--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.12.29 19:34|Het eten /たべもの
「ここ」にいると、家族がいない寂しさを感じることがある。でも、わたしたちには仲間がいるから大丈夫ね。名づけてOver30s会。30歳以上のひとなら誰でも参加できる、というのが名目だけれど、実際には誰でも集まれそうなひとが集まる、といったもの。定期的に開催してもう5,6回になる。ときには、シェフを呼んで一緒に料理することもある。次回はあなたもぜひご参加あれ!

Kerstfeest 2009 (3) Kerstfeest 2009 (4)

大勢で集まって忘年会。外で食べるより、みんなで一緒に作って食べたほうが美味しい。

IMG_7130.jpg

クリスマスディナーはsatotjeと二人で、今年は簡単に、でもちょっとリッチに。今年のチキンは丸焼きでないから小さいけど、satotje特製ソースも美味しかった!

IMG_7155.jpg IMG_7157.jpg

IMG_7159.jpg IMG_7160.jpg

昨日はレディース会も。弾丸トークでこのまま夜が明けるかと思った。昼の3時から買い物して、時間かけて作った4コース料理。快挙!どこのレストランにも負けじと劣らずの料理ができました☆

前菜:セロリとカニ、チャイブ アボガドムースとサーモンの3重奏 イチジクと生ハム
メイン:鴨肉の赤ワインソース 
チーズ:ヤギのチーズとカマンベール ダイジェスティブのクッキーにのせて
デザート:とろけるチョコケーキ クリームチーズとスポンジケーキにレモンアイスを添えて

(・・・日本語でメニューを作るのは難しい!)

ワインはフランスのCabernet Sauvignonをチョイス。

ご馳走さまでした…!

**********************************************

今年もあっという間に一年が過ぎた気がする。ほんとうに早い。来年は、新たにやりはじめたいことがあるので、ブログはなかなか更新できないかもしれないけれど、読んでくださっているかたには、いつもの感謝の気持ちをこめて、続けていこうと思っています。まぁ、ぼちぼちでもいいでしょ。あせらずゆっくりね。みなさまは、どんな年越しを迎えるのでしょうか。2010年がまたお互いに素敵な一年となりますよう!Een gelukkig nieuwjaar en tot volgende jaar!
スポンサーサイト
2009.12.29 19:08|De kunst/芸術・イベント
日本では年の瀬にクリスマスのネタはちょっと古く感じるけれど、欧州ではまだ1月上旬までクリスマスツリーを飾っていられるので、クリスマスネタを少し。今年のクリスマスは、ドイツやベルギーのクリスマスマーケットに行くこともなく、仕事をしていました…(涙)それでも、クリスマスは二人でお祝いしたい!と思ってわたしがこっそり計画していたのはこちら↓


IMG_7124.jpg

25日早朝、納戸から隠し持っていたプレゼントをごそごそと取り出してミニツリーの下に並べ、ほくそ笑む。なんと3つのプレゼント!!遅れて一人で起きたsatotjeはひゃ!と驚いて、仕事中のわたしに携帯メール。「おれのもとにサンタがやってきた!」と。

プレゼントの中身はコチラ↓


IMG_7133.jpg

ひとつはWiiのJust Dance。リモコンを片手に踊るんだけど、意外にセンスのあるsatotje。踊っていたら、あまりにも暑くて、外気はマイナス2度でもかまわず窓を開けた。そして筋肉痛…情けない!(笑)

IMG_7162.jpg

二つ目はこちら。Diaboloって日本でもあるよね?オランダでも結構人気があるんだけれど、日本で一人暮らしをしていたときに、これにはまっていて、また練習したい~と言っていたのを覚えていたので。家の中で練習する姿はなんだかかわいいぞ。暖かくなったら、フリスビーとコレもって公園に行こう!

…とちょっとふざけたプレゼントばかりであるが、3つ目は欲しがってたHugo Bossのベルト。色もデザインも綺麗なのだ。

そしてわたしがもらったのはこちらのピアス↓

IMG_7161.jpg

真珠とホワイトゴールドが上品ですわ。ありがとう!メリークリスマス!

続きを読む >>

2009.12.21 07:30|Amsterdam/ アムス事情
数日前から、この冬の初雪が観測されて以来、毎日寒いのなんのって。今日の最高気温はマイナス4度!週末、トラムも走っていない早朝に、出勤のため外に出るとこのとおり↓

IMG_7066.jpg

見えますか?横殴りに降る雪。雪が積もって凍りついた自転車道。こんななかを自転車乗ってる人なんているわけ…いるやん!!さすがオランダ人。トラムもないし、タクシーの誘惑もあったけれど、ここは自分にムチを打って自転車を選ぶ。

IMG_7069.jpg

コンサートヘボウの前あたり。振り返ると、走った車輪跡が残っているのがなぜか嬉しい。それにしても、寒すぎて目もまともに開けられない。何度もこけそうになりながらの出勤。自分は相当自転車に強くなったと自信がつく(笑)。

IMG_7083.jpg

仕事を終えてからの帰路も、10cmほどの積雪した道路を、自転車を乗ったり降りたりしながら家にたどり着いた。satotjeと近所を散歩する。運河もすこし氷を張っているようだ。突然あられも降ってきた。変な天気。

IMG_7078.jpg

そりをしている子供、雪合戦しているカップルがたくさんいた。この雪ももうしばらく残りそうなアムステルダム。いま現在も、深夜の静けさをいっそう深めるかのように、しんしんと雪が降っている。みなさま、風邪など引きませんように、気をつけて過ごしましょう。そして雪化粧をしたアムステルダムの町並みを楽しみましょう♪

続きを読む >>

2009.12.17 03:26|Liefjes/かわいいものやら
kerstkaartje 2009 (2) kerstkaartje 2009

本日、クリスマスカードが2通、同時に届いた!第1号はこちらの2通。アムステルフェーンに住むCocomamaからかわいい天使のカード。わたし、天使系は大好きなんだなぁ。日本の里帰り、楽しんできてね。もう一通は、ドイツはフランクフルト在住のrumiから。毎年、凝ったカードを送ってくれるから楽しみ。今回は、サンタが飛行機に乗ってる!まさにrumiからのクリスマスカードだわ。Danke schon!

今年のわたしたちは…かなりサボり気味で(爆)、もうすでに波に乗り遅れ気味なので、届くか届かないか分からないですが、ご了承ください。ごめんなさい。

こんな感じで、毎年第1号を送っていただいた方のカードをご紹介したいと思います☆ 来年はいったい誰がブログ掲載権を手に入れるか?!(いらないってか…笑)

続きを読む >>

2009.12.16 04:55|未分類
IMG_6222.jpg IMG_7022.jpg

イスタンブールは旧市街地と新市街地があるけれど、新市街地はどこか洗練された町並み。高級ブティックのお店が並び、ビジネスマンが通りを行きかう。タクシム広場から南へ下っていく大通り、イスティクラール通りは買い物天国である。とくにこの週はイースター休みということもあって、若い学生が町に出ていた。半端でない中高生の数!しかも男の子ばかり!(女の子はいったいドコに?!)しかもみんなモヒカン刈り…!(笑)どうやら今年の?流行りらしい。さすが、アジアの入り口にあたるからか、顔立ちはヨーロッパ大陸の中でも、アジア人に一番近い。オスマントルコ時代に全土を征服した力のある国だからか、どこか愛国心やプライドのある、熱い町だ。

イスタンブール最後の日の夕方、「ガラタ塔」からイスタンブールの町を見下ろした。ちょうど、1日5回流れるコーランの最後のそれが流れ始めた。その光景は圧巻だった。ちょうど、西欧で教会の鐘がいっせいに鳴るのと同じように、なにか呪文を解くようにコーランがこだました。赤く夕日で染まった空に、モスクのドームと尖塔が黒影となって浮き上がる。カモメが、一日の終わりを告げるようにその周りを飛び回る。また明日はやってくる。世界中、どこにいても同じなんだ。そんな当たり前のことをここでも感じた。

ガラタ塔からの景色が見たい?こちらへどうぞ→satotjeの渾身の作品

続きを読む >>

2009.12.16 04:05|Buiten het NL/ オランダ外
 師走。ばたばたと毎日が過ぎていく…。休みの日の午前中はスカイプの日。遠く日本にいる母と顔を見て話ができるのは夢のよう。近くに住んでいるのにAitjeと、癒しのDaitjeの顔も覗けて、ご機嫌よしのnijntje。

旅行記、片付けちゃいましょう(笑)。イスタンブールで食べたもの。初日の夜は遅い到着で、ペガサス航空とタクシーで疲れがどっと来ていたので、ケバブで簡単に。ここでも「明日も絶対食べに来い!」といわんばかりに勧誘してくるので(オランダに親戚がいるだの←有り得ない、日本食が大好きだの…)その晩限りでケバブは無し。アムステルダムでも数え切れないほどのトルコ人経営のケバブ店があるので、惜しくもなんともないですな…。

IMG_6828.jpg

これはアヤ・ソフィア近くのレストランでランチしたときのメニュー。分かりにくいけれど、鉄板の上に乗ったちょっと「お洒落ケバブ」。ラム肉ばかり食べていたけれど、これが美味しかった!向かいにすわっていたイギリス人旅行者たちは水タバコを吸いまくっていた。

IMG_6829.jpg

こちらは食後にフリーで出してくれたアップルティー。どこに行ってもこのスタイルで飲んでいるのがいい。オランダではアップルティーはあまり見かけないから、ここぞとばかりにお土産にも。

IMG_6860.jpg

露店が多いイスタンブール。ざくろジュースや、とうもろこしや、パン、チュロス、そして焼き栗が売られている。どれも安くて美味しい!栗はとくにお勧め。

IMG_6963.jpg

↓パン生地を作るおばさんはあちらこちらにいる。しかも床に座って生地をこねている。ちょっとした見世物。ゆりかごの子供はにせもの(笑)。

IMG_6965.jpg

↓魚介類も新鮮なものが多いイスタンブール。意外だったのは、ムール貝が多く出回っていたこと!ムール貝の串揚げ!これはオランダにないなぁ。

IMG_7013.jpg

IMG_7016.jpg

ムール貝のドルマ。ひき肉や米を炒めたものを、ナスやズッキーニのなかをくりぬいて詰めた料理のことをいうらしいが、ムール貝の殻にそれらを詰めたドルマがあちこちで見られた。必ずレモンを添えて売っている。味はまぁまぁ(笑)。オランダのムール貝のほうが美味しいかも。

IMG_7018.jpg

最後にこのお店。何を売っていると思う?

答:ところ狭しと並ぶ板チョコ!並べ方がとても綺麗。チョコキヨスクみたいなもの。Lekkrrrrr!
2009.12.07 07:57|Buiten het NL/ オランダ外
IMG_6974.jpg IMG_6975.jpg IMG_6982.jpg

イスタンブールでは、日本語での勧誘には気をつけろといわれていたけれど、初日のタクシー運転手から始まって、毎日飽きるほど日本語で話しかけられた。そのプロセスはこんな感じ↓

① 「ニホンジンですか、それともカンコク?チュゴク?」
…たいてい、日本人だと分かってしまうらしい。

ここで逃げようとすると、「チョットマットチョットマット!」(ちょっと待って!)と呼び止められる(笑)。

② 「ゲンキ?」
…ここで笑ってしまうと腕をつかまれたと同じ。

③ 「ドコから来たの?」「ワタシのシンセキのオジさんが、日本に住んでる。オオサカ?そうそうオオサカ。ニホンジンのジョセイと結婚してオオサカに住んで、ショバイ(商売)していす。」
このフレーズが出てきたら要注意。相手にへぇ~!と話を乗せていく序の口あたりである。
このたびで何度、日本に親戚がいるトルコ人に出会ったことか…(笑)

そして最後はこれ。
「ジュータン(絨毯)好き?ニホンジンジュータン好きね。はい、あそこに僕のお店ある。ちょっとキリム(トルコの織り絨毯)を見て。キリムキリム!」

今回買ったのはランプ。そのトルコ人のお兄ちゃんも、日本に叔母さんがいるらしい(笑)。かなり押しが強かったけれど、ランプはもともと欲しかったからちょうどいいのだ。そのランプを見ていたら、夕暮れ時に、モスクにそびえ立つ尖塔の周りを飛び回るカモメの姿を思い出す♪

続きを読む >>

2009.12.07 07:56|Buiten het NL/ オランダ外
IMG_6908.jpg IMG_6920.jpg

トプカプ宮殿。オスマン朝の支配者の居城として400年間、政治や文化の中心であった。丘の上まで上がってみると、「挨拶の門」(そのままやん!)が出迎えてくれる。なかを通り抜けると、「幸福の門」(なんだか宗教的な名前…)があり、その奥には中庭があって、まわりを宝物や当時使われていた椅子などの家具が飾られている。面白いのは、それらのほとんどにルビーやエメラレルドが使われていること!目玉は、スプーン屋のダイヤモンド。漁師がダイヤの原石を拾い、市場で3本のスプーンと交換したら、なんとダイヤモンドが49個もついていたという、ありえない話。でもこのティアドロップ、欲しくなってくるよ…。歴代のスルタン皇帝の肖像画も見れる。


IMG_6921.jpg IMG_6926.jpg

幸福の門から向かって左手を見ると、当時の議事堂がきらびやかに残っている。その後方に建っているのは、ハレムという後宮。16~17世紀のオスマン帝国時代には、有力な母后たちが権力をふるったそうな。中には豪華に装飾されたドームやシャンデリアなども並ぶ。どこか寂しいのは、肖像画もなにも飾っていないことがどこか違和感がある。

IMG_6949.jpg IMG_6938.jpgIMG_6916.jpg

続きを読む >>

2009.12.06 05:29|Buiten het NL/ オランダ外
イスタンブールにあるアヤ・ソフィア。

IMG_6790.jpg IMG_6791 - Copy 

もともとはキリスト教の大聖堂であった。2度の焼失後、再建されたが、計画されていたような真円のドームではなく、2mほど横に伸びているという。度重なる地震によって何度も再建された。オスマン帝国時代に、この教会はモスクに転用され、十字架は取り外されて、メッカの方向をしめすミフラーブが取り付けられた。キリストが描かれたモザイクも塗りつぶされた。いまも残っている壁画もたくさんあったが、それらの絵はいまだ綺麗に残っている。モザイクの絵はじつに見事!アヤソフィア内には、聖母マリアの手形といわれる柱があり、そのくぼみに指を入れて水でぬれれば願い事がかなう、といういわれがある。指を入れたまま円を描くといいらしい。おじさんたちにまぎれて並んで…。

IMG_6802.jpg IMG_6815.jpg


IMG_6854.jpg IMG_6846.jpg

ブルーモスク!めちゃくちゃ綺麗。ドームの数は、直径30mの大ドームに、4つの中ドーム、そして30もの小ドームでできている。真上からみると興奮しそう。内装は思ったよりも豪華で、イズニック・タイルというものを使っているらしい。260個にのぼる小窓も、それぞれに絵が描かれていて面白い。コーランは一日に5回読み上げられるが、観光客が入れるのはもちろんその時間外だけ。時間になると、いっせいに町中にコーランが響き渡る。空を見上げると、そのコーランにあわせてカモメたちも踊るように飛び回っている。なんと美しい光景か。

IMG_6870.jpg IMG_6879.jpg IMG_6875.jpg

地価宮殿に行ってみよう。地下の大貯水池。コリント式の柱がずらりと立ち並ぶ。ライトアップのされかたが異様ですこし怖い。この宮殿の奥に、メデューサの顔がついた柱が2本建っている!顔はなぜか横向きと逆さまに配置されている。この目を覗き込むと、石に変えられてしまうぞ~!ギリシャ神話は、トルコにもたくさん残っているようで、目玉のお守りである「メザール・ボンジュ」もよく見かけた。今日は「目玉」どころはたくさん回った。あとはあの宮殿に必ずや行かねば!

続きを読む >>

2009.12.06 05:08|De kunst/芸術・イベント
AllesIsLiefde_poster.jpg

イスタンブール旅行記を挟んで、オランダではシンタクラース祭が本番を迎えた。気になっていたオランダの映画を観る。"Alles is liefde"という映画で、ラブコメディーなんだけど、最後には涙なしには見れなかった!"Love Actually”にすこし似ているけれど、もっとオランダの色(同性愛や皇太子や)が濃いもので、もっともオランダらしいのはまさにシンタクラースが主人公として出てくるところ。それを取り巻く恋愛や家族愛の描写が面白くてまた感動を呼ぶもの。シンタクラースは子供が信じているものだけれど、もしそのシンタクラース本人が、「いや、そんなものはいない」と言ってしまったら…?信じていた子供たちはどうなる?信じていたものが信じられなくなることほど怖いものはない。ひとやものや、そして自分自身を信じることがいかに大切なのことか、気付かせてくれる映画。お勧めですね!




sinterklaas 2009 (3)

こちらはミー家からのプレゼント。名前入りのチョコレートをsatotjeの分とともに。シンタクラース祭には、家族が集まってそれぞれ詩を書いて送るのが伝統的だけれど、わたしも彼女からもらった。すごくかわいい詩で、しかも日本語で書いてある!感動してこれまた涙…

sinterklaas 2009 (5)

職場からもチョコレートをもらった!名前のアルファベットの形をしたチョコをもらえるのだけれど、今年はなぜかS…なるほど、SatotjeのSね。こんなパートナーの気遣いをしてくれる上司に脱帽。ありがとう♪ みなさん、素敵なシンタクラースの夜を…
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。

更新すれば、facebook上でもお知らせしています。

gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。