2012.12.27 00:55|Gesprek/ひとりごと
今日から3連休。やっと。

1週間ほど前に、旅先であったフランスはニースから帰ってきた。

IMG_6310.jpg

ちらっとその様子を…

気温は16度前後、毎日晴天に恵まれた(わたしたちは結構な晴れ家族であると思う)。オランダに帰って来てから記録的な雨量と強風の毎日。こんなに雨の日が続くのも珍しい。

バカンスを存分に楽しめたニース旅行記は、来年には書けるといいな(そのつもり)。今年一杯はその時間が皆無に等しいので。facebookを見れない皆様、どうかお許しください…。

師走は本当に早いけど、あっという間にクリスマスが来てしまった。オランダでは、25、26日は日本のお正月に近く、家族や親戚が大勢集まって食事したりプレゼント交換したりする最大のイベント。宗教的な意味合い以上に、一年の最後を皆でお祝いする日でもある。わたしは仕事もあったので、24、25日に前倒ししてお互いに料理を作ることになった。

IMG_2821.jpg IMG_2837.jpg

といっても、下準備はすべて当日であったが。わたしは恒例になったチキン。このスタイル、じつはわたしが幼い頃からの実家での定番メニューだった。だから、作るたびに実家のことを思い出すのである。今年の実家はケンタッキーフライドチキン(KFC)だったらしく、それはそれでうらやましい。なぜって、オランダのKFCに行くと、

いつもとなんら変わらないメニュー。

でがっかりしたから。もっといろいろセールスしようよな~この国。

25日は、satotjeがなんと!!野うさぎをマーケットで買ってきて、それを処理して、トマトとマッシュルームの野菜煮込みにしてくれた。いわゆるジビエ料理はほとんど食べた記憶がなく、食べ始めるのも正直恐る恐るだったけれど…実際には食べやすくてとても美味しかった!毎日保守的な料理が多いわたしとは違って、いろんな食材にチャレンジしようとする旦那よ、料理の新世界を切り開いてくれてありがとう!

さて、ミレチェも学校でときどきペンキや色鉛筆で絵を書いたり工作したりしているようなのだが、このクリスマスにはこんなものも作っていた↓

IMG_2798.jpg IMG_2797.jpg

土台だけ先生に用意してもらい、あとはコットンを使って「ゆきだるま」を完成させるというもの。1歳5ヶ月にしてこの作品。うーんなかなか上手に、しかも枠内に貼れたね!ほかにも、手形と足型のついたトナカイさんや、きらきらした天使なども。これら、作ったものは、一部はその日に持って帰れるが、そのほかは、託児所で用意された大きな画用紙ノートに貼って保管してくれるそうな。4歳になった時点で、一冊の本になって本人に戻ってくるとのこと。それはまたいい思い出になるだろうから楽しみ!

最近のミレチェは、単語もますます増えてきて、いまにも話し出しそうな予兆。たいていの単語は意味が分からないが…よく使うのが、


オッケー♪ (本当に声のトーンもローラ風に、笑)
あ~ぁ、あっちゃっちゃっちゃ (おそらく、なにか落としたなどしたときに、親が使っている「あーあ、落としちゃった」のまね)

あとは、「ママ」もだいぶん言うようになってきたし、「アンパンマン」「これ」なども言える。聞くほうは、かなり分かっているようで、「さぁ今から出かけるから、靴はきに玄関行って!」というと、ちゃんと履きに行く(まだ自分ひとりで履けないけどね)。じつは分かっている?と思えることがどんどん増えてきて面白いのなんのって!!

そうそう、それから、明日はいよいよ本物ピアノがうちにやってきます。詳細はまた後日…(後回しでたまらんようにせんとね…)。

さて、2012年もそろそろ終わろうとしている。今年も本当にいろいろなことがあったけれど、日本の家族も含め、みなが明るく元気でいられたことが一番大切。そういられたのは、家族や友人の支えがあってこそ。毎日感謝したいけれど、一年の締めくくりには改めて振り返ってそれを認識したい。2013年も、皆さまにとっても、素敵な一年となりますように。どうか、よい年越し、新年をお迎えください。




2012.12.14 15:16|Gesprek/ひとりごと
師走って本当に早い。今年秋口から何してたか、あまり記憶にいないくらいあっという間だった。今年の暑い夏、ミレチェの誕生日パーティ、BBQ…なんだか遠い昔のような気がする。

NS(オランダ国鉄)の時刻表が12月9日をもって4,5年ぶりに改定された。乗り継ぎがよくなり、本数が多くなると言っていたNS、がしかし!乗り継ぎが悪すぎて、朝の通勤ですでに10分近く長くなってしまった。同僚の中には、30分も変わってしまったひともいる。乗り継ぎも悪くて、以前は待っている電車に乗り継げたのが、いまでは10分も寒いホームで待たされ、おまけに電車は満員。実際、NSの新しい時刻表に対する抗議が殺到しているらしい。どうにかならんのか?!

それに、同じアルメーレにできた、新しい駅。アムステルダム方面側にひとつできたので、そこも各駅停車でとまるのだが…。まだ、その駅周辺は住人も少ないため、まるで無人駅のよう。ここにわざわざ停まる必要はあるのか?!早朝だから余計にイライラするよ、まったく。

*****************************************

と、話は明るい話題にしましょ。

オランダも、12月入ってすぐに大雪となった。学校を終えた子供たちが、いったん家に帰ってからそりを取って出てくる様子をたくさん見かけた。ミレチェも雪の上をお散歩!

07122012iP (37) 07122012iP (32)  

軽く10cmは積もってた!足がすっぽりはまるくらいね

庭に積もった雪はパウダースノー状態だったので、その日、仕事から帰って来てそのまま庭に娘を連れ出し、雪を空に向かって投げて遊んだ。家々のライトアップも始まり、いよいよ年越しまでカウントダウン。我が家は、今年はついに、初・生のもみの木を購入

07122012iP (19) 07122012iP (6) 07122012iP (4)

高さは150cmくらいあって飾りがいあり。何年も前から集めていた(…というほど数もないが)クリスマスマーケットで買ったオーナメントも飾ってみた。

07122012iP (23)  

無理やり撮られた感あり…

今年はまだ少し地味なツリーだけれど、来年から少しずつ飾りも増やしていきたい。ちなみに、雪だるまみたいになっているミレチェ、このセーターは、東京の上司様(B-mama)が今春来蘭したときにくださった手編みのセーター。やっと着られるようになってきましたよ!笑 胸元のボタンはハート型とてもかわいくてすごく気に入っています。

ついでに、買ってきたものでリースも作ってみた。

07122012iP (9) 07122012iP (14)

ミレチェにいくつか潰されたけどね・・・ 外にかけるつもりが、もったいないのでリビングの扉に変更。笑

先日は、satotjeのじぃじ・ばぁばから、小包が到着!

07122012iP (28)  

踊るサンタクロースは、satotjeの実家に昔からあったもの。娘、一番最初はびくっとして驚いていたけれど、最近は無反応…。おまけにクリスマスツリーにも無関心って。よく子供は飾りのボールなどを割って壊す、というけれど、いまのところこの娘にはその心配はいらなさそう。たくさんのプレゼントが届いてわたしたちも大喜び♪

先日は、久しぶりに仲間が集まった!

IMG_0249.jpg IMG_2557.jpg

オランダ「tout」のレモンタルト V.S. パリ「サダハル・アオキ」のボンボンショコラ

オランダに住んでいたNatsukinが日本に帰国後、またヨーロッパはパリで生活を始め、今回アムステルダムまで用事があって来ていたので、そのついでにみなで集まることに。皆、アムステルダムで知り合った友達。ひとは、どこでどんな縁があって繋がっているか分からない。オランダにいても、パリでも日本でも、離れていても友達はずっと友達なのだから。

さて、明日から4日間、旅行に出かけます!久しぶりにオランダから出ることに。ここよりも暖かいところだから楽しみ!また旅行記も書いてみたいと思ってます…お楽しみに!


2012.12.01 23:23|De kunst/芸術・イベント
今日はミレチェにとっては初めてシンタクラースに会える日であった。(シンタクラースについての説明はまた来年くらいに詳しく書くとして。笑)子供たちメインのイベントだから、いままでそれほど関心も湧かなかったけれど、今日の子供たちの楽しさぶりを見て、これは今後、年に一度の大イベントとなること間違いなしやな、と確信したのであった。

シンタクラースは職場であるわがホテルにやってくる!子供に職場を見てもらういい機会でもある。と、その前にちょっと腹ごしらえ…

01122012 (2) 01122012 (4) 01122012 (9)

プチ・贅沢ランチいただきました 毎度ありがとうございます! 
ホテルはちょうどクリスマスのデコレーションも始まっていて、イルミネーションもとっても綺麗。

さて、シンタクラースがやってくる予定の会場に入ると、すでに同僚やその子供、パートナーたちでいっぱい。わいわい歓談していると、司会者がひとこと。「さぁてみんな!これからシンタクラースがやってきますよ!でもいま、みんなのプレゼントの準備で大忙し(実際にはメイクや着付けで多忙)。そのあいだに、スペキュラース(シナモンの入ったクッキー、このお祭りの定番菓子)に飾りつけしたり、クッキーを焼く準備をしたりしましょう!レッツゴー!」。…という、ちょっと半強制的な行程に従うことになった。

で、連れてこられたのはホテルのシェフダイニングキッチン。子供たちはすごく楽しそうに作っていた。ミレチェは、ランチ後で昼寝がしたいのか、ご機嫌ナナメだったけどね…。飾りつけしたお菓子は、お持ち帰りOK!美味しかったね~。

01122012 (23) 01122012 (17) 01122012 (19)

そのあと会場に戻ると、今度は司会者、「注目!シンタクラースがどうやら船着き場に(運河沿い)到着したようです!みんなで出迎えに行きましょう♪」といい、コートや傘を準備してまた誘導され…笑

シンタクラースとZwarte Pietたち(ズワルト・ピート。シンタクラースに伴う色の黒い使用人)が本当に船から手を振って到着!子供たちは、雨の中でもシンタクラースたちに夢中…。

01122012 (34) 01122012 (36)

赤い帽子をかぶった白ひげのおじさんがシンタクラース

そして、お待ちかねの、一人ひとりに用意されたシンタクラースとの時間。よい子にしていた子だけが、名前の頭文字の形をした(ミレチェなら”M”)チョコレートをもらえ、そうでないとスペインに連れて行かれる、というのでみなとってもお利口にしている。なかには、ちゃんとシンタクラース宛ての手紙を用意している子供たちもいた。そして、ミレチェの番が来た!わたしが手を引いて一緒に前に出てみる。が、Zwarte Pietに抱っこされそうになり、「あ、あかんて、絶対泣くから…」と思う間もなく、いきなり拒否。ミレチェ「いややーーーー!」

01122012 (44) 01122012 (45)

がしかし、シンタクラースにMの文字が入ったチョコレートをもらったとたんに泣き止んだ。ほんま、食べ物には弱い…?!笑 

01122012iP (8) 01122012iP (16)

娘、シンタクラースの存在に気付いてた?というくらい無視していたが…笑

全員にプレゼントを渡すときに、子供各々に興味あること(親が事前に用意して渡してあるのだが)を質問したり答えたりと、シンタクラースがそれぞれに敬意を表してくれるのも人気のひとつなのかも。そして、シンタクラースたちは用事が終わったらまた別の子供たちのいるところへと去ってしまうのであった。Dag, Sinterklaas!!

最後に司会者、「さぁそれじゃ、シンタクラースが残していったプレゼントの袋をみんなで取りにいきましょう!」といって、また全員、別の部屋に促され、大きなプレゼント袋をみなで抱えて持ってきて…(どこまでも素敵な演出!苦笑) 

01122012 (50) 01122012 (57)

みんなの手に渡って、この会もようやくお開き。
しかし、プレゼントに「掃除機」って子も…(右の写真)

日本だと、プレゼントは家で開ける習慣があったように思うけれど、オランダではその場で開けるのが当たり前。プレゼントの包装紙だけでなく、入っていた箱までその場に捨てて帰るのは驚き。このときばかりは、ごみのことなんて考えない!

ミレチェも、(お願いしていた)プレゼントをゲット。これでまたうちが賑やかになるわ~…。

来年の今頃は、シンタクラースのこともわかるようになってるだろうか。歌も歌えるようになって、シンタクラースをちゃんと出迎えられるだろうか?

続きを読む >>

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク