アムステルダムの騎馬警官

2008.01.25 20:03|Amsterdam/ アムス事情

買い物に出かけようと、マーケットに向かって黙々と歩いていたら、突然目の前に騎馬警官が!いまにも鳴き出しそうな馬。近くで見るとこんなに威圧感があったとは。すこし離れて記念に携帯カメラで撮影。

Photo0009.jpg

騎馬警官は、ほかの欧州各国と同様にアムステルダムでもときどき見かける。騎馬警官の意味って何だろう。自転車やバイクとは違う何かが?どうやら暴徒鎮圧の意味があるらしい。馬の前に立てば、たしかに人は正気を戻すだろう。なるほど、それでお祭りやパレードのときには騎馬警官を起用する、というわけね。このときは、マーケットの前に一時停車していたワゴン車がいろいろ尋問されていた。オランダ人の警官はからだも声も大きいから、こんな上からものを言われたらちょっと怖そう。

日本ではここ数年の間に、警察官の不祥事が取りざたされ、大きな問題になっているが、オランダの警察官も、移民、とくにモロッコ人若者の犯罪があとを絶たず、その取り締まり方に問題があると指摘されている。その犯罪数も毎年増え続けている(人口の比例とともにだが)というから、もっと安全な町になるよう努めてほしいと思う。

そんなことをとくに思うのは、アムステルダムで警察官の服装をした人間が、マーケットやショッピング街で堂々となにかを買って食べたりしている姿を見たときだ。"...ziet er lekker uit! hummm..."(美味しそ~だな~)などといいながらフリッツ(ポテト)のお店に並んでいたり、食べ歩きしていたり。日本の警察官がそんな食べ歩きしているのを見たことがないのだが、こんなことはたとえ休憩時間でもオッケーなのだろうか?わたしは、たとえばフライトアテンダントたちが、制服姿のまま空港のレストランで食事をしているのも見るのがあまり好きではないし、いい光景だとは思わないのだけれど、みなさんはどうお考えでしょうか。

話は戻るが、騎馬警官は景観がいいこと(たしかに格好いい)や、公園などもまわりやすい、という理由があるようだ。がしかし、この日は驚くべき光景を目にした。べつのスーパーで買い物をして、この場所に戻ってきたとき、そこにはもう騎馬警官の姿はなかったのだが、そのまえを通るとなんと!馬糞が大量に落ちていたのだ・・・(笑)。っておい!拾っていかんかったんかいな!と。犬の糞の取締りにはかなり厳しいオランダなのに、馬糞は関係ないわけ?気付かないはずはないよな?そんなことを思いながら家に帰った。その後2時間後くらいに、出勤のためにまたその前を通ったわけだが、まだそのモノはそこに残されたままであった。警察官よ、しっかりしてや~~ほんまに!

 

 

Pilitie, Pilizie, Pilice...er zijn pilitie met paard in Nederland. Er is alleen bepaalde gebied in Japan. De paarden zijn zo mooi en prechtig enze hebben sterkmacht, verkelegen met de pilitie met de fiets of auto's. Vandaag heb ik zommige dingentjes die ik wel eens gekeken heb, maar er zijn ook veel probleem in Japan.

コメント

まさに

今回の記事のタイトルを読んだだけで、私もまったく同じことを思い出しました! 警官が、制服のまま2~3人でフツーに立ち話をして大笑いしてたりとかしますからね・・・。いや、銃とか持ってるけどそんなふざけてて大丈夫? みたいな(笑) 決して治安が特別よい国ではないだけに、日本人としては怖かったり。

あと馬糞ですよ馬糞! 騎馬警官はかっこいいけどあれだけはいただけませんねえ・・・。

manojiさん

ほんと、フリッツを美味しそうに食べている景観などをみるとげんなりします。よく笑い話しているしね。アムスで馬糞、見たことあるんですね?(笑)今日、同じ場所を見たときには「処理された」後が残っていましたが。おそらく清掃人がキレイにしてくれたのだと思いますが、彼ら(彼女ら)はスコップとビニール袋を所持しておくべきだと思います。

騎馬警官はかっこいいよね~。あれに憧れる人もきっといるはず!
でも高貴!?な香りの馬糞付きってのが、落ちなんだろうなぁ。

制服は、難しい問題提起よね。
制服業に従事する人とをれを見る人との間で起こるプロフェッショナリズムへの捉え方の違いから起きてるんだろうけどね…。
きっと、それゆえに日本では制服出勤が少なくて、欧州では多いんだろうなぁ、と個人的に思います。
私も制服出勤だから、気をつけよーっと。

rumiへ

どうしてもこのことを書いて、rumiやほかのCAの友人のことを考えてしまったけど、制服での出勤だと、日本だとある程度見られている意識も持っていると思うんよね。でもこっちでは制服を着ている限り、プロ意識を持って…というのが少ない気がするわ。派手な色の制服を着たダッチロイヤルのCAが、公共のトイレで化粧したり、WOKでラーメンを食べていたりするとちょっとやめて~って思うんだけどね(笑)。

神戸で仕事をしていた頃は、出勤時の私服にもちょっとした決まりがあったわ…。

ばふんふんふん

うちの1ブロック先に警察署があるので、うちの前の道には毎日、騎馬警察隊がカポカポ、何匹か通ります。ロンドンの家の前もよく通ってました。糞ガードをしている馬もいるけど、大概のお馬さんは・・・落としていきますねぇ。しかもでかいです。お願い、うちの前ではしないでね!(^^;

で、警官の話ですが。
以前、アメリカに少しだけ住んでいました。そこでは警官が勤務中に制服でガスステーションやダイナーに立ち寄ってコーヒーやドーナツを食べていくのは良いことだ、とみんな、考えていたようです。お店のヒトもお客さんも。なぜかというと、泥棒&強盗よけになるから。私も学校帰りにアイスクリームとか食べにいってカウンターで警官が店のおじさんと話していると何だか安心した覚えがありますです。それだけ治安が悪いんですよね、要するに(--;

めぐみぃさん

いやぁ、馬糞は犬のフンの○倍の大きさですよね…(笑)。落としていくのは本当にいただけない!!

ほほ~なるほど!泥棒&強盗よけになるのか、それはたしかに効果があるのかもしれませんね。やはり、警官が制服を着て町を歩いていると町に緊迫感が流れると思います。自転車に乗っているときはとくに(笑)。
でもオランダの警官たちよ、ちょっと私語多すぎちゃうか~?
非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク