スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院での出産研修会

2011.07.09 00:48|Bevalling/ 出産
オランダでは、妊娠6ヶ月目くらいの定期健診時に「病院で出産するか、自宅で出産するか」と質問される。病院出産の場合は、住んでいる最寄の病院を指定される(町によってはいくつかある病院から選択することもできるが)。病院への予約は必要なく、陣痛が10分おきに来るようになると、助産師に電話連絡する。わたしの住むエリアでは、助産師が車で迎えに来てくれ、一緒に病院まで向かう。(書いているだけでドキドキしてきた…

わたしがお世話になる病院は、FlevoziekenhuisオランダのAD紙によると、2010年にオランダのベスト・ホスピタルで総合評価第1位を獲得した、名誉ある病院のようだからなんとなく安心だけど、どちらにしろ初めての経験だから不安はいろいろあり。

そこで、病院が月1回、無料で行っている「出産研修会(Voorlichitingavond zwangeren)」なるものに参加してみた。ここでは、出産時に知っておくべきことーーーたとえば、病院へ来るタイミング、病院への持ち物、出産時の予期せぬ事態への対応、痛み止め薬の種類やその効果、そして分娩室の閲覧、など、2時間ほどで説明された。陣痛が来てから初めて病院に行くのではなくて、中の様子を少しでも知っていれば安心感も違うだろう、と思って来た。人口の4分の1が1~5歳の子供で占める町だから、妊婦さんも多ければ、パートナー同伴者ばかりで、全部で30組ほど出席していた。もうすぐ親になるカップルばかりがこうして集まると、心がなんだか和む。

こういった講習ももちろんそうだし、生活しはじめてひしひしと感じているのが、オランダ語の必要性。誰も、「英語で話しましょうか」とは聞いてくれない。反面、オランダ語にできるだけ触れたいわたしにとってはとってもいい環境 

妊娠しなければ、知ることもなかった専門用語。ちょっとここに書きとめておこっと。


zwangerschap (妊娠)
bevalling(出産)
opname/ outslag (入院/退院)
de verloskundigen (助産師)
de gynaecoloog (婦人科医)
weeen (陣痛が起こる)
vliezen breken(破水する)
ontsluiting (子宮口が拡張する)
poliklinische bevalling (外来診療の出産)
bevalling inleiden (人工的に陣痛を起こす)
keizersnede (帝王切開)
neonatologie (早産)
kraamzorg (産後ケア)
borstvoeding (母乳での授乳)
flesvoeding (粉ミルクでの授乳)


…さて、この研修会が終わって。隣りに座っていたsatotjeが一言。

「あ~、頭いてぇ~。おなかいてぇ~。。。

…てか、産むのはわたしやっちゅーねん…!しっかりしてくれ…頼むで…

コメント

お腹痛いのは…

しっかりと母親の身になって話を聞いてた証拠です。(^0^)

えらい!

nijntjeさん、

えらすぎる。勉強精神満々ですね。
確かに初産で英語でもないオランダ語ってほんとうに不安ですよね。私は専門用語は英語でってお願いしちゃいましたけど。

ちなみに、最近オランダで出産した友達とも話していたのですが、オランダではお産の間の呼吸法を助産院で詳しく教えてくれないので、これだけは日本の本とかサイトでみておくのがおすすめです。

それにしても、最後のsatotjeさんのことばとnijntjeさんのつっこみに爆笑。。。^ ^

No title

はじめまして、こんにちは。Candyと申します。
アムスからはめちゃ遠い、オランダの北フリースランドのちょ~ど田舎に住んでいます。

現在11週目の妊婦です。
オランダで出産をたぶんするんだろうってことで
毎日不安で、いろいろ調べている中、このブログにたどり着きました。

本当、まわりに友達もいなくて、めちゃ寂しい中、
やっていけるのかすごく不安で…
つわりも軽い方なのですが、きっと情緒不安定のせいかな…

あとでポジティブに考えられればいいが…。

あとでゆっくり妊娠に関するブログを読みたいと思います。
何か質問したしことなども出てくると思うのですが、その際は、質問してもいいでしょうか?

よろしくお願いします。

→satotje

顔はかなり青ざめとったけどね…笑 お互いにいいパパママになれますように!\(^^\)(/^^)/

soonaさんへ

たしかに・・・でもこうなれば、わたしにとっては英語もオランダ語も同レベルですので、逆に勉強になって楽しいかな?

呼吸法は、ヨガですこし学びましたが、あとはもう助産師に頼ろうと思っていますが・・・甘い?正直、なにも心構えしてません>< 考えすぎるのが怖くて。

うちらはふだんの会話はボケとツッコミの毎日ですよ・・・笑

Candyさんへ

初めまして!コメントありがとうございます!読んでいただけてたいへん光栄です。ご参考にしていただけるようなことはほとんどないと思いますが、オランダにもこんな日本人妊婦もいるんだ、くらいで気休めに読んでいただければ・・・笑 質問等はいつでもどうぞ!お答えできることは何でもお答えいたします。

北はフリースランドですか。日本人の方もたしかに少ないでしょう。言葉の壁などもあると思われますが、基本的にオランダでの出産は日本と比べても「気楽で自由」のようです。助産師や産後ケアにおいても、みな口を揃えて「信頼できる」といいます。思い切って、オランダ人に身を任せるのもいいかもしれませんね。

それでも不安なことがあれば、日本人同士としてもいつでもご連絡ください。

わたしもすでに出産まで2週間を切っておりますので、決して不安はないわけではないのですが・・・お互い頑張りましょう!
非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。