スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてのシンタクラースパーティ

2012.12.01 23:23|De kunst/芸術・イベント
今日はミレチェにとっては初めてシンタクラースに会える日であった。(シンタクラースについての説明はまた来年くらいに詳しく書くとして。笑)子供たちメインのイベントだから、いままでそれほど関心も湧かなかったけれど、今日の子供たちの楽しさぶりを見て、これは今後、年に一度の大イベントとなること間違いなしやな、と確信したのであった。

シンタクラースは職場であるわがホテルにやってくる!子供に職場を見てもらういい機会でもある。と、その前にちょっと腹ごしらえ…

01122012 (2) 01122012 (4) 01122012 (9)

プチ・贅沢ランチいただきました 毎度ありがとうございます! 
ホテルはちょうどクリスマスのデコレーションも始まっていて、イルミネーションもとっても綺麗。

さて、シンタクラースがやってくる予定の会場に入ると、すでに同僚やその子供、パートナーたちでいっぱい。わいわい歓談していると、司会者がひとこと。「さぁてみんな!これからシンタクラースがやってきますよ!でもいま、みんなのプレゼントの準備で大忙し(実際にはメイクや着付けで多忙)。そのあいだに、スペキュラース(シナモンの入ったクッキー、このお祭りの定番菓子)に飾りつけしたり、クッキーを焼く準備をしたりしましょう!レッツゴー!」。…という、ちょっと半強制的な行程に従うことになった。

で、連れてこられたのはホテルのシェフダイニングキッチン。子供たちはすごく楽しそうに作っていた。ミレチェは、ランチ後で昼寝がしたいのか、ご機嫌ナナメだったけどね…。飾りつけしたお菓子は、お持ち帰りOK!美味しかったね~。

01122012 (23) 01122012 (17) 01122012 (19)

そのあと会場に戻ると、今度は司会者、「注目!シンタクラースがどうやら船着き場に(運河沿い)到着したようです!みんなで出迎えに行きましょう♪」といい、コートや傘を準備してまた誘導され…笑

シンタクラースとZwarte Pietたち(ズワルト・ピート。シンタクラースに伴う色の黒い使用人)が本当に船から手を振って到着!子供たちは、雨の中でもシンタクラースたちに夢中…。

01122012 (34) 01122012 (36)

赤い帽子をかぶった白ひげのおじさんがシンタクラース

そして、お待ちかねの、一人ひとりに用意されたシンタクラースとの時間。よい子にしていた子だけが、名前の頭文字の形をした(ミレチェなら”M”)チョコレートをもらえ、そうでないとスペインに連れて行かれる、というのでみなとってもお利口にしている。なかには、ちゃんとシンタクラース宛ての手紙を用意している子供たちもいた。そして、ミレチェの番が来た!わたしが手を引いて一緒に前に出てみる。が、Zwarte Pietに抱っこされそうになり、「あ、あかんて、絶対泣くから…」と思う間もなく、いきなり拒否。ミレチェ「いややーーーー!」

01122012 (44) 01122012 (45)

がしかし、シンタクラースにMの文字が入ったチョコレートをもらったとたんに泣き止んだ。ほんま、食べ物には弱い…?!笑 

01122012iP (8) 01122012iP (16)

娘、シンタクラースの存在に気付いてた?というくらい無視していたが…笑

全員にプレゼントを渡すときに、子供各々に興味あること(親が事前に用意して渡してあるのだが)を質問したり答えたりと、シンタクラースがそれぞれに敬意を表してくれるのも人気のひとつなのかも。そして、シンタクラースたちは用事が終わったらまた別の子供たちのいるところへと去ってしまうのであった。Dag, Sinterklaas!!

最後に司会者、「さぁそれじゃ、シンタクラースが残していったプレゼントの袋をみんなで取りにいきましょう!」といって、また全員、別の部屋に促され、大きなプレゼント袋をみなで抱えて持ってきて…(どこまでも素敵な演出!苦笑) 

01122012 (50) 01122012 (57)

みんなの手に渡って、この会もようやくお開き。
しかし、プレゼントに「掃除機」って子も…(右の写真)

日本だと、プレゼントは家で開ける習慣があったように思うけれど、オランダではその場で開けるのが当たり前。プレゼントの包装紙だけでなく、入っていた箱までその場に捨てて帰るのは驚き。このときばかりは、ごみのことなんて考えない!

ミレチェも、(お願いしていた)プレゼントをゲット。これでまたうちが賑やかになるわ~…。

来年の今頃は、シンタクラースのこともわかるようになってるだろうか。歌も歌えるようになって、シンタクラースをちゃんと出迎えられるだろうか?
Het was voor het eerst voor Miretje om bij het Sinterklaas feestjete zijn! Al merkt Miretje zelfs bijna niet dat er Sinterklaas was...maar ik vond het ook erg leuk. Vooral zijn kinderen heel erg enthusiastisch met hun kadotjes, speculaars, Sinterklaas en zwarte pieten. Het historisch evenement bestaand al allang en die maakt kinderen altijd gelukkig! Ze moeten volgende week weer terug naar Spanje en ze komen volgend jaar weer terug in Nederland. Ik ben wel overtuigd dat Mirei volgend jaar ervan meer kan genieten!

コメント

No title

ボートで到着とは本格的!
うちの会社はそういう演出はなかったなあ。よく考えたら会社の前に運河あるのに(でも車道を挟むので危険かも)。
なんにせよ、小さなミレイちゃんも楽しんだようで何より。うちはうるさいほど2歳児が歌を歌いまくって盛り上がってます。あと数日でこれも終わりかと思うとちょっと感慨深いものが・・・

ぺっぺんさん

2歳児けんちゃん、もう歌も歌えちゃうのですね~!うちもそしたら、来年は賑やかになるかもしれませんな~。

運河の演出は、代々引き継がれてしっかりやっているようですよ。危なくなければ、提案してみてはどうですか?笑 大人もけっこう移動があって、けっこう疲れました。。

この週末でもうシンタクラースは終わったのかな?学校では引き続きお祝いするのかしら。

非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。