2011.06.24 19:08|De verhuizing/ 引越し
(ネットが旧家でしか繋がらないため、更新が遅れます。ご了承ください。。)

引越し第二弾の日曜日。

この日は、家具を滑車にひっかけて降ろさなければならない大仕事が待っていた。事前に連絡を取った大家のHennyによると、「朝の9時に4階にいけば、滑車とロープがあるから、住人からもらってくれ」とのことだったので、さっそく9時に4階をノックしたら、その住人は「そんな話は聞いていない」「滑車なんてない」と言う…。Hennyに電話したけれど、留守電。やられた…最悪 >< 怒りというより、ほんま呆れるわ。

仕方ないので、窓から家具を下ろせるか、に賭ける。この日の隊長はトップシェフ、それに率いる3人の若手コックさんたち。この3人さん、うちに来るまで何を手伝わされるか知らされていなかったらしい…さすが隊長(笑)。結局、窓と狭い階段(1m幅)に家具を分けて運んでみようということに。窓からは、家具を降ろすひと、下で受け取るひとに分かれて開始。こちらは名づけて「ウーッス隊」。シェフが言うことにはすべて「ウーッス」と返事。「このテーブルは誰がもらう?よし、お前もらっとけ。」「ウーッス!」「お前同じ家具もってんだろ、解体しろ」「ウーッス…?」みたいな…笑 窓から降ろす家具は、もうほとんどぎりぎり届くラインでの搬送。最後に残ったのは、いまどき珍しい2層式洗濯機。昔同僚からもらって結局一度も買い換えずに使ってきたが、ここで終止符を打つことにした。これが相当重くて(重そうで)、階段から降ろすのもやっとこさ。おまけに下水がどこからか出てしまったみたいで、それをかぶってしまった隊長、それでも笑顔でしきってすべて運んでくれた。わたし、なにもできなくてすいません。でも本当に助かりました!皆さんに感謝!! 

ちなみにこの洗濯機、家の前に「まだ使えます」の張り紙をして家の前に置いておいたら、すぐに関心を持ったひとが見ているではないか。そしてその5分後、そのひとは友達を連れて巨大な洗濯機を持っていってしまった…。恐るべし、アムステルダム!!

*************************

そして新居での生活が始まった。はじめは荷解きせなばならないダンボールの山を目の前に、途方に暮れそうだったけれど、毎日少しずつ片付きはじめている。一方で問題も出てきたりして、3歩進んで2歩下がる感じ。でも家も少しずつ「元の」家らしくなってきた。また落ち着いたらupします!

2011.06.19 20:01|De verhuizing/ 引越し
この週末が本引越しであった。

まずは土曜日。朝一番に予約していたワゴン車をピックアップ。車の大きさは、ヨーロッパの救急車サイズと同じ(日本より一回り大きい)。この大きさがあれば、家具以外は一回の往復で運べるであろう、という隊長の判断で…

IMG_1053.jpg

「引越しのことなら、お任せください!!」

その隊長とは、satotjeの上司でもある副社長。それに率いる部下たち(Kin-chanとandere s.&kazoo夫婦)チーム。名づけて「はい、どーもー隊」(副社長の口癖、笑)。わたしが臨月直前でほとんど力にならないことも考慮してくださり、皆が快く手伝ってくださった。山のようにあったダンボールはあっという間に車へと運ばれ、いまのフラットはからっぽになった家具だけが残った。

引越しの合間に、ひとりで近所のマーケットへ。ちょっとした、挨拶まわり。いつもお世話になった皆さん、寂しくなるけれどお元気で!

nieuwe schijder! Ten Katemarkt, het helfst 2006 (1)

Ten Katemarkt

アムステルダムの中では小さなマーケットだったけれど、家から歩いて3分だったから、本当によくお世話になった。パン屋さんに行くと、焼きたてのクッキーができたよ、と味見させてくれた。卵屋さんの前で立ち止まるだけで、(私がいつも卵だけを買っていくことを覚えてくれていて)「1ユーロね!」と声をかけてくれた。子供ができたらまた見せにおいで!と言ってくれたハム屋の兄ちゃんたち。みなが友達感覚で温かいひとが多かった。

殺風景な部屋の中で、夕食を食べて、本を読んだりして最後の夜を過ごしていたら、satotjeが突然泣き出した。涙を見せたのは、結婚式の翌日以来。そうやね、ここではいろんなことがあったね…。思い出してしまって、わたしも涙が止まらなかった。

続きを読む >>

2011.06.17 20:46|De verhuizing/ 引越し
…何が第一弾で第二弾か、混乱してきそうですが…笑。 とにかく、タイトルどおりに今のところ順調に進んでおります♪

先日は、駐在員妻であるKazooがダンボール詰めのヘルプに来てくれた。彼女たちも3ヶ月前に来蘭したばかりだったので、引越しについてはベテランの域。そして、貴重なダンボール箱30箱(!!)を自宅に備えていたため、「ちょっと!それおいといて!!とお願いしていたのだった。狭いフラットは現在、ダンボールの山で歩くのも困難な状態。しかも心なしか、ダンボールに囲まれて部屋の中が異様に暑い…。

それから、昨日はまた新居に行って、まずは先日届いたIKEAからの家具の組み立て開始。いま考えれば、IKEAからの家具が前もって届いていてよかった。第二弾の家具(べつの会社)が届いたのは、なんと17時だったから…。IKEAから前もって届いていなければ、17時まで時間をもて余していたことになる(汗)。

平日休みを返上してヘルプに来てくれたのはタイツ。腰を痛め始めていたsatotjeをたくさん助けてくれた。まずは、一番の難関と称されていたIKEAクローゼットx2の組み立て。

IMG_3044.jpg

でーん!電動ドライバー。

プラモデル大好き!家具の組み立ても大好き!と張り切っていたsatotjeも、タイツももくもくと仕事を進めていた。引き出し部分は相当大変そうだったけれど。そのあと、わたしが欲しいと言って買ってくれていた、台所横のキャスターテーブルも組み立ててくれた。汗水流して丸一日頑張ってくれました。ありがとう!!

二人が組み立ててくれているあいだ、わたしは適度に部屋の掃除をしていた。すると、つっこみたくなるようなこの街の新しい発見が。

鴨家族・5羽がお母さんを先頭にして、家の前をてくてくと歩いていた…  
かわいらしくて笑っていたらその1分後…反対方向に(彼らなりに)猛スピードで歩く鴨家族!  ←←
後ろから来た通行人に追いかけられるようにして。
でも決して飛ばない(笑)


一度、買い物に出たら、雨がよく降っていたけれど、あちこちにいたのはかたつむり    足の踏み場を確認しないといけないくらい。ときどき踏まれて潰れているものも…


帰りのバスの中。高速道路で渋滞に巻き込まれたらしく、バスが10分ほど止まってしまった。反対車線も渋滞のよう。「大きな事故でもあったんかいな」と思っていたら、なんと!高速道路の跳ね橋!!! 下で船が通っていたため、信号待ちだったよう。

…さて、わたしたちはアムステルダムを出て、いったいどんな田舎に住もうとしているのでしょうか…? こうご期待 笑

続きを読む >>

2011.06.15 17:15|De verhuizing/ 引越し
先日、IKEAでオーダーした家具が新居に一式届いた。というより、配送希望日を指定できなかったので(オーダーした翌日か翌々日でないとだめ)、その日のために新居で待機することに。でもそのおかげで、家具が届くまでの空いている時間でキッチン周りの掃除ができた あとは、家全体を見回して、家具の配置などを考えたり、届いていたベイベ用品の確認をしたり。

そうこうしているうちに、IKEAの配送係の兄ちゃんが届けてくれた家具↓

IMG_3038.jpg

(新居・初公開!)

全部で(ベッドや小さい部品も合わせて)33箱!

これらを箱から出して組み立てるのが大変だ…(satotje頼みます…)

いっぽうで、今のフラットには毎日大きなダンボールの塊が積み重なっていく。今日は最大の山、キッチンまわりを箱詰めせねば!

2011.06.13 08:18|De verhuizing/ 引越し
出産予定日まであと6週間少しとなりました!
そして、引越しの完了リミットはあと1週間… それで、昨日は家具選び第二弾、ということでIKEAに足を運んだ。IKEAのウェブサイトはご存知だろうか。買いたいものをネット上でリストアップして保存できる。「これはまだ買うか分からないな…」というものは、別のフォルダに入れておくこともできる。概算ももちろん簡単に出るので、出費が多い家具の購入計画を立てるにはすごく便利。おまけに、リストアップした商品が品切れの場合、入荷すればメールで知らせてくれる。なかなか優れたサービス!当日は、そのリストをプリントアウトして持っていけばいい。

ひとまず、ショールームを見て回って、商品確認。そのあと、IKEAカフェでランチ休憩。このカフェも、どれもこれもIKEA家具を使っているから、使い心地などを試すことができるいい機会。”IKEA Family”カードを持っていれば、カフェで割引されるのがさらにお得感あり。今回は、一人ひとつ、アップルタルトがただ!ラッキー♪

ランチから、事前にお願いしていたNaniwa-Sさんが合流して、家具購入のヘルプをしてもらった。ご家族のかたが来蘭された後で、何かとお忙しそうにも関わらず休みを返上してつきあってもらった。手伝ってもらったのは、そうここ、IKEAといえば…

dsc03159.jpg

家具ピックアップのセルフサービス!!

こういうスタイルは、日本ではどう受け止められているのだろう?土曜日は仕事、日曜日はソファで寝ているような日本人の典型的なお父さんたちには、この「自分で組み立てる」スタイルは、ストレスが溜まって体によくなさそうだが…? それで、わたしたちが購入した家具をひとつずつカートに乗せていくと、

全部で大きいカート2つ+ワゴンかご1つ。

となり、3人でそれぞれ押してレジへ。前回の引越しで、ベッドを買ったときにベッドの足が2本足りなくてマヌケな思いをしたので(笑)、今回は慎重に数を確認していたけれど、直前の配送カウンター前で、「やっぱり何かが足りない!」ことに気付いた。2つ買ったクローゼットのうち、スライド扉が2枚足りへんやん! おぉ~これを忘れたら、また郵送料が別途かかり、大変なダブルワークが待っているところだった。危ない、危ない(笑)

今日ゲットしたものはこちら↓

クローゼット(それぞれひとつずつ)
ベイベ用のクローゼット
新・ベッドのマット
キッチン用のキャスター・テーブル

などなど。。。第一弾に続き、人生最大の出費が続いています…ドドーン 

荷物運びは男性陣が全部してくれたけれど、わたしも相当疲れてしまった。「お好み焼きの粉が手に入ったので、またうちに来てください~」というNaniwa-Sさんの言葉に、「じゃ、今日は…?」それで結局、晩御飯はとっても美味しいお好み焼きをご馳走にまでなった(笑)。ほんまに昨日一日お手伝いをありがとう!!

引越し作業、まだまだ続く…

続きを読む >>

2011.06.11 03:51|Het werk/ 仕事
やっとこの日が来た… 

ようやく仕事をあがり、産休に入りました。

せっかくの機会だから、いままでの仕事のことを振り返ってみた(いままでせわしくてほとんど仕事のことは書かなかったけれど)。そもそも来蘭した動機は、日本で4年間、勤務していた職場からの繋がり。そして、オランダでの勤務も合わせると11年間も休むことなく就業してきた。すべてのきっかけは、先輩や家族のささいな一言。ときには支えられ、ときには傷つけられながら、最終的には自分で決断して、ここまでやってきたわが道。「もうここいらで転職を…」とか「やめたい!」と思ったことは何度もあったけれど、結果的には続けて来れて本当によかった。

「ホテル」というサービス業に従事して、お客様にどうしたら満足の行くサービスを与えることができるか、などを実践でたくさん学んだ。「最高のサービス」には答えがない。お客様それぞれの感じ方が違うからだ。ビジネスマンもいれば、観光客もいる。毎日、何百人、何千人というホテル滞在者・訪問者が出入りする。無論、通り一遍のサービスでは通用しない。お国柄だったり、そのひとの性格や気分だったり、ときにはその日の天候だったり。その要望に日々どううまく応えていくかが、わたしたちホテルマン・ウーマンの仕事である。

わたしが求めていた極上のサービス…それを常に意識できたのは、ここでともに働いてきた仲間がいたからこそであると思う。それは、従業員同士のチームワーク、高いモチベーション、そしてそれぞれの持つ笑顔があってこそ。部署という境界線を超えたホスピタリティ、マニュアル化したサービス・スタンダード、新しいスタッフの研修制度、そして、自分たちは最高級の施設とサービスを提供している、という誇りとお互いの尊敬の念。なかには求めているものと食い違って辞めていく人もたくさんいたけれど、根本に変わらない何かがある、最高のハード面とソフト面を持ったホテルだと思う。

そんな職場で働く仲間に出会えてよかった。「一期一会」。職場の仲間同士でも、ひとつひとつの出会いを大切にしていたら、お客様も必然とかえってくる。そんな相互関係のようなものが、五感で分かる、素晴らしいホテルだ、と改めて実感。

さて、産休を前に、こんなささやかなプレゼントをもらっちゃった

08062011.jpg

いつもお世話になっている花屋さんのハーマン氏から綺麗な花束。同僚からのカードとカタログギフト、おまけでポーランド人の同僚からチョコレート"Tiki-taki"のお土産。みんなありがとう!!


お返しに、いつもどおりのコレ、と言ったら…

09062011.jpg 09062011 (2)

やっぱり巻き寿司でしょ? これ、評判ええんですわ。
子供のようにみんなから(^з^)-☆キッス&ハグされました 笑
 


チーズ入りは定番中の定番。あとは、今旬のにしんの酢漬けを入れようと思ったけれど、好き嫌いがあると思ってやめたけどね…。

オランダでは、産休は16~18週間(職種によって違う)
。給料は100%保険でカバーされる。ママになってからの働き方はひとそれぞれ。わたしも、産後の予定は正直言ってまだ決めていない。じっくりゆっくり、satotjeとベイベに相談しながら次の道を探していこうっと。とりあえず、自分にお疲れさま!笑

でもまぁね、なにはともあれ…

仕事から離れて、ベイベのこと、家のことに専念できる時間がこれから持てるのが何より嬉し~~い 


2011.06.07 17:39|De verhuizing/ 引越し
先日、ようやく新居の鍵をもらうことができた

長いようで短かったこの道のり。不動産へも、銀行へも何度も足を運んできた。スムーズにいかないことも多々あった。とくに、銀行とのやりとりに関しては、何段階も書類を申請せねばならず、ゴールのテープを切りかけたところでまた振り出しに戻されたこともあった。それでも、二人で諦めずに、また担当者となんとかうまくコミュニケーションを取りながら進めていけたからこそ、無事に新居を手に入れられたんだ、と信じている。あらためて、協力してくれた担当者たちに、すごくお礼がいいたい。

鍵をもらう当日…

ひとまず、新居に不動産の担当者と、この家の売り手さんと一緒に最終物件チェック。とくに問題はなかったが、家具がすべて持っていかれた後の、ものけのからのような家に期待と不安を抱きながら、ノータリス(いわば物件の公証人)がいるオフィスへ全員で移動。簡単に鍵をもらえるのかと思いきや、そこでは個室に案内され、最終の書類確認と署名を求められた。なんだか緊迫した時間だったけれど、ノータリスのくだらないジョークにも終始なごやかムードに(笑)。鍵をもらうときは、「(結婚式のように)記念に写真撮りますか?」と言われたが、「いえ、けっこうです…笑 

最後は担当者たちと順番に握手を交わして終了。ちなみに、不動産の担当者から「おめでとう!」といって手渡されたものは…

n nieuwe sleutel (6.6.11)

(年代も種類も分からない)ワインボトル1本!
しかも、新居の写真つき 笑 
 

このあと、早朝から車を出してずっと付き添ってくれていたNatsukinと一緒に軽くランチし、kpnなどでの諸手続きを終え、また車で新居に戻り、とりかかったのは、家全般の掃除。

マスクつけ、手袋し、Tシャツとジーパン姿でモップや掃除機をかける3人。

真剣そのもの。ちょっと傍から見ると怖かったかも?笑 Natsukinの用意周到かつ迅速なお手伝いのおかげで(さすが!!)、最低限のものはあっという間に片付いてしまった。ありがとう!

6月末には引き払う今のフラットに戻ってきたのは夕方。あら、そこには見たことのある差出人から、2枚のカードが?!

n nieuwe sleutel (6.6.11) (2)

銀行の担当者、Ronと、オランダ語の先生、Eugeneがそれぞれ、「新居の鍵ゲット、おめでとう!」と送ってくれたのだった。ちゃんと鍵をもらった日に届いたのにも驚いたけれど、そんな風に気を使ってくれたささいな優しさにちょっと心を打たれてしまった。

さて、鍵をもらって現実味を帯びてきたわたしたちだが、まだまだ課題は山積み…。ひとつは家具の収納の問題。図面に書いてある部屋の大きさと実際に測った長さが一致しないことに気付いた。このままではクローゼットの買い方も大きく変わってしまう。こんなときに一番頼りになるのは、前の住人…。彼らもすごく協力的だったからこそいろいろ聞けるのだが…鍵をもらった後もしばらくは関わらざるを得ない気がしてきた。ふー、落ち着くまでどのくらい時間がかかるだろう。おなかのベイベはあいかわらずよく動いている。お腹の中にブルドーザーが入っているような気分(笑)。いろいろな環境変化でちょっとベイベも興奮気味なのかな。もうちょっとの辛抱だから、一緒に頑張ろうね!


続きを読む >>

2011.06.01 04:38|Het eten /たべもの
今年の春、夏はほんとうに天気がいい。それにいまは22時を過ぎても外は明るい。こんな季節は、なにかと料理に力が入らなくなり…笑

今日作ったのは、こちらのなんちゃって・海鮮丼

Chirashi-sushi.jpg

お箸をすすめてから写真を撮ったのでお許しを(笑)

アムステルダムでも、刺身用の魚は簡単に手に入るのだ。今日、アルバートカイプ(マーケット)で買ったサーモンとほたての刺身、二人分合わせて10ユーロだから悪くない。アボガドと、錦糸卵、さやえんどうのスライスしたものを混ぜれば、寿司飯もいっそう美味しい。

夏に来蘭する母に、思いついたようにメール。「持って来てほしいものリストに、そうめんを追加して」、と(笑)。


続きを読む >>

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク