--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.01.05 00:43|Het werk/ 仕事
 謹賀新年 2015年 明けましておめでとうございます!!

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


例年のごとく、お隣りさんからオリボレンをいただいた。今回はお返しに筑前煮と赤飯(使った豆は黒い小豆だったけど)をあげたら喜んでくれた!日本を離れているからこそ、日本食を作る楽しみがあるものだ。日本の文化をオランダ人に紹介したり、興味を持ってもらうことって、自分にとってはこれとない幸せを感じる。オランダ全体から見れば、0,1%程度に過ぎない、日本人の割合だけれど、ここで、たとえ些細なことであっても、少しでもひとにそれを伝えられれば、それは素晴らしいことではないか、と思う。

仕事場のホテルで、10日間ほど泊まっていらっしゃった年配の女性のお客様(日本人、仮にSさんとしよう)がいた。出会いは、大晦日少し前に職場のホテルで家族で食事をしていたときに、Sさんから話しかけられたことがきっかけである。ソラチェを抱っこしていて、たまたまトイレから戻ってきたときに話しかけられ、そのかたの娘さんのこと、住んでいる国、スイスのことなど、ずいぶん長く話すひとだったので、適当に切り上げて席に戻った(笑)。なんか話が長いひとがいてね、とsatotjeに話し、そのまま声もかけずレストランを出た。

翌朝の元旦からの出勤。いつものごとく、200名ほどのお客様をさばいていたら、そのなかになんと、そのとき話しかけられたSさんが目の前に現れた。「泊まってらっしゃったのですね!わたし、先日レストランでカウンターでお話していた・・・」と話すと、しばらく考えて「あ!」と言われた。制服を着ていたらまったく気づかなかった、という。しかし、「話が長い」かたなので、こちらからはまったく話かけず、そのあとも、何度か話かけられたけれど生半可で聞いていた。

そのあとも、お部屋の前で偶然出会ったので、「こんにちわー」と話かけたのが始まり。「どうしよう。(一緒に泊まっていた)娘に逃げられちゃった。」と突然いわれた。「え・・・!それは、、大変ですね。。」そのあとあまり返す言葉もなく・・・ついでに、といった感じでいくつか質問され、(部屋の清掃を入れてとか、コーヒーマシーンの使い方とか)一緒に仕事している同僚に呆れられながらもつきあっていた。でも、どんな事情であれ、娘さんが部屋から出ていって、もう帰ってこないなんて、かなり複雑な関係なのだろうか。Sさんも涙ぐんで話すので、こちらまで参ってしまった。

そして今日。忘れかけていた頃にSさんは朝食のためにロビーに現れた。帰り際に、また話かけられ、今度は「あの、マッサンをJSTVで見たいんだけど、どうもねー、やってないみたいなのねー。」などのくだらない(笑)質問から、あれこれ話かけられ、もううんざり気味だった。そんなときに、オランダ人の8歳くらいの女の子がわたしのところへやってきて、受付においてある折り紙のボールと鶴の折り方を教えてくれ、と言ってきた。ボールは、同じかたちのものを12個作って組み合わせていき、ボールにするもので、これは昨日その子の弟くんの分もあげていた。だから、そのときは鶴を一緒に作ってあげた。ロビーに座って、わたしもかがんで一緒に。すると、それまでロビーで寛いでいたSさんが、また全然関係ないことを話しかけてきたけれど、しばらくすると、わたしにかわって折り紙を教えてくれた。そのあいだ、わたしは別の仕事に没頭できた。じゃ、ちょっと難しいから「猫」を折ろう、といって猫を折り、顔を描いて楽しそうに笑いながら作っていらっしゃった。そこに娘さんを待っていたご両親もやってきたので、わたしも最後に少し話をして、そのご家族はそのまま部屋に戻っていった。折り紙は日本の文化の誇り高き芸術である、が、わたしが言いたいのはそれではなくて、それをオランダ人の小さな女の子に伝えられたこと、そしてそれ以上に娘さんのことで落ち込んでいるSさんが楽しそうに折り紙を教えていたこと、そのタイミングがあまりにも感動的で、仕事をしながら涙をこらえるのが精一杯であった。女の子が去ってから、Sさんがまた話かけてきたけれど、そのときは心底から嬉しそうな笑顔が見れた。ひとがこうして、ちょっとしたきっかけで幸せそうにしている姿をみると、本当に嬉しくなる。自分は何もしていないけれど、Sさんがロビーでのこの体験が、娘さんとの関係に少しでも明るい光を差し込むことができたならいいな、と思う。

明日ご出発でスイスに戻られるそう。毎年来ていて、また来年も来るっておっしゃってたけど。どうぞ、お気を付けてお帰りください。

どんなことであれ、自分が感じるそんなささいな幸せを、もっと大切に、敏感にくみとって、今年は生きていけるといいなと思います。

さて、我が家の今年の目標は?
ミレチェ:小学校入学。にじいろ会αスタート(?)。opstapje(オランダ語でのコミュニケーションをサポートしてくれるサービス)で楽しく学ぶ。
ソラチェ:つかまり立ち。歩く。走る。
ママ:オランダ語は毎日知らない単語や表現を見つけて書き留める。新聞は読み続ける。読書。ピアノ。なんかスポーツもせな!!
パパ;・・・なんでしょうかね?笑 やっぱり写真?

まとまりない文章ですみません。24時間ママ業をしていると、常に時間が足りず、文章の校正ももったいなく感じます、が、とりあえず書きたくて仕方ないことは多々あるので、ここでなるべく吐けるようにしたいと思います。笑 どうぞ、お手柔らかにお付き合いください(^^♪ 本年も皆さまにとってよい一年となりますよう!







スポンサーサイト
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。