スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fantastic! 湖水地方

2009.03.17 08:15|Buiten het NL/ オランダ外
引き続きlovely! fantastic!なイギリス旅行記を続けます☆ これまた長いのであしからず(笑)

*********************************************************

早朝フライトのうえに、一日中ロンドンを歩き回ったにも関わらず、けっこう気も体も元気で、つぎの滞在場所までの電車の中でも本を読んだり音楽を聴いたりしていた。それは、5年ぶりに学生時代の友人で、イギリスに住むYukoとその家族に再会するのに、ちょっと嬉しくてうきうきしていたからかもしれない。

到着したのは、Coventry(コベントリー)という、ロンドンより北にある小さな町である。ホームを降りるとYukoの旦那さんが出迎えてくれた。家路に着くまでに話をしていたのだが、旦那さん、スペイン人なのにバリバリのイギリス英語(汗)。スペイン人ってそんなに英語話せないだろう・・・と思っていたのに。おまけに、出会って10分会話しただけで、旦那さんに

「nijntjeちゃんの英語、ちょっとダッチイングリッシュ(オランダ人の話す英語)になってるね。」

といわれ・・・ガーン(大ショック259 知らぬ間に「あの」英語が身についているというのか(涙)。

さて、気を取り直して、家に着くと、Yukoが出迎えてくれた。「Ninaatjeが寝ているから迎えにいけなくてごめんね。」というYuko。明日の朝はNinaatjeに会える!今回、このNinaatjeに会いたいがためにここまで来た、といっても過言ではないのだ。Yuko、晩ご飯まで用意して待っててくれてありがとね☆

そして翌朝、パパに抱かれてNinaatje登場!そう、彼女はまだ1歳半のかわいい子供ちゃん。写真では見ていたけれど、写真以上の可愛さに惚れちゃいそう175 この朝は、Yukoの勤務先の同僚さんが作ってくれたというあんぱんをほおばって、みんなでドライブに出ることに。


London-Coventry with Yuko (27 feb-1 mar 2009) (107)

行き先は、Stratford-upon-Avon(ストラットフォード・アポン・エイボン)という町。コベントリーから車で走ること約1時間。文豪、ウィリアム・シェイクスピアの生まれ故郷として有名だ。とくにファンというわけでもないが、やはり著名人の生家などには行っておかなければね。で、これがその生家↓


London-Coventry with Yuko (27 feb-1 mar 2009) (73)

見た目地味であるが(笑)、まぁ500年以上前の一軒家(実際にはまだほかに敷地はあった)としては見事なものだろう。シェイクスピアは、両親のおかげで裕福な家庭に育ち、その後の人生も難なく出世したそうだ。生家の中は入れるようになっていて、シェイクスピアが本当に住んでいたと思わせるような生活ぶりを垣間見ることができる。イギリス人による説明つきで、彼らも当時の衣装を身にまとっているので、ちょっとタイムトリップしたような気分♪ それにこの綺麗なブリティッシュイングリッシュ・・・イギリス文学史に欠かせませんな。


London-Coventry with Yuko (27 feb-1 mar 2009) (85) London-Coventry with Yuko (27 feb-1 mar 2009) (80)

シェイクスピアの生家とセットになっていたチケットがあったので、↑こちらも覗いてみる。ウィリアムの娘家族が住んでいた家。婿がドクターだったそうで、当時の医学研究の様子が見られる。あとは、オランダの絵画が飾ってあったりもした。その昔に栄えたブリティッシュガーデンの様子も入って見ることができる。この町のあちこちで見られる壁の縞々は、テューダー朝時代に流行っていたものだそう。

さて、そこからまた車に30分ほど乗って向かった先は、Chipping Campden(チッピングカムデン)という、湖水地方の北部にあたる町。名前がかわいいが、町自体もおとぎ話に出てきそうな町並みである。13世紀に羊毛の取引で栄えた町だそうだ。マーケットのあとはいまも残っている。町の景観を損ねないようにか、どの家も「蜂蜜色」。これにオレンジの明かりが灯り始めるとなんとも綺麗。そう、ここには普通にひとびとが住んで暮らしているのだ。イギリスの家はかわいすぎる。かやぶき屋根で、ものすごく綺麗に手入れされている家々が連なっているところもあって、ちょっと日本らしいところもあった。

London-Coventry with Yuko (27 feb-1 mar 2009) (89)

(住んでみたい、こんなところ・・・)

Ninaatje相手にも、くたくたになって帰って来たら、Yukoがインドカレーを手際よく作ってくれた。意外に料理も家事も仕事もしっかりしている姿に感動。そりゃ、学生のころとは違うってね?!あはは。まぁ、Yukoはもともと大学のクラスでも一番しっかりしていたけれどね☆

  London-Coventry with Yuko (27 feb-1 mar 2009) (106) London-Coventry with Yuko (27 feb-1 mar 2009) (104)

さて、翌日はもうすこし観光してみましょ。お休み~zZZZ
Ik bleef pas 3 dagen in dat weekend, maar ik heb heel erg leuke tijd gehad. Dit was eigenlijk 3e keer voor mij om naar Londen te gaan, maar dit keer heb ik bij een vriendin van mij Yuko bezocht. Ze woont in Coventry met haar man en een kindje, Ninaatje. Het was voor het eerst om hun te ontmoeten. Ninaatje is heel erg lief meisje, en ze kan wel lopen maar nog niet goed genoeg, dat vond ik heel lief. Yukos man is oorspronkelijk Spaans, maar hij spreekt perfect Engels als Brits, want hij is al 10 jaar in Engeland. Ze hebben een mooi huis met 3 verdiepingen en kleine kamers. Het was rustig woningwijk. Ze gaf mij een fooi om een huis te zoeken, want ik heb alleen de huizen vlakbij de stad bezichtigd qua ons huiszoeken.

Ik ben pas 1 dag in Londen geblijven. Een dagreis dus. Ik heb daar nog ook wel een vriendin van mij ontmoeten. Ze werkt in Londen al bijna een jaar of acht, daarom weet ze alles in Londen. Ze helpte mij heel veel tijdens mijn verblijf, hoewel ze op de dag moest werken. De rest heb ik alleen gelopen en gekeken. Na de dagreis en het winkelen, heb ik toevallig U2 tegengekomen vlakbij BBC studio! Ze hadden een liveshow voor ons. Er waren heleboele mensen die van hun houden. Gelukkig kon ik hun ook wel kijken en naar zijn nieuwe zang luisteren. Op de avond moest ik naar Coventry toegaan, maar ik heb in elk geval fantastische tijd gehad.

Toen ik Yuko ontmoet, dacht ik dat ze niks veranderd heeft. Ze heeft nu wel man en een kindje, maar ik had het gevoel dat ze een moeder werd toen ik zag hoe ze Ninaatje zorgt. We gingen naar Stradford-upon-avon en andere kleine dorp met de auto. Ik vond Stradford-upon-avon heel gezellige stad. Het is heel bekend met William Shakespear. Ik les nauwelijks Shakespears boeken, maar ik vond zijn huisje prachtig. Ik ben nog wel Warrickkasteel geweest, en daar heb ik iets lekker "Sunday Roast." Christians eten deze maaltijd, maar ik wist helemaal niet dat er zo veel groeten en vlees in zit. Ik kon natuurlijk niet opeten, maar het was wel heerlijk.

Het was te kort maar geweldig verblijf in Engeland. Ik wil graag vast en zeker terug komen!!

コメント

nijntje、アントニオにそんなこと言われてたのねー!知らなかったわ。失礼なヤツでごめん。彼の元上司がオランダ人だったからダッチイングリッシュ、よくわかってるのよ(笑)

yukoへ

あ、そうだったのね・・・。いきなり会って5分会話しただけで言われたからちょっと衝撃が…。

わたしも来蘭したころは全然わからなかったけど、いまじゃ英語でひとこと交わすだけで、オランダ人かわかっちゃうって(笑)。
非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。