スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オランダのクリスマスソング-Flappie

2007.12.22 08:23|De kunst/芸術・イベント

オランダで流れるクリスマスソングといえば、定番のLast Christmas (Wham!) やらHappy X-mas (John Lennon) など、世界共通なものもあれば、もちろんオランダ人によるクリスマスソングも存在する。今回はそのうちのひとつで、オランダ人なら老若男女知っているだろうこの歌をご紹介しよう。

歌い手はYoup van 't Hek。オランダでは有名なコメディアンであり、(コメディタッチな)歌も歌詞、音楽とも手がけている。そのなかでも、この"Flappie"というクリスマスソングはダントツ人気のある曲。そもそもこの曲をはじめて聴いたのは3年前のクリスマス。同僚が、呪文のようだがしかし軽やかに歌うそのメロディが、あまりに耳に残り、さてあの曲は誰が歌っていてどんな内容なんだろう、と思ったことがはじまり。

メロディはこちらから (Youtubeより)

この曲の歌詞に注目。タイトルのFlappieというのはウサギ。簡単に訳すとこんな感じ。まずは2番まで。

******************************

①1961年のクリスマスの朝 ぼくのウサギがいなくなっちゃった ママにきいても知らないという パパにきいても忙しいって ウサギと一緒に遊びたいのに どこにいっちゃったの きっと草むらにかくれているんだろうな

Refrain* でも ぼくはちゃんとウサギ小屋の鍵をかけたんだ 毎晩そうするように 昨晩ウサギをちゃんと小屋に戻したんだよ なんでこうなっちゃったのかわからないんだ ぼくは長い間そこにつったっていたよ こうなるだろうと分かっていたかのように

②1961年のクリスマス1日目の朝 ウサギを探しにでたんだ パパも一緒にね 川の中や木々の間も でもこんなところに逃げやしないよと 首をふったんだ 家族そろって一緒に探したんだ みんな途中でコーヒーを飲みたがったけどね 今晩は寒くてウサギは凍えてるんじゃないかと思ったよ かなしくて涙がとまらなかったよ

Refrain*

聴いている方までキュンとなるような歌詞。しかしこの歌はまだ続くのであった。

********************************************

③1961年のクリスマス一日目 騒がしい夕食となったんだ ちいさな、ぼくのかわいいウサギのことを考えるだけで食事がのどをとおらなかったんだ ママがスープを片付けたあと 主食がでたんだ そうしたらパパが 笑いながらこういったんだ 「みてみろ Youp、ここにウサギがいるじゃないか」 そしてぼくはそのお皿にのったお肉のかたまりをみたんだ ぼくは そのときぼくは なんてひどいパパなんだと思ったよ

ぼくは2階のベッドに戻って大泣きしたんだ 寝転がって泣き続けたんだ そのあと 階段からぼくは叫んだんだ 「あのウサギはぼくのだったのに!」ってね ぼくは長いあいだ 窓辺につったっていたよ あの小屋にはもうウサギはいなくなってしまったのに

お父さん、こわすぎ。そして最後にこの歌詞。

********************************************

④1961年のクリスマス二日目 パパはベッドにはいなかった ぼくもどこにいったか知らないという ママと遊んでいたら 小屋においしそうなものをみつけちゃった

********************************************

・・・この結末、ご想像どおりです。こんなブラックジョークがちまたで普通に歌われている。こんな身震いと家族愛(?)を感じ取れるクリスマスソングもいいかな、と(笑)。

オランダ語での歌詞はこちらでご覧ください↓


Flappie

tekst en muziek: Youp van 't Hek

Het was kerstochtend 1961, ik weet het nog zo goed
Mijn konijnenhok was leeg
En moeder zei dat ik niet in de schuur mocht komen
En als ik lief ging spelen
Dat ik dan wat lekkers kreeg
Zij wist ook niet waar Flappie uit kon hangen
Ze zou het papa vragen, maar omdat hij bezig was
In het fietsenschuurtje, moest ik maar een uurtje
Goed naar Flappie zoeken, hij liep vast wel ergens op het gras

refr.
Maar ik had het hok toch goed dichtgedaan
Zoals ik dat elke avond deed
Ik was de vorige avond zelfs nog teruggegaan
Ik weet ook niet waarom ik dat deed
Ik had heel lang voor het hok gestaan
Alsof ik wist wat ik nu weet

Het was eerste kerstdag 1961, wij naar Flappie zoeken
Vader, die zocht gewoon mee
Bij de bomen en het water, maar niet in dat fietsenschuurtje
Want daar kon 'ie toch niet zitten en ik schudde nee
We zochten samen, samen tot de koffie, de familie aan de koffie
Maar ik hoefde niet
Ik dacht aan Flappie en dat het 's nachts heel koud kon vriezen
Mijn hoofdje stil gebogen, dikke tranen van verdriet

refr.

Het was eerste kerstdag 1961, er werd luidruchtig gegeten
Maar dat deed me niet zoveel
Ik dacht aan Flappie, mijn eigen kleine Flappie
Waar zou 'ie lopen, geen hap ging door mijn keel
Toen na de soep het hoofdgerecht zou komen
Sprak mij vader uiterst grappig: "kijk Youp daar is Flappie dan"
Ik zie de zilveren schaal nog en daar lag hij in drie stukken
Voor het eerst zag ik mijn vader als een vreselijke man

Ik ben gillend en stampend naar bed gegaan
Heb eerst een uur liggen huilen op de sprei
Nog een keer scheldend boven aan de trap gestaan
En geschreeuwd "Flappie was van mij"
Ik heb heel lang voor het raam gestaan
Maar het hok stond er maar verlaten bij

Het was tweede kerstdag 1961, moeder weet dat nog zo goed
Vaders bed was leeg
En ik zei dat zij niet in de schuur mocht komen
En als ze lief ging spelen
Dat ze dan wat lekkers kreeg

コメント

非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。