2010.09.25 01:20|Het eten /たべもの
日本もよ~うやく少し秋の気配を感じてきたようだ。かわってこちらはすっかり秋模様。紅葉も始まり、運河沿いは枯葉が舞い始めた。わたしはこの季節がじつは大好きである。この時期の運河沿いは一番綺麗。日本の紅葉とは違う秋の香りもする。

食欲の秋、なんて言葉はオランダにはない(はず)。日本人にしかないこの感覚。この秋は、アムステルダムにある「ちぇ」なお店を紹介していければ、と思う。それでは第一号はこちら。

My Burrito

burrito.jpg myburrito.nl (2)

Kinkerstraat 142
1053 EG Amsterdam
020-412-5526
Sunday and Monday 14:00-20:00
Tuesday - Saturday 12:00-21:00


Burrito(ブリート)とは、小麦粉で作られたトルティーヤ(白い生地)で巻いた食べ物。一見日本人にはお馴染みのタコ(ス)と何が違うか、と思うけれど、タコ(ス)の生地はMais(とうもろこし)が使われているために黄色いんだって。なるほど~。個人的には小麦粉のトルティーヤのほうが好きだわ。

具の中身は、ベーシックなもので、麦芽米、トマト煮した豆、チーズとサルサソース。これだけでも美味しかったけれど、好みでグアカモーレやサワークリーム、サラダなどを追加できるし、肉もいろんな種類の中から選べる。ラッピングはちょっとハンバーガーチックでかわいい。いつも割と賑わっているので気になってはいたけれど、ここならちょっとしたランチでも食べたくなる!ファーストフード行くくらいなら絶対こっちがお勧め。


2010.09.20 06:55|Liefjes/かわいいものやら
先日、ブログにコメントをいただいた方で、日本から来蘭されたcocoroさんに会うことになった。

最初に一言加えておくと、コメントを頂いただけで、見知らぬ人に会うことには、はじめは抵抗あったけれど、ある程度メール交換をしていたらどんな人なのかおおよそ検討がつくし、そのあたりはもう大のおとな、弁えはあるのでご安心を。

それどころか、ブログに感謝したいのは、ブログを通じてたくさんのひとと知り合えたこと!!また、オランダのことを知ってもらって、かつ共感したり、ご指摘を頂戴したり、また情報を提供してもらったりしたこと。いまも繋がっていられるのも不思議な縁だと思いたい。あらためて、この拙ブログを読んでくださっているかたに、感謝したい。ありがとう♪


そしてそのcocoroさん。旦那さまの学会に合わせてオランダ旅行を決め、同時にロンドン旅行を考えていらっしゃったcocoroさんのご友人、Jさんと3人で来蘭されたとのこと。仕事を終えてから待ち合わせ。cocoroさんご自身のブログを拝見すると、いかに猫好きなのかが分かったので、ここだけは連れて来てあげよう!と思って来たのがこちら↓

catsandthings.nl (4) catsandthings.nl (3)

Cats and Things
Hazenstraat 26
1016 SP Amsterdam

開店時間:火-土 12:00-18:00 木 19:00まで

ガイドブックにもどこにも載っていないような、でもヨルダン地区にあってひっそりとたたずむ猫専門店。飼い猫用グッズだけでなく、雑貨や置物などもあり、猫を飼っていなくても思わず入りたくなるお店。日本にいる大の親友も猫好きなので、誕生日になるとこのお店の猫グッズを送ることにしているのだ(笑)。cocoroさんたちもかなり喜んでいただけたようで、ずっと発狂していたよね。店内で飼われている猫もかわいくて、店員のおばさんとの余談も楽しかった。猫じゃらしにかなり迷った様子だったcocoroさんに、「オランダのカラーはオレンジなんですよ」と話すと、すかさずオレンジ色の猫じゃらしを選んでいた。Jさんも猫を飼っていらっしゃって、その飼い猫ちゃんにはラベンダー色の猫クッションを。機内では枕にして持って帰るそうな(笑)。写真upしてね~!

そのあと、"9straatjes"まで戻って、パンケーキ屋さんでお茶。ここではじめて自己紹介しあったけれど、共通点もたくさんあって親近感がさらに湧いたし、さっき会ったとは思えないほど打ち溶け合えた。Jさんからは、「パステルアート」のワークショップの先生をされているらしく、その作品のポストカードを見せてくださり、何枚か気に入ったのをいただいた♪

IMG_1110.jpg

クレヨンみたいなもので指や消しゴムを使って、想像の世界を絵にするんだって。「パステルの色も、ひとによって同じ色が違う色になる」って言葉がじんときた。素敵な作品をありがとう♪

JさんのHPもご紹介しますね↓
パステルアート 桜の庭

「わたしも、かたちに残るものが作りたいです。ピアノやフラメンコだけでなくて…」というわたしに、「でも、体にちゃんと残ってるよ!」と言ってくれた言葉がまたじんときた。温かい言葉をかけてくれたお二人に感謝。オランダというキーワードがなければお会いすることもなかったと思うけれど、こうしてまた素敵な人たちに出会えたことが嬉しい。そしてアムステルダムをすこしでも知ってもらえたことがなにより誇り。

続きを読む >>

2010.09.14 04:11|Gesprek/ひとりごと
タイトルどおり、部屋の模様替えをした。そのきっかけとなったのは、このたび日本へ帰国した元同僚から、いらなくなったTVを買い取ったこと。前から狙っていたこのアクオス、購入権は我々のもとに

元同僚の家にお邪魔して、TVの引越しを手伝ってもらう。「部屋、超汚いっすよ~」「そりゃそうやわ、引き払い準備中の部屋なんてそんなもん…」(中を覗く)

ほんまに汚い!! しかもなんか臭う!!    のだめかあんたは…

部屋の奥のほうに、埃をかぶった巨大物体が。そしてこのTV、46インチもあるのだった。想像以上に大きかったけど、めっちゃ嬉しい。慎重に家まで運ぶ。それから先日、IKEAに行って、そのTVに合うようなテーブルと、ついでに前から欲しかった本棚をひとつ購入。久しぶりにIKEAに来たから要領が悪く、何度も行き来せねばならなくなり(結局自分たちが悪いんだけどね)、半日以上をIKEAで潰してしまった。車もなかったので、家具は家の前まで配送してもらうことに。ここでダッチハウスらしく、「窓から入れるか否か」で迷ったが、なんとか階段からでも上げられることになった。3、4階に住んでいたら、間違いなく窓から入れることになるのだが…。

それで、工作技師・satotjeにほとんど組み立ててもらい(わたしはちょっとだけ補佐)、模様替え完了!

IMG_1097.jpg

IMG_1094.jpg

…こんな感じ。

それで、自然にいらないもの(古いTVなど)がたくさん出てきて、でも貰い手もいないので、すべて家の前の道に置き捨てることに。

古いTV →→ 置いてからものの30分、「そこ」にはもうなかった
satotjeが10年以上使っていたonkyoの壊れかけCDプレーヤー →→ 置こうとしたときに、「まだ使えるのか」と直接話しかけられ、そのひとに持ち去られる(笑)

そうなのだ、ここオランダは、衣類や家具や本など、いらなくなったものは、ほぼ間違いなく誰かが拾ってくれるのだ…日本では最近は家具や電化製品を捨てるときには産業廃棄物処理料金?としていくらか支払わなければならないようだが、ここアムステルダムでは(まだ)聞いたことがない。古いものでも大切に使うオランダ人の習慣からなのか、質素な性格からなのか分からないが、このあたりはうまく需要供給がなされているようである。ほかの人の手に渡るというのは悪い気はせず、むしろ引き取ってもらえたことに安堵感を覚えるのであった。
2010.09.09 19:33|Buiten het NL/ オランダ外
IMG_0949.jpg IMG_0947.jpg

プリトヴィツェで2泊したあと、首都のザグレブへ戻ってきた。ザグレブのことは何一つ調べていなかったし、なにも期待しないで行ったのだが…

期待を裏切ることなく、見るとこない街だった


これが正直な感想なのであしからず…笑

とりあえず、都市に行ったらどこかのてっぺんから街を眺めるのがお決まりで、それだけは外せなかったけれど。でもその景色をジオラマモードで撮っちゃいました♪ 

IMG_0957.jpg

気に入っている写真のひとつ☆ 屋根がオレンジ色で統一されている。毎日正午になると、昔からこの塔にある大砲が一回なる仕組みになっているそう。「ボフッ」という鈍い音が鳴ったと思うと、隣の教会から金が鳴り響くのがいい。

IMG_0966.jpg IMG_0970.jpg IMG_0959.jpg

マーケットにも行ってみた。いろんな面白いものが発掘できるかも!と期待して行ったが…お土産になるようなものもほとんどなく、正直つまらないマーケットだった。食べ物に蜂などの虫が群がっているし。あ~あ…

IMG_1001.jpg IMG_0981.jpg IMG_1064.jpg

公園があちらこちらにあって、緑が多いのがいい!

それから、食事はどこに行っても美味しかった。とくにイタリアン。というより、イタリアンかトルコ系しか見当たらなかったけれど(笑)

IMG_0938.jpg IMG_0933.jpg

↑ここはお勧めです!Restoran Vinodol

やはり、まだEU圏でない東欧の街というのは、「こんなもの」なんだろう。観光地化するにはまだ10年くらいかかるんじゃないかと思う。建物も隣国オーストリアのような重厚なものはなく、かといってモダンなものも極端に少ない。人々は歩きタバコは当たり前、なんだか寂しい顔をしているし、ホテルでもレストランでも接客に笑顔がないし、態度も悪い。これは今回たまたまだったのかもしれないが、正直に言うと、また遊びに来るのはきっと数十年後、時間があれば立ち寄る程度だと思うな。まぁでも、おかげでのんびりした都市滞在になったし、綺麗な写真は集まったし、つかの間の夏休みを楽しめたのであった。

しかしこのあと、30度以上の真夏を体験して帰って来たここオランダは16度しかなく、風邪をひいてしまった…



2010.09.09 18:54|Buiten het NL/ オランダ外
8月にプチ旅行をしてきた。アムステルダムから飛行機で3時間弱にある、クロアチアへひとっ飛び!

クロアチアはオランダ人にも人気がある観光地ではあるが、たいてい「クロアチアに行く」というと、「車で?飛行機で?」と聞かれる。いやいや、もちろん飛行機だよ…と言いたいが、車で行くひとも多いらしい。距離的には鹿児島~東京を車で走るくらいはあると思うのだが。

今回は、クロアチアの首都、ザグレブからバスで2,3時間ほどのところにある、プリトヴィツェ国立公園を散策するのが目的。所要時間に合わせて、3、4,6,8時間コースなどが選べるようになっている。とりあえず、丸一日あったけれど、無理のないコースで6~8時間コースをチョイス。二人でのトレッキングは初めて!

とにかく水が綺麗で、どうしたらこんな綺麗な色が出るのかと思う。いろいろな魚や鳥が生息している。途中でフェリーに乗って対岸へ渡る。美味しい空気を吸いながら、チキンの炭火焼サンドのランチ(笑)。

今回は夏だったけれど、秋に行くと紅葉が、冬に行くと雪景色も楽しめるそうな。また違う季節に訪れてみたい。
泊まったホテルは、家族経営のホテル。ふだんはあまりこういうところには泊まらないからよかった。子供(親戚も含めて?)がたくさんいてかわいかったなぁ。

(写真と文章を組み合わせるとなぜかうまくupできないので、写真を最後にまとめました↓)

IMG_0840.jpg IMG_0756.jpg 

IMG_0861.jpg
IMG_0770.jpg

IMG_0878.jpg
IMG_0879.jpg

IMG_0874.jpg IMG_0875.jpg

IMG_0913.jpg

IMG_0713.jpg

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。

更新すれば、facebook上でもお知らせしています。

gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク