スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライデン大学の就職セミナーへ

2008.11.17 19:30|De kunst/芸術・イベント
002.jpg Leidenuniversiteit.jpg

べつに転職活動をしているわけではないのだが、ライデン大学に通うミー家と一緒に、OBの方々による就職セミナーがあったのでお邪魔することにした。日本とゆかりのある大学に行って見たかったことと、学生たちがどんなことに関心をもっているのかすこし興味があったことゆえに、である。

セミナーは夜7時半からはじまったため、外はすでに暗く大学全体を見るのはまたの機会にすることにした。教室内には日本語学科に所属する学生さんたち。スクリーンを使ってプレゼンテーションをするOBの方々。面接で必要なスキル、身だしなみなどの説明が笑いを交えながらなされていた。そのあと、学生同士でディスカッション。わたしもミー家の横で隠れるように聞いていた。「オランダ語だから聞いているだけでいいよ・・・」と言うわたしに、「それじゃ、この質問に答えてみて。日本語を上達させる方法は。」と振ってきた。やばい。「え!?えーっとね、できるだけ日本人と話することと、あとは漢字は毎日すこしずつ書いて覚えることかな・・・」というありきたりな返答しかできず。しかし、どの学生さんもしっかり発言していてびっくりした。みんなどんどん質問するし、自分の意見をためらわずに述べている。すごいわぁ。なかには、来年から京大に留学する、という関西人のわたしも顔負けな関西弁を話す学生さんもいた。隣りの学生さんは、ずっと漫画書いていたけどね(笑)。

そのあとは、OBの方々が順番に、現職についたなりゆきや、就職する上で大切なこと、などを語っていた。すこし残念だったのは、日本語学科を卒業しても、日本語をいまも駆使しているひとがほとんどいなかったこと。ひとりでも多くの学生さんが、将来オランダと日本の架け橋になってくれるといいな。

風車と跳ね橋のライトアップが綺麗なライデンの町は、400年以上も前から日本とつながっている。日本が鎖国状態だった時代に、長崎の出島で商館医として出入りしていたシーボルトも、日本とオランダを行き来し、とくに日本の植物学に関心を持ち、帰って来ては研究を続けた。次回はライデンの植物園とシーボルトの家に行ってみたい。
Ik ben vorige week naar Leiden universiteit geweest met mieke. Het was voor het eerst voor mij om daar te bezoeken, maar ik was erg geintereseerd in de universiteit, want er bevat het Japans en andere talen te kunnen leren. Haar studievereniging organiseert een beroepen voorlichtings-avond. Ik was onder de indruk dat de studenten eigen meningen hebben en in het openbaar praten en bespreken. In Japan blijven mensen in het algemeen heel rustig zonder te zeggen. Er zitten ook de mensen die afgestudeerd zijn, en we konden luisteren welke beroepen zij allemaal gekregen hebben. Wat jammer is dat ze nauwelijks Japans gebruiken als ze een baan krijgen. Leiden is zulke kleine stad maar achtergrond is er geschiedenis met Japan, wat vind ik prachtig. Volgende keer zou ik graag naar hortus botanicus willen bezoeken! Tot dan.

コメント

No title

なつかしい!
植物園は、暖かくなったら絶対行ってね。
けっこう見ごたえあるよ。
ライデン大学の生徒はただで入れるから、
学生のときはよく行ってたよ。
芝生でピクニックもできるし。

ウェディングの撮影してるカップルも見たことある!

No title

ライデンの学生さんも本当に日本語が上手ですよね。
私も3月の弁論大会でライデンの学生さんのスピーチも聞きましたが本当に上手でした!
オランダで日本語を勉強して、日本へ留学しても日本で就職したり、日本語関係の仕事に就ける人が少ないのは本当に残念ですね。

ちぇちぇへ

ちぇが学生のときはわたしはまだ日本いたんだもんなぁ。ウェディングの撮影も?そんなに綺麗な庭園なんだわね。

じゃまたライデン行ったらなつかしい景色をお届けしますわ^^

AITJEさんへ

ほんとうに、外国語系の大学にしろ専門学校にしろ、それを使った仕事に就くというのはごく限られているような気がします。aitjeさんは将来ずっといまの教師のお仕事を続けていかれるご予定ですか。

ここに書いている友人のミー家も、日本で働きながら語学を身に付けたい!と言っているのですが・・・なかなか狭き門のようです。

厳しいよね~

日本みたいにOJTって考え方がないから、こっちの新卒の学生って仕事を探すのが大変だよね。日本の経済が元気がないと日系企業も人をとらないだろうしね。
ときどき大学から人材募集のメールが来るけれど、恐ろしくハードルが高くてびびります。

No title

日本で働くには語学だけじゃなくその仕事に関する専門知識も必要ですから、本当に狭き門ですよね。
でも反対に専門知識があって語学力はない欧米の方が日本で働いてらっしゃったり…
私は今日本でアジアの学生に日本語を教えていますが、出来れば日本に来ることがなかなか出来ない
(日本語教育機関も少ない)オランダのような遠い国の人たちに日本語を勉強するきっかけを作れるような仕事をしたいなぁと思っています。

めぐみぃさん

OJTはなくても、オランダ語でいうならstageといういわゆる研修またはインターンシップとして働くことは普通のようですね。10代の学生が、社会人と肩を並べて仕事ができるわけですから、すごくいい経験だと思いますし、社会人との格差も防げると感じます。

バチェラーやマスターを所得していればやはり求人のレベルも高いでしょうね。ベルギーでの就職活動応援しています!

aitjeさんへ

語学はあくまでなにかをする手段に過ぎないと思っています。でもコミュニケーションを円滑にするには不可欠ですよね。

日本語、漫画、日本食などなんでもいいから日本に興味を持ってもらえるひとが世界でもっと増えるといいですよね。鎖国から400年以上、世界から遅れをとりながらも国際化はまだまだ進んでいますが時間はかかりそうです?(笑)ともに架け橋となりましょう^^
非公開コメント

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。