スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オランダ建築と俳句

2008.04.22 06:25|Het Nederlands/オランダ語

De nieuwe bebliotheek 014 De nieuwe bebliotheek 015 De nieuwe bebliotheek 013

今日はひさしぶりにおじいちゃんによるオランダ語レッスン。今日も行き先は新図書館なのであった。このあたりはオランダ建築とよばれる斬新なデザインの新築が数多い。中心地の古い町並みが大好きなわたしだが、アムステルダム中央駅周辺のこれらも一見の価値あり。今回は父親に写真を送るためにたくさん撮影。

De nieuwe bebliotheek 007 De nieuwe bebliotheek 008

アムステルダム中央駅は、わたしが来蘭した頃から工事が行われていて、いったいいつ終わるのか誰も知らないほど長い。うわさでは2012年とか?おまけに駅周辺はこの新図書館をはじめ、次々に新しい建築ができあがっていく。将来は、中央駅に着くとあまりのオランダ建築の多さに驚くかもしれない。

**********************************************************

さて、話は戻って今日のオランダ語のレッスン。レッスンといっても、わたしが聞かれたことに対してオランダ語で話する、つまり会話をしながら間違ったところがあれば教えてもらう、というのんびりペースなもの。そうはいっても、はじめのころは1時間でも苦だったのに、いまではずいぶん楽、というか笑ったり話続けたりできるようになってきて楽しいと思えるようになった。それがちょっと嬉しい。

今回はわたしにも課題を与えられていた。おじいちゃんの知人の娘さんが、日本から俳句を書いて送ってきたというのだ。2つ、半紙に綺麗に書かれた俳句。これをオランダ語に訳してほしい、と。2つとも、春を季語にしたものであった。一緒に訳すのにあれこれ考えたが、訳が出来上がったときには二人で拍手(笑)。次回は、この日本語の俳句を、どうにかオランダ語に訳してオランダ語の俳句にしたい、というおじいちゃん。5・7・5の音もないし、どんな風に仕上がるのか、次回のお楽しみ?!

その娘さんが書いた俳句のひとつに、「白妙」という言葉があった。「白妙」と「羽子」の羽をかけて書かれたその俳句は、14歳とは思えないほど美しかった。

春すぎて 夏来にけらし 白妙の 衣ほすてふ 天の香具山 (百人一首、持統天皇より)

「白妙」を使った短歌。ちょっと季節ははやいけれど、白妙という言葉の存在感は大きい。ひさしぶりに、昔、一生懸命覚えた百人一首に目を通した。あらためて、日本語って奥が深いなぁと思った。

Vandaag heb ik opa weer ontmoeten. Hij kan mijn Nederlands verbeteren, maar eigenlijk hebben we gewoon conversatie en als ik een fout maak, of ik naar een woord niet bekent ben, dan legt hij er uit. Ik vind het heel prezier en vrolijk. Dit keer, aan de andere kant, ik moet een Haiku uit het Japans in het Nederlands vertalen. Hij heeft een vriendin in Japan en zijn meisje schreef de Haiku voor opa. Dat was echt geweldige Haiku!! Als ik 14 was, zou ik niet dit soort van Haiku kunnen tekenen. Erg knap. Haiku is 5,7,5 stemmen en daar is ouder Japans gebruikt, dus het is moeilijk zelfs als ik om in het Japans te vertalen. Hij zei ookb dat hij het in het Nederlands wil vertalen! Ik zal ook hem helpen trouwens. Ik kijk er naar uit hoe het gaat. Tot dan!

コメント

俳句のおすすめ

 俳句は日本伝統の和歌から分かれて、卑近な生活、ユーモアを詠うものです。和歌は優雅、俳句は滑稽が柱です。
異国で是非、日本の文芸をPRして下さい。

 ♪エレベータひとり墜ちゆく余寒かな   駿

駿さん、はじめまして!コメントありがとうございます。海外に住んでいると、日本の文化や芸術を客観的に見ることができて、いままで気付かなかったその美しさに惚れ惚れすることも・・・^^

以前、黛まどかさんが、NHKの韓国語講座でハングルで俳句をつくっていたのを思い出しました。面白い発想だと思いました。オランダ語でもできればいいのですが!
非公開コメント

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。