--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.08.20 22:25|Almere/ アルメーレ
日本への里帰り直後がミレチェの2歳の誕生日だったので、少しゆっくり時間をあけて、また同じく7月に1歳をむかえたYukiさんの息子くん、ミライチェのお誕生日も合わせて一緒にお祝いすることになった!

メインは、前回同様、BBQ! しかし、BBQは天候次第なので、直前までできるかどうか定かではなかったけれど、当日は、午前中は雨がぱらついたものの、午後からは24度の快晴であった!ラッキー!!

17082013 (6) 17082013 (8)
17082013 (10)
17082013 (13)
17082013 (36) 17082013 (42)

いやー、14時から招待していたシェフたちはどんどん仕込など取り掛かってくれ、わたしも平行して食材の用意、satotjeはテーブルセッティングなどの準備。15時過ぎからほかに参加してくれたひとたちが続々と到着。楽しい時間はあっという間に過ぎていき…。

今回のBBQメニューは。
恒例の牡蠣でスタート
プチトマトのオードブル(Shimkenシェフ作)
スパイシートマトライス(Hiroshiシェフ・アレンジ)
スパニッシュオムレツ
焼きもろこし
サーディン(いわし)
ソーセージ
焼き鳥 サテーとふつうの
チーズハンバーガー
鶏皮


という、ボリューム満点の内容(だったと思う)。そして最後のデザートは、バースデーケーキで二人の子供たちを祝福!

Hiroshiシェフが、こんなに豪華なフルーツタルトを用意してくれた しかも、ケーキ用の箱まで用意してくれて…演出がすばらしかった、本当にありがとう!!Patrickさんのアップルタルトも変わらずフルーツたっぷりで美味しかったな。

17082013 (38)

17082013 (14)


皆でLang zal ze leven♪とHappy Birthday♪を歌って、ろうそくを吹き消した。毎年、こうして子供の成長を感じていけたらいいな。わたしも、子供の頃に、母が誕生日がくるごとにお祝いしてくれたことをいまでも覚えている(小学生になってからだけど、もちろん)。そういう温かい思い出は、人生を豊かにしてくれると思う。だから、いまさらだけれど、そんな大切に育ててくれた母にも感謝したい。

オランダ北部では、今週から(8月19日~)すでに学校がはじまり、町中は一気に子供たちの笑い声で明るくなった。※ オランダでは、エリアを2,3区に分けて、夏休みの開始、終了の時期をずらし、家族揃ってのバケーションがなるべく重ならないように工夫されているのだ。

わたしも産休まであと1ヶ月弱に迫った。最近は胎動も激しくて、胃も圧迫されているような感覚がある(ミレチェのときは、臨月に入ってからそう感じたのだが…?!)。名前もなんとなくこれかな、と定まってきた。あともう少しの辛抱、それまでお腹のなかですくすく育っておくれ!

Geschreven in het Nederlands, gecorrigeerd door Meneer Albrecht

De zomer school vakantie periode is al weer voorbij, en alle de kinderen in Noord-Holland zijn al weer begonnen met hun school. Op straat hoor ik kinderen lachen, schreeuwen, enzo. Het is nu wel druk op het in de speeltuin. met vol met kinderen! Er zijn daar veel kinderen! Over 2 jaar gaat Mirei ook naar school. De tijd gaat hard snel! Ze is nu al een peuter, geen dreumers meer. Ze praat nog steeds met nieuwe woorden, en ze maakt zelfs zinnen met 2, 3 woorden. Zeer interessant waar ze het heeft over (af en toe begrijp ik niet wat ze bedoelt...)Af en toe begrijp ik niet waar ze het over heeft. Ik ben wel vind het wel spannend dat we elkaar ik met haar in de toekomkst vlot kan communiceren.


スポンサーサイト
2013.08.07 22:13|'t opvoeden/ 子育て
先日、2歳になった娘だが、託児所でも、ベイビーグループからピューター(Peuter=2歳児から小学生になる4歳児までのこと) グループに移動となった。これまでのお礼と、ミレチェの誕生日を兼ねて、先生と子供たちに日本のお菓子を配ることに。

IMG_5030.jpg IMG_5032.jpg

たいていは、こんなふうにお菓子の詰め合わせを渡すのがふつう、なのだが、もっと簡素な親もいれば、手作りお菓子を詰める親も。風船やとんがり帽子を子供に持たせるのも、パーティぽくなっていいかも!

移動となるにあたって、先生から、ミレチェの成長などを振り返る面談をすることもできるよ、と勧められたので、受けることにした。10分ほどで終わると言われていたので、簡単なものだと思いきや、先生は面談時に、「ミレチェの成績表」なるもの、A4で15ページほど、各分野においての評価がなされた冊子を持ってきて見せてくれた。「朝、親から先生へ引き継がれるときの態度」「食事中の態度」「遊び方」など、各テーマに分かれていて、そこからまた10項目くらいに細分化され、すべてが数字で5段階評価してあり、それぞれのテーマに一言コメントが書かれていて、それを先生が読み上げながら話し合ってくれた。実際には30分ほどの面談であった。

てか、この子、2歳になったばっかりですけど?!

日本ではどうか分からないけれど、オランダではこうして幼い子供であっても、評価を与えることが当たり前のようだ。それが、すでに「ひとりの人間」として尊重してもらっているようにも感じるし、ちょっと大げさだな、とも思うし…。

でも、先生の言葉を聞いていると、しっかり娘のことを見てくれているな、と感じるし、改善点などがあれば単刀直入に話してくれる、素直なところがまた信頼できる気がする。

そのミレチェの評価だが、"zeer een rustig meisje"(じつに落ち着いた女の子)と繰り返しいわれ、まぁ安心…。あとは、工作したり、ダンスしたりして笑ったり話したりするのが上手なんだって!ひとつ、前から気にもなっていたのが、よく「ひとりで」遊んでいること。他の子たちが集まったり暴れたり騒いだりしていても、その子たちを観察して徐々にグループに入っていくようなタイプ、らしい。まぁこれは、まだ2歳になったばかりなので、”samen spelen”(ほかの子供たちと一緒に遊ぶ)ことはこれから学んでいけばいいから、まったく心配いらないわよ、とのことであった…。あとは、言語。やっぱり先生にも日本語が出てくるようで、まぁこれもまだまだ仕方ないこと。全然心配してないからね!

***************************************************

さて、恒例の?ミレチェ語。

いやー、最近は本当に語彙が増えてきて、いつそれ覚えたん?ということもしばしばですがね。

「もうちょっと!x10…」これが、母親にとって一番ストレスの溜まる言葉である。もうおかわりしてほしくない、もうあげたくないものに限ってこれである。話をそらしてほかのことに気を取らせるのが大変

「食べたい、食べる、食べちゃった」ちゃんとその場に応じて使い分けもほぼできている。すばらしい!

「(手を合わせて)いただきます、ご馳走様でした」日本人の当たり前の心得!
「パパないないよ~ぅ(パパがいないよ)」この口調は、姪っ子から学んだのだろうか。日本から帰ってきてからよく、「○○よ~ぅ」というように。それまでは「○○ね~」だったけど。笑
「お片づけしてね!」といえば、片付けはじめる。ただし、決まったおもちゃだけだけど。笑
単語では、「ブルベリッブルベリッ(ブルーベリー)」「キゥイ」「コーン」「ヨーグゥト(ヨーグルト)」「おにく」etc.「たばいま(ただいま)」「いってらっしゃーい」「おはよっ」「こんちはー(笑)」etc...

歌は「ハッピヤースデートューユー X4」「あ、あ、アンパンマーン やさしい…(ここまで!)」

最後に面白い言動。リビングにハエが入ってきたときの反応。「あ!かーさん!(ハエと蚊を間違えている)しっしっし!(追い払おうとする)チュ?!(投げkiss?)
…親がよくしている舌打ちの「チッ!」が「チュ!」の投げkissだと思っている、なんともけなげな娘…

まだまだ増えてきてるけど、こんなものかな?




(in het Nederlands, gecorrigeerd door Meneer Albrecht)

Mirei ontwikkelt zich flink! Ze gebruikt nog steeds meer woorden, al zijn ze  is het meestal in het Japans. Ze kunt kan af en toe al 2 woorden achter elkaar combineren   zeggen. Ze kunt kan ook al veel liedjes zingen...niet helemaal compleet maar toch vind ik dat...knap! Wat de kinderopvang betreft, is ze zit nu al in naar een peuter groep verplaatst. Toen heeft een juffie de peuterleister mij aangeraden om een gesprekje te hebben over het ontwikkelen (de vooruitgang) van Mirei. Volgens de juffies   de peuterleister blijft Mirei altijd rustig en vrolijk! Het blijkt dat ze helemaal niks aan de hand is er helemaal niks aan de hand is met haar. Alleen speelt ze vaak in haar eentje, en niet met andere kinderen, maar dat vinden de juffies ze niet zo erg, want ze kunt kan straks nog veel leren met andere kinderen. Dat hoop ik ook wel en ik kijk er heel erg naar uit hoe ze zich verder kan zal ontwikkelen!




2013.08.04 21:55|Bevalling/ 出産
日本に里帰りして、帰ってきたらあっという間に次のベイベの出産までもう3ヶ月を切ってしまった…!!早い!

と同時に、ミレチェはどんどん成長し…そう、先月にとうとう2歳を迎えました!

世間一般には、「魔の2歳児」と言われる年齢に突入。いやいや、そんな「魔」と言われるような言動、行動はすでに1歳半を過ぎたくらいから出てたけどね。。ミレチェはわりと外面がいいというか、内弁慶というか…まわりからはよく「相談したくなるような、落ち着いた、クールな女の子、etc.」としての評判が高いみたいなのだが、家にいるあいだは、踊り出すわ、ジャンプしまくるわ、うまくいかないことがあれば床に伏せて泣きわめくわ…で騒々しいったらありゃしない!毎日の就寝も21~22時ごろと遅く、その時間まで付き合っているので、夜はいつもへとへとでそのままわたしも寝てしまうことも多々。まぁ、それでも寝顔を見ればかわいさは100倍で、また起こしたくなるんだけどね。笑

さて、出産までにミレチェとベイベのためにできるだけはじめたいことがいくつか…。

 トイレトレーニング!
子育てでこんな面倒な(笑)過程があるって、考えてなかったけれど、そろそろ「お○っこ」「う○ち」などを事前に知らせてくれるようになったので、トレーニングを始めてもいいかと思っている。というより、できれば、ベイベが生まれるまでにおむつが取れたら…なんて軽く思ってたけど、さすがにそれは無理だろうな おまるに関しては、家におまるを置くのが嫌なので、即、子供用便座("toiletverkleiner")ではじめようと思っているのだが、果たして(まず)座ることができるだろうか?!

 一人寝への移行トレーニング!
オランダではよく驚かれてしまうが、2歳児になったミレチェといまでも3人「川の字」で寝ている。ベイベが生まれたらダブルベッドに4人寝るのはあまりにも厳しい。提案としては、①ベイベを生まれたときからベビーベッドに寝かしつけて、ミレチェはそのまま、川の字で寝続ける。②ベビーベッドをいまの寝室に移動させて、そこにミレチェを寝かし、ベイベは添い寝。③ミレチェ用(2歳児~)のベッドを買って、自分の部屋で寝させる訓練をする。ベイベは添い寝。

いずれもメリット・デメリットがあるのだけれど、今回も母乳で育てたいとなると、ベビーベッドでのベイベの出し入れは、じつに面倒で体力がいるので、できれば添い寝がいい(①はよっておそらく消去)。いっぽうで、娘が自分の部屋で寝ることになった場合、慣れてきたとしても、ベイベが生まれてからは、「自分が疎外された気分」になる可能性があり、夜泣きなどしかねない。夜中に二人が交互に(または同時に)泣くのは極力防ぎたい…となると、③も可能性低し。というわけで、おそらく②でどこまでできるかやってみよう、ということになった。まだベッド動かしてないけど。

 娘の部屋?
ベイベ用の洋服タンスもきっと買うことになるだろう。2つある(しかない)子供用となる部屋を、いったいどうやって分けよう?いまは2つのうち、ひとつは電子ピアノや本棚、机にソファと置いているのだが、ここもちょっと整理せんとね。屋根裏部屋をうまく活用できるといいんだけど、なんせ狭い。でもおなじ間取りで5人家族の家庭もあるこの長屋の家。どうやってやりくりしてるんだろ…。あともう一部屋でもあればもっとゆったり使えるのにな。

家族がひとり増えるっていろいろ考えないといけないことが多い。そうこうしているうちに、娘はあと2年でオランダの小学校?!学校選びもぼちぼち見ないといけないし…。子供の成長は待ってくれない!親のわたしも、一緒に成長していかないとね。。

長くなってしまったけれど、ひとまず「育児の現実」を書き留めてみた。おなかが大きくなってきて、仕事との両立も、だんだん大変になってきた。帰って来たら疲れてヘトヘト。でも睡眠だけはできるだけ取るようにして…しばらく連休なので、ひとまずゆっくり休みます

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。