--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.10.31 23:04|'t opvoeden/ 子育て
じつは、ハロウィーンが出産予定日で、この日に生まれてくれば、まさに(?)"Happy Halloween!"と毎年お祝いできたのだろうが、今日も出てきそうな兆候もなし、だった。お腹の赤ちゃんは、出てくるタイミングを自分で決める、という。「そろそろ出ようかな…。」みたいな感覚なのだろうか。出産前にしておきたいことで、「あ、あれ、まだやり残してる」という項目があって、それがあったから今日は出てこなかったのかな、などと推測するのも面白いが。明日からsatotjeも休暇に入り、これでひとまず安心して陣痛を迎えられる…と思う!

今日は、娘は託児所に預かってもらっていたので、なおさらのんびりできた。「ハロウィーンパーティ」ってことで、皆で歌を歌ったり、お昼にはパンケーキやポフェチェを食べたり、お菓子を交換しあったりして楽しんだみたい。

31102013 (2)

31102013 (3)

31102013 (5)

↑↑↑託児所のウェブサイトに掲載されている写真から拝借。

産休に入ってから、ミレチェを託児所に連れて行くときは、ほとんど必ず別れ際に泣いてしまい、今日なんて家を出る前から大泣き。。 パパが連れて行ってくれると泣かないのに~。それでも「ごめん!それじゃミレチェ、後でね!」と言って先生にバトンタッチ。その後はいつも、ものの5分で泣き止んでケロッとしているらしい。迎えに行くと、いつも笑顔で走り回っている姿。ママが来ても無視して遊びまわっていることも…。それだけ、楽しくみんなと過ごせてるんだろう、と思うとほっとする。ここの先生も親御さんたちも、皆フレンドリーで、わたしの妊娠のこともずっと気にかけてくれていた。今日も、たくさん励ましてくれた先生たち。生まれて落ち着いたら、一番に連れて行ってあげよう!

…と、やっぱりずっと座っていると耐えられないので、そろそろ寝ます。おやすみなさい…。



続きを読む >>

スポンサーサイト
2013.10.29 23:51|'t opvoeden/ 子育て
出産予定日2日前だが、いまだとくに兆候なし。そわそわしているのは、むしろ日本にいる家族のようで、午前中は妹から、午後は母親からLINEがかかってきて、「どう?!まだ?!」と言う。じつは、数日前に前駆陣痛のようなものに襲われ、夜中に痛さで目が覚めてびっくりした。あの、ミレチェのときに味わった腰から下の、言葉では表せない痛み…。一人でちょっとパニックになってトイレに駆け込んだものの、おしるしもなく、またそのまま寝ようとしたのだが、なかなか寝付けなかった。ミレチェのときは、前駆陣痛なんてなかったから。妊娠後の経過も、体調も、一回目とはまた少し違う。出産も、迷わず自宅出産を選択したけれど、一回目同様、無事生まれてきてくれることを願うばかり。

そんな「ひたすら待ち」の体勢なので、ふだんはミレチェとの時間は長く、のんびりしている。午前中は、昨日の雨が残るなかの散歩。

29102013 (9) 29102013 (7)

なぜか、台所にあったサーバーを片手に握り締めたまま散歩している。笑

昨日の大嵐で、紅葉した葉は飛ばされ、すでに裸になってしまった木も多かった。ウィンタータイムが始まり、日照時間も短くなってきたし、ますます冬への道まっしぐらである。

ミレチェが昼寝をしている間や、託児所に預けている日中は、読みかけの本を完読したり、ドラマ見たり…。産休に入ってから「半沢直樹」にはまり、いまは「リーガルハイ2」まで見ている、にわか堺雅人ファンである(タイプではないが、笑)。

今日はちょっと余裕があったので、ミレチェと初めてのクッキー作り!

29102013 (6)

仕上がりの写真を撮り忘れましたが…

ココア味のスノーボールを作った。友人がスノーボールを作っていて、簡単で美味しい!というので、わたしもさっそく調べて作ってみることに。ミレチェに手伝ってもらおうとしたけれど、どうやらうまくまるめられないようで、生地をボロボロこぼす始末。最後は掃除で大変だったけれど、それなりに楽しかったみたいね♪ 小腹がすいたときに、缶に入ったこのクッキーを食べるのが結構幸せだったりして。

夕方は、最後になるかもしれない検診へ。いつもだいたい5~10分程度で終わるが、今日もそんな感じ。自宅出産時に担当になるかもしれない助産師Mauleenが、第2子を授かってその後産休に入っていたが、今週末から仕事復帰するそうな。「もしかしたら、担当はまたMauleenかもしれないわね!」と、今日の助産師は話してくれた。

29102013 (12)

待合場所。いつもこのモビールで遊んでいる。椅子を並べて、そのうちのひとつを叩いて"Ga maar zitten!"「ここ座って!」と指示する娘…。

今日は皆がシャワーを浴びて、寝る前に、satotjeと相談して、ベビーベッドを元の部屋に戻すことにした。かわりに、ベイベ用の洋服ダンスを、2階の(狭いが)踊り場スペースに移動させることに。簡単にできた。ガタガタ動かしている様子を見たミレチェ、その洋服ダンスをあけて、あれやこれやひっかきまわそうとしているので、「あ~、それはベイベの!ミレチェにはもう小さすぎるから着れないね~というとなんだか無反応。その後、急に自分のおもちゃをひっぱり出してきては、いまから遊ぶ、という。「こら!もう寝る時間!!といって無理やりベッドに移動させたものなら、大泣き。もう~勘弁してよ!と無視して電気も消して寝たふりをしていたが、ふとまた気づいた、この娘の不可解な行動…。また何か、自分はベイベが(どこからか)来ることで、疎外されるとでも感じたのだろうか?はぁ~やれやれ…。2歳児なのに、繊細なものだね?!結局、そのおもちゃを主寝室に持ってきて、遊ばせていた。ひっくひっく言いながらも孤独に遊ぶ娘。なんだかまた可哀想になってしまった。最後は「ママ~寝る~」と手をのばしてきた。その後すぐに就寝。かわいい寝顔を見ると、ずっと離れたくなくなってしまう。二人目が生まれたら、ミレチェにはそこまで構ってあげられないだろうけど、ママはずっとミレチェのママやからね!!と心で叫びながら…。

続きを読む >>

2013.10.28 23:38|Het eten /たべもの
今日のオランダの天気は大嵐だった。いままでオランダに住んでいて、これほど風の強い日はなかった、と思ったら、案の定、1990年の大嵐以来の風速を記録する悪天候だったらしい。アムステルダムではあちこちで木がなぎ倒され、死者さえ出た。うちの近所の木々も、折れているところもあった。これは危ない!!幸いにも、午後からは少し緩和されて晴れ間さえ見られたけれど、また今になって、雨が降っている。

そんな今日は、家にこもってご飯の支度。いつもと違う、豪華メニュー、ラム肉を焼いた!市内でいつもまとめ買いしているお肉屋さんで、ラムチョップ(骨付き)700gを購入。24ユーロだったから決して安くないが(日本よりは断然安いはず)、まぁたまにはいいでしょう。

28102013 (3) 28102013 (2)

以前、同僚シェフによるお料理会で、ラムチョップの掃除の仕方を教えてもらったけれど、これは相当な力と時間が必要なので(これこそプロの技!)、すでに掃除されているものを購入 最初に肉に焼き色を入れてから、オーブンで130度くらいでじっくり中に火を通す。が、なかなか思ったほど火が通らず、satotjeも帰って来てしまったので、最後は温度を高くして焼きあげたが、意外とうまく行ったみたい。ミディアムくらいのいい焼き加減でうまく出来た ソースも、以前教えてもらった市販の肉用ソースを、最初にラム肉を焼いた肉汁に絡ませて、バターを加えて味付け。上等なお味です!!大満足。笑

ほかに、今日使った食材。ご飯には、以前ゆがいた栗を入れて栗ご飯。ラム肉の付け合せの野菜には、エルテンスープの豆、にんじん、エシャロットを炒めてブイヨンでじっくり煮込んだもの。カリフラワーのソテー。これらの食材も、同僚のシェフが使っているのを見て好きになったから。いろいろな食材を試すってとても面白い!

28102013 (5) 28102013.jpg

ここ最近、同僚シェフが好んで我が家でお料理してくれるおかげで、すっかり料理を食べること、作ることに楽しさを感じている。あ、でも食べることのほうがやっぱり好きかな…。ふだん、作ることのほうが多いので、作ってもらえる嬉しさ、そしてその完成度の高さに、毎回度肝を抜かれているわたし

とくに、同僚シェフ、Hiroshiさんのお料理のお味はもちろんのこと、シェフとしての熱意や意気込みは本当にずば抜けていて、食卓があっという間にお洒落レストランになってしまう。ここに、その一部を少しお見せしましょう…。

14092013EOS (5) 14092013EOS (6)
14092013EOS (10) 14092013EOS (7)
14092013EOS (11) Het diner door Hiroshi chef (3)
Het diner door Hiroshi chef (11) Het diner door Hiroshi chef (13)

見てるだけでまた食べたくなる…! 食材を持ち込みするだけでなく、器にもこだわりがあって、毎回シェフ自ら持参。予想外な器を使う斬新さも。

そんなシェフに感化され、わたしも日々、料理の腕を磨こうと努力したいところなのだが。ひとまず、ラムディナー成功!出産前に、satotjeへいままでの感謝の気持ちを伝えたくて…ちょっと手の込んだ夕食なのでした ちなみに、ミレチェは、ラム肉はくせがあるからか食べられなかったものの、骨だけはしゃぶってかじっていた。美味しかったのかな?笑

2013.10.26 22:51|Almere/ アルメーレ
予定日まであと5日、と迫ってきた。経産だと、予定日より少し早まったり、実際、まわりの妊婦さんで最近1週間以上早く生まれたお母さんもいたりしたので、自分も構えていたのが…ひとまず兆候まだなし。初産のときのほうが、引越し後の片付けなどで、何かと動き回っては時間が経つのを忘れていたし、知らぬが仏、何しろ出産の痛みは無知だったのはよかった。ミレチェの出産時のことを思い出すと、とてつもない恐怖感を抱くことが…。。とにかく、大きく深呼吸して!どしっと構えていないとね。ベイベに会える!と思いながら乗り越えないと!

今日は、10月末だというのに、オランダではめずらしく20度近くまで気温が上がり、素晴らしい秋晴れだった。アルメーレ・にじいろ会のりんご狩り遠足にもかなり行きたかったのだけれど、屈みこんでりんごを拾う作業はやっぱりつらい、と判断して、来年の楽しみにとっておくことにした。(みなさんにも会いたかったけれど!!)

それじゃ、日曜大工のお仕事、残っていることを片付けていきましょ。今日は楽しみにしていた、義父母が送ってくれた(オーダーしていた)表札付け!!ミレチェの寝てる間に~。

26102013 (20) 26102013 (10)

リビングの壁同様、外の壁も、やっぱり普通のドライバードリルでは穴が開かないので、「コンクリートドリル」でかなりの音を立てての作業。わたしにゃできません。。この表札、厚いガラスでできてるのだが、文字が白いので、見にくいかなと思っていたけれど、色合い的に優しい感じになり、これは気に入った! 苗字が漢字でも入っているのがオランダでは特別なのだ!

一仕事終えたので、車で10分くらいのところにある自然公園、Kemphaan(ケンプハーン)へ行くことにした。ここは、にじいろ会などでお馴染みの会場なのだが、3人で行くのはじつは初めてだった。

ここに、今年3月できたばかりらしいKlimpark Fun Forestがあって、森のなかの木から木へロープで移る冒険パークになっていた。130cm以上の身長と8歳以上が対象で、命綱とヘルメットを渡される。これ…めちゃくちゃ面白そう!!笑 大人もOKで、親子一緒に楽しんでいる姿がちらほら。

26102013 (21) 26102013.jpg

秋の紅葉も、まだこの公園はそれほど進んでいないようだったが。

ミレチェも楽しめる、川渡り(日本語で何と言うかさっぱり…笑)をしてみた。順番待ちしていざ!太い綱を持ちながら(ぶら下がりながら?)ほかの子供たちに負けじと動かそうとする娘。と、真ん中でバランスを崩しかけ、自分たちのほうに水が大量に流れてきたっ!!これは少し焦った…。こんな天気のいい日でも長靴を選ぶ娘に苛立っていたけれど、履いてきて正解だったね ほかの子供たちも大騒ぎしながらも楽しそうだった。

26102013 (6) 26102013 (11)

このあと、ここのパンケーキが気になっていたので、そのカフェレストランへ行くことにした。が、パンケーキは16時までのサービスで、それ以降はなんとバイキング形式のパンケーキしかやっていない?!そんなに食べられないので、仕方なくPoffetje(ポフェチェ)をオーダーした。焼きたての美味しい~のを想像していたのに、これは焼き立てちゃうやろー!という味。昔、アムスに住んでいたときによく近所の屋台に出ていた、焼きたてのポフェチェが懐かしく思えた。よって、パンケーキもまず期待できない。あ~ぁ残念!!

ここはほかにも、羊や豚などがいる牧場や、サル広場や、チンパンジー広場もあるのだが、時間が遅かったためゆっくり見れなかった。また早い時間に来てみようっと。

そんな感じで、のんびり気分転換もできた。あ~パソコンの前に座ってるとお腹が張ってくるので、このへんで…おやすみなさい。

続きを読む >>

2013.10.21 13:06|'t opvoeden/ 子育て
今週日曜日は、これまたsatotjeに日曜大工をしてもらった。ミレチェ・ベッドとリビングの本棚。どちらも旦那にとっては朝飯前で出来ちゃうらしいのだが、それでも家具二つ作るのは体力も気力もいるでしょう。

そこで、今回も助っ人がいました、ミレチェです。笑

20102013 (6) 20102013 (5)

本棚を作るときは、ねじを(勝手に)埋め込んだり、パパのそばをちょろちょろ動き回ったり、まるでちゃんとお手伝いしているかのようであった。。

本棚がほぼ完成してくると、今度はA4サイズのスペースに入って遊んでいる!君はそんなに小さかったんだね。赤ちゃんに戻ったみたいで、ママはなんだか感慨深いものが 

この本棚も、自由自在に扉をつけたり段を変えたりできるのだが、ひとまず、この扉の中は置物系を入れることにした。さっそく、週末にMiyaちゃんからいただいた…

11102013 (2)

ベイビーシャワー
(頂いたときのことはまた後日書こうっと)

を飾ってみた。初めてもらったのでビックリ!!とってもかわいいから使いたくないなぁ! ありがとうね~!

ここの本棚には、ほかにピアノの楽譜、satotjeの写真マガジン、文庫本各種、etc.が入る予定。うふふ、楽しみ。

それから、ミレチェ・ベッドが出来上がった。satotjeと相談した結果、ひとまず、いままで使っていたベビーベッドはわたしたちの寝室に、ミレチェ・ベッドは、次の赤ちゃんの部屋に置くことにした。(スペースがあまりないものでね…)

11102013.jpg 11102013 (3)

この日の夕飯時。

娘はまだ一人で(自分の部屋で)寝ることがあまりできず、夜中寝静まってから抱きかかえて本人のベッドに移動させても、よく目を覚まして泣いて呼びつけられるので、今回、娘がしばらく寝る予定の、このベビーベッドでちゃんと寝てくれるかどうか、そして将来的にはこの新しい160cmベッドで寝られるか、などと、satotjeと真剣に話をしていたら、娘が突然、夕飯のお皿に盛っていた肉を手づかみで取って床に落とし、騒ぎ始めた。それを見たsatotjeが少々叱った。「こら、食べ物で遊んで!!」

…なぜか、自分が娘を叱っているときは、ついわたしもきつい言葉を言ってしまうこともあるのだが、旦那が厳しい言葉をかけると、自分は妙に冷静になれ、娘の見方になってフォローしてしまう。パパの一言で、案の定泣き出した。しかも、いつも以上に大声で、そして全然泣き止まない。…はて、どうしたんだろう。もしかして、わたしたちがミレチェをいつか一人に寝かせるための話を横で聞いていて、寂しくなって泣いてしまったのではなかろうか。じつは、以前もそんなことがあった。2歳児の娘でも、ちゃんと話を聞いて理解している、ということなのか?そうかも知れない、と思った瞬間、思わず娘をぎゅっと抱きしめてしまった…。ごめんね。。そんなに心配しなくても、いつかちゃんと一人で眠れるよね!!ミレチェだって、もうすぐお姉ちゃんになるんだし、でもいつまでもパパやママのそばにいたいよね。そのあと、すき焼きだった夕飯に、娘が大好きなうどんをすき焼きに入れてあげたら、ほとんど一人で食べてしまって、ずいぶん機嫌がよくなり、そのあとはアンパンマン・エクササイズをして大はしゃぎ…あの涙は何やったんやろ?

それで、結局その夜は、寝静まったあとに、寝室横のベビーベッドに移動したけれど、起きることなく朝までしっかり就寝。ひとまず、ほっと安堵。これから、家族が一人増え、またかたちが変わっていくけれど、少しずつ慣れていけばいいよ、ね!!

2013.10.18 13:40|Bevalling/ 出産
あっというまに38週目まで来ました!!37,38週といえば、もういつ出てきてもおかしくない時期。気持ちの準備は、できているようなできていないような、複雑な心境!はやくベイベに対面したい!という気持ちと、もう少し居座っててくれ…(笑)という気持ちと。先日、検診してもらったDe verloskundige(=助産師)によると、お腹のベイベはすでに下に下がってきており、出てくる準備は出来ているけれど、実際に出てくるのはやはり予定日前後でしょう、とのことだった。今日はミレチェを託児所に預けてから、市内へひとりで外出。コンタクトレンズや化粧品やら、出産後しばらく出歩きにくいことを考慮しての買いもの。が、歩いているとだんだんお腹が張ってきて痛くなるので、できるだけゆっくり歩くようにしていた。今週末の遊ぶ予定が終わったら、あとは基本的に自宅待機。外に出るのは散歩と買い物だけにしよう…。

今回は、母親が来蘭しないため(時期をずらしての来蘭予定)、出産後の家事(掃除に食事)を頼れるのは、基本は旦那のsatotjeだけだ。とくに、しっかり母乳をあげたいので、食事はがっつりお願いしたいところなのだが…。ただ、幸いにも、いろんなひとたちが「手伝いに行くよ!」「ミレチェ預かるよ!」と声をかけてくれているので、本当に皆さんのご協力のおかげなのである。

なかでも、愛知の義父・義母が送ってくれた和食材ほか、ミレチェが喜びそうなものも山盛り送ってくれたことには本当に感謝!!

18102013 (9) 18102013 (2)

さっそくアンパンマンのDVDを見て大はしゃぎする娘。

先週末は、お仕事の関係でオランダに再度来蘭していたNaniwa-Sさんからも、和食や日本の雑誌をいただき…ありがとうね!

satotjeは、前回の出産時もそうであったが、率先して子供たちの準備をしてくれるから助かる。Naniwa-Sさんのヘルプをお借りして、IKEAへ久しぶりの家具買出しへ行ってきてくれた。買ったものは…

ミレチェの洋服箪笥
ミレチェのベッド(長さ160cm)マット、ブランケット、カバーなどもすべて
リビング用の本棚
(車に乗らないので、搬送してもらった)

これらを合計すると結構な出費 かつ、IKEAといえば、もちろん自分たちで組み立てないといけないわけで。

02102013 (34)

日曜大工さん。

ミレチェも、釘やねじを打ち込む音を、生まれる前から聞いて慣れ親しんでいたせいか(?)、組み立てのお手伝いは進んでしてくれる。え?邪魔なんてしてませんよ!!

それでミレチェ、ベイベそれぞれの洋服タンスが整理ついた。一応間に合った

Mireis klerenkast(2) Mireis klerenkast(15092013)

この日曜日は、ミレチェのベッドと、リビングの本棚を作ってもらう(予定…)。

そういえば、ミレチェの一人でベッド寝訓練だが、まぁほどほどに順調である。寝かしつけてから、ベビーベッドに移動しているのだが、夜中に起きてしまうのは、6、7割くらいだろうか…。起きてしまう回数としてはまだまだ多くて、夜中に様子を見にいくのが大変だけれど、ベイベが生まれてくれば、必然的に一人で寝てもらうしかないから。寝顔も、そばで寝ていることも、どうしようもなくかわいいのだけれど。

最近は娘も、自らわたしのお腹をさすってくれたり、プーさんや赤ちゃんの人形を使って、おむつを換えたり、ミルクをあげたりする真似ごとをしている。わたしが声かけしているように、「あぁ~汚い!」とか「おいしいね~」とか、まったく同じような口調で話しかけているのが無性にかわいい娘(笑)。弟が生まれたら、たくさん手伝ってくれるといいな。一緒に子育てしようね、小娘ちゃん!笑




09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。