豚インフルエンザ

2009.05.22 00:24|Gesprek/ひとりごと
メキシコの豚インフルが世界中で広がっているが、ついに日本でも人から人への感染が確認された。その始まりが神戸の高校生だという。・・・震災以来の新聞トップ記事だ。関西だけが騒がれていたのもつかの間、関東でもじわじわと広がりはじめているという。300人近くの感染者が出た日本はいまや・・・マスク天国!!らしいね。実際、どのくらいつけてるの?



これはオランダの新聞記事に載っていた写真。「神戸では感染を防ぐためにみながマスクを装着している」、とのコメント。いやしかし、この写真、オランダ人からしたら異様。同僚たちがみな聞いてくる。なんのために日本人はみんなマスクしてるの?と・・・ そんな質問を日本にいる皆さんにしたなら、「いや、インフルエンザにかかりたくないから」とか「していないと非常識だと思って」とか返って来そうだが、海外ではその返答はしないほうが無難でしょう。

そうなのだ。アメリカやヨーロッパでは、マスクを使う習慣がないのだ。そもそもマスクなんてどこを探しても売っていない。前回、里帰りしたとき、風邪をひいたときのためにと思ってマスクを買って帰った。でも使う出番がない。誰一人マスクをしていないから。むしろこちらだと怪しまれるだろう、テロリストだとか。結局まだ使わないまま箱の中で眠っている。そもそも、マスクって感染予防の効果はあるの?

そんなマスクがいまや日本では売り切れ状態、ネットオークションでは「インフルエンザ用マスク」として高値でも売られているとか?このありえない日本の連鎖的集団反応・・・。なんだか無駄に日本だけが盛り上がっているような気がしないでもない。

ここオランダはいたって平然としている。空港でもホテルでも、水際対策もなければ、「手洗いうがい」の習慣もない。心配する必要がないのか、と心配になってしまうが、余計な心配ならしなくていい、的な考えがオランダ人である。新聞のトップ記事はむしろ、ヨーロッパカラオケ祭りでオランダは惜しくも敗退、だの、Jan Smit(オランダ人に人気の歌手)が彼女のJorandaと別れただの、ゴシップ系ばかりである。こういったニュースがトップ面に出ること(※週刊誌、スポーツ新聞ではない)自体、なんとお気楽な国であろうか。

最近みょうに日本人の文化が奇妙に思えてきた。自分は日本人なのに(笑)。まぁでも、一日でもはやくこの騒ぎがおさまるといいんやけど。
Oh moet ik Nederlands blijven opschrijven...het aantal van besmettingen met de Mexicaanse griep in Japan neemt hand over hand toe. De ziekte is inmiddels vastgesteld bij tweehondred tweeennegentig mensen! Het nummer stijgt heel erg snel. Er verwachten nog zuizandmensen in Japan. Iedereen draagt mondkapjes om van de griep te beschermen, maar ik vraag me af of het wel werkt. In Amerika en Europa dragen we mondkapjes bijna nooit, bovendien wassen ze handen niet, ook garglen niet. We hebben andere cultuur en dagelijke gewoonte vergeleken met andere landen. Maar die ziet er overdrijvend uit! Wat denk je erover? Draag je ook mondkapjes als je in Japan bljft, want iedereen er draagt en het gewoon noodzakelijk is??

コメント

マスク

本当に日本は、マスク、マスク・・・!
ドイツでは、マスクしていると、テロリストに
見られるとか言って、笑っていたのですが・・・
国中マスクだらけです。もうわが町にはマスクは
売り切れですよ。集団ヒステリーなんて言葉が
うかんでくるほど・・・とほほ。早くこの騒ぎ
がおさまってほしいわ。

tamayamさん

あら~すごくお久しぶりですっ!ドイツから帰国されてもう2年にもなるんですね…はやいものですね。いつもほんと写真が綺麗です。

高城剛がブログで言った「集団ヒステリー」が問題になっているって?あくまでブログは個人の見解を述べるものですよね。そんなことで芸能活動にマイナスが出るなんて。袋たたきにするほどのことじゃぁないんじゃないの?って思いますがどうですか。

確かに日本は騒ぎすぎ…。でも、マスクの効果は絶対あるよ。飛沫感染だから、鼻や口から感染するし。だから、うがい・手洗いってうるさいのよ。

nijntje→massy

ナースのmassyが言うなら間違いないね。効果はあるんだろうね。最近のマスクは形も変わってきてるね。むかし給食当番で使っていたようなマスクってもうどこにも売ってないのかな(笑)。

今回、マスクの批判のように書いてしまったけれど、やっぱり自分に子供がいたらマスクさせてるかもしれないし、親たちには健全でいてほしいし。うーん複雑だ…。

nijntjeさん、お久しぶりです。
私は東京に住んでいますが、東京ではマスクをしている人は少ないですよ。花粉症の流行のときと同じくらい(よりちょっと多いかな)。
先日、「マスクは健康な人はしなくてもいい」ということを訂正していました。最初からきちんとそういえばいいのに、なんだか曖昧な発言をしちゃうからダメなんですよね。
私も外から帰ったら手洗いうがいに注意している程度です。これぐらいは考えたら当たり前のことなんですけれどね。

Soraさんへ

あ~ものすごく久しぶりですね。どのくらい話していないでしょうか…。

マスクをしていると、安心できるところもあります。風邪を引いていたら楽ですしね。しかし、マスクはマスク、つまり顔にかかった「仮面」なのです。見る人(外国人など)にとってはとても威圧感があることを、日本人は気づいていないのでは、と思います。

手洗い・うがいはわたしも必ずしますが…残念ながらオランダ人にはその習慣はないようですね。だからレストランでもおしぼりは出てこないのです。

豚フル

本当大阪と神戸が大変よね。マスクも売り切れてました。
でも、マスクをしているからといって、豚フルを防げません!とBBCでは力説してました。
でも、菌が飛び散りにくくなって、
また、マスク内の湿気が増えることから感染しにくくはなるらしいです。

地元ドイツで、オンライン薬局を通じていつものお薬を購入しようとしたら、
なんとマスクが売られていた!!
50枚で6ユーロだって。安っ!
花粉症の花粉さえ防げなさそうな質で、ちょっと笑えたわ。
アムスでもマスクが大々的に売られるかもよ~。

rumiへ

へぇ~!ドイツにはさすが、マスクあるんやね。オランダではほんま見たことない。オンラインショップならあるのかな。

不思議にも、日本人の観光客でも、マスクをしているひとをいまだ見たことがないよ。ここだって花粉も飛んでるし、豚インフルに感染する可能性もあるけど…。ヨーロッパなら大丈夫!といった感覚があるなら誤解だとおもう。日本のほうがよっぽど衛生的だから。

マスク

私も町でマスクしてる人あまり見かけないかも。
機内はめちゃめちゃ多いけど、欧州は安全と思ってるのかもね。
集団心理が働いて、日本だとしなくっちゃ、と思うのかなぁ…?

欧州は天気が良くて、気持ちいいね。☀

rumiへ

やっぱり機内では通気も悪いし?感染しやすいっていうのがあるんだろうね。機内感染のこともよく注目されてるしね。

いい天気~だった月曜日までとはうってかわって、昨晩はものすごい雷雨だったよ…。トラムもない時間で、ひさしぶりにタクシー出勤したわ(涙)。

どっちかというと

万一自分がインフルエンザだったら、他人にうつしたらアカンと思うから、マスクしてるんだと思う。

個人個人は気にしてないけど企業は何かしら責任を問われるから社員に対して過度に指示してるんだと思う。

私は持病もないし妊婦でもないし子供もいないから、へらへらマスクなしで生活してるけど、万一迷惑かけたら大変だから、妊婦の友人に会うのは延期してます。

mikiへ

神戸のホテルでも、出勤時はマスク着用、ハウスキーピングは勤務中もマスク着用が義務付けられている(いた)ようだけど?ひとの出入りも激しいから?たしかに、その企業が責任を取らなければならない事態になれば今後の営業活動に響くしね…。

いや、これもすごく日本的な考え方なんだ、って思うわ…。
非公開コメント

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク