謹賀新年 2013

2013.01.07 23:50|Gesprek/ひとりごと
(もう七草粥の今日ですが…)

みなさま、2013年、
明けましておめでとうございます

本年も変わらずよろしくお願いいたします。
みなさまにとっても素敵な一年となりますように。


大晦日のオランダは一日中雨、そして強風だったが、花火は不景気にも関わらず国内で例年を越える売り上げだった、という(国内の花火の売り上げ総額はなんと7千万ユーロ、約70億円)。アムステルダムではかなりの爆竹が鳴るので歩いているのも怖いけれど、アルメーレの自宅付近は打ち上げ花火が多いので、比較的安心して見ていられた。

IMG_2877.jpg

アルメーレでは、31日の午前10時から、元旦14時まで個人で花火をあげてもいいことになっている。隣りに最近引っ越してきた家族の10歳の息子君も、花火用メガネを着用して花火を打ち上げていた。男の子はこういうのがやっぱり好きなんだろうね。

IMG_2873.jpg

ピンポーン♪ 今回もオリボレン(揚げパン)とアップルフラッペ(揚げアップルパイ)、揚げバナナとコーンパンを持ってきてくれた両隣りの家族。そう、オランダ人はフリッツ(フライドポテト)をはじめ、揚げ物が大好き…。急きょ、巻き寿司をお返しに持っていった。

年が明けるとともに、雨の中、ジャケットの帽子をかぶり外に出て、ご近所さんたちと握手やハグを交わした。360度、見渡す限り打ちあがる花火を見て(打ち上げてくれることに)感謝しながら、一年の始まりを感じる…。少なくとも、ここに心強い家族と隣人たちがいてよかった。今まで、何度オランダで年越ししてきたのだろうか。除夜の鐘の音を聞きながら年越ししたのはいつ以来だろう。それにしても、そろそろ本当に日本で年越しする計画を立てねばっ!

シャンパンあけて、明け方まで飲んで、お昼過ぎに起床。元旦はオランダではぐぅたら過ごす一日が通常である。レストランなどのテイクアウトやデリバリーサービスの売り上げが、年間で最も高いのが元旦なのだそうだ!(metro新聞より)

わたしは、貴重な休みを取れたので、とりあえずと買っていた食材を使って簡単おせちを作った。

01012013iP (4)

お雑煮、栗ご飯、海老のうま煮、なます、チキン照り焼き、そしてホタテ貝。殻つきのホタテを買ってきて、綺麗に洗って処理してくれたのはこれまた旦那。笑 同僚がもらってきてくれたお餅も食べると、いっそうお正月気分に。やっぱり一年の始めくらいは、ね。

先週末は、1ヶ月飾っていたクリスマスツリーを片付けることに。ここアルメーレでは、焼却処理するのも費用が発生するため、市民の協力を得て決まった場所・時間に回収することを奨励し、ツリーを持っていけば50セントだけだがもらえるシステムを取っている。街中に投げ捨てられたツリーを拾って回収所に持っていき、お小遣いにする子供までいる、という。

01012013iP (11)
買ったときはあれほど重かったツリーも、水分が抜けてしまったのか、軽くてひょいっと持ち上げられるほど。まだまだ綺麗なツリーだけれど…おさらば!

忙しい合間を縫って、友達が日本からのお土産を買ってわざわざもって来てくれた。

06012013iP.jpg

雑誌と日本のチョコレート。もらっただけで心は日本へ…ありがとう!



**********************************************
2013年の抱負。ここで書いてもたいてい年末には「なんだっけ?」と忘れていて思い出すこともしないから、ここで書くほどのことでもないけれど(笑)。ま、そんなつまらない前置きはいいとして。ひとまず、オランダ語と英語はもっとけじめをつけて向上させること。ピアノはもっと人前で弾ける機会を持つこと。そして、satotjeと一緒にミレチェの成長を見守りつつ、ともに成長すること…。

前にも書いたかもしれないけれど、ときどきオランダで生活していることが、タイムマシーンか何かに乗って別世界に来ている感覚になる。またそれに乗って戻れば、日本は時間が止まったままで、同じ分だけ日本での生活が待っている、と。がしかし。日本もオランダも、同じ時間という空間を同時進行している。それがわたしの感覚のなかで、ときどき混乱を招くことがある。気付けば、親は還暦を迎えていて、小さかった弟は社会人になっていて、妹にも子供が生まれていて。友達もいつのまにか転職したり結婚して子供ができたり。その大切なひとたちの、大切な転機を、そばにいられなかった悔しさやら空しさやら、そういう複雑な感情がときどき沸々とわいてくる。そしていつのまにやら自分は30代も後半にさしかかろうとしている。いま、このオランダで生きている、この人生こそが現在進行形の人生。たとえ、毎日が何かに追われて忙しくとも、家族のこと、日本にもオランダにもいる友達や家族を毎日想って、一日を大切にいきていきたいな、と思う。それが、2013年のみならず、これからの人生の抱負、なのかも。笑 こんなわたくしnijntjeですが、お付き合いよろしくお願いします。

コメント

非公開コメント

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク