スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Evian Royal Resort

2007.07.04 19:35|Hotel in Europa



20070704111226.jpg


そもそも、ハネムーンの行き先は、ホテルで決めたのだった。


Evian Royal Resort, Ermitageでのデラックスステイ、お届けします。


 


↓続きはこちら

このホテルを見つけたきっかけは、Leading Hotels of the Worldのひとつだったことから。ハネムーンはぜったいこのグループ系列のホテルで優雅に過ごしたい!とおもっていたわたしたち。数あるホテルのなかから選んだのが、このリゾートホテルだった。結果、エヴィアンとリヨンにいくことになったのだ。


リヨンからエヴィアンに向かうこと電車で2時間40分。車窓から見渡す景色は、オランダでは決して見れない山々。そこに住む人々の家や農場、牧場などを眺めるのは楽しい。途中から、ソーヌ川に沿って電車は走っていた。この川は深緑色で、日本の四万十川を連想させてくれる。


駅からホテルへ向かう。徒歩約20分・・・。ホテルまではぜいたくはしたくない、と意気込み、スーツケースを引きながら歩き始めた。ちょうど、エヴィアン住人のフランス人に話しかけられ、ホテル近くまで誘導してもらうことに。彼は同僚のフランス人にめちゃくちゃ似ていた(あとからわかったことだが、その同僚もなんとエヴィアン出身だった・・・!)あとの道は簡単だから、とバイバイした。しかし、そこからホテルまでの険しい道を、スーツケースやカメラバッグを持って「登る」のは想像をはるかに超えて大変だった。チェックイン時、息切れしているふたり。「駅から歩いてきたの?!シャトルバスがあったのに」といわれ・・・。目が点。


無事チェックインして部屋にはいると、そこから眺める景色はご覧のとおりだった↑。出窓からみえるレマン湖は、対岸の町、ローザンヌあたりを鏡のように映し出している。しばらくすると、部屋にシャンパンとカナッペのサービスが!ハネムーンだとリクエストしていたからかな。でもお酒が飲めない旨を申し伝えると、かわりにノンアルコールドリンクをサービスしてくれた。このウェイターさん、とっても美男子だったなぁ☆ 部屋にはもちろんエヴィアンのボトル。アロマキャンドルなどもあって、香りが安らぐ。


20070704111249.jpg 20070704111158.jpg


今回のホテルステイは、エステ2日間+夕食と朝食2日間のついた2泊3日のパッケージプランで予約していた。さっそくエステに向かう。これが楽しみで楽しみで・・・(涙)。受付に行くと、個室に案内され、アロマの香りと音楽が流れる空間へと吸い込まれていった。塩スクラッブ→洗い流し→オイルマッサージ。いつものごとく、睡魔に襲われる(これが気持ちいい)・・・。


20070704111643.jpg 20070704111624.jpg


エステの後はおまちかねのディナー。Evian Royal Resortで、隣接しワンランク上であるRoyal Palaceのレストランでも利用可能だった。料理の内容は3コース、デザート前にチーズがはいる。味もサービスも最高級でほんとうに美味しかった。そもそも、パンが美味しすぎる。


20070704111355.jpg


20070704121900.jpg 20070704111426.jpg


たくさん食べたあと、バーでエスプレッソを飲み、隣の部屋でスヌーカーをした。satotjeもはじめてでルールも説明を読みながらなんとか理解。テレビでもちょうどスヌーカーの世界大会が放映されていたので、私たちの間でにわかブームだった(笑)。


***************************************


翌朝。ブッフェの朝食をとる。種類も豊富でコーヒーもパンも美味しかった。その後、エステ第2弾。ホットストーンを使ったマッサージははじめてで、これも気持ちが良くて、エステが終わったあとも、「しばらくお休みください」といわれたものの、そこで寝てしまっていたわたし。"Madam?"と声をかけられ目が覚めたのであった・・・。どこでも寝てしまうくせが出てしまった。はは。


午後からは、satotjeとエヴィアンの街中へ出る。といってもなんとも小さな町。ここには意外にもカジノがあって、観光客に人気なのだそうだ。そうだ、エヴィアンの水源にいってみよう!とレマン湖沿岸から歩くこと10分。


20070704111711.jpg 20070704111731.jpg


Source de Cachat(カシャの泉)。水を汲んでいるおじいさんの姿が・・・てこれだけかい!エヴィアン社のショールームもしまっているし、それ以外にお店といえば結構閉まっていたし、小さなマーケットにだけ顔を出して、あとはホテルに戻ってきたのだった。


20070704111332.jpg


20070704111309.jpg 20070704111752.jpg


一度ホテルに戻ってからひさしぶりに屋外テニスをすることに。2時間ほどたったころに、雨がぽつぽつ降り出したので引き上げた。ちょうどおなかがすごくすいてきたころで、昨日と同じレストランへ。2日続けてフレンチなんて贅沢だ・・・。この日の前菜はフォアグラ。しかし、わたしはフォアグラが苦手だったので、satotjeにあげた。とにかく、使っているプレートやディッシュアップがとても綺麗で、ヨーロッパに来てから、料理のことがぐんと好きになったのは、一品ずつがアートに感じるからだろうか。


20070704111452.jpg 20070704131117.jpg


食事が終わった後に、突然、ホテルのスタッフから握手をもとめられた。"Congratulations on your wedding!" どうやら宿泊予約のマネージャーらしい。どうしてわたしたちだとわかったのだろう?いや、しかしアジア人はわたしたちしかいなかったから一目瞭然か。びっくりしたけれど、こんなふうに覚えてもらえているのは嬉しい限り。


*************************************


結局、3日目の出発の日まで天候はいまいちだった。天候がよければ、隣町のアネシーなどにも行ってみたかったが。このまま、エヴィアンからリヨンに戻る。はじめてTGVに乗ったが、ローカル線のTNCFのほうが乗り心地がよかったのはなぜ?!なにはともあれ、リヨンに戻ってきたら、天気は快晴だった。短いハネムーンだったけど、十分のんびりして、十分食べて(笑)ふたりで楽しめた旅行だったな♪


20070704111819.jpg 20070704111840.jpg

コメント

はぁ~

素敵、素敵、素敵~!
イタリアのコモ湖周辺もお手頃価格で似た風景が
楽しめます。
でも、おフランスのエスプリのきいたこの滞在、
素敵です~。メモ、メモ。

ろいみえさん

ここのホテルはちょっと贅沢でしたが(汗)こういうときにはいいな~と思いましたよ。リヨンもエヴィアンも、「ひと」がとても親切でやさしいことがまた旅の思い出になりました。観光客慣れしているのかも、ですが。

それにしても、オランダはひどい天気が続いていますが、そちらはいかがでしょう…(おそらく同じかしら)

ええですなぁぁぁぁ。
ないんちぇさんの文章もうまいし、写真も綺麗だし、楽しんで読ませてもらったよ!!

内容充実のりっちなハネムーンだね。
ほんと、一生の思い出だね。

よちこへ

結婚式とハネムーンの写真や記念にのこるものを取って、いまアルバムを作っているところ。ホテル選びや滞在は、わたしたちのこだわりでもあります。

よちこもベイベ連れていつかこっちにおいでや☆

素敵なホテル~、そして超おいしそうな食事!!!
最高のハネムーンだったことでしょう。

式とハネムーンの写真、楽しみにしてます。

yuko

やっぱりホテルが快適だと旅がずっと楽しくなるね。イギリス郊外のホテルなども泊まってみたい。

またメールで写真送りますね~♪
非公開コメント

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。