬉しいけれど、やっぱり疲れが出やすいので、なかなかPCにも向き合えず…。今日は貴重なミレチェの託児所の日=家のなかが静まり返っている日 なので、なんとか落ち着いて座っていられる。ほっ。

頂いたもののなかには、ブランケットや、花束や、洋服や、おもちゃや、ケーキや…本当にありがとう。今回はちょっと、手作りで頂いたものだけ簡単にご紹介。

ソラチェが生まれて9日目に、さっそく来てくれた、Hiroshiシェフのこの作品…。

17112013 (17) 17112013 (12)

野菜をふんだんに使ったテリーヌ!!!祝・ソラチェの名前入り+家族4人の蝶々が。

これがテーブルにサーブされたときは、ルクレーゼのお皿がかぶさっていて、そのうえになにか料理を出すのかと思いきや、このなかにこんな素敵なテリーヌが隠されていたのである。添えてあった特製ソースもまた美味。

25112013 (39) 20102013 (4)

週末は、Miyaちゃんがリクエストに答えてくれて、赤飯を炊いてきてくれた!晩御飯にぺろりと頂いたよ!出産前のベビーシャワーも一緒に。

25112013 (42) 25112013 (46)

Yukkyさんが作ってくれたベビーシャワー(すでにミライチェ&ミレチェに壊されてしまったが…)。こんなラッピングを簡単にしてしまう彼女は本当に器用。日本のお土産もたくさんありがとうね!!

わたしも、職場にミレチェの託児所に…muisjes beschuiten を飽きるほど作る毎日で…。笑

25112013 (37) 25112013 (15) 25112013 (3)

これだけ作っては間食していると、このクッキービスケットも美味しく感じてくるから不思議である。日本人はこの「アニス(Anijs)」という薬草の種の味が苦手なひとが多いが、チョコレートコーティングされているので、さほど強い味は感じられない。

当人のソラチェも、すくすく大きくなってきている。

26112013EOS (25)

ミレチェによく似ていること!でも髪の毛の多さと、耳のかたちがずいぶん違うな~。3週間経って、最近はキョロキョロまわりを一生懸命見ることも多くなった。まだ、ものを目で追うことはできないみたいだけど。いろいろな音を聴いたり、目で見たりして確かめているんだろうな。赤ちゃんのパワーってほんますごいわ。

最後に、ソラチェー「ソラ」と命名した所以はというと。単純にその名前が好きだったこと、わたしたちが「空」が好きなことから。また、ミレチェの「ミレ」とソラチェの「ソラ」で、音階の一部であり、まさに音の響きがいいと思ったこと(他人から聞けばなんだその理由!と思うだろうけど…笑)。漢字の「颯」は颯爽(さっそう)から来ていて、「良」と合わせて、男らしく、きびきびと、さっそうと生きてほしいことを願って。名前には、親のいろいろな思いが詰まっているものなんだね。オランダ人も読みやすくてかわいい名前!と評判よし この名前とともにすくすく成長しておくれ!
2011.12.17 23:48|pasgeboren/ 産まれたて
本当に、PCの前に座っている時間がありません…笑

先々月、携帯電話をついにiPhoneに変え、だいぶん使いこなせるようになったものの、携帯からのブログのアップはまだまだ。書き出すと止まらなくなってしまう(長くなる)ので、iPhoneのキーパッドでは時間がかかりすぎる…。実家の家族はこれで母以外みなiPhone。Viberという無料で話せるアプリも知り、家族とも時間だけ気にしてお金は気にせず話せるようになり、やっぱりリアルタイムで話ができるのは嬉しい。

最近のミレチェ。腰もずいぶん座ってきて、手を前について座っていることはほぼできるように。あとは、ひとりごとが多くなり(笑)、寝言?も発するように…。かわいくてたまりませんっ

06122011 (2)

こんな感じ

ひとつ、わたしが手を焼いていることが…。とにかく、起きている。赤ちゃんは、夜9時くらいには就寝して、早朝に目覚めるものだと思っていたけれど(とくにオランダは、小学生でも9時に寝る)、ミレチェは、とにかく寝ない。朝7時前に一緒に起きてから、一日中家で過ごすときはとくにそうだ。30分寝たら目が覚めて「遊んで~」と泣く。夕食を食べていたら「一緒に食べたい~(おそらく)」とせがんでぐずる。夜9時になって、ようやく目をこすって眠そうにするので、ベッドルームへ連れて行く。そこからが、ほんとうの地獄の始まりだ… 何度母乳をあげても、寝やしない。薄暗い部屋の中で目がパッチリ それで、寝返りの練習をしたり、鏡の前で踊ったり(笑)…疲れて眠くなるようにもって行くのだけれど、あまり効果なし。むしろケラケラ笑ってるじゃないか。シャワーを交代で浴び、わたしが入っているあいだは、「いつも」satotjeにそばにいてもらっている(でないと泣き出すから)。先日シャワーを浴び、出てくると、寝室は静まり返っていた。「はぁ。やっと寝たかな。」と安堵の顔でのぞいてみると…

パパと二人で携帯で写真撮ってるし…

にやけているパパ。にっこり顔のミレチェ。かける言葉なし。「…はいはい、そのへんでもう終わり。もー寝るで!!」と気合い入れて布団をかけ、再度寝かしつけ。それで結局、ミレチェが深い眠りに落ちるのは11時。結局、毎日2時間ほどだらだら時間がすぎてしまうのだ。そして、2時間後くらいにはまたおなかが減って起こされるわけで…。

そんなこんなで、毎日ほとんどミレチェと一心同体で動いている。粉ミルクにすれば、眠りも深く長くなるかもしれないけれど、結局それもしていない。いつになったら、ミルクの回数は減るんだろう。もう体重は平均を大きく上回っているから、そんなにいらないはずなんだけど。

17122011 (8)

まるでアラレちゃん。キーーーーン

じゃあどうして今は、ゆっくりブログをかけているのって?パパがバケーションに入り、面倒を一緒に見てるから。少し、自分の時間も取り戻せた感覚。はぁ。。 まぁでも、家族みな風邪も引かずに元気いっぱいなのは、いいことだから、とりあえず良しとしよう。それに、外出するときは、びっくりするくらいよく寝て静かでお利口さんなので助かる。

だから、明日からのプチ旅行も、車中ではよく寝てくれるだろう、と願っている。ところで、パスポートがようやく出来上がった!デン・ハーグまで取りに行ってきました。

17122011 (18)

自分でちゃんと持ってる(笑)

これで国外も出られるよ!よかったね。今回は国内だから結局要らなかったけれど。また戻ってきてからのお楽しみ。みなさんも、素敵なクリスマスを!
2011.12.09 02:57|pasgeboren/ 産まれたて
新居に引越ししてから、広告がたくさん入るようになった。週末はとくに、袋に包装された大量の広告が、どさっと音をたてて郵便受けに入る。新聞も合わせれば一週間で結構な量になる。紙のゴミはリサイクルされるからいいけれど、これからはもっとペーパーレスにしていくべきだと思う。

ところで、satotjeの広告好きは相当なもので、ソファに座ったらまず広告チェック!するくらい、主夫としても目が肥えている(笑)。そして、このひともやっぱり親子だからか…

202020.jpg

目が見開いてるけど?  興味津々。(↑1ヶ月前の様子)

最近は、その広告をなんとかつかんで自分で読もう(見てるだけか)とする。このくらいつき度は普通ではない!?

07122011 (4) 07122011 (5) 07122011 (10)

クリスマスの広告が…


くしゃしゃにしたり、なめたり、片手でもって振ったり、わたしがページを破って見せると驚いたり。すごいのは、手元から離れると、両足ではさんでまた手元に持ってくること!(最近、足ぐせが悪いのなんのって…笑)その行動逐一が見ていてほんま微笑ましい…

ところで、オランダでは、新年が明けるといっせいにあちこちで花火が上がるのだが。アムステルダムに住んでいたときにはひとつも入っていなかったこの広告の山!!

Image008392348.jpg

花火売ってます、の広告 。

ひとつ大きいのを買えば、7,8千円は軽くする、決して安くない買い物。アムステルダムでは、新年が明けると家の前は花火と爆竹で大騒ぎだったけれど、この住宅街はいったいどうなんだろう。初めての年越しが楽しみだ。

続きを読む >>

2011.12.01 22:25|pasgeboren/ 産まれたて
昨日は、アムステルダムまで出かけた。車で約30分。高速道路の運転もだいぶん慣れてきたけれど、ミレチェが後ろに乗っているぶん、つねに緊張が走る。必ず安全運転と無事故運転を心がけて

まずは、自分をリフレッシュ!前回のパーマ&カットに続いて、カラーも入れてみた。は~すっきり。臨月のころからずっと放ったらかしにしていたので、やっと自分にも目を向けられるようになってきたことにも嬉しかった。ここで元同僚にも遭遇!!といっても、ここでよく知り合いとばったり会うことが多いんだよねミレチェはずっと寝ていたけれど、成長ぶりも見てもらえたかな?

そのあと時間が迫っていたベビーマッサージへ。思っていた以上に道が混雑していて、到着は、ほかの皆さんより大幅に遅れての登場。あ~ぁ。このベビーマッサージの講師をしてくださるのは、産後ケアでも大変お世話になったMihoさん。Mihoさんとは、娘さんのピアノ繋がりがあるので、あまり久しぶりでもなかったけれど、ミレチェにとっては生まれて1週間後以来だった。Mihoさんとミレチェの感動の?再会に感極まっているわたし…笑

ベビーマッサージって?母に話をすると、そんなものはわたしの頃にはなかった、という。わたしも、「赤ちゃんがマッサージなんて、ちょっと贅沢」ぐらいの気持ちで臨んだのだが、実際終わってみると、①ミレチェの肌の気持ちよさに酔いしれて眠気が襲ってきた(母子ともに)。②マッサージ用の音楽で気持ちがさらに落ち着いてきて、「うふふ♪」と声に出していたくらい。③母乳の出がすごくよくなった。マッサージによって、赤ちゃんとの肌のふれあいを喜び、楽しむことができる時間はとても大切だと感じた。ルーティンワークに追われてせわしない毎日を送っていたことを少し思い直すことができた。また、ミレチェが生まれてきたときのことや、いままでの成長過程を思い出して、ここまで大きくなったんだな~、としみじみ感じることもできた。今日も家でマッサージしてあげたけれど、ゆったりした至極の時間にまた酔いしれてしまった。これからできるだけ毎日、娘とのマッサージの時間を作っていきたいと思う

マッサージのあとは、ママたちでお茶会。「これ、つまらないものですが…」と、わたし以外みなさんお菓子を持ってきていて。あ~ぁ。。 でも、ママたちのなかに、お菓子教室の先生をしているひとがいらっしゃると聞いていたのであえて持ってこず。今回の集まりでプティフレを作ってくださっていて、これがまたすごく美味しかった♪

最後に、Mihoさんに会費を渡すときも、わたしだけ財布から取り出し、あとのみなさんはちゃんとかわいい封筒に入れて持ってきていて…あ~ぁ!!フラメンコのときは、レッスン費なんて、みな財布片手に先生につめよっていて、それに慣れてしまっていて、つい。ここが日本人会だと忘れていた(笑)

そんなこんなで始まったレッスンだけれど、次回は1ヵ月後?楽しみ!!

続きを読む >>

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク