ジュリエットからの手紙

2011.05.31 05:44|Gesprek/ひとりごと
久しぶりに、かわいくて切なくて心がキュンとなる、もう一度見たくなる映画を見た。

Letters to Juliet~ジュリエットからの手紙



ジュリエットの生家では、実際にいまでもラブレターが届き、それを返信しているひとたちがいることにまず驚嘆。この映画の最後の結末は、ちょっと笑いこけてしまったけれど。でもときには、こんなにピュアで初々しい映画もいいものね。それに、ヴェローナと郊外の町並みがものすごく綺麗。昔、リブタイラーの「stealing beauty(魅せられて)」を見て、イタリアの自然なままの景色に感動したっけ。映画の中に映し出されたその美しい印象は、いつまでも心に刻まれて消えないものなんだ。

コメント

No title

おー、さわやかそうな映画ですね!最近変なニュース多いから、こういうピュアなのみるといやされそう!イタリアの景色みるだけでもよさそうですね。
それにしても『ミーンガールズ』でとぼけた役だったアマンダ・サイフリッドがこんなまじめな役をするようになったんですね!それも新鮮です。

soonaさんへ

この映画、いまfree record shopで10ユーロで売ってますよ^^ ラブコメディなので、けっこう見ていると笑えますが、最後は心に残る映画になりましたよ!

アマンダ・サイフリッド、めっちゃかわいいですよね~。わたしにはマンマ・ミーアの印象が強すぎますが・・・。
非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク