スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築家たちが見たオランダ

2010.04.22 19:38|Reizen in NL/オランダ内
日本からお客様が来蘭。父から紹介された建築家2人とともに見たオランダをご紹介します☆

建築家であるShinoさんは、欧州へ来るのも初めてである部下のHitomiさんとスイス、フランスを経由して来蘭。今回は、お仕事のリサーチを兼ねてのご旅行。Shinoさんのオランダ好きにはわたしには到底かなうものがなく、それもオランダの建築に恋焦がれて再蘭したという。「世界の現場から」と題して、いろいろな場所にある工事現場から建築物に関心を持って歩く。一緒に話していると、視点が「建物」であることに面白さを感じる。

ひとつはナールデンという街。アムステルダムから電車で20分ほど。函館の五稜郭に似たもの。北海道出身のShinoさんにとっては故郷を思わせる、懐かしい香りがする街なのかも。

IMG_7779.jpg IMG_7781.jpg

前 にも言ったけれど、駅に着くと街の雰囲気がなんとなく分かる。それでも、駅の格子や天井の作りにまで目を向けるひとはそういないであろう。さすが建築家! わたしもつられて撮影(笑)。要塞は、街の中心から反対側に位置している。50年ほど前に水害に遭ってからいまの街に復元された。「ヨーロッパ・ノストラ賞(ヨーロッパで最も良く再現された歴史都市)」を受賞しているそうだ。

IMG_7782.jpg

IMG_7786.jpgIMG_7792.jpg

城塞博物館があって、なかを見学していると、昔の”Luistergang"(61mにわたる長ーい真っ暗な廊下)があって、そこから敵を守るために、真夜中でもろうそくを立てて敵の侵略を耳をたてて聞いていたそうな。「渡るのがこわ~い」と言っていたHitomiさんとわたし。おまけに閉館前で、管理人さ んに「そろそろ出てくださいね~」と言われる中、「じゃ、行って来る!」といって走って向こう側まで行ってしまったShinoさん…。そしてまた走って帰って来て、「行き止まりでした…」と報告してくれた。管理人さんは聞くといろいろ説明してくれた。

IMG_7800.jpgIMG_7794.jpgIMG_7805.jpg

博物館を出て、街の中心までぶらぶら歩く。街の景観がとても綺麗で、石畳の道路のうえを走る車の音を久しぶりに聞いた。とても閑静な街で、ときどき親子が外で遊んでいる姿を見かけるくらい。教会にも入りたかったけれど、5~10月の14~15時しか開いていない!なんてこった。教会から星形の街を見下ろしたかったなぁ。

それからアムステルダムに戻ってきて、Shinoさんたちが滞在するアパートメントホテルへ。アパートメントホテルって初めて見たけれど、ここはとくに良さそうだった。普通のダッチハウスで、中庭があり、キッチンも広いリビングもある。ときどき、管理人さんが様子を見にくるが、ふつうに物を取りにくるように入ってくるらしい(笑)。そんな?アットホームな住まいで、住んでいるように滞在できるのが良さそうだ。リビングに並んだオランダのパンフレットの数々。へぇ~管理人さんも気が利くのね、と思っていたら、「あぁ、これわたしが前回の渡蘭時からためていたパンフレット類。自由に見てね~」だって。Shinoさんらしい!

父がお餞別といってくれた分で、みんなで食事をした(お父さん有難う!!)。

IMG_7806.jpgIMG_7809.jpg

IMG_7818.jpgIMG_7808.jpg

Shino さんたちがスイス、フランスで行って来たル・コルビュジェ氏の建築物の写真などを見せてもらいながら、美味しい料理をいただいた。安藤忠雄氏の、ル・コル ビュジェ氏について書いた本もくださった。そこに書いてあった言葉で、Shinoさんも好きな言葉がある、という。「建築は、勇気である」。建築というの は、知識や想像力も大事だけれど、新しいことに挑戦する勇気があるかどうかで、決定的な差が出るのだ、という。これでいい、これでいこうという勇気。これ は、建築に限らず、ホテル業界においても、大きく言えば人生すべてにおいても、そんな言葉が当てはまるような気がした。建築を愛してやまないShinoさ んたちや、父には、そんな勇気をつねに大切にしているのだろう。なんだかポジティブに生きるエネルギーをもらえた一日だった。

コメント

非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。