スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kerstdagen in Wenen 2008~楽友協会

2008.12.29 02:06|Buiten het NL/ オランダ外
ウィーンに行ったら絶対にクラシック音楽を聴きに行く!オランダからネットでいろいろ調べた結果、ここのホール↓が一番興味あったので予約。

Wene, Oorstenrijk (115) Wene, Oorstenrijk (118)

左:ホールのエントランスから中世にタイムトリップした気分。
右:黄金ホール2階席より。

ウィーン楽友協会(ドイツ語でmusikverein)。デンマークの建築家、テオフィール・ハンセン氏によって1812年に設立された。ヨハネス・ブラームスもここの小ホールでピアノ初演をしたところで、この小ホールはよってブラームスホールと名づけられたらしい。対して、大ホールは「黄金ホール」といわれ、内装はたしかに黄金で豪華にかつ品格を保っている。ここはウィーンフィルのニューイヤーコンサートの会場としても知られている。2002年、小澤征爾がこの舞台でニューイヤーコンサートの指揮者を務めたことでも有名である。

ネット予約した場合、チケットを事前にとりに行かねばならない。雨のふるなか、カールスプラッツ通りの裏側に面した小さなオフィスでチケットゲット。19時からの開演に間に合うように近場で食事を。旅行中でも、すぐに日本食が恋しくなるわたし。そこでオペラ座からすぐ近くの天満屋という和食レストランに入った。海外の和食屋というものは、たいてい中国人が経営・運営していて中国まがいの日本食だったりするし、ちょっとウサンくさくて入る気にもならないものだが、ここは日本に帰ってきたような気分になれる本格派?であった。右手に鉄板焼き、左手には寿司カウンターとホール席が。スタッフも調理人もみな日本人(Managerはオーストリア人ぽかったけど)で、料理の味もサービスも日本の標準または高級レベル。思いのほかよかったので、もしウィーンで日本食が恋しくなったらここをお勧めしたいところ。

天丼定食を食したところで(笑)、楽友協会へ戻る。豪華なエントランスにはすでにものすごいひとが開場を待っているようだった。ここもあちこちに日本人の姿が・・・。そんなことより、ちょっとまわりを見渡していると、ある衝撃的なことに気づいた。どの人もめちゃくちゃ着飾っている!!(涙) ダウンジャケットにジーパンで入ってきたわたしたちは、あぁ場違い。そうか、ウィーンでクラシックを聴くってこういうことなんだ。ほかの観客たちも共に音楽を聴く楽しみ方をちゃんと知っているひとたちだ。うーん、オランダでは、このようなコンサートでもジーパン姿のひともけっこういた気がしたが・・・せっかくならもっとお洒落してくるんだった。とにかく観光客丸出し。まぁ、今回は多めにみてやって(笑)。

そしてついに演奏のはじまり!演目は、プログラムがないので忘れてしまったが(爆)、バッハ、シュトラウスにドヴォルザークの演目がずらり。最後に演奏されたチェロ協奏曲(ドヴォルザーク作)はものすごく綺麗だった。チェロ演奏者が、最後のアンコールに答えて、静かに弾くソロ・チェロも鳥肌が立ったほど。鳴り止まない拍手にまた感動する。ちなみに、このホールは「黄金の音響」とよばれ、世界でも屈指の音響がよいホールなのだそうだ。ホールによって音響の違いまで見分ける力はもちろんないけれど、たしかに音が体のなかに入っていくような感覚がした、かも。

2階席から階段を下りて出口ホールに出る手前で、予期せぬ段差に思わずこけて、気づいたら黄金の天井が目の前に。ひっくり返っていた(笑)。後ろを歩いて降りていた白髪のおばあちゃんとsatotjeが手を差し伸べてくれた。こんなところでこけてるわたしっていったい・・・。ちょっと足をひきずりながら、カフェ・ザッハーに向かったのでした。ちゃんちゃん。

あともういっちょ。世界遺産が続きます。
Ik keek uit heel erg naar uit om naar nusikverein in Wenen te bezoeken! Het is een van de beste zaal ter wereld voor muziekanten. Voordat we naar het concert luisteren, aten we in het Japanse restaurant genaamd Tenmanya uit. In het algemeen is dit soort restaurant niet zo goedkeurig en prachtig, ook niet heerlijk. Maar in dit restaurant konden we heel lekker eten. Als je naar Wenen gaat en het Japanse eten mist, raad ik aan dan om het te bezoeken.

Na het eten kwamen we in de zaal binnen. Wat ik geshokt heb was dat iedereen behalve ons heel goed gekleed heeft. We moeten ook goed hebben gekleed, maar het was niet zo erg. Ik heb de programma al vergeten, maar er draaide bekende klassiek muziek zoals van Bach, Shutrus en Dvorak. Vooral de cello concerto in de laatste programma door Dvorak was uitstekend. De zaal zelf was ook heel groot en goed geschilderd met de kleur goud, dat vond ik erg mooi. Ik wil graag volgende keer ook weer eens naar muziek te gaan luisteren.

コメント

はは。うけちゃった(笑)

なんでころんじゃったんだろうね・・・・

うけるな~

しかも場違いなカッコ・・・・・

僕もプラハの時、慌ててネクタイ買いに行ったからね。。。


続きも楽しみにしてるね。。。


あ。今日で今年最後の仕事ですた。。。来年もよろよろ。

良いお年を・・・・

アーミーさん

そういえばプラハで同じようにアタフタされてましたね。。。
TPOをわきまえるのって意外と難しいものです。
隣りの席に座っていたマダームが、「この観光客めっ!」ってな目でにらまれましたが、このあたりもあまり気にしないようにしました;;

あぁもうお仕事あがったんですね。こちらこそ来年もブログともどもよろしくです。
非公開コメント

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。