2011.02.25 05:09|Het eten /たべもの
疲れた…。

家探しを昨年末から本格的にはじめているのだが、今日の物件アポはなんと3件!satotjeにも半日休みを取ってもらい、二人で一気にまわった。

3年前くらいに家探しをはじめた。いままで見た物件の数は軽く30件。アムステルダム、アムステルフェーン、そしてアルメーレ。「やっと」家を買うことができそうだ。3年前に探し始めた頃は、ローンを組むどころか、不動産にバカ?扱い程度しかされなかったのに。これには、雇用条件や滞在許可書などが関係していたのだが。それで何度振り出しに戻ったことか(涙)。ここにきて、「やっと」信頼できそうな担当者も見つかった。「やっと」条件が揃い始めた…!うれしい!!

歩き回って、冷え切って、そして疲れ果てたので、今日は温かいものを、と思って晩御飯はすき焼きにした。

Sukiyaki (24.02.2011) (3)

薄切り肉は近所のいつもの肉屋さんで(どこでもしてくれる訳ではない)。しらたきとえのきは日本食材屋さんで。豆腐は近所のマーケットで。春菊もどきはルッコラで代用(笑)。生卵はこちらではちょっと怖いので、軽くポーチドエッグにして食べた(mikiへ、こちらでは生卵は極力食べていません)。おぉぉ、ウッマー!! 

いまはPCの前でうとうとしているsatotje…お疲れやったね。

いろんなことが新たな一歩となる今年。ゆっくりでもいいから、すべてがうまく進みますように…

続きを読む >>

2011.02.23 05:47|Vrienden/仲間たち
今日は料理大好きなお二人からお誘いをいただき、スイーツde アフタヌーン会を開いてもらった♪

Uno-tei (22.02.2011)

抹茶のマカロン+酒かすを使ったプリン by echt shef
紅茶のシフォンケーキ by Uno
nijntje 今回手ぶら(笑)Uno邸にて。


echt chefが作ってくれた抹茶マカロンは、すごく綺麗に焼きあがっていて、味もめっちゃ美味しかった!酒かすを入れたプリンは斬新で風変わりな大人の味。砂糖をかけてその場でバーナーで焼き色を入れてくれた。

Unoさんが作ってくれたシフォンケーキは、どうしてこんなにソフトに焼きあがるの?というくらい柔らかで美味しかった…。淹れてくれた紅茶も香りがいい。久しぶりのお茶会で、楽しいひとときをありがとう♪

Unoさんは、先日のイベントにも招待してくださり、「たこ焼き」をいただいた。こうして日本の食をオランダで紹介して、関心を持ってもらえるって面白いだろうなと思った。「建築」の仕事をしている友達を通して知り合ったわたしたち。アムステルダムで、こんなちょっとした縁で繋がっていけるってすごい。彼女はとてもクリエイティブで、いろんなことに興味を持って視野を広げている。今日は、echt chefもまじえて、半分以上は食べ物の話で盛り上がった(笑)将来の夢を持って、好きなことにとことん好きになって生きていく。ほんわかした空気のなかに、そんなそれぞれの熱い想いが十分伝わってきた時間だった。

Unoさんが活躍しているウェブサイトはコチラ

続きを読む >>

2011.02.22 19:34|Bevalling/ 出産
昨日は3回目の産婦人科での診断だった。先生はほんとうに姉御肌で面白いし、診断に行くのが楽しい!幸いにも、babytje(赤ちゃん)は順調に育っているようだ。昨日は心臓の音も聞いた。心拍数は大人の2倍の速さ!すこし場所をずらすと、心臓が血液を送っているポンプの音が聞こえた。これがものすごい音で「ガチャガチャ」いっている。babytjeのなかにいるちいさいおっさんたち(細胞?)が、一生懸命血液を送っている様子が分かるようで、思わず大笑いしてしまった。

気になっていた出産場所の件。先生に相談したら、「(オランダでは)出産予定日の1ヶ月前に3つほどある家の近くの病院から選んで予約する」だけでいいらしい。いまだ妊婦さんの30%が自宅出産であるオランダでは、病院出産かどちらかを選択するのも1ヶ月前でOKらしい。「まーだまだ時間あるから、ゆっくり考えていればいいのよ。」と余裕の先生。

ご存知のかたも多いと思うが、オランダでは安産の場合は、入院出産はなく、出産すればその日にシャワーを浴びてすぐに家に帰れ、と追い出される(笑)。なにも悪いところはないのだから、というのが病院側の言い分。そのかわり、8~10日間ほど、Kraamzorgという産後ケアがついてくれる。毎日家に来てくれて、4,5時間ほどbabytjeとママのケアをしてくれ、また育児のアドバイスももらえるという至れりつくせりのサービス!しかも、たいていの加入している保険ならケア料金も全額負担してくれる。Kraamzorgは20週までには予約をしておいたほうがいいのだが、わたしは1回目の診断のとき(9週目)に勧められた方に先約。その方についてはまた後日紹介します♪

ついでに、先日の妊婦さんフェアでもらってきたパンフレットのなかに、こんなものも入っていた↓

zwangerschapsboekje (2) zwangerschapsboekje.jpg

(産婦人科でもらわなかった)母子手帳!! かわいい~

週ごとに成長記録を書き込めるようになっている。ほかにも、確認しておいたほうがいい項目が質問形式に書いてある。これは参考になりますな♪ まぁ、たぶん面倒くさがりなので、いまさら記入はしないと思うけど…笑


2011.02.20 03:49|Bevalling/ 出産
金曜日の夜は、RAI国際会議場にて行われているイベントに、おなじく妊婦であるロシア人のSasha夫婦と一緒に行って来た。イベントはその名も"9maandenbeurs" (9ヶ月フェア=妊婦さんフェア)。出産、育児に必要なベビー用品を取り扱う会社がいっせいに集まるので、これから品定めしていきたいひとは必見であった。

と、そのまえに近くでディナー。久しぶりに行ったのは、カフェレストラン"vliegertje"。ちょっとアメリカンでお店の雰囲気もよく、いつも賑わっている。料理もスペアリブ(satotjeお気に入り!)をはじめ、肉料理がめちゃ美味しい!このレストランがあるScheldestraat(通り名)には美味しい洒落たレストランが多いのでお勧め。

IMG_2180.jpg IMG_2179.jpg

そこから歩いてすぐの会場に入ると、その妊婦さんフェア以外にもhuishoudbeurs(家事フェア)も開催されていて、妊婦さんや家政婦さんと女性客が多く、ものすごいひとごみであった。とにかく広い!妊婦さんフェアの会場だけでも相当広くて、2時間あってなんとか見て回れた。

IMG_2189.jpg IMG_2208.jpg

一番興味があったのは、やはりベビーカーやベビーベッド。値段も張るし、数々のメーカーが出しているので選ぶのに苦労する。ただ、ベビーカーは妊娠する前から一目ぼれで、ほぼ買おうと決めているstokkeに注目。stokkeをお持ちのかた、使い心地などの感想をお願いします 車に取り付けるなら、Maxi-Cosiも気になるところだが…。

IMG_2190.jpg IMG_2205.jpg IMG_2200.jpg

赤ちゃんのバスタブ。こんなバケツのようなものまで!でもこれ、赤ちゃんを抱っこして出し入れするのに便利な作りになっている。簡単に回転もできるし、床にも置ける。ベビーオイルもいろいろあって、100%天然素材でできたものもあった。ボトルもかわいいのだ 

IMG_2204.jpg IMG_2197.jpg IMG_2210.jpg

そのほか、さすがオランダ、nijntje(ミッフィー)のベビーグッズは豊富に揃っていたし、がらがらなどのおもちゃもカラフルなものばかりで見ているだけで楽しい。ベリーペイントのコーナーなどもあった!ほかにも、子供服や妊婦服はもちろん、布オムツ、揺れるベビーチェア、出産カード、抱っこ布などの各ブースなども。数ヵ月後にもう一度開催してほしいくらい。しかし、あまりのひとごみで最後はばて気味…

それで、この日の戦利品はこちら↓

IMG_2211.jpg

パンフレットの山!! 

…ひとまず情報収集しておけば、あとでゆっくり吟味できるだろう、と、大阪のおばちゃん根性で、手がちぎれそうになりながら持って帰った(satotjeがね、笑)。Sashaとあれ買ったこれ買った、あれはお勧めこれはいけてない、など、話し合えるのもいい刺激。一気に気持ちが出産後にまで向いてきたぞ!

続きを読む >>

2011.02.15 02:19|Het eten /たべもの
今年も超・ラストミニッツでバレンタイン作戦(笑)簡単だったけれど、いろんな感謝の気持ちをこめてチョコ菓子を作った。

まずは去年からオランダで仲良くなったNaniwa-Sさんを我が家に招いて作ったのはこちら↓

Valentines Dag 2011 (8)

ティラミス~♪
(これは一段目を敷き終わった写真。完成写真は撮り忘れた

前回も喜んでもらえたので、調子に乗ったnijntjeはまた同じものを作ってしまった(笑)。ティラミスは、オーブンを使わないから一見簡単そうだが、毎回ことごとくクリームの完成度が違うのはなぜだろう。今回のは80点くらいかな。Naniwa-Sさんは、satotjeと写真つながりで知り合ったけれど、いまはたくさんのことを語り合える良き親友でもある。いつもわたしたちのことを想ってくれていてありがとうね!


日曜日に作ったのは…

マドレ~ヌ♪

またDuikelmanで新しい型を買ってしまった…(コレクションにしようか?)ここで買うと社員割引(10% korting!)が効くのがポイント。

Valentines Dag 2011

「マドレーヌがうまく焼けたらお菓子が焼ける一人前の女の子」という、学生時代から思い描いていた信条みたいなものがあって、ちょっとハードルが高いものだと思っていたけれど、意外と簡単なものだった。焼き上がりはこんなもの↓

Valentines Dag 2011 (4)

しっとり、美味しく焼きあがりました  ついでにたくさん焼いたので、satotjeのお世話になっている上司と同僚にも持っていってもらうことにした。わたしは同僚のBettyにも。彼女にはオランダで苦い過去があって、わたしの前で何度も泣いて話ししてくれた。それでも、明るく仕事を頑張っている姿にをあげたくて渡したのだ。フローリストもバラをたくさん用意していて、綺麗だな~なんて思いながら帰宅すると…

Valentines Dag 2011 (3)

satotjeが「バレンタインだから先にあがっていいよ」という上司の言葉に甘えて、早上がりして先に帰宅していたのだ!! おまけに赤いバラとToutのお菓子まで…!! ラッピングをあけると↓

Valentines Dag 2011 (9)

2段の箱!マカロンとボンボンショコラ…(気絶寸前  とくにマカロンには目がないですわ  そんなわけで、いろんなひとに感謝して、甘いチョコ菓子をたくさん堪能して、とってもsweetで心温まるバレンタインになりましたとさ。
2011.02.14 00:18|Bevalling/ 出産
先日、それぞれの実家からあるものが届いた  それはこちら↓

IMG_2153.jpg

どーーーーん!!

妊娠5ヶ月目の戌の日に「腹帯」をすると、母子の健康を祈願する、という言い伝えがあるらしい。その腹帯が届いたのである!

satotjeの実家からは、塩竈神社というお寺で祈祷してもらった岩田帯。2枚入っていて、一枚は腹巻みたいに簡単に着られるもの、もう一枚はコルセットが付いたもの。腰が痛むようなら、コルセットが付いたほうを使ってみるといいかも。お寺のはんこが押してあるのがなんとも。

IMG_2168.jpg

神戸の実家からは、こちらも安産祈願で有名な宝塚市の中山寺(ものすごい山奥にある)までわざわざ行ってきてくれたらしい。こちらの腹帯は、全長5mくらいあり、その布を5回ほどおなかに折り返しながら巻きつけて使うらしい。着物の帯を巻く感覚。難しい?と思ったけれど、意外と簡単に巻けるみたい。とくにこの腹帯は平安時代から「鐘の緒」と呼ばれ、無事安泰を祈る霊跡として残っているそうな。帯自体に大きく文字が書かれているのが格好いい!それで、巻いたらこんな感じ↓

18e week van de  zwangerschap

2月12日の戌の日である今日、巻いてみたら綺麗にできました  安定して、暖かくて、守られている感じ!お母さんたち、ありがとう♪

続きを読む >>

2011.02.10 23:46|Het eten /たべもの
今日は仕事がはやく終わったので、ランチはなにか家の近くで買って帰ろう!と思い、久しぶりに思いついたトルコピザ。

melkproductie 002

(以前からブログ用に蓄えていた写真、笑)

ピザと言っても、ここのお店は、薄いイタリアン系のピザ生地をくるくる巻いたもの。トルコピザは野菜がたっぷりで、ピリ辛ソースもガーリックソースも好みで足せる。トルコ人の店員の兄ちゃんに、「ちょっとトマト大目に!」とか注文つけても、無料でサービスしてくれるのでナイス、兄ちゃん 

でも今日は違うものに目移り…。お店の前にでかでかと名前を掲げて宣伝しているこの店・最新メニューとは、こちら↓

Kumpir-istanbul.jpg

Kumpir(日本語読みだとクンピール?)家に持って帰ったらちょっと潰れちゃった…

店員の兄ちゃんが作っているのを見て目が釘付け(笑)。めっちゃ美味しそうやん!! 「いや~、これは僕のまかない用なんだ。あ、これ注文したいの?じゃ、この(隣りの)兄さんが作るから待ってて。」そういって鼻歌を歌いながら奥に引っ込んでしまった…。

そしてその隣りの兄さんが、わたしの後ろにいたお客さん分も一緒に作り始めた。一人分のベイクド・ポテトはなんとアメリカサイズの1.5倍!! 大きなベイクド・ポテトが3つ用意された。ひとつはわたしの、もうひとつは後ろのお客さんの。じゃ、3つ目はさらに後ろの?と思ったら、3つ目のポテトをつぶして、それぞれに上乗せしたのだから。まずこれにびっくり仰天。その上に、あふれんばかりのピザ用チーズがかかる。すると、そのチーズとほかほかのポテトをスプーンでしっかりかき混ぜ始めた。チーズとポテトがうまくとろけ合う。最後に、マッシュルーム、オリーブ、にんじん、たまねぎ、コーンなどの野菜類をのせ、さらにサワーソースをたっぷりかけて出来上がり!クンピールは、イスタンブールの名物らしいけど、イスタンブールに行ったときは素通りしてしまっていたのだろうか。肉も入っていないからそれほど重くなかったけれど、それでも相当ボリュームあるよこれは。でもnijntjeは子供の分も食べないとね、ここは全部たいらげました   Het heeft heel erg gesmaakt!!

こんな感じで、最近はジャンクフード?も許容範囲が広くなった(笑)。いろいろな国の食べ物が簡単に手にはいるのが、アムステルダムのいいところ。


2011.02.08 03:24|Bevalling/ 出産
5ヶ月目に入って、おなかもだいぶん大きくなってきた。子供の大きさは標準くらいで、Helemaaaaal goed!!なのだそうだ。日本の標準よりはすこし大きいのかな?でもおなかの大きさはまだそれほど目立たないかな。

先週くらいからピリピリ痛みはじめていた腰のあたり。それが日を増すにつれてズキズキ痛みはじめていた。ヨガレッスンでは無理しないようにしていたけれど、やっぱり痛みが伴って早く帰りたかった。仕事も立ち仕事だったり、一日働けばものすごく歩いていたりするので、今度は足の付け根まで痛みが降りてきてしまった…。「これはもぉ無理!」と思って、上司に言っても「妊娠すれば足腰を痛めるのは当然」程度で、あまり理解してくれない。ホームドクターに相談しにいったら、「痛み止め薬飲めば大丈夫。パラセタモールは胎児に影響ないから。あとはほおっておけば自然に治ります。どうしても大変なら仕事を休んで、会社のドクターと相談しなさい。」とのこと。結局パラセタモールは飲んでいない。薬を飲むのはやっぱり少し心配やし、オランダの許容範囲は、他国(例えば日本)ではあり得ないことがよくあるので…汗

そんなこんなで気分が若干落ち込んでいた先週、小包が届いていた。送り主をみると…

IMG_2143.jpg

ミー家からだった 

かわいい日本語(笑)妊娠祝いを贈ってくれたのかしら?嬉しくなってビリビリに破って箱を開ける。中に入っていたものは…

IMG_2144.jpg

① タイソウエキス配合のウエストひきしめマッサージオイル! 笑 
② アンパンマンの起き上がりこぼし! (空気で膨らませるようになっている)
と、どちらも産後に使えそうです  手紙もときどき日本語交じりで笑える。

(ちなみに、アンパンマンってオランダにまったく進出していないけれど、絶対子供にヒットする!と思うのだが。)

ミー家はライデン大学日本語学科の学生だが、昨年夏から日本に留学している。東京に行きたかったが(なぜか)山形の大学で頑張っている。今年は大雪の日が多くて大変だと思うけれど、楽しく生活しているようだ。彼女の話す日本語は、アムステルダムにいる頃から上手だと思っていたけれど、先日スカイプで話したら、ほとんど日本人と変わらないくらい普通に会話ができた。どんどん友達を作って、間違いを恐れることなく言葉を使っていれば、かならず上達する、と教えてくれたのは彼女であった。Heel erg bedankt、lieverdje!!

続きを読む >>

2011.02.02 19:08|De kunst/芸術・イベント
つわりもやっと治まってきて映画を見る余裕も出来たので、仕事帰りに行って来た。

129158923530030117_ps_1_jpg_s-low.jpg

(やっと見に行けた…!! )

公開から4週たった今も、意外にも満席!見終わった感想は…「うーーーーん」。二人でうなっていた(笑)。

原作はすでに何度も読んでいたし、オランダ語でも読んでいた。自分の中でこの物語は完成しているのに近かったので、映画を見るのはちょっと怖かったけれど、思っていたよりずっとよかった。想像以上に景色や色使いが綺麗で、映写機が後ろでシャーシャー回っているのがときどき聞こえながらこの映画を見るのは、どこか臨場感があった。やっぱり映画館で見ても、本を読んでも、この作品は「切ない」というため息交じりの言葉が出てしまう。

ただ、本を読んでいないと、この物語の深さはこの映画では決して伝わらないな、と思った。登場人物それぞれの、細かい背景や心境がこの話のいいところで、それが見事に飛ばされていた気がする。レイコさんなんて、あんな登場しかしてなければ、まるで悪者みたいやん!緑とワタナベのやりとりの背景にあった火事場は?緑はもっと笑えるのに…etc. でもやっぱり綺麗な映画で収めたかったから、このあたりは省略されちゃったのかな…。

まぁでも、これは「ノルウェイの森」そのものが好きなひとでないと、映画の良し悪しを語るのも面倒だと思う。

アムステルダムでは、まだこちらで観れます。
Rialto 
Cinecenter
't Ketel Huis
昔の映画館をそのまま残したような、雰囲気のある映画館ですよ。

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。

更新すれば、facebook上でもお知らせしています。

gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク