スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギリシャの旅~ロードス島

2008.07.08 01:14|Buiten het NL/ オランダ外

ロドス島旧市街 (26) 20080708001613.jpg 20080708001630.jpg

ギリシャの島、といえば、白い家にエーゲ海の広がる景色を連想されがちだが、ここロドス島は、そんなイメージからはすこしかけ離れている。むしろ、「茶色い」家に城壁に囲まれた景色。中世の町並みがいまだ残ったままになった旧市街地は、歩いているだけでその歴史の古さや重さを感じさせてくれる。そんな町並みを歩く方がわたしは好きなのであった。

ホテルからさまよいながらバス停までたどり着く。旧市街地に向かうバスの中は、ホテルがひしめきあう停留所で止まるたびに観光客でいっぱいになっていく。終点の目の前にはトルコ市場が広がる。トルコに長い間占領されていたこと、隣国であることを思わせてくれる。アムステルダムにもトルコ系のお店はたくさんあるのでここは無視(笑)。

20080708004549.jpg 20080708004522.jpg 20080708003938.jpg

旧市街の中心地まで行こうとするが、城壁などに阻まれて、なかなか思うように中まで入れない!まるで迷路のように道がいりくねっているのだ。石が敷き詰められた道を歩くのはちょっと大変だけれど、町の温かみを感じる。たどり着いたのは、騎士団長の居城。ここは実際には、オスマン・トルコ軍の侵入から聖ヨハネ騎士団を守るための病院の役割を果たしていたらしい。この騎士団は侵入からの圧力に耐えて耐え忍んだのがこの場所だったそうだ。結果耐え切れず、西暦1522年にオスマン・トルコにロドスを受け渡してしまった。居城は何度も修復を重ねながら見事に残っているところがすごい。

この居城から離れて、街中を散歩する。お土産屋さんがどこかしこに並んでいるが、すこし道をはずせば、もう方角もまったく分からない。前にある道を通り抜けれるのかどうかも分からない。そんな小道に出くわしては、わきに咲いている小さな花や看板に目をやった。音がなにも聞こえてこない。町の喧騒から急にかけ離れた気がした。ただそれだけに、暑さを身にしみて感じた。

そんな街中にひっそりと佇んでいたガラス細工屋さんに惹かれて中にはいった。そこのおじさんが手作りで作っているという。30分以上迷ったあげく、結局お土産としてひとつ買って帰ることにした。おじさんは、作って欲しいものがあれば、また電話してくれればいい、そしたら送るから、という。

ロドスには面白いお土産もあった。それは、ギリシャ神話で太陽神ヘリオスが、ロドス港の入口に全長32mもある巨像として立っていた、という話からできた置物。NYの自由の女神ならぬ男神(ヘリオス)が、両手を上げてガッツポーズしたようなもの。これは架空のものとはいえ、笑えるお土産ものだ・・・。想像としてコチラをご覧下され。

 ペースは遅いですが、次回は美味しい食べ物~♪

Wat denk je aan als je "Grieken eilands" hoort? Witte huizen met mooie zee en zo? Maar in Rhodos kun je het nauwelijks kijken. Zelfs bruine huizen met veel muren. Daar staat nog veel oude gevbouwen sinds hondreds jaar geleden. Ik wil liever deze soorten gebouwen gaan kijken, daarom hebben we dit eiland gekozen.

Vooral Kasteel van de Grand Masters was geweldig! Vroeger woonden mensen er als een verzorgin van medicijnen. Uiteindelijk moesten mensen weg naar Malta, want ze verloornden tegen Osman-Turkije. Het gebouw zelf is erg historisch maar schoon en wel georganiseerd.

Als we het centrum ingaan, kunnen we veel winkels voor reizigers, maar als we verder buiten het centrum ingaan, was ik kwaijt waat ik stond. Alle straats zijn te nauw en de muren zijn beetje te hoog, en het was erg warm buiten...maar elke tijd ik een nieuwe straat zocht, keek ik iets andere kleine bloemen of planken, wat voel me prechttig!

コメント

ロドスはなんだかのんびりとした雰囲気で、これまたいい感じのところだね。
もし、神話(ヘリオス像)のお土産の写真があれば、ぜひ見たいかも!

rumiへ

ロドスは車でぐるりとまわると面白いかも!リンドスという町なら、白い家もたくさんあって綺麗みたいだよ~。あ~せっかくならもっとゆっくりいたかったんやけど。

ヘリオス像のお土産はまじ笑えるで。自由の女神のパクリか、と。ネタとして写真とればよかった。「コチラ」↑にイメージとして写真アップしたで☆

笑!

ぎゃはは。コチラクリックしてみて見たら、すごい映像が…。
後姿からして、すごい印象だから前姿はもっとすごいインパクトがありそうやね。
ギリシャに行ったら必ず見に行かねば!

rumiへ

ヘリオスさん、架空の太陽神なのに、ギリシャ彫刻にあるような端整な顔立ちでガッツポーズしてるんだよね。こんな巨大な銅像でもあれば、世界中から観光客が集まってくると思うねんけどな…(笑)
非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。