2010.02.27 06:36|Gesprek/ひとりごと
昨日今日と平日2連休だった。昨日はどこにも出なかったけれど、今日はその反動か、大忙しな一日!

まずは、上司からもらった、ゴッホ美術館の入場券があったので、いい機会だと思ってひとりで美術館へ足を運んだ。日本から家族や友達が来たときにしか行ったことがなかったため、いまだに「観光名所」というイメージがぬぐいきれないが、今日はゴッホそのものを楽しもう、と。家から歩いても20分。「近すぎる遠い(なかなか行けない)」美術館。開館が9時だと思って来たらなんと10時からだった(おいっ)。おかげで入り口前で30分待ち。しかし、なんと一番乗りだった!美術館に一番に入れるってなんだか優越感。静かなうちに、全部ゆっくり見れたから大満足。1時間もずれると、観光客や、学生のグループでいっぱいになり、見る気も失せる…。なので、ゆっくりご覧になりたい方には、開館30分前には並ぶことをお勧めします☆

ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの生涯を想うとなんともやるせない。こうして後世にずっと愛され続けている彼の作品は、彼が生きているあいだにはまったく評価されることがなかった。それも、弟のテオがヴィンセントを援助しなければ、彼の作品は誰にも気付かれなかったのだろう。わたしは彼の、アントワープやパリで学んでからのカラフルな作品たちが好きだ。そして、日本の浮世絵の影響をうけた作品たち。適当にまねした、という「江戸一丁目」の文字もうまく書けている。日本の浮世絵を、ヴィンセントが敬愛し、そのおかげでヨーロッパでも知られるようになったのだろう。そんなことが、なんだかすごく誇りに思えて嬉しかった。

IMG_7307.jpg

最近、気に入ったポストカードは買うことにしている。今回は、ゴッホの浮世絵。いろんな美術館で、いろんなカードを集めたいな。

雨の降るなか帰って来た。それから、明日の手土産にお菓子を作った。そのあと、Cafe de Jarenでフラメンコ仲間とお茶して、そのままCREAで踊って、そのあとピアノを2時間弾いて帰って来た。なんだか、ずいぶん好き勝手なことしてた今日(笑)。satotjeも今日は外食やし、ひさしぶりに晩御飯も作らなくてよかったので、ひとりテイクアウト。近くのスリナム料理。これが美味しいのだ☆

_47296280_kramer466.jpg

バンクーバーオリンピックもいよいよ大詰め。Sven Kramer選手他のチームパシュートでも、メダルが期待される。10000メートルの挽回だ!頑張れ~!

続きを読む >>

2010.02.21 02:02|Amsterdam/ アムス事情
このあいだ、metroという新聞に載っていた記事によると、オランダの人口は現在1600万人だが、2020年には1700万人を超えるのだそうだ。オランダのような小さな国でのこの人口増加率は甚だしい。中央統計(Centraal Bureau voor de Statistiek=CBS) の報告より。

子供の出生率上昇に加えて、高齢者の死亡率の低下、景気低迷のために他国からオランダに帰国するオランダ人の増加、などが理由としてあげられるが、何と言っても顕著なのは、移民の増加なのだそうだ。とくに保護をうけている移民者の数が年々増加しているのに加えて、オランダ側の受け入れもそれに順応しているからだ。2008年だけでも、ソマリアからは6,000人、イラクからは2170人、アフガニスタンからも1400人を受け入れている。CBSによると、この移民者の数は年々増える、という。

IMG_7304.jpg

移民の受け入れに寛容なオランダだからこそ、どこまで受け入れていくのかは今後の課題であるのは間違いないだろう。移民が増えれば、言葉や住まい、食文化、宗教の違いなどに問題が生じる。治安も決してよくはならない(概して犯罪を起こすのはどうしても移民者が多いから)。いったん受け入れたからには、彼らを「生活保護」する権利もあることをもっと考えるべきだ。先日テレビで、職を無くしたトルコ人一家が、「祖国にも帰るところはない。オランダにももう家はない。」と、なきわめく子供を横目に途方に暮れている様子をドキュメンタリー風に放映していた。おそらく彼らはまた、いくばくかの生活保護をうけて、ここでの生活を凌いでいくのだろう。子供たちはろくな教育も受けさせてもらえない。言葉も通じなければ、仕事ももらえない。そんなことでこの家族は幸せなのか。学校にも行けないような、行っていないような移民の子供もたくさんいる。受け入れる前に、彼らの将来のことまで対応せねばならない問題を、もっと真摯に受け止めるべきだと思う。

今週末、オランダの連立政権が崩壊したが、アフガニスタンへの派兵承認の延長が問題になっていた。2000人のオランダ人兵が駐留し、毎年死者が出ていることを思うと、すこしでも早く撤退するべきではないだろうか。
2010.02.14 23:52|Het eten /たべもの
今年のバレンタインは何にしようか?と考え始めたのは土曜日(前日、笑)。久しくお菓子作りもしていなかったので、これをいい機会にチョコレートでなにかを作ることに。

IMG_7266.jpg Valentinedag 2010 (2)

土曜日の北教会前マーケット。ヨルダン地区にあるのだが、ここのマーケットは品揃いが豊富なうえに、オーガニックなもの、アンティークな雑貨やアクセサリーショップなどが並ぶのでお気に入りなのだ。それでよく買って帰るナッツのお店で、ドライマンゴーと一緒に買ったのは、くるみとアーモンド。そうだ、ナッツ入りのチョコケーキにしよう、と。左の写真にある赤い看板みたいなものはじつは車。ピーナッツが頭にのっかった、かわいい小型車。街中で見かけると、ついていきたくなる(笑)。

Valentinedag 2010 (3) Valentinedag 2010

メレンゲも、もうずいぶんうまくできるようになってきた。ただ、ナッツ類を砕かずにそのまま混ぜ込んだので、重さでナッツが偏ってしまったけれど、食感がたまらん。たくさんできたので、同僚にも持って行こっと。

それにしても、欧米流の「男性が女性にプレゼントをあげる」という習慣は、いつになったら我が家で実行されるのであろうか…。バレンタインは男性がもらうが当然、的な顔をしているsatotje。satotjeパパとママによれば、実家ではパパがみんなにチョコをあげるんだって。そんな家庭環境で育っているのに、まったく鈍感すぎる。あげくの果てには、「愛はモノではないねんで」と逃げ腰。こりゃあ、当分は期待できそうにもありませんな。

バンクーバー五輪もはじまった。オランダでは、男子5000メートルでSven Kramerが金メダルを獲得!今年は全国で野外スケートマラソンが開催されて盛り上がっていただけに、この金メダルは大きい。Kramer、おめでとう!そして、日本の選手の皆さんも頑張れ!

続きを読む >>

2010.02.03 01:46|Amsterdam/ アムス事情
先週末に、某航空会社でCAをしている友人Akkyanとsatotjeと3人で、念願のvisaandescheldeに行って来た。ここのレストランは、魚(vis)が新鮮で美味しいことで有名なのだ。雰囲気もよく、高級感と清潔感が漂っている。ワインの種類も多いから、ワイン好きなひとにもお勧め。友人がキッチンでときどき働いている、というので予約して事前に話していたにもかかわらず、当日おらず(おいっ!)。友人お勧めの5コースを選んだら…デザート以外、魚三昧!グリルサーモンの前菜に始まって、ロブスターとかぼちゃのスープ、ハリボット、そしてメインがたら。ディッシュアップがどれも綺麗なうえに、味も繊細でほんと美味しかった!デザートも宝石が並んだみたいにかわいかったし、コーヒーのカップもBodumで気に入ったし、なんとも満足できるディナーでした。ちなみに、ハリボットが日本語で何か分からず、帰ったら調べることに。さっそくAkkaynが教えてくれた。タイヘイヨウオヒョウ、だって。カレイ系らしいけど、日本でこんな大振りなカレイは食べたことがない!てほど、厚みのある、しっかりした味の魚だった。翌日は、なんだか海で泳ぎたくなる気分だった…(氷点下の海に?笑)

visaandeschelde (14) visaandeschelde (9)

いつも、こまごましたものを、ネットオーダーしてはオランダに持ってきてくれるAkkyanに感謝♪ いまは航空業界はすごく大変やけど、お互いさま。これからもよろしくね、そしてお仕事お疲れさま☆

続きを読む >>

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。

更新すれば、facebook上でもお知らせしています。

gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク