スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築家たちが見たオランダ~ユトレヒト

2010.04.26 01:15|Reizen in NL/オランダ内
「むかし誰かが言った言葉だけれど、知れば知るほど、その国のことに興味が湧く、オランダはわたしにとってそんな国。」

ことに、建築に関しては興味が底をつかない、と言う。そんなShinoさんたちが、リューワールデン、フローニンゲンを経由して、最後に滞在したのはユトレヒトだった。わたしがユトレヒトに行くのはなんと5,6年ぶり。近くて遠い街だったが、久しぶりに来てみると、アムステルダムとは違う、学生の街の雰囲気に新鮮さを感じた。

荷物を預かっていたので、それをお届けにShinoさんが滞在するホテルで待ち合わせ。すると「いらっしゃ~い、ようこそわがユトレヒトへ。」と出迎えられ…(笑)

Utrecht (22.04.2010) (8) Utrecht (22.04.2010) (12)

中央美術館で借りられる自転車は、nijntje、そう、ミッフィー色でかわいい☆ ミッフィー博物館?も入れたが、今日の目的はこちら↓

Utrecht (22.04.2010) (23)

自転車でその美術館から走ること5分。ダッチハウスの並ぶ一角に、ぽつんと建ったこの白い家がシュレーダー邸。見学には要予約、こ ちらから。

この家はリートフェルトというオランダの建築家が設計したもので、2000年に世界遺産に登録された。シュレーダーさんという夫を亡くした女性が、子供3人と一緒に住むための家の設計を彼に依頼したことでこの家は設計された。当時、"De Stijl(ドゥ・ステイル)"というデザインが流行しており、この家もそのデザイン建築のひとつだそうだ。ほかにも、建築業界では"Amsterdamschool"というスタイルが有名だったそうだが、このことについては、また次回に触れよう。色使いやデザインが、モンドリアンの絵画に似ているが、それがDe Stijlそのものであったらしい。家のなかは、からくり屋敷のように、隠れた棚や壁、天井があちらこちらで工夫されて使えるようになっていて、当時1920年代の建築には、間違いなく画期的だったはず。なんて客観的に書いているけれど、正直に言って、わたしはこの家に子供心にかえったように感動した。とくに、2階のリビングにある角の窓を開けると、両窓が開き、開いたとたんに無限の空間が広がるーそんな空間の使い方は、当時にはなかったであろう。この家で生活してみたい、なんて夢まで膨らんだ。父が設計した実家の家にも、いろいろな「しかけ」が隠されている。父は、あの家を建てるときに、母やわたしたちのことを考えて設計したんだろう。家族構成や、20年、50年経ったときのことまで。そう思うと、家を設計したときの素直な気持ちとか、扉や天窓のしかけとか、父の話をもっと聞きたくなった。

Utrecht (22.04.2010) (16)

そのあと、戻ってきてから、みんなで街のなかを散策し、18時まで開いているお店をジグザグはしごしながら、お土産になるものを探す。ときおり運河沿いを覗いてみた。

Utrecht (22.04.2010) (13) Utrecht (22.04.2010) (27) Utrecht (22.04.2010) (26)

真ん中の写真は、これもリートフェルトが設計した、地階部分の空間を格好良く利用した、当時ではお洒落な建物。こんなことも、Shinoさんたちがいなきゃ、ただの素通りされる建築物に違いない。運河と同じ高さにあるカフェがずらりと並んでいるのがユトレヒト。むかしはここから物を運送していた。船が走ると、まるでヴェニスのよう… このあと、その運河沿いで、オランダのパンケーキを食べて、わたしたちはアムステルダムへ戻った。アイスランドの火山灰による空港閉鎖にも見事に被害に合わず、かつ快晴の続いたオランダをしっかり楽しんで日本へ帰っていった。

edonoorandajin.jpg orandawoshirutameno.jpg zangyozero.jpg


最後に、Shinoさんから、読みかけにも関わらず強引にも?頂いたオランダに関する本をご紹介。江戸の鎖国時代から開国までのオランダとの歴史が細かく書かれたもの、オランダ全般のことがよくわかるもの、そしてオランダに30年近く在住していらっしゃる女性が、ありのままにオランダのよさを伝えてくれているもの。どれも興味深く読ませてもらっている。オランダのことを、「客観的に」あらたに関心を持つことができたのは、Shinoさんたちのおかげ。ほんとうにありがとう。そしてつぎは必ず神戸で会いましょう!

Ik heb een bezoek uit Japan. Ze zijn pas vorige week in Amsterdam aangekomen. Ze vinden het heel leuk om in Holland te reizen, maar het lijkt dat Utrecht de beste stad volgende Shino is. Er zijn heel veel bijzondere architecten en het is een mooite om te gaan kijken. Ik heb ook eens naar een wereldergoed gekeken met Shino, die genaamd Sholederhuis is. Het was voor het eerst voor mij, maar voor haar was het al derde keer. In het begin vond ik het gebouw erg klein en nietsbijzonders, maar toen kwam ik dit huis binnen, was ik er verbaasd over dat er veel trucs zijn. Vooral wat de ruimte betreft, is er een hoekraam, en als je het raam open doet, gaat het hoek helemaal werdwijnen en komt er nieuwe ruimte. Ik was onder de indruk van de ruimte. De ruimte was bepaald, en als we de ramen openen, wordt het eindeloos! Het is gewoon simpel maar geweldig. Ik kan me voorstellen dat ze hier vaak terug wil komen. Ze laat me vertellen hoe interessant de architectuur is. Ik heb er bijna nooit over bedacht. Als ik volgende keer naar Japan ga, wil ik graag met mijn vader praten over de architecten, dat zou ik heel interessant vinden!!

コメント

え?
シュレーダー邸は1920年代の建物なの??
それはすごいなぁ。
現代でもぜんぜん画期的に思うよ。

dolisへ

dolisも建築に興味あったんやね。うちの家も、あれもこれもしかけ?と思うとすごく家に興味が湧いてきたよ。
非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。