赤ちゃんが泣きやまないときは

2011.09.06 00:03|pasgeboren/ 産まれたて
オランダと日本では大きく違う(と思われる)育児の考え方について気付いたことのひとつ。

新生児が、原因が分からず泣きやまないときは、とりあえずしばらく(最大30分間)、泣かせたまま温かく見守る。

ミレチェが1ヶ月過ぎるころからずっと子育てで悩んでいたこと。それはこの子が「よく泣くこと」。毎日、これでもか~っ!というくらい泣くのだ その声は、まるでツクツクボウシのように、強く、パターン化し、高く響く。おなかはすいていない。おむつも替えた。暑くも寒くもないはず。おなかの調子もよさそう。…なのになぜ君は泣いているんだい 

それで、保健師に相談したところ、上記のようにアドバイスされたのだ。つまり、「母親が、赤ちゃんにばかり時間を取られては、母親にストレスがたまる。子供のことも尊重して、ひとつそっとしておいてあげてみて。母親がストレスから開放されることは大切。赤ちゃんに泣かせておくことも必要。そのうち力尽きて寝るようにもなるわ。」そう言われて納得し、家に帰ってから…

いつもどおり、大泣きが始まった。原因が分からない。よぉし、一度放っておいてみよう。5分、10分…ときどき息をつきながらも泣き叫んでいる。15分たって、ようやく泣き止んだ。しかしあきらめたように。そのあと、しばらく寝ていたようだが、次に起きた瞬間。

ぅっぎゃ~~~!!

いままでで一番大きな声だったかもしれない。でも、それよりも驚いたのが、声ががらがらだったのだ。泣きすぎで、声が出なくなってしまったのだろう。わたしは慌ててミレチェに駆け寄り、抱き上げた。ごめんね、ごめんね、と…。そのとき、ものすごく罪悪感を持ったし、どうしてもっと早く抱き上げてあげなかったんだろう、と後悔の念でいっぱいになった。

そんなとき、友達から、タイミングよく温かいアドバイスをくれたことは何よりの救いだったかもしれない。オランダの「ストレスをなくし、お互いを尊重し合う」という考え方は、いかにもオランダらしく、理にかなっているようだけれど、どんな赤ちゃんでも一通りではないのはもちろんのこと。それに、わたしはそういう考え方よりもむしろ、赤ちゃんを尊敬するなら、泣いたら泣いただけ抱きかかえてあげるのが正しい、と思う。赤ちゃんは話せないけれど、意思や要望はつねに持っているのだから。そう気付いてからは、気持ちにも余裕が出てきて、もっとミレチェを分かってあげたい、抱きしめてあげたい、と思えるようになった。不思議とミレチェもそれを理解してくれたのか、暴れるように泣くことも減ったし、幾分よく寝てくれるようになった。

お互いの信頼関係が、すこし築かれた感覚…感動。

でも、世の中の母親っていうのは大変だと思う。子供の虐待やネグレクトは世界中で増えているというけれど、率直に言って、こんなものは、どんな母親にとっても紙一重だ、と思う。だから、母親がいつもゆったりしてリラックスして、幸せでいることが大切。⇒⇒⇒ あれ、オランダ人の考え方に戻ってしまう?!? 笑

05092011 (8)

Het wordt vaak verteld in Nederland dat mensen elkaar voor respect moeten hebben. Maar mag je je babytje laten liggen zelfs als hij/zij heel hard huilt zonder de (mogelijke) reden? Betekend dat dat moeders voor kindje respect geven? De medewerker van de consultatiebereau heeft me zo aangeraden. Daar ben ik het echter niet helemal mee eens. Als mijn dochter heel hard huilt, zou ik meteen aan haar willen komen houden, zelfs als ik het erg druk heb. Ik denk dat alle moeder recht erop om voor eigen kind te zorgen hebben. Nederlanders hebben in het algemeen belangstelling voor mensens vrije tijd en ze moeten ook geen stress van hun kinderen hebben. Moeders hebben ook recht op vrije tijd om in z'n eentje te doen. Maar naar mijn mening moeten moeders voor hun kinderen goed zorgen, vooral in de eerste 3 maanden. Een baby huilt want hij niet kan praten. Hij wil graag iets zeggen tegen moeder. Ouders zullen even redden wat hij wil en alleerst moeten ze hun baby even goed houden. Daardoor kunnen we de vertrouwende verband met ouders en kind. Ieder land heeft andere manier om voor kinderen te zorgen. Ik wil graag mijn eigen ritme vinden zo gauw mogelijk hoe ik elkaar met mijn dochter kan vertrouwen en van het samenleving kan genieten.

Nederlanders---geen stress en respect voor elkaar is belanglijk.
Japans---liefde van moeders hebben kinderen echt nodig.

2 verschillende manier om voor kinderen te zorgen. Maar ik vind het beide redelijk. Ik wil er goed over nadenken hoe ik van de beide kant goed kan kijken.

コメント

痛いほど気持ちわかります!

nijntjeさん、
そうなんですよね。日本とオランダの子育て感、いろいろな点ですごく違いますから、ただでさえ、初めての子でおろおろしてるときに、いろんな人から違うこといわれて私もパニックになりましたよーーー。うちのYも、何してもギャン泣きでした。しかもちょう高い声。夕飯もだっこしながらつくった覚えが。そしてNは、おなかさえすいてなければこっちが心配するくらい全然泣かないでほとんど1日中よく寝てました。2番目だから私の心に余裕があるからかな、と思いきや、友達の子は逆だったり。ほんとに赤ちゃんによっていろんな個性があると思います。そしてオランダとか日本とかの子育てっていうより、nijntjeさん自体の心にじっと耳をすまして、自分の感じるように思うようにすればきっと赤ちゃんもハッピーだと思います☆当分大変でしょうが、後でギャン泣きがなつかしくなる日がすぐにきますよー♩(赤ちゃんのぎゃんぎゃん泣く声って今ではすごく愛おしく感じます。泣くことでしか訴えられないからその思いがシンプルで力強くって。)

あらあら・・・。

泣き虫ちゃんなんだねぇ…。
赤ちゃんでも既に個性はあるんだし、一辺倒では行かないよね。
お友達のベビー(王子)はたそがれ泣きもひどくって、
乳吐きもなかなか治まらず、苦労してたみたいだったなぁ。

自分だけの時間はものすごく限られてるんだろうけれど、
上手く気分転換できるといいね。頑張れ~っ!

soonaさんへ

分かっていただけて嬉しいです^^ 赤ちゃんが泣く頻度や声の大きさなどは、個性や性格が皆違うと同じなので、心配はいらないようです。YくんとNくんがまったく違ったように。それでも、ギャン泣きされると引きますよね…。うちも甲高い声できゃーっと叫びます。びっくりしますよ(笑)。こうなったら、どれだけ泣かれても、笑顔で「どーしたのー??」と飛びつくことにしました。いまはこの泣き声を楽しもうと思います(笑)。

そうですね、オランダと日本の違いは仕方のないこと。いいところをうまく取り入れて、前向きに頑張ります!コメントありがとうございました!励みになりました。

rumiへ

そりゃ大変だよ…。それに、うちは授乳の回数もいまだ2時間に1回。自由な時間はほんま合間に少しだけ。まぁそれでもブログ書いてる余裕はあるけどね…笑

yukoだったかな、コリックで大変そうやったけど。。うちもこれに夜泣きとか始まったらしんどいわ…(×_×;)

赤ちゃんはまだ話せないから伝達方法は泣くことやもんね。何が伝えたいのかわかりたいけど難しいよね。そうゆえ意味では抱っこは 意志疎通の手段なんやね。お母さんてすごいなぁ。

mikiへ

抱っこしてあげることは、赤ちゃんの泣くことに対しての返事になるし、なにより愛されていると感じるんだろうね。まだまだ不安いっぱいの赤ちゃん。いっぱい受け止めてあげたい。わたしが不安になってちゃあかんね!ありがとう!
非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク