スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Swissotel Berlin

2006.05.14 01:13|Hotel in Europa


今回ベルリンで滞在したホテルはSwissotel Berlin。HPから見られた斬新な外観とモダンなインテリアに惹かれ、また、この時期にかかわらず良心的な料金だったため、さらにホテルの勉強のためにも、と選んだ。すこし余談だが、ホテルの予約は、旅行会社やホテルブッキングサイトから予約するより、ホテルのHPから直接予約したほうが得なことが多いのだ。なので、予約するときは、まずその町のホテルを検索し、それからそのホテルのHPと見比べることをお勧めする。


空港からホテルへ直行。どこにあるのかと、きょろきょろ探していたら目の前にあったのはこの建物。「これやん!」


duitsland


 


ビルの上から下までホテルの客室。いったいいくつ客室があるんだろう、と思いながらフロントへ。玄関とフロントはフロアが違っており、フロントまではガラス張りのエレベーターで上がる。午前中に到着したが、部屋はすでに空きがあり、チェックインできた(ホッ)。フロントカウンターには青りんごのフリーサービス。そういえば、ヨーロッパのホテルのフロントには青りんごが置いていることが多いな。街中でりんごをかじるのが習慣のようなヨーロッパ人には気の利いたサービスかも。


duitsland



duitsland


スタンダードの部屋だったが、40へーべーは軽くあった。部屋にはコーヒーマシーンがあり、自由に飲める。ホテルは中は空洞、厳密には太陽光パネルのようなものがはってあるのだが、そのまわりを囲むように客室が並んでいる。ひとつのフロアに40部屋くらいあった!


duitsland

シャワールームとバスタブが別々になっている!これは使いやすい。シンクは決して広くなかったが、アメニティも豊富でよかった。コンディショナーのあるホテルは5つ星以上?


そして、待望の朝食。3泊だったのでどんな朝食か楽しみで仕方がなかった(笑)。レストランは半分がガラス張りで外観が楽しめる。朝の光がまぶしい!ブッフェでは、種類の多いチーズ、ハム、そしてデニッシュ。ジュースもマンゴ、パッションフルーツなどのトロピカルジュースもあり、リゾート地に来た気分♪ 驚いたのは、朝からシュウマイや、豆腐(おからに近かった)、春巻きなどの和・中料理がでていたこと。さすがにこれらは食べなかったけど・・・(汗)おそらくアジア人向けなんだろうが、いまどき朝からシュウマイ食べる人はいるんだろうか。疑問。


そのほか、バーでのウェルカムドリンク(カクテル一杯)がついていたり、フィットネスが無料で使えたりという特典もついていて大満足。ホテルは旅のなかで重要な要素となるわたしにとっては、提案してくれたsatotjeに感謝感謝。またいいホテル探し、続けよう。


written in english↓


 

We stayed at swissotel in Berlin. It was totally new, modern hotel. The service was also great; everybody could speak english, haha.  The room was big enough to stay with two, and the ceiling was very high, which made us feel relaxed. I still miss the breakfast I had had there! I don't know why, but I can eat a lot at a hotel in the morning, though I eat a little thing every moring. We could not see a nice view from our room, but could do that in a breakfast restaurant. We spent time in a bar next to frontdesk, and we could relax there as well. Staying at another hotel is good for us to learn something at work. This hotel was still baby(just espablised), but hope the staff will keep giving us a nice service. 

コメント

素敵なホテル!

素敵なホテルですねえ。バスルームの色合いやシャワー室が別になっているところなんかが、先日泊まったStrings Hotelに似てる! と思いました。
http://manoji.aikotoba.jp/strings/st15.html
しかしヨーロッパでこんなに巨大なホテルは珍しくないですか? 国とか都市によるのかな。

ところでここのデザインも変更されたんですね! 背景のぷちぷちが可愛い。

 こんにちは。ベルリンに限らずドイツのホテルってモダンなデザインホテルが多いので迷いますよね。私もベルリンに行こうかと考えている最中だったのでちょうどいいタイミング!。いろいろ参考にさせていただきますね。
 それにしてもStandardで40平米ってかなり大きいですね。バス回りもかなりよさそうだしいいですね。今毎度おなじみTrip Advisorで調べたらBerlinで403ホテル中3位。http://www.tripadvisor.com/Hotel_Review-g187323-d252106-Reviews-Swissotel_Berlin-Berlin.html
 納得ですね。

manojiさんへ

品川のストリングスホテル!吹き抜けの31階ですか…ヨーロッパでは、日本ほどの高層ホテルが少ないのはなぜなんでしょうね。

ベルリンは違うんですねー。あれは都会ですね。でもロンドンや東京のような都会ではなく、閑静な都会?わたしとしてはかなり「いい」加減な都会ですね^^ 

kumasanへ

いつもtripadvisorからご予約されていらっしゃいますよね。わたしはそこから予約はしたことがないですが、kumasanによると良さそうだなあ。swissotelは、駅からすぐだし、空港からバスのある(忘れました…)駅を降りてすぐだし、朝食もほんと美味しいですよ~♪モダンなホテルが好きでいらっしゃるようなのでお勧めできます。できてまもないのか、古さをまったく感じさせないホテルでした。スタッフもみな若かった!!

すごいモダンな雰囲気ですね!
かっこいい。。!!最近流行のデザイナーズホテルみたいな感じですかね?
私もいろんなホテル行ってみてますけど、やっぱ海外のホテルは違いますねー☆
海外に長期滞在してみたいなぁ・・・・・

shokoさんへ

クラシックなホテルも好きですよ。ヨーロッパ調の家具を取り揃えていたり、窓から見える中世から残る町並みが綺麗だったり。でも泊まるのは決まってこういう系のホテルになってしまいますね。お気に入りのホテルサイト、http://www.designhotels.com/
http://www.exclusive-luxury-hotels.com/(ヨーロッパのデザインホテル)
インターネットで検索するのも楽しいですね^^

やっぱりお仕事柄ホテルを見る目は
するどいですね(^^)。
ベルリンはやっぱり大都会ですねー。
私はnijntjeさんと反対で都会から足が遠のくほうで
最近山小屋風なところばっかり泊まってるから
とても新鮮に感じましたよー。。。

mamiさんへ

どうしてか、都市ばかり旅行してしまうわたしです。自然をみにいくのも好きなんですけど、どちらかというとその都市の建物や食文化、ひとなどを観察したりするのがすきなんですねえ…。mamiさんのブログを拝見しているといつも次こそ自然を満喫したいって思ってしまいますよ;;

ホテルは妙に観察してしまいますね(笑)でもそれもいまでは旅の楽しみのひとつとなりました…?!

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。