2006.04.27 06:57|Gesprek/ひとりごと

ひと安心と同時に、寂しさがこみあげてきた今日。satotjeの両親が、オランダを去っていった。今回は、繁忙期のためにバケーションがうまく取れず、ずっと一緒にまわることができなかったが、あっというまの1週間、存分に楽しんでもらえたようだった。両親といろいろな話をしているうちに、オランダと日本の違いなどにあらためて気づかされる。また、自分がオランダにいること、ここで生活していることを客観的にみることができたようにも思う。


今度はわたしの母親がやってくる!父親や妹、弟は仕事や学校が多忙で今回オランダに来れないのが残念だが、母親とふたりで過ごすのもすごく楽しみだ。今週はオランダで一番大きな年間イベント、女王の誕生日を迎える。この日はオランダ中がお祭り騒ぎだ。オランダに3泊しかしない母親にとって、女王誕生日を含んだ3日間は、あまりにも短すぎる!


今回のバケーションで、日本からの来客を送迎しにスキポール空港へ行く予定の回数は合計7回・・・重なるときには重なるものですね^^


オランダにお住まいの皆様、素敵な女王誕生日をお迎えください。日本にお住まいの皆様、楽しいGWとなりますようお祈りいたします。それではBye for now! nijntje

2006.04.21 07:58|Het eten /たべもの

オランダもすこしずつ春めいた陽気となってきた。今日の最高気温は16度、明日は19度まで上がるようだ。アムステルダムでも、ときどき桜の木をみかけるが、今が満開の時期。でも、やっぱり日本でみる桜にはかなわない。一番日本に帰りたくなる時期のひとつだ。


さて、4月下旬からnijntjeはvacationに入った。satotjeの両親、友達、そしてnijntjeの母親と、日本からぞくぞく?来蘭する。今日はsatotjeの両親が無事到着した。ホテルまで案内したり、外食したりとゆっくり時間を過ごした一日だった。


お二人がもってきてくださった日本のお菓子があまりにも美味しく感動してしまったので、こちらにてご紹介♪


2006.4.20 2006.4.20


愛知県尾張にある老舗和菓子屋さん、大口屋の餡麩三喜羅。これ、美味しいのよ~♪と食べる前から絶賛していたsatotjeのお母さん。家に帰ってからさっそく二人で開けていただくと・・・


「め~っちゃ美味しい・・・!!」


そのフレーズしか出てこない。生麩のようなふわふわ~とした食感。ちょっと期待を裏切られたような無味の外側に、そのなかにあるこしあんの甘味とがうま~くコラボレーションしている(笑)。夜就寝前だというのに、ひとり3つずつほおばってしまった・・・。それほど、和菓子に飢えていたわたしたち。ほんとうに感動。


アムステルダムの記事をたくさん書けるチャンスでもあるのですが、いかんせんなかなか時間がとれずにupが遅れていきそうです。時間がある限り記事にして書いていきたいと思いますので、気長にお待ちください。お楽しみに♪


written in English↓

続きを読む >>

2006.04.18 00:50|Gesprek/ひとりごと

2006.4.9


すっかり春らしくなってきたここアムステルダム。ヨーロッパ各地がイースター祭で、ヨーロッパでは数少ない祝日ということもあり、観光客で大賑わい。キューケンホフ公園の開花のピークは日本のゴールデンウィーク頃になりそうだという。5月19日まで開園しているので、もしオランダに来る機会のあるかたは、是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか。何百万本と咲きそろうこの公園は、花が好きなひとであれば、まる一日時間を費やしても足りないかもしれない。


さて、今回はすこし、新たなブログでの繋がりができたので記事にしてご紹介したく思う。その繋がりのある方とは、日本でカリグラファーとして活躍していらっしゃるSandoさん。来年の夏ごろに、ベルギーのブリュージュにて、カリグラファーによる作品展を開催されるそうだ。それで、Sandoさんがその作品展の委員長を担当され、またHPを作成するにあたって、ブリュージュの写真を探していらっしゃった際に、たまたまわたしのブログの写真をご覧頂き、気に入ってくださったのだ。


この記事で載せた写真は、satotjeとブリュージュに旅行に行った際に撮った写真のごく一部であった。その後、写真を趣味としているsatotjeと3人で連絡を取り合ううちに、satotjeが撮ったブリュージュの写真を、その作品展のHPに掲載していただくことになったのだ。「ブリュージュのご紹介」やトップページに写真が載っており、また、月ごとに写真も入れ替えいただけるとのことなので、機会があればご覧くださいませ☆


そして今回のやり取りの中で、SandoさんのHPを拝見する限り、あまりの綺麗で素敵な作品に心を奪われているnijntje(笑)。日本ではかなり人気が出てきているそうだが、オランダでももうすこし教室があればいいのにな。なにか発見できればまたご紹介します♪


☆☆SandoさんのHPはコチラ。ブリュージュでの作品展のHPはコチラです。☆☆

続きを読む >>

2006.04.15 01:17|Bloemen /花

2006.4.13


先日はsatotjeの誕生日だった。以前から「一度は買ってみたいわ~」とつぶやいていたsatotjeに、絶対特別な日に買ってあげよーと思っていたのは、こちらの花。近所のお気に入りの花屋さんで前もって予約。ラッピングもこのとおり、かわいらしい仕上げに。ラッピングをとると、こんな花の登場です↓


2006.4.13


Strelitzia


ストレリチアと読み、英国のジョージ3世の皇后、ストレッツ家出身のソフィア女王の美しさから、この花をあてがい命名されたそうだ。南アフリカ共和国原産、バショウ科、常緑多年生植物。花言葉は、「恋の達人」や「寛容」など。和名では、Bird of Paradise(極楽鳥花)といい、ニューギニアに生息している極楽鳥に似ていることからそのように名づけられたそうだ。あたかも極楽鳥が花に憧れをもち、姿を変えたように見える。くちばしのように見える花茎部分から、鮮やかなオレンジ色の花が開く。


2006.4.132006.4.13
2006.4.132006.4.13


花屋さんの店頭にたいてい置いてある極楽鳥花は、「くちばし」部分が長くても5cmくらいのものしか見たことがなかったが、今回注文してもらって届いたものは普通以上に大きくて15cmもある。大きな深緑の葉も、どこか熱帯地方の雰囲気をかもし出してくれる。こんな熱帯植物がオランダなんぞで生きていけるのか、と疑いたくなるのだが、意外と耐寒性があり、年中もつそうだ。花自体も長持ちしそうだし、部屋全体は明るくなるし、プレゼントにはうってつけの花ですね!


誕生日当日、ふたりでダイニングのテーブルライナーを買いに行った。極楽鳥花につられてか、綺麗なオレンジと黄色が組み合わさった色を選んだ。これまた春夏にもってこいだ。今晩は、アメリカからやってくるLess than Jakeを見に行ってくるゾ♪


↓written in English

続きを読む >>

2006.04.12 23:58|Het eten /たべもの

Zondagmarkt(日曜マーケット)の続きから。こちらは珍しいイスラム料理の屋台。かなりの人気があるようで多くのひとが並んで買い求めていた。


2006.4.12


店員さんも中東系のすこし怪しい・・・というと語弊があるが、ほんとうにちょっと怪しい雰囲気があった。ここにはkipsateや揚げドーナツのようなおなじみのものもあったが、中でも人気があったのは、 「BARA」というイスラム系サンドイッチ。右の店員さんがその生地をこねて広げ、左の店員さんがいま揚げようとしているパンの鍋に入れる。もう一人の店員さんが、その揚げあがったパンにキャベツやトマトなどのサラダ、さらにカレー風味の鶏肉をたっぷりはさんでくれる。


2006.4.12


2006.4.12


揚げたてのパンにカレー風味。ん~いい香り。そして味もいけてるぞ!!辛いのが苦手でなければ、トッピングのスパイスをかけてみてよさそうだ(ただし、相当辛そうだが)。


ちょうどこの屋台の目の前にマクドナルドがあったが、そういえば、オランダに来てからまだ一度も行った事がないわたし(笑)。ふだんでも、こうしたバーガー類は、アメリカのファーストフード店より安くかつ美味しく食べられるバーガーがアムステルダムにはあるからだろうか。そういえば、まだ、中東のファーストフードである代表的バーガー、 「Shorma(シュワルマ)」について、まだご紹介していなかった・・・後日記事にしてみよう。


↓written in English

続きを読む >>

2006.04.10 03:26|Het eten /たべもの

2006.4.9


日曜日、仕事を終えてからの帰り道に発見したのは、Kinkerstraatに面して長く続く青空マーケット。マーケットが大好きなわたしは自転車を止めて、家でゆっくりしていたsatotjeを呼び出し、一緒に見て回ることにした。


ふだんはTen Katemarktというマーケット通りが月曜日から土曜日まで賑わっているのだが、今日日曜日はそこから垂直に大きくはしるkinkerstraatに屋台がたくさん並んでいた。骨董品からアンティークもの、衣類に電化製品、そして食べ物までさまざま。日曜日のお昼間ということもあって、家族連れが目立った。今回のマーケットでは、オランダが多民族国家であることを思わせるような面白いお店がいくつかあったので、すこしずつご紹介できれば、と思っている。


まずは、手始めにこちらのお店・・・うそやん!?たこ焼きやあああ!(関西人の嘆き)




 2006.4.9

続きを読む >>

2006.04.06 04:40|Bloemen /花

(以前のブログでもBloomtjeとして、オランダの花屋に並ぶ花や公園の花などをご紹介しましたが、こちらのブログでもさらに頻繁に更新していきたく思っております)


2006.4.5


Gerbera


キク科のガーベラ属。多年草植物。アフリカや熱帯、温帯アジアなどに分布し、約40種類もある。花言葉は「崇高美」。・・・花言葉にはすこし背伸びをしすぎていないか、とおもう。もっとかわいらしいイメージのある言葉がふさわしいような。


オランダではこの時期、チューリップに負けじと劣らず店頭に並び始める。数本買って、細い花瓶に入れるのがすき。こちらのマーケットで売っていたGerbera、20本で2,5ユーロ(約300円)。激安です(笑)日本国内で販売されているGerberaは、90%がオランダなどの海外から輸入されているらしい。


ガーベラは多年草で、日持ちもする、とWikipediaには書いてあったが、いかんせん、わたしが買うとあまり長くもたないのだ・・・?なぜだろう。日持ちさせるための秘訣をご存知のかた、教えてください。


それにしても、今日の最高気温は8度。めっちゃ寒いです。先週はすこし暖かくなってきて、春日和を感じ始めていたのに。気温の変化を調べず、薄手ででかけたわたしは買い物をしながら凍えていたのだった。


↓written in English

続きを読む >>

2006.04.05 04:47|Het eten /たべもの

アムステルダムのKinkerstraat。このあたりはトルコ人やモロッコ人が多く住んでいるため、この通り沿いに並ぶ食材屋もそれらの地域の食材が多く手に入る。本日ご紹介するのはこちらcouscous(クスクス)。


2006.4.5


 2006.4.4



もちろん日本でもデパートなどへ行くと手にはいるが、こちらではクスクスを穀物のかわりとして使っていることもあって、いたるところで手に入れることができる。北アフリカのマグリブという地方が発祥地で、現在はチュニジア料理、トルコ料理の欠かせない食材のひとつだそうだ。クスクスは、セモリナ小麦という粗挽粉を小さな粒に丸めたパスタの一種。種類も細粒、中粒、大粒、全粒粒など多種類あるそうだ。値段は500gの袋で1.8ユーロ。クスクスだけでも種類がかなり豊富に揃っていたので選ぶのに困った。 今回作ったのは、春らしいあっさりとしたものと思い、クスクスサラダ。クスクスに3分の2ほどの熱湯をかけ、5分ほど置くともう食べられる!じつに簡単!トッピングとして、セロリ、にんじん、コーン、トマト、玉ねぎなどを入れる。仕上げにオリーブオイル、レモン汁に好みで酢をかけるとあっさりして美味しい。ほかに、マッシュルームやキュウリ、なすびなどを入れてみてもいいかもしれない。これから副菜として活躍しそうです。


2006.4.4


メインはひさしぶりのオーブン料理。なすびとひき肉のグラタン。マーケットで買ったパルメザンチーズは、スーパーで売っているピザ用チーズなどよりもあっさりしていていい。次回の「たべもの」では、マーケットの様子ももうすこしご紹介できればいいな。


 written in English↓

続きを読む >>

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク