スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住み慣れたわが家 part1

2011.03.07 17:46|De verhuizing/ 引越し
いよいよ家の引越しの話が進みはじめた。いざ決めはじめると、冷静になって本当にここでいいのか、などと考えてしまうけれど、どこも「住めば都」だと信じて

家探しをしながら、ときどき神戸の実家のことを思い出す。もう家を出てから7年も経ってしまったけれど、幼い頃からずっと住み続けたあの家。10年、20年経てば家族は成長してかたちを変えていくけれど、住処そのものはいまでもそのままだ。だから、里帰りをしたら、子供に帰った気分になる。

IMG_1920.jpg

父が設計した実家は、引越しした当初(小学1年)は、なんだこの巨大なコンクリートの塊!だと思っていたけれど、この家には仕掛けがたくさんあった。まず、玄関口入ってすぐの階段。

IMG_1921.jpg

この階段の裏で、よく妹とぶら下がっておサルごっこしてたわ(笑)。反対側は大きな鏡扉になっているので、階段を下りながら容姿チェックできるのがいい。階段で立ち止まって、忘れ物も取りに戻れるし…

IMG_1929.jpg

階段の頭上には丸い天窓があるから昼間は明るい。

IMG_1922.jpg

階段を上がると、2階にリビングがある。「子供の部屋と、リビングを一続きにしたかった」という父の構想から。この扉をがらがらと開けると…

IMG_1923.jpg

出窓とダイニングがある。さらに、この扉は奥に仕舞えて、がらがら開けると…

IMG_1924.jpg

吹き抜け!

子供たち3人がまだ幼い頃は、ここは危ないから閉めていたけれど、大きくなってからは、夏に開けると気持ちがいい~。私がいた頃は、夏はクーラーがなくても十分過ごせるリビングだった。吹き抜けは、リビングの奥にもあり、下の部屋(1階)を覗くことができる。その部屋は、昔はピアノと英語のレッスン教室の場で、毎週2回、子供たちが庭から入ってきて賑わっていたのだった。ピアノの先生は出張で来てくれ、英語は母が教えていた。小学校から家に帰って来ると、母の声がして、自分のレッスンの時間になると、「1階」に降りていく…という、わたしにとっては便利な英会話教室だった(笑)。いまはピアノと父の仕事場になってしまっているけれど…。オランダの物件でも、吹き抜けになっている家がときどきあって、それらをみると実家を思い出した。でも、自分が思い描いている吹き抜けとは違ったから諦めた。

思えば、この家で一番記憶に残っているのは、やっぱり阪神大震災があったとき。あのときは「この世の終わりだ、もう死んだ」と思ったくらい揺れたけれど、父がしっかり建ててくれた家だったからこそ、また母がすぐに台所で使っていた火を消してくれたからこそ、家族皆無事だったんだ、と思う。世界中でも、地震があちらこちらで起きて、痛ましいニュースを見ていると涙が出る。あのとき、生きていてよかった。亡くなったひとの分も含めて、幸せに生きて行きたい。

コメント

No title

こんばんちゃ♪
お父ちゃまが建てたぉ家ステキねv-10v-238
コンクリートって寒さはどうなのかしら^ー^*??
私の実家は古い木造だけど、
こういうモダンな建物見ると、あ~♪都会v-238(笑)って
関心しちゃうわv-258
そうそう、引っ越ししちゃうの??
まだまだ先かしら???
また教えてね^ー^*♪♪

cocoroにゃん

そうそう、自慢の家です(笑)。打ち放しで天井も高い分、冬はやっぱり寒いよ…。家に暖房いくつあることか・・・笑 まぁいまは親二人だけやしね。いつか遊びに来てね♪

引越しはもう少し先。家の件は進行中。また決まったらブログでもお知らせしまーすv-258

ステキ~♡

わぁ、なんてステキなお家!
神戸らしくおしゃれだわ~♡
nijntjeのおしゃれはパパ譲りなのね~。

rumiへ

rumiの家も、吹き抜けになっているからうらやましい!!
子供3人とも、建築の道には進まなかったけれどね…。見るのはいまも好きだけどね!
非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。