2014.03.28 06:23|Gesprek/ひとりごと
やっと、落ち着いて、その現実を受け止めようとしているけれど、やっぱりまだよく分からない。

先週はじめに、父方の祖母が他界しました。

92歳で大往生、とくに病気でもなかったのだが、最後は病院の入退院を繰り返して、老衰で亡くなったようだった。

先日、父から「おばあちゃんの様態があまりよくなくて、病院に入院してて…」ということを聞かされていたけれど、いままでにも何度か危ないことがあったので、まぁ気が強い不死身みたいなおばあちゃんだから(苦笑)、来年帰るまで待ってくれるだろう、と思っていた矢先だった。

結局、最後におばあちゃんの声も聞けなかった。
手を握ってあげることもできなかった。
話かけてあげられなかった。
ソラチェに一度も会わせてあげられなかった…。

オランダという場所を選んだ自分だけれど、すぐに飛んででも会いにいけなかったことが、どれほどもどかしかったか…。いまは、子供たちもまだまだ小さくて、一人でひょいっと帰られる状態でないのもわかっているから、なおさらつらい。結局、日本の家族とも話し合って、こちらから全員で帰ることにしていた来年の3月、1回忌に合わせて飛行機を取ることにした。

日本の家族皆が、それぞれに祖母とのいろいろな思い出があると思うけれど、わたしのことはここに書き留めておこうと思う。

祖母は、ひとに尽くすことが大好きな、よくしゃべ明るいひとだった。祖母とは、わたしが10年前に来蘭して以来は、めっきり疎遠になってしまったけれど、それでも頻繁に書いて送ってくれた手紙は、いまも手元にしまってある。わたしも、写真のアルバムを作ったり、父にはブログをプリントアウトして渡してもらったりしていた。

「nijntjeは、わたしの一番かわいい孫!」

そういって、よく友達にも紹介してくれたっけ。

お正月は家族、親戚みな集まって、湊川神社へ→喫茶店→デパートなどで買い物→夜はすき焼きパーティ→大人は徹夜でマージャン、子供たちは枕投げかトランプ→お昼にまたおせち、で解散、というのが通例だった。中学生くらいまで続いたっけな。

裁縫の仕事を生涯続けてきた祖母には、わたしが日本でセールス(営業)をしていたときに何着ものスーツを作ってくれた。どれも自慢のスーツだったし、お客さまにも好評だった。

学生の頃に、肌荒れがひどい時期があって、それを見かねた祖母が、知り合いのエステシャンを紹介してくれ、何度も顔エステに付き合ってくれた(そのあいだ、祖母は近所で買い物。笑)

近所の市場でやっていた宝くじで、3000円をあて、「nijntje使い。」といって、快く幸運を分けてくれた。そもそも、会うたびにお小遣いをくれたっけ…。

社会人になってからは、祖父も他界してしまった。告別式では、声が出なくなるくらい弱ってしまった祖母のそばに、ずっといてあげた。

ひとりになってからは、しょっちゅう近所の古めかしい喫茶店(インベーダーゲームなどが置いてある喫茶店!今もあるのかな…)に連れて行かれ、話し相手をさせられていた。でもそこで食べるサンドウィッチはいつも美味しかった。

祖母の家に遊びに行き、別れ際はいつも見えなくなるまで手を振ってくれた。

オランダに出発する前に、最後に会った日は、三宮まで出て一緒に買い物して、バス乗り場での別れ際でもずっと見えなくなるまで手を振ってくれた。

日本での親族だけの結婚披露会。satotjeを祖母に紹介したら、「おじいちゃんに似てる。」といって手を取って泣いていたよね。笑 そう、祖母は、祖父と同じような雰囲気をもった、背の高いsatotjeのことをすごく気に入っているようだった。

それからは、母方の祖母と一緒に暮らしてみたり、その後、施設に入り、また、わたしも会えるのが里帰りしたときのほんの数時間だったりして、まだまだいつまでも会っていたかったけれど、別れ際はやっぱり寂しさがこみあげてきたのだった。最後に施設で会ったときは、「もうこんといて、寂しいだけやから…。お父さんにも迷惑ばっかりかけてるし。もうはよ死にたいねん。」と泣きながら言ってね。。

そのときの写真。元気そうだけど!

2013 Japan (208)

じつは最近、たまたま「永遠のゼロ」を読んでいて、戦時中の日本のことを考えていたし、その当時は祖母たちはどんな生活をしていたんだろう、と気になっていた。読み切ったときは、祖母が元気なうちに、もっと戦時中のことも話しを聞いておけばよかった、と思った。

人生は本当に短い。ひとは少なからず、毎日死ぬ日に近づきながら生きている。ミレチェとソラチェを授かったから、おばあちゃんがこの世からいなくなってしまったのだろうか。こうしてまた、親も、自分も20年、30年経て世代を交代していくのだろうか。

おばあちゃん、どうか天国で安らかに眠ってね…おじいちゃんにもきっと会えたであろうことを願って…

27032014 (8)

亡くなった日には、家のヒヤシンスは綺麗に開花していたよ。来年は、花を添えにいくから待っててね。

続きを読む >>

2014.03.17 00:24|'t opvoeden/ 子育て
すっかりブログが後回しになっていた。書く時間が取れない、と思っていると全然書かなくなるし、書けなくなるので、少しでもいいから定期的にアップしているほうが身のため…。苦笑

実際、両手が離れて心を無にできる状態になって初めて、さ、ブログでも書こう、という気分になるのだが、書き始めると写真が整理できてなくて時間がかかったり、また子供たちが起きてそのまま中断してほうったらかしになったり…となかなか集中して書けない状況、であります。。。

ひとまず、自分にハッピーバースデー!!笑

11032014 (60)

託児所で作ってくれた、長女の手形と、長男の足。あまりにかわいくて、記念に残したいので、結構立派な額に入れてみた。近日中に壁にかける予定。

16032014 (23)

satotjeからは、職場復帰祝いも兼ねて、仕事場でも気軽に使える腕時計をもらった♪ ずっとほしいとつぶやいていたのが功を奏したのか?!最近は子供がでなく自分が何かプレゼントをもらう、ということに相当鈍感になっていて、この突然のプレゼントにはやはり心躍るものがあった。satotjeどうもありがとうね!!

誕生日当日は、久しぶりに手巻き寿司にし、ミレチェも海苔でしっかり巻いて食べてくれた。

16032014 (22)

会社には、恒例の?お寿司。今回は手まり寿司にしてみた。思ったより時間がかかる…。あぁいろんなことをしたいのに時間が足りない…でもひとまず完成!同僚たちも喜んでくれた。

さて、仕事復帰。赤ちゃんが4ヶ月目に入るころに戻るのは、オランダでは当たり前のよう。私自身、仕事も再開してやっとペースを少しつかみ出したところ。仕事中の搾乳もかなり順調であるし、上司もよく理解してくれる。オランダでは、勤務時間の4分の1を、搾乳の時間に当ててもいい(法律上)。そのあいだ、子供に直接あげに社外に出てもいい。職場の責任者は、搾乳できる、落ち着いた静かな場所を提供する義務もある。ま、これも法律上だから、1日2時間も搾乳に当ててはいないのだが、一日2回、「Ik ga nu even afkolven.(いまから搾乳行ってきます)」といってさくっと抜け出す。実際にはけっこう時間がかかるうえに、喉がかわくし疲れも出るので、ゆっくり休む時間もほしいのが本音。

産休中は仕事に戻るのが億劫で、まだまだ小さいソラチェと娘と一緒にできるだけいたい気持ちだったが、いざ仕事を始めると、やっぱりいろんなひとと会って話すことの楽しさや面白さ、大変さを実感している。戻れる場所がちゃんとあることは、なにはともあれ安心できる。いまある機会を大切にしなければ!!

さて、最近の子供たち。

11032014 (59) 11032014 (61) 11032014 (50)

ミレチェはわたしの行動を本当によく見ている&聞いている!!要注意!!!笑
おっぱいあげたり、果汁をあげるふりをしたり、おしゃぶりのかわりに指すわせたり。すべて、パパとママの行動を見てまねしてる。いっぽうで、嫉妬心も多少出てきている。わたしはソラチェをお風呂に入れるとき、授乳するときなどは、常にミレチェにも目配りしている。話しかけたり、歌を歌ったり。娘も一緒に何かしていないと、すねたり、騒いだりするようになってきたから。あぁ~難しい年頃だね。ママとしては、どっちも同じだけかわいくて大好きなのにね。

16032014 (3) 16032014 (65)

ソラチェは、というと…食事が始まると同時にぐずり始める ま、これはミレチェのときも同様だったが。このときのぐずりようは、何をしてもだめ。食べ物の前に上体を持ってきて、よだれをタオルで拭いている限りは大丈夫。笑

先日は、託児所で流行っていたお腹の風邪がミレチェにもうつったらしく、40度の発熱があり、その数日後、一日中下痢。。プラス、ソラチェもうんち2回…。もう、この日は四六時中、オムツ替えたり布団洗って干したりしていた。

16032014 (19)

Het maakt mij gelukkig als hij lacht!!!

しかし…この笑顔があれば、すべてよしママってそんなものですね。
ちなみに、ソラチェはまったく人見知りがなく(今のところ)、誰に抱っこされてもいつもこの顔。笑顔ってまわりを一気に和やかに魔法だと思う。ミレチェはしかし、そうではなく、わたしかパパ以外のひとには、よく泣いて嫌がってたなぁ。と、こんな会話を娘もいる前でパパにすると、娘がギロッとした鋭い目で見てくるので、これからはときと場所を考えて話していかないと。兄弟姉妹であれ、友達同士であれ、ほかの人と比べられるのは、自分も嫌なことは分かっているから。ごめんよミレチェ…明日からまたたくさん楽しいことしよう!!

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク