2012.08.29 13:48|Reizen in NL/オランダ内
先週の話だけれど、10年に一度の花と庭園の万博、フロリアードへ行って来た。

IMG_2356-w1500-h1500.jpg

2012年10月7日まで開催。チケットはパーク内でも買えるが、Blokkerで1枚20ユーロ(通常25ユーロ)で購入可能!

アルメーレ/アムステルダムから車で2時間弱。オランダは南東の、ドイツとの国境にあるフェンロー(Venloといえば、男子サッカー代表の本田選手もこの町のチームに所属していたね!)という街にできた巨大パーク。パーキングに車を止めてから、その公園までシャトルバスで10分、という想像するだけで広い。実際、中の公園は本当に広くて(春のキューケンホフ公園の1,5倍くらい?)ケーブルカーにのっての移動は必須。

IMG_2357-w1500-h1500.jpg IMG_2371-w1500-h1500.jpg

でも、このケーブルカーからの景色がすごく綺麗で、昼寝していた娘を起こしてあげたいくらいだった。各テーマにあわせて、世界各国の庭園や、

IMG_2301-w1500-h1500.jpg     IMG_2305-w1500-h1500.jpg
IMG_2335-w1500-h1500.jpg
  IMG_2341-w1500-h1500.jpg
スペイン、アフガニスタン、ブルガリア、中国、インドネシア、スリランカ、などなど…

癒し、ヒーリングの庭園や…

IMG_2382-w1500-h1500.jpg IMG_2389-w1500-h1500.jpg

この怪獣は、お金を入れると火を噴き、ネガティブな考えを「焼き殺して」くれるそう。笑
裸足になって歩けるコースも。

IMG_2393-w1500-h1500.jpg IMG_2427-w1500-h1500.jpg

バケーションを体験できる庭園も。暑かったし泳ぎたかった~。

ほかにも、教育の庭園(なにか勉強になることがあるのかな?ここは行けなかった)、環境エコの庭園などがあり、その節々に綺麗な花が咲いていたり、アゲハチョウが飛んでいたり。わくわくするようなアトラクションはなかったけれど(もともとそれは期待してなかった)、子供を連れてのんびり歩いて回るにはもってこい!の場所。

IMG_2326-w1500-h1500.jpg IMG_2373-w1500-h1500.jpg

左はチューリップの椅子。ミレチェは昼寝後、ひたすら歩いていました。。

久しぶりに一眼レフを片手に歩いたsatotje、天気にも恵まれていいショットがたくさんできたね!

パークをでたのは18時過ぎ。この日は近郊の街、アイントホーベン(Eindhoven)のホテルに宿泊。前日に予約したので、ほとんどこだわりなく予約したけれど、やっぱりいいホテルに泊まるためには、しっかりと下調べが必要。でも、ロビーにあるYAMAHAのグランドピアノをちょっと弾いて帰って来た。笑

IMG_1771.jpg

いつのまにやら写真撮られてた…。

本当に、清らかで美しいのんびりした休暇だった。笑


2011.12.22 13:44|Reizen in NL/オランダ内
satotjeがクリスマス休暇をもらえたので、先週末からマーストリヒトに行ってきた長時間の運転ありがとう!

マーストリヒトは、何度か行ったことがあったけれど、クリスマスの時期は初めて。ミレチェを連れての車での旅行は初めてだったので、近郊で行きやすいところで、と考えてこの街にした。まずは、一度は行ってみたかったルールモンドのアウトレットへgo!  

Maastricht 18-20 Dec2011 (4) Maastricht 18-20 Dec2011 (5)

ミレチェは白くまさんになっておとなしく買い物の付き添い(笑)。クリスマスシーズンでとても混み合っていた。オランダ語で話しかけても、ドイツ語で返って来るし、フランス語もあちらこちらで聞こえてきて、さすが、3つの国の人や言語が交じり合った街である。買い物したいストレスを一気に発散!?自分たちにしっかりご褒美…。

アウトレットで一日を費やし、ホテルにチェックインしたときはすでに日はとっくに暮れていた。というのも、このホテルの場所がよく分からず、近くまで来ていたのに探し回るはめに。でも今回、カーナビにlatitudeという機能があることを発見!これがあれば住所で検索しても出てこないときに的確にナビしてくれる。

泊まったホテルは、マース川の中州に位置するDe Hoogenweerth Suite

Maastricht 18-20 Dec2011 (12) Maastricht 18-20 Dec2011 (13)

15世紀からあるお城をホテルに改装したもの。庭園も残っていて、春夏に来れば散歩も楽しくなるような広いスペース。もともとアパートメントホテルとして使われていた。そのうちの一部屋に滞在することに。3LDK あって十分な広さで自由勝手に使えるのがよかった!今回の旅行は、ホテルに滞在するためにやってきたと言っても過言ではないくらい…。ミレチェのペースにとことん合わせた旅には最適のホテルだった。

うちにもバスタブはあるけれど、いつもはベビー用のバスタブに入るミレチェ。でもここで初めて一緒にお風呂に入ることに!

Maastricht 18-20 Dec2011 (39)

※左手後方はsatotje、念のため。

つるつるのお肌を触っているだけで疲れが取れる。あひるちゃんに夢中(持ってきてよかった)。1日目の夕食は、隣りに併設しているお洒落なレストランへ挑戦してみたけれど、案の定泣きはじめ、メインコースあたりから交代で外に連れて行ってあやすはめに…。食事中はじっと座ってはいない娘。これは本当にまいった。デザートも食べた感覚もしないままホテルへ戻った。翌日も、中華レストランで少しだけ口にし、またやっぱり泣き出したので、あとはお持ち帰り。部屋でゆっくりお茶を飲みながらのほうが格段に落ち着く…。

Maastricht 18-20 Dec2011 (45)

全7部屋の朝食も、ハウスキーピングも、コンシェルジュも、経理の仕事もすべてひとりでまかなっている、というマティアスさん。名門のマーストリヒト・ホテル学校を出て、自分でホテルを経営するのが夢だった、という。わたしたちもじつはホテルマンだ、というと話に花が咲き、レセプションデスクで長々と余談。スタッフと顧客の距離がこれほど近く、パーソナルに話ができるのは、こんな小さなホテルだからこそ。最後は握手を交わして、「また機会があれば必ず来るよ!」と言って去った。

マーストリヒトの街は、ゆっくり時間をかけて回ると楽しいんだろうけど。正直、クリスマスマーケットもたいしたことなくて、おまけに雪もちらつくほど寒くて、結局ほとんど目的もなく歩いていた。

20122011 (11) Maastricht 18-20 Dec2011 (27)

お土産に、たくさんのフルーツやナッツの入ったシュトレーンと、マティアスさんに教えてもらった、マーストリヒトのチョコ専門店Rousseauのボンボン。

Maastricht 18-20 Dec2011 (24) Maastricht 18-20 Dec2011

みなさんは、どんなクリスマスを過ごすのかしら 
2011.07.17 05:20|Reizen in NL/オランダ内
母は無事に来蘭した♪ ベイベ誕生もカウントダウンを迎え、毎日あくせくせず、一緒に料理作ったり、買い物したりして、の~~んびり過ごしている 

あいにくの天気が続く中(最高気温は17,8度…)、昨日は貴重な快晴の一日になりそうだったので、家から車で10分で行けるお城(城塞)、マウデンへ行って来た。車を止めてから城塞までの道のり。山道を抜けると、途中には、船が通るたびに回転する橋や、小さなカフェやお土産屋さんなどが並び、その横をサイクリングするひとやローラーブレードで走るひとが通り過ぎる。なんとものどかな町並みと、暑くも寒くもない心地よい風の吹く天気に、母も久しぶりに気分転換して楽しんでいたようだった。

IMG_3252.jpg

小さい城塞だけれど、ちょこっと回って帰りたいひとにはお勧め!!

IMG_3256.jpg IMG_3258.jpg IMG_3264.jpg

城塞からは、方角によって違う景色を眺めることができた。牛や羊が群がる牧草地、ハーバーに停泊する数々のヨットや船、そして城塞前に広がる小さな庭園。野いちごににんじん、たまねぎ、アーティチョークにハーブ。ダリアにラベンダー。いろいろな野菜やら花が植えられていて、母は「子供の頃を思い出すわぁ~」と懐かしそう。

帰ってきてからも、涼しい風の吹くリビングでうとうとと昼寝 でもベイベもきっと心地よかったでしょうに。

今日は、ベイベの服もたくさん買ってもらった。おなかはぐにょぐにょ動いていた。やっぱり「君」も買い物好きだわね…笑

続きを読む >>

2011.03.24 17:20|Reizen in NL/オランダ内
先週末は快晴だったので、カメラ隊二人とともにお散歩。その晩は、18年ぶりに月が地球に最接近すると言われていたスーパームーンの日であったので、写真にもむろん期待がかかる!三脚持って、いざ電車で1時間少し、ロッテルダムへ!Naniwa-Sさんが1年前から行きたがっていた街に、ようやくこぎつけることに…。

二人のブログに今回の写真がアップされるまでに、おそらく1年ほどかかるので(笑)、nijntjeが独断でお先に少し載せちゃいましょう♪(わたしのカメラはコンデジですが…)

IMG_2396.jpg IMG_2410.jpg IMG_2399.jpg

IMG_2416.jpg IMG_2429.jpg IMG_2432.jpg

エラスムス橋。4月にはロッテルダムマラソンも開催される!

ぼこぼこ飛び出たリビングの窓。傾いていたり、飛び出したりしている高層ビル。ロッテルダムには、面白い建築がたくさんあるので、いつかは父とも一緒に歩いてみたい。エラスムス橋を渡り終える頃はもう19時。スーパームーンはいったいどこに?と思っていたら、橋の反対側に巨大な月を発見!!「おぉぉぉ~!これは!!」

IMG_2431.jpg

真ん中の電球のようなものが月…

あまりに遠くて、わたしのカメラに収めるとなぜか超小さいんだわね… 

ひとまずおなかがすいていたので、レストランで夕食。アムステルダムにもあるBAZARへ。ここはいつも混んでいる様だ。トルコ系のインテリアがかわいい。このレストランの周辺は旧市街地で、かわいいお店もたくさんありそう!

そのあと、再度スーパームーンを目当てに橋まで戻ってきて、三脚タイムが始まった。

IMG_2435.jpg

わたしのカメラではここまで…ハイ 

スーパームーン。日本でも見ることができたかな。被災地の夜を、すこしでも明るく照らしてくれただろうか。

IMG_2433.jpg IMG_2439.jpg  

夜はかなり冷え込んでいた。アムステルダムへと帰路に向かう。ここでハプニングが…。まずはメトロに乗る予定だったのだが、電車が来ていたので、3人で階段を駆け下り、satotjeが最初に飛び乗った瞬間。

「プシュー」

扉が閉まるのがあまりに早かった。お互いに慌てて扉をあけようとしたけれど、そのまま

「スー」

と行ってしまった…。おーーーーーい!!運転手よ、どう見てもわたしたち一緒やったでしょが。妊婦を置いていくな~!!涙

ロッテルダムはどこか治安が悪そうで(実際オランダで一番悪いと言われている)、ちょっとアフリカ系移民が多くて、あちこちで叫んでいる若者などが多かった。

中央駅で無事に合流して、そのままアムステルダムへ。すると今度は後部座席に酔っ払いのおやじが…。初めは寝ていたようで静かだったのでまったく気付かなかったけれど、そこに突然、私服警官が5,6人続々と登場。「こら、起きろ!」「身分証明書を見せろ!」などと尋問されていて、いやな雰囲気やな~、と思っていたら、いきなりその男は叫んだり暴れようとしたので、警官たちが取り押さえようと必死。鎮静剤のようなものも注射されていた。すると、そこに居た駅員さんに、「つぎの駅でこの男を降ろします。念のため、別の車両に移ってください」と言われ、仕方なく移動。その後はよく分からなかったけれど、とにかく怖かった~   こういうときは、一番おなかのベイベのことが気になる。大丈夫だよ~。世の中いろんなひとがいるからね~。

まぁ、無事に帰ってこれてよかった。オランダもようやく春らしくなってきて、テラスも解禁。キューケンホフ公園も今日から開園。日本にもオランダの花や香りを届けてあげたい。

続きを読む >>

2010.07.23 19:13|Reizen in NL/オランダ内


kaart_nl-routes_texel.jpg


オランダ国内にだって魅力あるところはいくらでもある、って分かっていたけれど、なかでも今回初めて行ったTexelは、アムステルダムに程近い究極の癒しリゾートである、と言えるだろう。アムステルダムから北方面へ、電車で1時間15分、それからバスでフェリー乗り場まで行き、フェリーで20分でTexel島まで渡る。なにをとってものんびり~なTexelに、すっかり魅了されてしまった。

TEXELのPV(クリックしてご覧ください)

ひとまず自転車をかりて、無計画の島めぐりのはじまり。島のかたちは、

Texel1.jpg

お米みたい。

南北で30kmあるらしい。それって自転車で回りきれるくらい?そんなことを考えながら、自転車を走らせていた。すると…

IMG_0501.jpg IMG_0517.jpg

mo----                                                       2x fotograafs

IMG_0526.jpg IMG_0532.jpg

Schapen en eenden       Langs de heuvel

酪農王国オランダの本領発揮!笑 アムスにいるとどうしても彼らとは疎遠になってしまう。いつも思う、彼らはいったいなにを考えて生活しているんだろう…。牛肉になったり、羊毛として売られたりするわけで、でもそんな運命を知らずにのんびり過ごす様子を見ていると悲しい気もするが、余計に愛着を持てるのはなぜだろうか。

IMG_0539.jpg

島の南東端に着いた。沿岸では「お決まりの」丘をあがると…

IMG_0542.jpg

海! とにかく水がめっちゃ綺麗!! fotograafさんが持ってきてくれていた癒しの音楽にのって、しばし休憩…


IMG_0550.jpg


丘から見下ろした小さな町。ここから海岸のある西へ自転車で向かった。途中で、Den Burgというこの島で一番大きそうな中心街に出た。アムスでいうライツェ広場をさらに小さくした感じ、笑 ここでお茶休憩。さらに海岸へ向けて走った目的地はずばり、

13番。

Texelに来るなら、この番号をめざすと良い。来てみれば、その意味は分かるであろう。そこに広がったのは、

IMG_0556.jpg

美しいビーチと、砂浜、そしてそこでくつろいでいるオランダ人や旅行者たち。

とにかくこの日は天気がすごくよかったのと、90度方角をかえるだけで雲の模様が変わっていたので、久しぶりに空の写真が撮りたくなったのであった。

IMG_0560.jpg  

海も申し分ない水の綺麗さに感動。たぶん、オランダで一番綺麗なんじゃないか、と思う。いつまでもここにいたい気分だった。

南北30kmのこの島を一周するという計画も、結局半周以下にとどまり(笑)、無計画旅行もやはり最後にしわ寄せが来て、帰り道はロードレース並みに自転車をこいだ。20時をすぎても牛や羊が草を食べている様子がなんとも癒された。なんとかフェリーに乗り継ぎ、「本土」に帰って来たところで、バス停が分からず、フェリー改札員さんに聞くと、「あっちからバス出てるよ!もう出発するから走れ!」と言われ、3人で猛ダッシュ。がしかし、バスは出たばかりだった…。バスは1時間に1本。ほかのバスの運転手さんに「いま出たあのバスに乗りたかったんだけど、$^#&$*IP"L...」と言うと、「仕方ない、このバスに乗りなさい。駅のそばまでいってあげるよ。」といって、わたしたちのためにバスを動かしてくれたのだった!なんて親切な運転手さん。いや、この運転手さんだけでない。誰もがなんだかのんびりしていて、温かいひとばかりだったように思う。日本だったらここまでしてくれるだろうか?オランダ人の気前の良さにときどき感心する。ほんとうにありがとう。家に着いたのは23時前。うーん、次回必ずまた戻って来たい、そのときはもっとTexelを感じたい。

Texelの写真 by Satotje

続きを読む >>

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク