スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スズキメソード @ concertgebouw

2010.08.28 01:25|Nihon-Oranda/ 日本とオランダ
Suzuki Method String Orchestra (26.08.2010) (7) Suzuki Method String Orchestra (26.08.2010) (6)

久しぶりにオーケストラを聴きに行って、あまりに感動したのでここに書いておきたい。

幼い頃は、親からスズキメソードのピアノ科でピアノを習わされていた。その頃はピアノはあまり好きではなかったけれど、義務的に18歳まで続けていた。受験生になるのを機に辞めてしまったけれど、10年以上経ってまた弾きたい、と思えるようになった。そして今回、そのスズキメソードの品川のバイオリン科・代表生徒たちがオランダのコンサートヘボウで演奏するというので飛びついてチケットを取ったのだった。

そのコンサート当日。仕事中に、同僚がたまたま、その今晩のコンサートについての話をふってきた。「あるお客様で、お嬢さんが今晩演奏するから、よかったら聴きに来て下さいって言われたんだけど。」「え!そのコンサート、今晩わたし行くよ!! チケットまだ余ってないかな…」ふと思いついたのがsatotjeの分として取ったチケット。それほど乗り気でなかったsatotjeに電話して聞いてみた。「同僚がどうしても行きたそうやねんけど…」というと、「じゃぁ、二人で行っておいで。」と言って、チケットを一枚譲ってくれた。(satotje、ありがとうね…)

そして夜になって、ひとまずKeizerでお茶してから(ここはほんとに上品でお洒落!!)ホールへと向かった。すると、例のご家族ご一行に遭遇。ここで、本当にびっくりしたのが、何百人分もある席の中で、そのお客様たちとなんと隣り同士だったのだ! これって多分、奇跡に近いくらいの確率だったと思う。そして演奏が始まった。日本人作曲の曲目もあって、日本風のメロディに心を打たれた。日本の音色がオランダ中に広がっていく感じさえした。途中で出てきた「天才児」たちのバイオリンの演奏もすごかったし、曲目が終わってからの3つのサプライズ演奏も笑いの渦が巻き起こるほどだった。でもじつは、一番感動したのは、最後のスタンディングオベーションで、そのお客様のお嬢さんが、観客席のご両親たちに気付いたのか、ずっと笑っているのが見えたときだった。思い切って(全然関係ない)わたしたちまで手を振ってしまった(笑)。代表生徒たちは、今回のオランダツアーは同行のご家族とはまったくの別行動だったらしい。オランダで子供と話す機会さえ与えてもらえていない、という、なんとも日本らしいシステム。きっとお嬢さんも寂しかっただろうと思う。ご両親たちを見つけたときは、さぞかしほっとしただろうな。とにかく、このご家族、おじいちゃんおばあちゃんも含めて、本当に皆さんが温かくて、こちらも心がすごく和やかになったのだった。

そしてなによりも、子供たちに元気をもらった。音楽や才能に国境はない。エネルギー溢れるオーケストラに、いつまでも拍手を送ってあげたかった。
Ik ben gisteren naar het concertgebouw geweest na lange tijd geleden. Ik heb al de kaartjes gekocht maar ik verwachte niet helemaal, want ze zijn toch kinderen uit Japan. Ik wist dat Suzuki Method heel veel bekende pianisten en vilool gestuurd hebben, maar ik heb opgemerkt dat die gelijk hebt! Ik heb een kaartje aan een collega gegeven om met mij samen te kunnen gaan luisteren, want ze wil dolgraag naar het concert! Er was een familie die uit Japan kwamen om zijn dochter viool te horen spelen, en ze vroeg die collega om naar het concert te komen luisteren. Toen zijn we daar geweest. Ten eerste, was ik er heel erg verbaasd over dat die familie naast ons zatten, dat vind ik heel bijzonder, want dat kun bijna nooit gebeuren!! In elk geval hebben we ervan genoten, zitten naast de familie. Op het laatste moment, merkte ze pas dat haar familie stonden de handen te klappen. De studenten blijven het hele verblijf bij elkaar maar niet met hun familie, dus het was waarschijnlijk voor het eerst voor haar dat ze haar familie gevonden heeft. Ze vliegen morgen naar Japan en ze kunnen weer elkaar ontmoeten alleen als ze in Japan aankomen, dat vind ik vreemd maar geweldig. Ik was absoluut erg ontroerd met hun orchestra en muziek, en hun {talent}. Ik wil graag volgende keer weer gaan luisteren naar hun muziek!!

コメント

すごいホールやなぁぁぁ。
こんなホールで見るオーケストラは
また格別なんやろね。

→dolis

オランダ遊びに来たら、連れてっちゃる。
これでも小ホール。
でも子供たちのオーケストラ、最高やったほんんま!!

本当に感動だったね。すべてが仕組まれていたみたいな1日だったね。さとしさん、ありがとう!

Yukiさん

また一緒に行きましょ♪もちろん、Keizerでお茶してからね。

はじめまして、
品川ストリングオケでチェロ/バスを弾いていたさよと申します。
コンセルトヘボウの演奏を聴きに来てくださった方のブログを発見して感動!そして、ブログの内容にまた感動しました。
1年半以上、今回のツアーに向けて準備してきましたが、まさかコンセルトヘボウが満席になるなんて思ってもみませんでした。
すばらしいホールと、暖かいお客様に見守られて、演奏中は小さな事故はあったもののw、一生の宝物になる経験ができました。
私たちも日本の曲になるとテンションが上がって仕方ありませんでした。本当に楽しかったです。
練習は楽しいだけではなくてプレッシャーも大きく、何度かやめたいと思ったこともありましたが、
このような経験をしてしまうと、もう一生やめられないなと思うようになりました。
これからもがんばります。
ご来場ありがとうございました。

はじめまして。
品川ストリングオケでチェロのトップを弾いた若王@と申します。

上コメントのさよさんから、コンセルトへボーに足を運んでくださったお客様がブログに乗せてくれているの聞いてひとつ感動。そして内容にもうひとつ感動をしました。

なにぶん人数が多く、年齢も上と下では一回りも歳が離れた楽団ということもあり、ひとつの音楽としてまとまる事は難しく、長い間苦労をしてきました。
しかしコンセルトへボーというすばらしい舞台で、演奏者一人ひとりが音楽を心から楽しみ、そしてお客様とも何かを分かち合うような感覚を覚えました。

ちいさな日本大使団として、日本の曲を思う存分唄うことができ、とても光栄でした。

これからもこの感動を胸に、日々精進していきたいと思います

心からオランダの方々に感謝します。

さよさん、若王さんへ

コメント、本当にありがとうございます!すごく驚いたとともに、ティーンエイジャー(でよろしいでしょうか)とは思えない、ご丁重なメールにまた感動してしまいました^^。

コンサートヘボウはヨーロッパでも屈指の音楽ホールです。そんな世界中が注目するような舞台での演奏は、お二人にとってかけがえのない経験となったことでしょう。そして「ちいさな日本大使団」(すごくいい言葉!)として、誇りを持って演奏されていたことを伺えて、なんだかほっとしました。これからも、世界をまたがける演奏者をめざして頑張ってください。これからのご活躍を心よりお祈りいたします!

(ブログ上にある「お嬢さん」は、バイオリンを演奏されていましたが、チェロも格好よかったですよ!「さくら」も「お祭り」もよかったです。)

日本に帰ってきてもう一週間がたつのですが、現実に適応しきれておりませんw
私、実は本当はあの舞台にいるはずのない、まさかの社会人(26歳)なんですw 低弦は人数があまりいないので補欠席にいた私にもお声がかかり、一生にまたとない機会を得ることができました。
団員の中にも実力差はもちろんありましたし、友人が述べたようにこの楽団で一つの音楽を作るのはとても大変でしたが、今回は一人一人の力の和よりも「積」が出せたような気がします。
子ども達はこれから音楽を続ける上での最高の糧を得たでしょうし、私も仕事から離れたところで大きな経験をしたことでちょっと変われた気がします。
またいつかどこかでお会いできることを楽しみにしております。

さよさん

そうだったんですね、勝手な憶測で書いてしまいました。ご了承ください…。さよさんのおっしゃるとおり、年齢は関係なく、一生の糧になるような経験を持てることは、実力や縁があるからこそだと思います。何歳になっても、どんなことでも、チャンスは常にあると思います。そう信じて、これからも音楽を続けてください。

また音楽の世界でめぐり会えることがあるといいですね!本当に貴重なコメントをありがとうございました。オランダのことも、なつかしくなったらまたブログに遊びに来てくださいね☆
非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。