2010.03.30 03:46|Buiten het NL/ オランダ外
サマータイムが始まって、1時間時計を早めたが、それで体内時計がくるって体調を崩す人もいるという。そーんな大げさな~なんて思っていたけれど、規則正しい生活をしているひとは余計にそれを感じるようだ。今日は眠くて仕方がない!早めに切り上げて寝よう…

でもその前に!重い腰をあげて?目を開けて?先日行って来たマドリッド旅行の記事を一気にアップしていきたいと思う。今回のマドリッド行きは、フラメンコが目的ではなく、大学時代の恩師に会うためだった。

IMG_7478.jpg

ロレタ。(なぜかめずらしく)リトアニア人でスペイン人の旦那さん、娘さんとマドリッドに住んでいる。友達のように近い先生、でもいままでの人生で一番お世話になった先生。思えば、オランダ行きの面接時に提出したCVも、ロレタに採点してもらったのだった。オランダにこれたのも、先生の恩恵があってこそだと今でも思う。それ以来、お互いに音信不通な時期もあったけれど、facebookをはじめてから密に連絡が取れるようになり、今回ようやく再会が実現した!

待ち合わせ場所は、プエルタ・デル・ソル広場にある山桃にキスする熊の銅像前。3分ほど遅れて到着したら、"nijntje~!Be on time!!" と怒られた(冗談交じりだけど)。さすが、厳しさは変わってないわ…

IMG_7486.jpg IMG_7634.jpg IMG_7498.jpg

いまは、高校を卒業した18歳~25歳くらいの学生や、省庁に勤務する社会人を対象に英語を教えているそうな。スペインのディナーといえば、20時以降が当たり前。レストランが開き出すまでに時間があるので、まずは翌日の日帰り旅行の電車往復チケットを買うのについてきてもらった(スペイン語しか通じないことを懸念して…)。そのあと、街中を散策。日が暮れはじめてライトアップがまぶしい。暗くなるにつれて活気づいてくるのは都会の証拠。その点、アムステルダムはじわじわライトアップされていく。

IMG_7510.jpg IMG_7511.jpg

7年間のブランクを埋めるために、弾丸トークしながら歩いていたら、レストラン探しも苦にならなかった。見つけたのは、中華街から一本はずれた小道にある、日本の居酒屋風居酒屋。新鮮な魚介類も美味しく食べられる。22時になってもどんどんひとが入ってくるところが、スペインの夜はこれから、という雰囲気が漂っていていい。今回は一人旅行だったし、あまり遅くに帰るのも不安だったので、適度な時間でロレタと別れを告げた。さて、明日は日帰り旅行、どの街へ足を運んだか、乞うご期待☆
2010.03.28 20:35|De kunst/芸術・イベント
あっというまに3月も終わりに近づいてきた。じつはブログに書きたいネタも盛りだくさんあるのだが、いかんせん書かない間につぎのネタが舞い込んでくる(笑)。けれど今日は、わたしの誕生日をお祝いしてくれたひとびとに感謝の意味をこめて記事にしちゃいます☆

IMG_7359.jpg IMG_7363.jpg

まずは誕生日当日!ド平日だったけれど、nijntjeはバケーション中だったので、のんびり誕生日を過ごすことができた。すると同僚二人が、花束と「オペラケーキ」を持ってきてくれた。何層かになったチョコケーキに、さらに薄い板チョコがのったもの。この板チョコは食べるときに割ってかけるようにして食べるそうな。センスある二人に改めて脱帽。ありがとう!

IMG_7349.jpg IMG_7340.jpg

そのあと、以前から約束していたミー家とカフェへ。De Taart van m'n Tanteは、最近雑誌や日本の観光ガイドにも載っているらしい、かわいくてレトロな内装のカフェ。初めてここのケーキを食べたけれど、オランダサイズのケーキと甘さに思わず笑いがこぼれた。でも美味しいのでお勧め!ちなみに、今回はミー家のお祝いもこめて。というのも、この夏から、日本に1年間留学することになったのだ!! 彼女と話していると、いつのまにか語学のことで熱くなってしまう。同じ夢や好奇心を持っているミー家だから、お互いに刺激になる。さて、日本の「どこに」留学することになったのかは…次回のお楽しみに☆

そして昨日、satotjeのパパママから、誕生日の近いわたしたち二人へ一緒に、と送ってくれていた祝い小包が届いた↓

IMG_7651.jpg

massyが選んでくれた、かわいい仕掛けカードにメッセージつき。中に入っていたものは、きしめん、そば、漬物類、ふりかけ、お弁当カップ他、京都のお土産など。ひとつずつ手に取るたびに「ひゃおぅ!」と叫ぶわたしたち(笑)。ほんとうにありがとう!

IMG_7649.jpg IMG_7650.jpg

massyが送ってくれたものは、こちらの和風ヘア飾り。さすが好みが分かっているね!めっちゃ気に入ったよ♪ もうひとつは、インテリアにどうぞ、と蝶々の壁飾り。nijntjeの妹がデザインした架け時計と合わせて飾ってみたら、なんだかずいぶん春らしくなってきた。

今日からサマータイム。日本との時差も7時間。街中のテラス席もいよいよ解禁です。
2010.03.16 01:21|Amsterdam/ アムス事情
労働党(PvdA)の党首であったWouter Bos氏が、このたび、政界を去ることとなった。

wouter_boskabouter.jpg

12年間、政界を勤めた。まだ47歳の2枚目。副首相であり、今後、首相の有力候補とも言われていた彼が退職を決めた理由とは…

「3人の小さな子供たちと愛する妻と一緒に過ごすため。」

なんだそうだ。…これが日本だったら、きっと考えつきもしないし、例えそう公言したとしても、汚職事件からの「呆れた」言い逃れ程度にしか聞こえない気がするが。おまけに、

「今後は、パートタイムで仕事をするかも。」

しれないそうだ。Wat geweldig zeg!

TV番組を見ていると、もちろん、この退職の理由にいろんな議論が渦巻いているようだが、最終的には誰もが納得しているようす。

公言したときの内容(video)はこちらでも

それで、新しいPvdA党首はというと、このかた↓

bm_job_cohen_apr2008-112.jpg

Job Cohen(コーヘン)氏。62歳。現アムステルダム市長だ。彼はユダヤ人であり、モロッコ人やトルコ人などの移民に対しても寛容で公平な対応が出来る、と評判がいいために今回選出されたそうだ。コーヘン氏にはすごく頑張って欲しい!次期の首相有力候補でもある(6月9日が選挙日)。

一方で、極右の政治家で有名なのは、自由党(PVV)党首のィルGeert Wilders(ウダー)氏。46歳。「モーツアルト・ヘア」とわたしは勝手に呼んでいる、笑

20080122_geert_wilders.jpg

極端にかつ率直に言えば、「オランダにいるイスラム教徒とモロッコ人、トルコ人は国に帰れ!邪魔やねん!」という反移民派。彼らに対しては厳しく取り締まるため、オランダ中から賛否両論が飛び交い、最近は国際的な問題にまでなっているという。

…オランダに関する政治で知っているのはこれくらい(笑)。また勉強してここでお伝えします…戻ります…

続きを読む >>

2010.03.12 18:54|未分類
今週からまたバケーションに入った。ひとつはオランダ語の試験のため、ひとつは週末旅行のため。それで、すこし余裕を持ってバケーションを取った。アムス テルダムは、わたしにとってほどよい都会さ。とくに休日は、時間が止まったようにのんびり過ごせるのがいい。美術館に、教会に、カフェに、どこにいっても、せかせかした雰囲気はない。

なかでも、わたしのお気に入りは新図書館コチラコチラも)。まずはこのレンタル方式。

De nieuw bebliotheek (5) IMG_7209.jpg

本を借りるときは、各階の”uitlenen”にて、個人登録カードを掲示し、テーブルに借りたい本を乗せる。PCが読み込み、本の詳細と返却予定日が載ったレシートが出てくる。ものの20秒!なんと簡単なシステム…。返却日を延長したい場合は、ウェブサイトで簡単に変更できる。探したい本はアムステルダムとその近郊ですぐ検索できる。日本でも、いまどきの図書館はこうなのかな。

IMG_7335.jpg

ただし、この個人登録カード(つまり図書館カード)を作るのに料金が発生(25ユーロ)。高い!日本じゃ普通無料やろ…?1年間有効。

それでこのあいだは終日図書館で過ごした。主に試験勉強のために居座っていたのだが…すごく不思議に感じたのが、セキュリティ(警備)の多いこと!! たいていは、カフェテリア以外の場所で飲食しているひと、携帯電話で大声で話しているひと、などをチェックしては追い出したり注意したりしている。1フロアだけで3,4人いて、トランシーバーで連絡を取り合っているのだ。なんだか大げさ。それだけマナーの悪さが目立つのだろうか。なかには口論になりかけるやっかいなひともいて、たしかに大変そうだ、と思う。そんなことを横目に、お昼過ぎも机に座っていたら、いつもどおりの眠気が…。たいていはウトウトするだけなのに、今日は完全に睡魔に襲われ、机に伏せてしまった。…その数分後だったのだろう、突然、頭を伏せたデスクの上をゴンゴン!たたく音ではっと目が覚めた。見上げると、警備のおっさんが立っていた。そして、

"Alles goed?" (Everything alright?)

と怖い顔で一言。”Sorryyy"というと、そのおっさんはそのまま去っていった。あぁ…寝ていても駄目なんだ!(笑)たしかに、ヨーロッパではどこでも寝る習慣がほとんどない。電車の中も、カフェでも、そして図書館でも。そもそも、あくびを人前でするオランダ人なんて見たことがない。どうして日本人はみな眠そうでどこでも寝てしまうんだろう。睡眠時間が違うんだろうか。そんなちょっとした疑問を抱きながら、そのまましばらく勉強を続けていたが、結局集中力が続かず(へぼ…)そのまま図書館を後にした。

でも、図書館大好き。次回は、「どうやって本を返却する?の巻」です♪

続きを読む >>

2010.03.08 00:58|Flamenco/ フラメンコ
この週末は、satotjeの職場に短期駐在で来ている”andere.s.”をお招きしての食事会をした。ふだんは、2kgのムール貝もペロリと食べてしまうわたしたち2人だが、それをメインにして、あといくつか和食を作ってあげた。

mousselen (2) 

どどーん!! (写真は昔のものですが…)

ルクルチェ(鍋)をあけて、andere.s.を驚かしたつもりだったが、反応はいまいち…。どうやら、学生の頃、何年かヨーロッパに住んでいたらしく、ムール貝も頻繁に食べていたらしい。なんでそれを早く言わないの!というかむしろ、合わせた和食で喜んでもらえました♪

そのあと、フラメンコ仲間のMoniqueから、ライブの誘いがあったので、久しぶりに夜の街に出ることに。家から自転車で10分ほどのところにある、Tapascafé Duende。お店の中を通り抜けて、奥にある扉を開くと、むんっとした空気と同時に、カンテ(歌)とギターの音色が私たちを包み込んだ。Moniqueは、ここで歌っていた、Juan Peñasからのワークショップで歌も習っているのだ。Juanはアムスに住み着いているし、彼の歌声は以前から知っていたけれど、あの垢抜けたメロディーと声量とエネルギーはいったいどこから来るんだろう!

Duende Juan (06.03.2010) (8) Duende Juan (06.03.2010) (12)

目の前にいたのは、酔っ払っているおばさん。ドリンクをおごってくれた(笑)。カンテのテンションがあがるたびに前で踊りだす女性。最後には、「また出てきたよ、このひと…」と苦笑してばかりだった。ここのライブは入場無料。誰でも気軽に歌を聴ける。フラメンコが、こんな小さなカフェで根付いているって面白い。スペインがすごく近く感じてしまう。

続きを読む >>

2010.03.08 00:18|Het eten /たべもの
もう先週末のことだが、元同僚のcoX2mamaから、家でタコスパーティをするので来ないか、と誘われたので、喜んで♪お邪魔させてもらった。彼女にも、娘ちゃんにももう長い間会っていなかったのですごく楽しみにしていた。上層階からの冬景色を背景に、たくさんいただいた。タコスもサラダも美味しかったよ!タコスなら、日本で言う手巻き寿司パーティ感覚でできそうだから、わたしも今度やってみようっと。

それから、今回は特別ゲストで、カメラが趣味!という日本人駐在員の方も参加。最近の駐在員の方は、単身で来る人が多いね。satotjeともカメラの話に花を咲かせていた。仕事場以外の世界がまた広がってよかった。アレンジありがとう、cox2mama。

それで、自画自賛の手土産、ティラミスだったけど、思った以上に好評だったので(笑)、レシピをここでご紹介。

どこのレシピかというと、ah(スーパーマーケット)に置いてある週刊レシピ本から採用(タダ)。こっちのレシピって、けっこう適当に書いてあるのかと思いきや、工程はすごく丁寧に書かれていることが多い(ただし下のレシピはすこし要約)。おまけに写真も綺麗だから、飾っておくだけでもインテリアになりますよ☆ それではレシピ。

材料:
卵黄 5個
75g 上白糖
2パック マスカポーネ(per 250g)
生クリーム(125ml)
Marsala 小8(甘いイタリアのワイン、ほかでも代用可)
エスプレッソ 150ml
lange vingers(細長ビスケット) 2パック
カカオパウダー
ティラミス皿

1. 卵黄をボールに落とし、50gの砂糖を加えてクリーム色になるまで泡だて器で混ぜる。マスカポーネをフォークで混ぜまわしながら、そのボールに加え、ゴムベラでざっくり混ぜる。
2.生クリームを、残りの砂糖を合わせてあわ立て、1に加える。
3.   深めのボールにMarsalaとコーヒーを入れる。コーヒーは砂糖をすこしいれてもよい。細長ビスケットを、そのボールに少し浸して、ティラミス用のお皿に並べる。ひとつずつ浸して並べていく。完全に敷き終わったら、1,2の生地(半分)を皿に流しいれる。その上に、カカオパウダーを茶漉しを使って振りかける。そしてまた同じことをもう一度繰り返す。クッキー→生地→パウダー。


tiramisu 2010 (2)

(これは途中の段階)

4. お皿にラップをしたら、そのまま冷蔵庫へ。最低でも2時間は寝かすこと。作ってから1,5日までは風味をしっかり保つ。

※クッキーは浸しすぎるとベタベタになるので、1秒浸したらすぐ並べる。冷蔵庫で冷やしているあいだに、十分ソフトなクッキーになる。

ティラミスも、回数を重ねるごとにうまくなってきたかな…。オーブン要らず、バターも油も使わないからヘルシーだし、子供でも楽しめる(ワインは除いてね)。皆さま、お試しあれ♪

続きを読む >>

2010.03.07 02:18|Amsterdam/ アムス事情
この週末に見つけた、おーーきなキッチン用品屋さん!

IMG_7303.jpg

Duikelman
Ferdinand Bolstraat 68-68A
1072 LM Amsterdam
Telefoon 020-671.22.30/ 671.75.69

アルバートカイプ市場のすぐ近く。マクドナルドの向かいにある、小道にひっそりとあるセレクトショップ。一見、小さなお店と思いきや、中に入ってみるとものすごく広くて、種類の豊富さには脱帽。キッチン用品ならなんでも揃う。オランダ中にあるホテルやレストランが実際に使っているため、信頼感もある。日本にはないお洒落なものも多いので、お土産にもいかがでしょう。品質もよさそうでデザインも格好いいものばかりだが、BlokkerHEMAよりも値段は高め。

ちなみに、今回ゲットしたのは、ずっとほしかった27cmのボールと、ケーキの型。型の種類は半端でないほどいろいろあるので、お菓子作り好きなひとにもぜひ!
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。

更新すれば、facebook上でもお知らせしています。

gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク