--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.01.31 00:10|Het werk/ 仕事
父が、今月をもって大学での建築に関する講義が終了するらしい。教壇に立ったことのない(はず?)の父が、60歳を超えて初めての挑戦。最後の授業では、学生たちに、ある建築の模型を作らせ、プレゼンテーションをさせると言っていたけれど、うまく進んでいるのかな。

世の中には、いろいろな職業をもつひとがいるけれど、自分はなぜホテル業を選んだのだろう、と思うことがある。もとはといえば、大学の就職課で神戸の一流ホテルの求人が出ているのを「偶然」見つけ、それに「たまたま」応募したことに始まる。でもそれが今思えば運命の出会いだったのかもしれない。就職説明会で、1000人近くいる学生たちに混じって説明を聞いているうち、ほかの会社にはなかった、人事課のひとたちの人柄や社風に一気に惹かれて、その晩、徹夜して面接の準備をしたんだっけ。笑 だから、このホテルに就職が決まった時はこの上ない嬉しさで友達と泣きながら喜んだのをいまでも覚えている。

新・社会人になってからはこの会社で順風満帆に行くものだと信じていたけれど、手探り状態で始まったポジションで、何度も行き詰まり、辞めたくなってしまった。ホテルのこと、お客様のことを考える余裕なんて、これっぽっちもなかった(当時、泊まっていたお客様の名前なんて、ほとんど覚えていない)。アムステルダムに来てからも、自分が望んでいるポジションをもらえなかったり、ほかの同僚やお客様ともスムーズにコミュニケーションが取れなかったりで、たくさん悩んできた。というより、前にもうしろにも進めない仕事場の自分が嫌で。

今回、出産後にまた同じ職場に復帰してみると、ずいぶんと以前(1,2年前)と変わってきているように感じる。とくに大きく変わったと思えることは、部署内でのミーティングや、人事課による研修などが頻繁に行われるようになったこと。そこに、マネージメントのメンバーも加わることで、緊張感も高まり、現場での意見がより早く的確に伝わることも大きい気がする。研修をこなすことで、自分自身の成長にも繋がる。仕事って、ほとんどがただ毎日同じことの繰り返し、なんだけど、そのなかでも、少しでも疑問を抱く箇所があれば、どんどん意見を出し合ってよい方向に変えていくことは、お客様への満足度も比例して高くなっていくはずなのだ。ホテル全体で、社員が一丸となって盛り上げて変えていこう!という雰囲気が伝わってくる。

どんな小さな、つまらない仕事でも、見方を変えると大きな仕事になったりする。ホテルの朝食で言えば、ただ朝ごはんを食べてもらうだけではない。フロントで言えば、ただ部屋に泊まってもらうだけではない。「またここに帰って来たい」と思ってもらえるサービスとはなにか。お客様のかゆいところに手が届くサービスをするには、どんな細部にまで目配り、心配りをすることが大切なのか…そういったことを学べるのが楽しいと思うのは、やはりホテルの仕事が好きだからなのだろうか。

結局、いつもどおり全然まとまってないけれど、だらだら書いてみました。笑 
スポンサーサイト
2013.01.23 10:59|Buiten het NL/ オランダ外
ニース旅行記(引っ張りすぎ…)。

ニースには、シャガールとマティスの美術館があり、どちらも朝から見に行ってみることにした。

IMG_2704.jpg IMG_2689 - Copy IMG_2691.jpg

ドイツのマインツにある小さな教会でも、シャガールのステンドガラスを見たのを思い出した…

シャガール美術館は、滞在していた中心地のホテルから山手にバスに乗ること15分ほど。綺麗に剪定された庭園を抜けると、鉄筋コンクリートでできた小さな建物が見える。ベレやコルビジェとともに製作活動をしていたハーマントという建築家による作品。ここにシャガールは、自身が描いた聖書メッセージである旧約聖書の創世記をテーマにした絵画シリーズ17作を寄贈したそうな。たしかに、見るだけでは、わたしにはまったく理解不可能な絵画がずらりと並んでいたが、個人的にはシャガールの色使いは大好きなので、ここでその作品たちに出会えて感激!!

IMG_2669.jpg IMG_2677.jpg  

この美術館からマティス美術館までは、バスでさらに山手に上がって5分ほどのところにあるので、一緒に見にいくのが良し。マティスの美術館は、入場料が無料だからなのか、遺跡がそのまま残されていたり、建物も古いもので、あまり手入れされている感はなかった。

IMG_2735.jpg IMG_2723.jpg

マティスの作品もまばらなので、あまり期待しないほうがよい

目の前の、オリーブの木が並んだ広々とした公園で、高齢者グループがボール投げをしていた。いや、これはフランス発祥のペタンク(Pétanque)というスポーツらしい。日本ではゲートボールが人気なのかな。

お昼過ぎには、またバスで中心地まで戻ってきて、クリスマスマーケットを散策したり、ちょっと服を買ってもらったり…

ニースの海岸沿いには、クリスマスらしく、たくさんのもみの木を販売していた。日が沈み始めると、ビルは夕日に照らされて、海岸がオレンジ色に染まっていく…最高に綺麗!

IMG_6168.jpg IMG_6147.jpg IMG_6122.jpg

アバンチュールな雰囲気のある街…ニース!
15度前後しかないのに、泳いでいるひともいた。

ニースでの食事。たくさん紹介できるかと思いきや、見つけたところはどこも「ピザかパスタ」。ここはイタリアか?と言わんばかりに毎日ピザパスタ三昧。中心地では、多くがチェーン店となって展開していて、「窯で焼くピザ!」が売り物となっているレストランがそこらじゅうにあった。最後のほうは、本当に飽きてしまったけれど、いまはまた食べたい(笑)。

IMG_6263.jpg IMG_6112.jpg

娘は、ひたすらフランスパンをかじっていた…笑 歯が強くなるからいいか!

IMG_6418.jpg  IMG_6374.jpg

ニースといえば、サラダ・ニシソワーズ。味は普通だったけど(爆)、とりあえずニースで食べられたことに一安心(笑)。あとは、エクレアもケーキ屋さんで買ってホテルで嗜み。

さて、今回は歩きたがるミレチェを連れての旅行だったので、バギーを嫌がらないか心配だったけれど、それを裏切ることなく、このとおり…

IMG_2753.jpg

乗せようとしたらずり落ちる。

これ、毎回のこと。二人でなんとか押さえつけて乗せて…大変やったなぁ。

次回の最終回は、モナコ編!





2013.01.17 23:18|'t opvoeden/ 子育て
オランダ、この冬2度目の積雪!!

いやー、新年明けてからもしばらく10度前後の暖冬が続いていたけれど、不意をついて突然の寒波と大雪。最高気温は氷点下3,4度というのが来週半ばまで続くよう。雪はまだ溶けておらず、運河は昨年同様凍りついて、スケートをするひとたちの姿が。庭には、まったく触れていない綺麗なパウダースノーが残っている。そりを探しに買いに近くのホームセンターに出かけたけれど、売り切れだった。いつかは必ずミレチェを乗せて走ってあげたい!

その娘、もうまもなくで1歳半を迎えようとしている(恐ろしいほど年月の流れは早い!)。昨日はその定期検査(het consultatiebureau)に行って来た。身長は80cm、体重は10,8kgでほぼ平均。好き嫌いはほとんどなく、なんでもしっかり食べ、いままで風邪というほどの風邪を引いたこともなく、言葉も単語をどんどん発するようになってきて、いたって順調な成長振りの様子で先生もご満悦 最近発する言葉は、

「ママーー??」(語尾がしっかり上がるので、ずっと呼ばれているかのよう。実際そうなのか?!そのたびにはぁいーー??と返答。いままでほとんどパパしか言えなかったからここは急成長!)
「おいしーーー!」(ご飯を食べながら、コクコクとうなづきながら。しかも、「お」にアクセントがあるため、外人の日本語発音に聞こえる、笑)
「またねーー。ドゥーー」(てのひらをクルクル返しながらバイバイする。ドゥーはおそらくオランダ語のDoei=じゃぁね、の意味)

そして、なんといっても大きく成長したな、と感じるのは、託児所での送迎時のミレチェの反応。昨年暮れくらいまでは、別れ際には、泣くのを必死にこらえて、「うーー」と声も殺して涙だけ流していることもあった。それが、先週くらいからは、先生に引き継いで抱っこされても、もう泣かなくなった!!むしろ、ほかの子供たちを見てにこにこしている。迎えに行っても、影からこっそり様子を見ると、なんだかきゃぁきゃぁはしゃいですごく楽しそう。そして、わたしが姿を現すと、「あーーー、きた!」とばかりに喜んで小走りして向かってくる…。おまけに、今日は「まだ帰りたくない!」とばかりにバギーに乗りたがらない様子。あらら、予想していたよりずっと早く慣れてきたみたい。パパもママも、それにはすごく嬉しい(助かるっ)んやけど、なんだか寂しさを感じたり…急な成長振りに、ときおり涙が出そうになる。こうして、子供ってどんどん成長していくんだろうな。また明日は、来週はどんな成長が見られるだろう。想像するだけで楽しくなる!

今月は、クリスマスに働いた分のエキストラ休暇がもらえたり、ホテルの閑散期でもあるので暇で、少しのんびりしています みなさま、この寒い季節、どうぞ風邪など引きませんよう、お互いに気をつけましょう!






2013.01.14 23:51|Buiten het NL/ オランダ外
IMG_2946.jpg IMG_2948.jpg  IMG_6440.jpg

先週末は毎年恒例のスタッフパーティに参加した。毎年テーマが決まっているけれど、今年のテーマは"masquerade(マスカレード、仮面舞踏会)"。各自マスクを持ってくるよう指示されていた。ベネチアンマスクのひとが多い中、わたしはメガネに手作りマスクを貼り付けて参加。これはこれでインパクトがあってよかったみたい。あーー、今回はぜんぜん同僚たちと写真撮らなかった…すっかり忘れてた、残念!!パーティは夜中2時お開きだが、翌日仕事を控えていたわたしは23時に退散。ミレチェを見ていてくれたミーケの家に寄り(本当に助かったよ、ありがとう!!)、車で帰宅したのは24時。そこからミレチェと就寝したかったのだが、この娘急にハイテンションになり、ベッドの上でジャンプ…はよ寝かせて~!涙

さて、放ったらかしになっているニースの旅行記を、ダイジェストにどんどんお伝えしていこうと思います。

はじめに、年末のこの旅行、行き先をニースに決めた理由とは?とにかくオランダ、この時期は初の大雪が降って寒かったので、やはり少しでも暖かいところに行きたい!となり、候補にあがっていたドイツのクリスマスマーケットめぐりは却下。南イタリア、スペイン南部か南仏か?と絞ると、南仏には行ったことがなく、冬も比較的温暖で、特にニースはクリスマスマーケットも出ている、というのを聞いて即決。日本往復でけっこうたまっているKLMのマイレージを使って飛べたので、ホテル代(これがどこも高かったのだが)と飛行機代を合わせると3泊4日で2人で700ユーロで済んだ。これはお得!

まずは、ニースの旅でのハイライト、街のライトアップ。メインのショッピング通り、大広場、百貨店前はとにかく綺麗で豪華。オランダにはないカラフルで上品なライトアップが目に留まる!

IMG_6221.jpg IMG_6212.jpg IMG_6237.jpg IMG_6240.jpg IMG_6250.jpg

Canonのコンデジでここまで明るく写真が撮れるのね♪

そして、なんといっても展望台からの夜景(日没直後~日没後)はロマンチックだった。

IMG_6194.jpg IMG_6204.jpg

白い、丸いものはライトアップした大型観覧車。この夜景、帰りの飛行機の窓からも見れたんだけど、ほんとうに絶景で、またいつかこの場所に帰って来たい。ミレチェはひたすら段差を上ったり下りたり。笑

次回は美術館めぐりの様子を。日々の近況を交えながらお送りしていきます。笑


続きを読む >>

2013.01.07 23:50|Gesprek/ひとりごと
(もう七草粥の今日ですが…)

みなさま、2013年、
明けましておめでとうございます

本年も変わらずよろしくお願いいたします。
みなさまにとっても素敵な一年となりますように。


大晦日のオランダは一日中雨、そして強風だったが、花火は不景気にも関わらず国内で例年を越える売り上げだった、という(国内の花火の売り上げ総額はなんと7千万ユーロ、約70億円)。アムステルダムではかなりの爆竹が鳴るので歩いているのも怖いけれど、アルメーレの自宅付近は打ち上げ花火が多いので、比較的安心して見ていられた。

IMG_2877.jpg

アルメーレでは、31日の午前10時から、元旦14時まで個人で花火をあげてもいいことになっている。隣りに最近引っ越してきた家族の10歳の息子君も、花火用メガネを着用して花火を打ち上げていた。男の子はこういうのがやっぱり好きなんだろうね。

IMG_2873.jpg

ピンポーン♪ 今回もオリボレン(揚げパン)とアップルフラッペ(揚げアップルパイ)、揚げバナナとコーンパンを持ってきてくれた両隣りの家族。そう、オランダ人はフリッツ(フライドポテト)をはじめ、揚げ物が大好き…。急きょ、巻き寿司をお返しに持っていった。

年が明けるとともに、雨の中、ジャケットの帽子をかぶり外に出て、ご近所さんたちと握手やハグを交わした。360度、見渡す限り打ちあがる花火を見て(打ち上げてくれることに)感謝しながら、一年の始まりを感じる…。少なくとも、ここに心強い家族と隣人たちがいてよかった。今まで、何度オランダで年越ししてきたのだろうか。除夜の鐘の音を聞きながら年越ししたのはいつ以来だろう。それにしても、そろそろ本当に日本で年越しする計画を立てねばっ!

シャンパンあけて、明け方まで飲んで、お昼過ぎに起床。元旦はオランダではぐぅたら過ごす一日が通常である。レストランなどのテイクアウトやデリバリーサービスの売り上げが、年間で最も高いのが元旦なのだそうだ!(metro新聞より)

わたしは、貴重な休みを取れたので、とりあえずと買っていた食材を使って簡単おせちを作った。

01012013iP (4)

お雑煮、栗ご飯、海老のうま煮、なます、チキン照り焼き、そしてホタテ貝。殻つきのホタテを買ってきて、綺麗に洗って処理してくれたのはこれまた旦那。笑 同僚がもらってきてくれたお餅も食べると、いっそうお正月気分に。やっぱり一年の始めくらいは、ね。

先週末は、1ヶ月飾っていたクリスマスツリーを片付けることに。ここアルメーレでは、焼却処理するのも費用が発生するため、市民の協力を得て決まった場所・時間に回収することを奨励し、ツリーを持っていけば50セントだけだがもらえるシステムを取っている。街中に投げ捨てられたツリーを拾って回収所に持っていき、お小遣いにする子供までいる、という。

01012013iP (11)
買ったときはあれほど重かったツリーも、水分が抜けてしまったのか、軽くてひょいっと持ち上げられるほど。まだまだ綺麗なツリーだけれど…おさらば!

忙しい合間を縫って、友達が日本からのお土産を買ってわざわざもって来てくれた。

06012013iP.jpg

雑誌と日本のチョコレート。もらっただけで心は日本へ…ありがとう!



**********************************************
2013年の抱負。ここで書いてもたいてい年末には「なんだっけ?」と忘れていて思い出すこともしないから、ここで書くほどのことでもないけれど(笑)。ま、そんなつまらない前置きはいいとして。ひとまず、オランダ語と英語はもっとけじめをつけて向上させること。ピアノはもっと人前で弾ける機会を持つこと。そして、satotjeと一緒にミレチェの成長を見守りつつ、ともに成長すること…。

前にも書いたかもしれないけれど、ときどきオランダで生活していることが、タイムマシーンか何かに乗って別世界に来ている感覚になる。またそれに乗って戻れば、日本は時間が止まったままで、同じ分だけ日本での生活が待っている、と。がしかし。日本もオランダも、同じ時間という空間を同時進行している。それがわたしの感覚のなかで、ときどき混乱を招くことがある。気付けば、親は還暦を迎えていて、小さかった弟は社会人になっていて、妹にも子供が生まれていて。友達もいつのまにか転職したり結婚して子供ができたり。その大切なひとたちの、大切な転機を、そばにいられなかった悔しさやら空しさやら、そういう複雑な感情がときどき沸々とわいてくる。そしていつのまにやら自分は30代も後半にさしかかろうとしている。いま、このオランダで生きている、この人生こそが現在進行形の人生。たとえ、毎日が何かに追われて忙しくとも、家族のこと、日本にもオランダにもいる友達や家族を毎日想って、一日を大切にいきていきたいな、と思う。それが、2013年のみならず、これからの人生の抱負、なのかも。笑 こんなわたくしnijntjeですが、お付き合いよろしくお願いします。
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。