Inburgeringsplichtig (市民化における義務)

2011.09.22 18:28|Het Nederlands/オランダ語
…タイトルどおり、突然送られてきた2通の手紙、それはアルメーレのgemeente(市役所)から。内容は、inburgeringsplichtig。アルメーレの市民のための(オランダに住むための)義務に関するもの。

つまりは、オランダ語習得義務の手紙 

これについては、以前にsatotjeに関して書いたけれど、引越しすればまた改めてその市の役所で面接を受けなければならない。「ついに(やっぱり)来たか…というこわばった表情のsatotje。アムステルダムでは試験を受けなくてもいい、という結果であったが、こちらでの面談の結果はいかに。手紙が再度届き次第、後日報告予定(複雑な状況なのだが、答えはyesかnoしかない…)。

もちろん、わたしにもこの手紙が届いたわけで。

アムステルダムから引っ越す間際に手紙が届き、アムステルダムでも面接に行った。試験には2種類あって、Inburgeringexamen(市民化試験)という本来のものと、StaatsexamenⅠorⅡという国家試験のものがある。どちらの試験を選ぶかは本人次第。2年ほど前からはじめた後者の勉強。StaatsexamenⅡの二つ(話すと書く)のcertificaat(修了証)は無事習得!でもじつは、あと残り二つ(読みと聞く)を合格しなければならない。でも、プラスに考えれば、あと二つだけでいいのだから。いやしかし、この二つが、そう簡単には…。すっかり間があいてしまっているし、ここらで気合入れて頑張らないと!一応、猶予期間が与えられていて、あと3年以内に(日にちも指定してある)あと二つ合格してね、という内容の手紙が来ていたのだ。

それで、昨日はアルメーレでの面接だったけれど、結局内容は変わらず。やるしかない。

余談だけれど、アルメーレでの面接官は、布をかぶったムスリム系の女性であった。「仕事中でもかぶっていていいんだ…?」と思いながら。オランダが新政権になってから、仕事中はブルカ(頭から足までかぶる黒い衣装)や頭に布を巻くことを禁止する動きが活発(とくにPVV=自由党)だけれど、今後どうなるのだろう。布を巻いていると、そのひとの外見や特徴が記憶に残りにくい気がする。昨日会った面接官の顔??ほとんど思い出せない。数ヶ月前に、1度しか会っていない助産師さんたちの顔なら、皆いまでも思い出せるのに…。
Twee berichten van gemeente waren bezorgd thuis. Die gaat over de inburgeringsplichtig, dat betekent dat we moeten de inburgeringsexamen slagen. Ik heb dit bericht al ontvangen toen ik nog in Amsterdam woonde, en het gesprek was ook gedaan. De uitslag was hier; ik moet nog certificaten van 2 delen-lezen en luisteren- behalen binnen 3 jaar. Er is weliswaar nog 3 jaar, maar daar moet ik goed voor voorbereiden. Ik vraag me af of ik nog naar school moet gaan, maar dat moet ik zelf kiezen. Wat van belang is om Nederlands te blijven behersen. Kranten lezen en naar het nieuws luisteren. Die heb ik wel nodig, vooral ik in Almere woon, want er gebruikt engels nauwelijks en Nederlands is alleerst belangrijk...

コメント

オランダもなんだ…。

オランダもなんだね。ドイツにも同じようなのがあるよ。
要は「ある一定以上言葉が話せない人には
簡単にビザあげないよ~っ」てやつよね。

私の会社でも2005年前後の入社の人から、
この試験に合格しないと「ビザが降りない→働く権利がない→クビ」
というシステムになったみたいで皆ビビってるよ。
私は試験が導入される前に入社して、
永久滞在ビザを取得してたから試験受けないでいいのよね~。
真顔でホッとしたもん。

残り2つの試験合格まで後3年かぁ。
ベビーと一緒に頑張れっ!
って、きっと余裕で大丈夫よ~♫

ドイツもなんだ・・・でもしかし

rumiへ、
ドイツもやっぱりそういうのあるんやね。がしかし!オランダでは、永住権もっているあのひとにも、このひとにも・・・とすこしずつ徴集がかかるようです、笑 20年、30年住んでいまごろ?!手紙が来るひとも・・・。rumiはやっぱり世渡り上手やね、笑

もう学校行くのは面倒やし。昔のテキスト引っ張り出してやるしかないわ。。オランダ語は好きやねんけどね・・

免除は?

そうそう、試験って面接の後に免除とか無いの?
ドイツはあるとか無いとか聞くよ~。

世渡り上手…?いえいえ、出る杭は打たれてボコボコよー。
地道にコツコツが一番だなぁって最近時間するもん…。

rumiへ

たしかに免除はあるみたいね。satotjeも「前回は」免除されたし。何年にオランダに来たか、何度目か、定職はあるか、学歴は・・・などで微妙に審査されるよう。でもこれも、担当者によって言い分が違う場合もあったりして・・・なんて適当なんだ><

今度は、真多呂人形おがみに遊びに行くわ~、笑
非公開コメント

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク