スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東日本大震災

2011.03.17 01:48|Nihon-Oranda/ 日本とオランダ
前回のブログで、ちょっと地震のことを最後に触れたけれど、そのあとこんな大地震が来るとは無論想定もつかず…いまだに映像をみて、日本の現状だと信じがたい。

まずは、被災された方々へ、寒さも続く中、不安を大きく抱えながらの非難生活にやりきれなさを感じていらっしゃると思いますが、どうか状況がこれ以上悪化しませんよう、そして一日も早い復興、行方不明の方の安否確認ができますよう願っております。また、亡くなられた方々、家族や友人を亡くされた方に、心よりご冥福をお祈りいたします。

マグニチュード9.0、津波、そして原発事故。ニュースを見ているだけでため息が出てしまう。どうして日本がこんな目に…。それにあわせた避難勧告や、計画停電などに苛立ちや焦燥感もあるだろう。そんななかでも、オランダでも賞賛されて話題になっているのが、日本人の忍耐強さと冷静さ。ほかの国だったら間違いなくパニック、暴動などが起こりうるのに。食料品が不足しているなかでも、レジの列に並んで待つ日本人。底冷えする寒くて暗い避難所でも、文句もほとんど言わずにおとなしく生活している姿。そんな映像を見ていると涙が出てしまう。と同時に、自分ではなにもできないことに、やりきれなさも感じる。とにかく今は、二次災害が起こらないかだけが心配だ。いまや世界中で、事故になれば人間に大きな害を及ぼす原子力発電はほんとうに必要か?という議論まで出ている。どうか、今後なにごともなくおさまってくれますように、そう願うだけだ。まわりのオランダ人は毎日のように気遣ってくれてくれる。ひどい現実だけど、日本頑張れ!と。

幸いにも、両親が住む神戸は地震さえ感じなかったようだ。唯一、横浜に住む妹の安否が気になっていたけれど、「母子」ともに大丈夫な様子でひとまず安心。今週末から母が妹の家に遊びに行く予定をしていたようだが、いったん延期に。父も被災した建物の調査しに東京に行く(阪神大震災のときもそうだった)といい、弟も就職活動で東京に行くと言い出していたようだが、わたしはひとまずいまの時期は反対だった。結局、妹が神戸にしばらく帰ってくることになったようで、ほっとしたけれど、ほかに被災しているひとたちなどのことを考えると、気持ちが落ち着かない。

satotjeの家族もみな無事だけれど、義理の妹の旦那が消防士で、宮城県に災害派遣されることになった。頑張ってきて、そしてちゃんと帰って来るんだよ、yosshy!!

オランダでも連日、大震災のニュース(最新のニュースの一部はこちらから)が流れている。ブログのリンクトップに、東日本大震災・最新情報と題して、ネット上で見れるサイトをリンクしましたので、どうぞご覧になってください。

なお、オランダでも義援金の個人、会社からの受付が始まるらしい。たとえ少しでも、なにか出来ることからはじめたいと思う。

さて、nijntjeは最近いろいろなことが同時に起きて大忙し…。すこしずつ書いていくので、どうぞお楽しみに。

コメント

非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。