2010.10.31 21:14|Amsterdam/ アムス事情

IMG_1384.jpg
IMG_1381.jpg

アムステルダム、ただいま紅葉まっさかり!!

チューリップが咲き誇る春も、避暑地となる夏もいいけれど、ウィンタータイム(10月末)が始まる時期の紅葉を見に来蘭するのも絶対お勧め いまが紅葉ピーク。寒くさえなかったら、運河沿いのテラスで一日中座っていたい気分になる。

************************************************

「粉、日本から持ってきてもらったんで、やりましょう!」

という、駐在員Naniwa-Sさんのお誘いにのり、satotjeとお宅にお邪魔した。相変わらずお洒落なリビング。そしてそこで、


…まさかのたこ焼きパーティ in Amsterdam!!  笑
(しかも来週日本に帰るねんけど…笑) 

アムステルダムでたこ焼き器とピック、しかも人数分揃えてあるなんて、さすがたこ焼きに対する愛着心がありますな。粉はNaniwaの千日前にある「わなか」というたこ焼き屋さんのものらしい。くりっとひっくり返すあたりは、実家で作っていたころの感覚がよみがえってきた。ひさしぶりでほんと美味しかった、ありがとう。デザートで出してくれたマカロンと、ネスプレッソコーヒーも美味しい。ネスプレッソマシーンの購入、ほんまに考えてみようっと。

あぁ~日本まであと少し!帰ったらなにから食べよう…?!笑 



続きを読む >>

2010.10.26 01:21|Gesprek/ひとりごと
最近のお気に入りシンガーソングライター、Laura Jansen (ラウラ・ヤンセン)は、オランダ人とアメリカ人のハーフ。kristalheldere stem(クリスタルのように透き通るような声)で歌う歌声を聴いていると癒される。

日本ではまだほとんど知られていないみたい。有名な曲だと、Wicked Worldや、Use somebodyなどがあるけれど、いまオランダでヘビーローテーションなのはこの曲↓




それで、歌詞を自分で訳してみた。

シングル・ガールズ

たぶんあなたは わたしの今のヘアスタイルを好きになるとおもう
あなたがいないあいだに 切ってしまったの
わたしたちのかけらが 辺りに広がって落ちた

ベッドも今は「ガールズ・ベッド」
わたしの枕元にはローズの花を
そして あなたがいた枕元にも

** でもそれは 失恋した女の子なら誰もがすることだから
あなたのことはもう考えないから

いまは物思いにふけって本を読んで
魂は救われると信じて
そしてやっと前向きになれた
ひとりになることを

いきあたりばったりに飲み歩いたわ
素肌に新しい色を重ねて
結局はせわしく時間が過ぎていくだけ

** repeat

いままでとおなじ場所に戻ろうとするけれど
神様はいじわるで
これが一番なんだって なにも悪いことはないっていう

でも まだあなたのことを考えてしまう

たぶんあなたは わたしの今のヘアスタイルを好きになるとおもう
切りたいように切ってみたの
わたしのかけらは 辺りに広がって落ちた

ワインをグラス一杯
部屋のライトを消す前に
うん もう大丈夫
わたしはきっと大丈夫



…なんだかせつない曲やなぁ。。。

Download:
FLVMP43GP
2010.10.22 01:10|Amsterdam/ アムス事情
家の近所の某靴屋さんには、かわいい靴がたくさん置いてある。なかでも、UGGのブーツの種類の多いこと!! セントラムのショッピング通りでも、ここまで揃っているところはないと思う。UGGの男性ものも置いてあるので、ご興味あるかたはぜひ!それはコチラ↓

Soraya's Shoesz Amsterdam

1e Constatijn Huygenstraat 69

020-6189887


それで、UGGの靴を買うつもりでこのお店に入ったのに、買ったのは…

fornarina.gif

フォルナリーナというイタリアブランドのブーツ!! おいおい 笑

日本でも手に入るのかな?靴以外にも服やアクセサリーもあるみたい。それにしても、また靴を買ってしまった。ちゃんとした靴棚がほしい…キャリー・ブラッドショーのようにね。。。

続きを読む >>

2010.10.18 04:18|Amsterdam/ アムス事情
今週末も秋晴れだった♪

これからは美味しいカフェも紹介していきたいと思う今日この頃。今日satotjeとランチしたのは、ヨルダン地区にあるこちら↓

IMG_1302.jpg IMG_1324.jpg IMG_1325.jpg

Spanjer en van Twist (HPはちょっとヘボい、笑)

Spanjer en van Twist
Leliegracht 60
1015 DJ Amsterdam
Tel. +31 20 6390109


アンネ・フランクの家から歩いてすぐ。何度か行ったことあるのだけれど、ここのランチは美味しい。メニューカードはシンプルだけれど、パスタや肉料理などもあってどれも美味しそう。わたしは「本日のキッシュ」を頼んだ。コーヒーもまろやかなPeezeのコーヒー。そして、ここのチーズケーキはvan Chocoladeから取り寄せているようだが、

こ、これは…!!

と目覚めるほど、とろけるような味の、でもオランダサイズのケーキ。2階席もあって、いつも賑わっており、とくに運河沿いはなかなか空かない。お店自体が小さくて狭くてかわいい。わたしの中では隠れ家的な「ちぇ」カフェ。お勧めですよ 

続きを読む >>

2010.10.15 03:52|Amsterdam/ アムス事情

media_xl_294921.jpg


前回の選挙から約半年もかけて議論され続け、ようやくオランダに新政権が誕生した(結局、最初に提案されていた組み合わせのような気がするが…笑) 

VVD(労働党)の43歳・2枚目(だと思う)首相マーク・ルッテ氏(写真中央)、CDA(キリスト民主党)のフェルハーゲン氏(写真左)、そしてPVV(自由党)のウィルダー氏(右)による3党連立政権。ただし、PVVは政権に直接参加しないが、下院で内閣を支援するかたちをとるらしい。さっそく「ぼくがこの2つの政党の面倒をみてやる」と豪語して波紋を呼んでいるが…ウィルダー氏はどこにどう転んでも非難されやすいひとである。

ウィルダー氏の極右ぶりは世界的に問題になっているらしい。簡単に言えば、極度の移民嫌いである。

「布かぶってるやつども(イスラム教徒がかぶっている布のこと)、とりやがれ!」
「オランダにモスクを建てるな、ここはキリスト教徒の国だ!」
「イスラム教徒で家族でこぞって来蘭する者たちよ、国に家族ごと帰れ!」


…てな過激な発言が多いため、イスラム教徒からはもちろん、ほかの欧州諸国やアメリカからも批判されている彼だが、ルッテ首相は、

「まぁまぁいいたいことは分かる。でも宗教差別や人権を侵害するような政策は取れないんだから。」とし、「オランダ国民が必要のない移民は国に帰そう。そしてオランダの移民、とくに不法滞在の取締りを一層厳しくし、2重国籍は禁止にし、オランダ国民が支払う税金がオランダ人に正当に使われるように変えていこう。」

…てな感じ。意外にも、ウィルダー氏のオランダ国民的人気は高いが、3つ目の政党、CDAはそれを人種差別だと大きく非難している。最終的には、ルッテ氏が、両党の主張をうまく取り入れたかたちに仕上がっているようだ。いやしかし、「この連立政権は長くは続かない」と悲観的な国民も半数ほど。どうなることやら。

あとは、社会保障額、基本医療保険の大幅削減、公共交通予算のカット、警察官の大幅増員、スキポール空港の増便などで財政の建て直しが注目されるところであるが…。

※ 各党首の言葉にやや語弊があるかもしれませんが、わたしは政治にはいっさいの関わりを持ちませんのであしからず。

最後に、デンハーグで行われた女王との新内閣発足式の様子はこちらからご覧いただけます♪

続きを読む >>

2010.10.14 04:26|Gesprek/ひとりごと
オランダは昨日くらいから一気に寒くなり、ついにマフラーと皮ジャケを出してきた。来週には最高気温10度の日が続くと予想…

さて今日は、nijntjeの渡蘭を手助けしてくださった大恩師から、「ブログに載せてちょーだい」と写真付・催促メールが届いたので(笑)、3度目となるBi-chan(チンチラシルバー)に登場してもらいましょう!まずはこちら。

12.10.10 (3)

ベッドの上でしょうか…寝顔はほんま癒しですね~

12.10.10 (4)

部屋の隅に寄り添って…怠け者だぁ…それがかわいいんかぁ…そして

bi.jpg

Bi-chan、どーこだっ!?   なにやってんですかね…

…こんなものでよろしいでしょうか?笑   かんべんして~



2010.10.08 02:00|Het eten /たべもの
食欲の秋をテーマに、久しぶりのお菓子作りに励むことにした(いつも唐突…)。数ヶ月前に買ってもらったお菓子の本がようやく解禁?!今回初挑戦するのはこちら↓

3b17a808d8ea33dab1e73ad70b09fe81.jpg

Canelé=カヌレ (ネットから拝借)

フランスを代表する伝統菓子のひとつ。ボルドーの修道院で古くから作られていたとされ、ワインの澱をとるのに卵の卵白を使用したため、大量の卵黄が余り、それを利用して考え出されたお菓子なんだそうだ。たしかに生地に卵黄をエクストラに使うもんね。

これを機にDuikelmanにてカヌレの型を探してみたが、欲しい大きさのものが見当たらず、違う型にしてみた。

Canneles (06.10.10) (3) Canneles (06.10.10) (7)

くぼみ入りハート型 これでプチカヌレを作るのだっ

生地を作ったら、最初にオーブンを250度に設定して5~10分焼く。カヌレらしく、表面をかりっと焼き上げるためのコツらしい。そのあと180度に戻して50分ほど焼く。しばらくしてちょいとオーブンを覗いてみると…


Canneles (06.10.10) (6)

カヌレが膨らみすぎて溢れてる!笑 これにはあせった…でもこのあとしずかに沈んでいったけれど(ほっ)

Canneles (06.10.10) (8) Canneles (06.10.10 (2)

Voila!  プチカヌレがたくさんできた  

カヌレ本来の型ではないから、見た目はカヌレっぽくないけれど割りと美味しくできた♪ もう少し、こんがり焼き色をうまく入れるのがつぎの目標かな。

続きを読む >>

2010.10.05 23:51|Het eten /たべもの

IMG_1195.jpg
IMG_1203.jpg

すっかり秋本番のアムステルダムだが、ここ最近は気温も上昇して20度以上ある。長い冬の前のこの快晴は本当に気持ちがいい!

でも2足も3足も早く、すでに「年末」を感じさせてくれるものがある。それはこれ↓

IMG_1205.jpg IMG_1206.jpg

オリボレンの屋台!!
(毎年同じおじちゃんとおねえちゃんが店員さん。)

オリボレンはご存知、年末年始に家族や友人が揃って食べる揚げドーナツ。しかし、ここの屋台は毎年10月1日にオープンすることが決まっているのだ。なんでかって?知らん…(今度聞いてみよう)アムステルダムでここ以外にすでにオープンしているオリボレン屋台は聞いたことがないな。

それで、さっそく買ってほおばりました(笑)年越しも新年も関係ないや。

IMG_1207.jpg

にぎりこぶしくらいの大きさで、レーズン入りが定番。粉砂糖がふりかけてある

おいしぃ~~♪ 

ここのは本当にどこにも劣らない味!やめられない…

でもこれひとつ、初めて買った頃はまだ50セントだったのに、今年はすでに80セント!! 50セントの頃に比べたら決して安くはないから、なんだか慎重に、しっかりめに味わって食べてしまうのであった。

続きを読む >>

2010.10.04 00:04|Amsterdam/ アムス事情
今週のはなきん(古っ)、ジャンクフード好きな同僚を連れて…

IMG_1175.jpg IMG_1177.jpg

まさかのハードロックカフェ Amsterdam!! 笑  ココ

在蘭7年目にして初。アメリカにいたころは憧れの存在?だったレストランだが、いまや冷やかし程度でしかない。ドリンクをオーダーした時点で、店員さんの態度がどうも気になる。過剰なほどの会話に軽いテンポ。

"Where are you from? (だからここに住んでるんだって…)"
"I've been to Shibuya, so cool man! (わたし関西人やっちゅーの…)”

いや~わたし苦手なんだよね、この手のサービス。プライベートな部分はあまり触れたがらないオランダ人にも、人気がないのは明らかだ。このレストランはあくまでアメリカ方面の観光客で成り立っているであることは言うまでもない。

IMG_1178.jpg

オーダーしたものは、アルコールフリー・マンゴーストロベリーなんとか。めっちゃ甘かったけれど、見た目は美味しそうだった。

IMG_1182.jpg

バーガーはもちろんBBQ味チーズバーガー。最初はがつがつ食べ始めたけれど、やっぱり量の多さに負けてしまった…。

店員とさらにくだらない話をし続けていたが(笑)、聞くところによるとここアムステルダムだけで100人のスタッフが働いていて、国籍は40カ国にのぼるらしい。しかしこの店員、チップの話まで具体的にし始めて興ざめ。そもそもドリンクとバーガーで30ユーロって高すぎへん?お店を出るときは逃げるように帰って来た。たぶんココにまた来るのは10年後だな 笑




続きを読む >>

2010.10.01 05:56|Flamenco/ フラメンコ
以前にもご紹介したが、ヨルダン地区の一角にあるスペイン・タパスcafe Duendeに入ると、カウンターとテーブルが並んでいて、さらに奥に進むと10畳くらいのスペースのタブラオがある。ここでほとんど毎週末、フラメンコのライブ演奏が聴ける。

先週末は、Mario Garcia Blanco「カンテ(歌)とときどきバイレ(踊り)」を見に行ってきた。開始時間は22時半。そう、ここの空間はスペインタイムである(笑)。まずは、約束していた日本人NとM、そしてフランス人のMonique。時間に割りと厳しいMoniqueは開始時間より早めに来ていた。まぁ、Marioの大ファンでもあるもんね。それにひきかえ、日本人二人ときたら、1時間以上遅れて現れて…おい。でも彼女たちはふつーの日本人ではないのでよしとして(笑)。

そのMarioのライブ、めっちゃ格好よかった!!2枚目コンビ。タブラオも満席。タダで聴けちゃうのもやっぱりうれしい。

Mario by cafe Duende (25.09.2010) (6)

以前にMarioのワークショップを受けたことがあるけれど、彼の格好よさに酔いしれてみんなついてきている感じ。歌うたいながら、リズムとりながら…

Mario by cafe Duende (25.09.2010) (15)

踊りだした!迫力ある~ 

Mario by cafe Duende (25.09.2010) (19)

ときどき観客からバイレが入る。Marioの教室の生徒のようだった。上手やな~

そしてこの日は結局だらだらと2時ごろまでいたのであった。お店を出るとあたりは驚くほど静かだったし、雨がかなり降っていた。

懲りずに翌日もDuendeへ。この日はロシア人のAlexandraと旦那さんと待ち合わせしていた。彼女から時間指定してきたのに、予定の時間になっても現れない。仕方なく、おなかもすいていたので、タパスをつまみ始めた。すると昨日出会ったイタリア人Illairaが友達と来たので、合流して一緒に食事。そして2時間遅れでSashaたちが登場。「ごめんなさーい、来客があって、一緒にご飯食べてたらこんなに遅くなって…」

いいよ。もう。ここはスペインさ…笑 なんでもあり。でも彼女はロシア人では…

cafe Duende (26.09.2010) (2)

この日のタブラオは前日とは違って、誰もが踊れる「セビジャーナスの日」なのである。最初は皆が自由に踊っていたけれど、後半はアマチュアさんのライブに変わった。ときどき流れるセビジャーナスに合わせて、二人組になったり、輪になったりして踊った。フラメンコが好きな有志たちが集まるこのカフェはなんだか不思議な空間で、またふらっと寄りたくなる、わたしにとってはとても居心地のいい場所だ。


続きを読む >>

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク