カンタービレ in Amsterdam

2008.10.05 20:49|De kunst/芸術・イベント

最近はまっているものといえば、クラシック音楽鑑賞。そのきっかけを作ってくれているのは、日本でも流行っていた「のだめカンタービレ」のTVドラマを連夜見ているからに他ならない。オーケストラには、いままであまり興味がなかったsatotjeとわたしも、「楽しい音楽の時間」に魅了されて、毎回の感動的なストーリーに涙してしまうのである。

このドラマを紹介してくれた同僚Jくん。もうすぐ日本帰国、ということもあって、satotjeの提案で、内緒でJくんを誘ってクラシックを聴きに行こう!ということになった。家から歩いて20分のところにあるHet concertgebouw(コンセルトヘボウ)。こんなに身近にあるのに、いまだランチコンサート以外に本格的に聴きに行ったことはなかった。Jくんが一言、「・・・のだめっすか!?」(笑)

  20081005195656.jpg 20081005195621.jpg 20081005195556.jpg 

(本来、なかでの写真撮影は禁止されていますが・・・爆)

このコンセルトヘボウはの音響効果は世界3指に入るほどのホールだそうだ。中央の大きなパイプオルガンが圧巻である。コンサートチケットには、トラム無料券と休憩時のドリンク無料券つきなのが嬉しい。

今回のプログラムは、オランダ国立音楽団(Nederlands Philharmonisch Orkest)、指揮者兼ピアニストであるドイツ人、Christian Zachariasによる演奏。日本のNHK東京オーケストラの指揮をしていたこともあるらしい。曲目は以下のとおり。

Joseph Haydn/ Symfonie nr.104 `London' (ハイドン 交響曲第104番二長調)-ハイドンが作曲した最後の交響曲。代表作のひとつ。

Carl Maria Von Weber/ Konzertstuck in f, op.79 (ウェーバー コンチェルトシュテュックヘ短調、ピアノ小協奏曲)

Robert Schumann/ Symfonie nr.3 `Rheinische' (シューマン 交響曲第3番変ホ短調「ライン」)-1851年、シューマン自信の指揮によって初演された。

一つ目と3つ目の第一楽章は、「のだめ」にも使われていた曲。わたしがこの中で感動したのは、2つ目のピアノ小協奏曲である。ピアノはなんと舞台の床の下から登場しかも、目を見張るような超巨大グランドピアノ。そして、指揮者がピアノを弾きながら指揮をしはじめたではないの!ピアノのレベルもものすごく高くて驚いた。指揮をとりながら、どうしてこんなに綺麗な音色を出せるんだろう・・・。感動して思わず涙がこぼれてしまったよ。

ちょっといい格好をして、いい音楽を聴いたらなんだか心が清らかになった気分♪ そして、「のだめ」やこのピアノ協奏曲の影響で、ピアノのために10年も眠ったままの手を動かしたくなってきた。10数年前に、自分は語学を取るか、音楽を取るか悩んだ時期もあった。ヨーロッパに来て、また音楽をやりたくなるとは思っていなかったけれど。せっかくこんな近くにクラシック音楽に触れることができる環境にいるんだ。ゆっくりでもいいから、なにかまたはじめたい。ほんとうに。(今後も続く・・・)

Dit weekend keek ik er heel erg naar uit om het concertgebouw te gaan!! Satotje heeft de kaartjes voor ons en voor Junja, die terug naar Japan heel gauw vliegt, geregeld. Sinds kort hebben we van Junja een Japanse drama waarover het draait orkestra in universiteit gelend. We vinden het heel erg leuk en we wilden wat Orkestra eens luistenen. Het was officieel voor het eerst voor ons om naar het gebouw te gaan. Er waren 3 verschillende programma en alle 3 zijn heel prachtig! Vooral was de 2e progrramma van Weber was geweldig. De dirigent Meneer Christian Zacharias speelde piano zowel als dirigent!! Bovendien lijkte het niveau van piano erg hoog. Ik was heel erg tevreden over de muziek, en ik wil graag in de toekomst weer piano spelen. Ik ben erg invoeld op de orkestramuziek. Als ik in Europa zelfs als Nederland woon, heb ik het gevoel dat ik meer muziek wil luisteren en weer studeren en spelen! Waarscijnlijk kost het tijd om weer piano te spelen, want ik heb al 10 jaar bijna helemaal niet gespeeld, maar geleidelijk wil ik weer beginnen.

コメント

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク