--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.12.30 18:31|Gesprek/ひとりごと
今年のクリスマスは、ミレチェが加わっていつもより賑やかになりました

25122011 (3)

メインメニュー「ローストチキンにタラコを添えて」

satotjeが、魚のマーケットで、なんと生のタラコを発見!それを明太子に調理してくれたのだ。必然的に、クリスマスディナーの堂々たる一品に(笑)。とにかくご飯が進む オランダには漬物などご飯が進むものが少ない中、これは今年、我が家で大ヒット作品となった。そんな地味なクリスマスの食卓。

あとは、友達とアムステルダムへ出てランチしたり、マッサージに行ったり!このマッサージが、「もみ返し」を受けてしまった。出産後で、まだ腰あたりは完全に戻ってなかったのかもしれない…。2,3日痛みが続いたけれど、いまは治った。そのほかは、家族でまた別のアウトレットに行ったり、映画見たり。今週は、プチ・おせち料理の準備を開始。年末は休みは元旦しかないし、オリボレンを食べて花火をあげるくらいしかしないオランダ人を横目に、いそいそと買出し、料理している日本人のわたし(笑)。

そして、今年も年の瀬。オランダを振り返ってみると、今年は大きなフットボールの公式戦がなかったため、静かな一年だったように思う。来年はオリンピックと欧州チャンピョンズリーグが待っている!また騒がしくなるだろう。悲しいニュースは、Alphen aan de Rijnという街で銃の乱射事件があったこと。あらゆる面での財政政策ー音楽や絵画などの芸術系の経費削減や課税、公共交通機関の料金値上げなどーそれに対するデモ。そしてユーロ危機。オランダは、早期に景気政策に大きくメスを入れたわけだが、来年以降はどうなっていくのだろう。

いっぽう、日本の家族は、母が還暦を迎え、ミレチェが誕生し、妹も無事出産して姪っ子メアリが誕生、弟も就職が内定し、めでたいことがたくさん続いた一年だったsatotjeの実家も、みな大きな病気もすることなく、健康でいられた。そして、わたしたちにとっては、家や車という大きな買い物、臨月中の引越し、初めての出産と子育てを経験し、激動の一年だったけれど、一緒に乗り越えてくれたsatotjeをはじめ、友達や日本の家族にも感謝の気持ちでいっぱいです!

ブログを読んでくださっていた皆様、今年もありがとうございました。来年、みなさんにとっても幸多き一年となりますように!Beste wensen allemaal!!
スポンサーサイト
2011.12.22 13:44|Reizen in NL/オランダ内
satotjeがクリスマス休暇をもらえたので、先週末からマーストリヒトに行ってきた長時間の運転ありがとう!

マーストリヒトは、何度か行ったことがあったけれど、クリスマスの時期は初めて。ミレチェを連れての車での旅行は初めてだったので、近郊で行きやすいところで、と考えてこの街にした。まずは、一度は行ってみたかったルールモンドのアウトレットへgo!  

Maastricht 18-20 Dec2011 (4) Maastricht 18-20 Dec2011 (5)

ミレチェは白くまさんになっておとなしく買い物の付き添い(笑)。クリスマスシーズンでとても混み合っていた。オランダ語で話しかけても、ドイツ語で返って来るし、フランス語もあちらこちらで聞こえてきて、さすが、3つの国の人や言語が交じり合った街である。買い物したいストレスを一気に発散!?自分たちにしっかりご褒美…。

アウトレットで一日を費やし、ホテルにチェックインしたときはすでに日はとっくに暮れていた。というのも、このホテルの場所がよく分からず、近くまで来ていたのに探し回るはめに。でも今回、カーナビにlatitudeという機能があることを発見!これがあれば住所で検索しても出てこないときに的確にナビしてくれる。

泊まったホテルは、マース川の中州に位置するDe Hoogenweerth Suite

Maastricht 18-20 Dec2011 (12) Maastricht 18-20 Dec2011 (13)

15世紀からあるお城をホテルに改装したもの。庭園も残っていて、春夏に来れば散歩も楽しくなるような広いスペース。もともとアパートメントホテルとして使われていた。そのうちの一部屋に滞在することに。3LDK あって十分な広さで自由勝手に使えるのがよかった!今回の旅行は、ホテルに滞在するためにやってきたと言っても過言ではないくらい…。ミレチェのペースにとことん合わせた旅には最適のホテルだった。

うちにもバスタブはあるけれど、いつもはベビー用のバスタブに入るミレチェ。でもここで初めて一緒にお風呂に入ることに!

Maastricht 18-20 Dec2011 (39)

※左手後方はsatotje、念のため。

つるつるのお肌を触っているだけで疲れが取れる。あひるちゃんに夢中(持ってきてよかった)。1日目の夕食は、隣りに併設しているお洒落なレストランへ挑戦してみたけれど、案の定泣きはじめ、メインコースあたりから交代で外に連れて行ってあやすはめに…。食事中はじっと座ってはいない娘。これは本当にまいった。デザートも食べた感覚もしないままホテルへ戻った。翌日も、中華レストランで少しだけ口にし、またやっぱり泣き出したので、あとはお持ち帰り。部屋でゆっくりお茶を飲みながらのほうが格段に落ち着く…。

Maastricht 18-20 Dec2011 (45)

全7部屋の朝食も、ハウスキーピングも、コンシェルジュも、経理の仕事もすべてひとりでまかなっている、というマティアスさん。名門のマーストリヒト・ホテル学校を出て、自分でホテルを経営するのが夢だった、という。わたしたちもじつはホテルマンだ、というと話に花が咲き、レセプションデスクで長々と余談。スタッフと顧客の距離がこれほど近く、パーソナルに話ができるのは、こんな小さなホテルだからこそ。最後は握手を交わして、「また機会があれば必ず来るよ!」と言って去った。

マーストリヒトの街は、ゆっくり時間をかけて回ると楽しいんだろうけど。正直、クリスマスマーケットもたいしたことなくて、おまけに雪もちらつくほど寒くて、結局ほとんど目的もなく歩いていた。

20122011 (11) Maastricht 18-20 Dec2011 (27)

お土産に、たくさんのフルーツやナッツの入ったシュトレーンと、マティアスさんに教えてもらった、マーストリヒトのチョコ専門店Rousseauのボンボン。

Maastricht 18-20 Dec2011 (24) Maastricht 18-20 Dec2011

みなさんは、どんなクリスマスを過ごすのかしら 
2011.12.17 23:48|pasgeboren/ 産まれたて
本当に、PCの前に座っている時間がありません…笑

先々月、携帯電話をついにiPhoneに変え、だいぶん使いこなせるようになったものの、携帯からのブログのアップはまだまだ。書き出すと止まらなくなってしまう(長くなる)ので、iPhoneのキーパッドでは時間がかかりすぎる…。実家の家族はこれで母以外みなiPhone。Viberという無料で話せるアプリも知り、家族とも時間だけ気にしてお金は気にせず話せるようになり、やっぱりリアルタイムで話ができるのは嬉しい。

最近のミレチェ。腰もずいぶん座ってきて、手を前について座っていることはほぼできるように。あとは、ひとりごとが多くなり(笑)、寝言?も発するように…。かわいくてたまりませんっ

06122011 (2)

こんな感じ

ひとつ、わたしが手を焼いていることが…。とにかく、起きている。赤ちゃんは、夜9時くらいには就寝して、早朝に目覚めるものだと思っていたけれど(とくにオランダは、小学生でも9時に寝る)、ミレチェは、とにかく寝ない。朝7時前に一緒に起きてから、一日中家で過ごすときはとくにそうだ。30分寝たら目が覚めて「遊んで~」と泣く。夕食を食べていたら「一緒に食べたい~(おそらく)」とせがんでぐずる。夜9時になって、ようやく目をこすって眠そうにするので、ベッドルームへ連れて行く。そこからが、ほんとうの地獄の始まりだ… 何度母乳をあげても、寝やしない。薄暗い部屋の中で目がパッチリ それで、寝返りの練習をしたり、鏡の前で踊ったり(笑)…疲れて眠くなるようにもって行くのだけれど、あまり効果なし。むしろケラケラ笑ってるじゃないか。シャワーを交代で浴び、わたしが入っているあいだは、「いつも」satotjeにそばにいてもらっている(でないと泣き出すから)。先日シャワーを浴び、出てくると、寝室は静まり返っていた。「はぁ。やっと寝たかな。」と安堵の顔でのぞいてみると…

パパと二人で携帯で写真撮ってるし…

にやけているパパ。にっこり顔のミレチェ。かける言葉なし。「…はいはい、そのへんでもう終わり。もー寝るで!!」と気合い入れて布団をかけ、再度寝かしつけ。それで結局、ミレチェが深い眠りに落ちるのは11時。結局、毎日2時間ほどだらだら時間がすぎてしまうのだ。そして、2時間後くらいにはまたおなかが減って起こされるわけで…。

そんなこんなで、毎日ほとんどミレチェと一心同体で動いている。粉ミルクにすれば、眠りも深く長くなるかもしれないけれど、結局それもしていない。いつになったら、ミルクの回数は減るんだろう。もう体重は平均を大きく上回っているから、そんなにいらないはずなんだけど。

17122011 (8)

まるでアラレちゃん。キーーーーン

じゃあどうして今は、ゆっくりブログをかけているのって?パパがバケーションに入り、面倒を一緒に見てるから。少し、自分の時間も取り戻せた感覚。はぁ。。 まぁでも、家族みな風邪も引かずに元気いっぱいなのは、いいことだから、とりあえず良しとしよう。それに、外出するときは、びっくりするくらいよく寝て静かでお利口さんなので助かる。

だから、明日からのプチ旅行も、車中ではよく寝てくれるだろう、と願っている。ところで、パスポートがようやく出来上がった!デン・ハーグまで取りに行ってきました。

17122011 (18)

自分でちゃんと持ってる(笑)

これで国外も出られるよ!よかったね。今回は国内だから結局要らなかったけれど。また戻ってきてからのお楽しみ。みなさんも、素敵なクリスマスを!
2011.12.09 02:57|pasgeboren/ 産まれたて
新居に引越ししてから、広告がたくさん入るようになった。週末はとくに、袋に包装された大量の広告が、どさっと音をたてて郵便受けに入る。新聞も合わせれば一週間で結構な量になる。紙のゴミはリサイクルされるからいいけれど、これからはもっとペーパーレスにしていくべきだと思う。

ところで、satotjeの広告好きは相当なもので、ソファに座ったらまず広告チェック!するくらい、主夫としても目が肥えている(笑)。そして、このひともやっぱり親子だからか…

202020.jpg

目が見開いてるけど?  興味津々。(↑1ヶ月前の様子)

最近は、その広告をなんとかつかんで自分で読もう(見てるだけか)とする。このくらいつき度は普通ではない!?

07122011 (4) 07122011 (5) 07122011 (10)

クリスマスの広告が…


くしゃしゃにしたり、なめたり、片手でもって振ったり、わたしがページを破って見せると驚いたり。すごいのは、手元から離れると、両足ではさんでまた手元に持ってくること!(最近、足ぐせが悪いのなんのって…笑)その行動逐一が見ていてほんま微笑ましい…

ところで、オランダでは、新年が明けるといっせいにあちこちで花火が上がるのだが。アムステルダムに住んでいたときにはひとつも入っていなかったこの広告の山!!

Image008392348.jpg

花火売ってます、の広告 。

ひとつ大きいのを買えば、7,8千円は軽くする、決して安くない買い物。アムステルダムでは、新年が明けると家の前は花火と爆竹で大騒ぎだったけれど、この住宅街はいったいどうなんだろう。初めての年越しが楽しみだ。

続きを読む >>

2011.12.07 16:47|Gesprek/ひとりごと
ミレチェにとっては、オランダが出生国であって、そのほかの国は「外国」。でも、両親とも日本人だから、パスポートは日本のパスポート。早く出来上がらないかな…

その「外国」からいただいたプレゼント、まだご紹介していなかったぶんをいくつか…。(まだ紹介しきれていないのも…お待ちください!)

ikumi T

日本よりikuちゃんが贈ってくれました♪ 生まれてすぐに届いたこのプレゼント、見ただけで大変だったころを思い出す。手作りカードや、草加せんべいもナイス!もんぺは来年オランダで着れるかな?

ikuちゃんと、写真たてをくれたアイチェには、「シンタクラース」プレゼントを贈りました子供たちはみな、オランダからシンタクラースが送ってくれた!と喜んでもらえたようでよかった~(ばれなくて?笑)

van Rumi A

フランクフルトに住むrumiから。Steiff(シュタイフ)のぬいぐるみ。彼女のお洒落なプレゼントセンスには、いつも頭が下がるわ…。このあひるちゃんは、後ろに紐がついていて、それを引っ張るとオルゴールが鳴り、ドイツの民謡が流れる!ありがとうね。

そして、先日、日本から第一号!クリスマスカードが届きました…

06122011iP.jpg

第一号のクリスマスカードは、ブログでご紹介する、とのお約束どおりで。


里帰りしていたNaniwa-Sさんから。もうオランダに帰って来たかな?
2011.12.05 15:52|Gesprek/ひとりごと
オランダでは、この週末がシンタクラースがやってくる日で、子供たちは家族と一緒に食事をしたり、プレゼントや詩(いまも伝統で続いているのがすごい)を交換したりして、クリスマスより一足先にほっこり団欒となった。

我が家では、今年はまだシンタクラースをお祝いすることもなく、ごく普通の週末を過ごした。唯一、ミレチェにあげたプチギフトはこちら。

04122011iP (6)

レターチョコは、シンタクラースの定番中の定番なのだが。まだ食べられないから、ママとパパが食べちゃいます、笑

週末は、いつもどおりの買い物。天気もよくなかったせいか、市街も人がまばら。買いものの帰りに、Almere plantへ寄った。クリスマスのデコレーションを探しに。たいていオランダでは、このシンタクラースが終わってからクリスマスの飾りをはじめるため、まだ店頭に出回ったばかりのようだったけれど、いつもものすごく混んでいるのに、この日はひとがまばらで快適!それに、ものすごい数のクリスマスオーナメント!!ひとまず、玄関口のリースとキャンドルつきの門松のような置物、そしてミニポインセチアをゲット。ミレチェが大きくなったら、等身大くらいのもみの木も買いたいけれど、今年は引越し&出産と続いたので、もう少し時間をかけてからにしようと思う。オーナメントは後日ご紹介!

最近、我が家にあるものが入荷。メディエーターという、PCに落とした映画などをTVで再生できるもので、わたしにはまったく理解不可能な接続をすべてsatotjeがしてくれた(ありがとう!)。おかげで、ホームシアターが完成!

最近見た映画。ざっとご紹介。ブラックスワン



ずっと前から見たかった映画だけど、かなり迫力あって怖かった…。ナタリー・ポートマンはこういう心理的状況を描く、繊細な役がよく似合うなぁ。

あとは、オランダの映画、シント


シンタクラースをホラーにたとえた映画だけど、笑える怖さだった。余談だけど、アムステルダムの町並みが綺麗。

ハッピー・フィート



タップダンスするペンギンたちの歌と踊りがかわいい♪
2011.12.01 22:25|pasgeboren/ 産まれたて
昨日は、アムステルダムまで出かけた。車で約30分。高速道路の運転もだいぶん慣れてきたけれど、ミレチェが後ろに乗っているぶん、つねに緊張が走る。必ず安全運転と無事故運転を心がけて

まずは、自分をリフレッシュ!前回のパーマ&カットに続いて、カラーも入れてみた。は~すっきり。臨月のころからずっと放ったらかしにしていたので、やっと自分にも目を向けられるようになってきたことにも嬉しかった。ここで元同僚にも遭遇!!といっても、ここでよく知り合いとばったり会うことが多いんだよねミレチェはずっと寝ていたけれど、成長ぶりも見てもらえたかな?

そのあと時間が迫っていたベビーマッサージへ。思っていた以上に道が混雑していて、到着は、ほかの皆さんより大幅に遅れての登場。あ~ぁ。このベビーマッサージの講師をしてくださるのは、産後ケアでも大変お世話になったMihoさん。Mihoさんとは、娘さんのピアノ繋がりがあるので、あまり久しぶりでもなかったけれど、ミレチェにとっては生まれて1週間後以来だった。Mihoさんとミレチェの感動の?再会に感極まっているわたし…笑

ベビーマッサージって?母に話をすると、そんなものはわたしの頃にはなかった、という。わたしも、「赤ちゃんがマッサージなんて、ちょっと贅沢」ぐらいの気持ちで臨んだのだが、実際終わってみると、①ミレチェの肌の気持ちよさに酔いしれて眠気が襲ってきた(母子ともに)。②マッサージ用の音楽で気持ちがさらに落ち着いてきて、「うふふ♪」と声に出していたくらい。③母乳の出がすごくよくなった。マッサージによって、赤ちゃんとの肌のふれあいを喜び、楽しむことができる時間はとても大切だと感じた。ルーティンワークに追われてせわしない毎日を送っていたことを少し思い直すことができた。また、ミレチェが生まれてきたときのことや、いままでの成長過程を思い出して、ここまで大きくなったんだな~、としみじみ感じることもできた。今日も家でマッサージしてあげたけれど、ゆったりした至極の時間にまた酔いしれてしまった。これからできるだけ毎日、娘とのマッサージの時間を作っていきたいと思う

マッサージのあとは、ママたちでお茶会。「これ、つまらないものですが…」と、わたし以外みなさんお菓子を持ってきていて。あ~ぁ。。 でも、ママたちのなかに、お菓子教室の先生をしているひとがいらっしゃると聞いていたのであえて持ってこず。今回の集まりでプティフレを作ってくださっていて、これがまたすごく美味しかった♪

最後に、Mihoさんに会費を渡すときも、わたしだけ財布から取り出し、あとのみなさんはちゃんとかわいい封筒に入れて持ってきていて…あ~ぁ!!フラメンコのときは、レッスン費なんて、みな財布片手に先生につめよっていて、それに慣れてしまっていて、つい。ここが日本人会だと忘れていた(笑)

そんなこんなで始まったレッスンだけれど、次回は1ヵ月後?楽しみ!!

続きを読む >>

11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。