スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kraamvisitie~ソラチェ 日本から欧州から

2013.12.18 00:48|pasgeboren/ 産まれたて
ソラチェあてに頂いたもののご紹介です

30112013 (21)

まずはこちらの命名書なるもの。日本からAiちゃんが送ってくれた!前回、ミレチェのときに作ってくれて、すごく気に入っていたので、ソラチェの分も迷わずお願いしてしまった。和風なテイストがオランダ人にもウケがいい。これは一生に残る宝物!本当にありがとう!


11122013 (5) 11122013 (21)

高校時代からの親友のKamacchiからは、さすが神戸っこならではのファミリアのセーター!申し訳ないくらい高級なセーターで、でもこのかわいさはオランダには決してないもの。大切に使うね!

11122013 (13)

↑フィンランド人でいまはスイスはチューリッヒに住むベリンダから届いたもの。フランス製らしいKalooといううさちゃん人形は、手触りがとってもソフトで気持ちいい。marimekkoの生地を使って手提げ袋も作ってくれた。

11122013 (9)

Reebokのスニーカー。ファーストシューズになると思うので、それまで大切に温めておきます!

他にも…ご飯を作って持ってきてくれたにじいろ会のママたちや、生まれて初めてのkraamvisitieだった隣りに住むコックおばさん、近所の仲いいマノン、カードだけでも送ってくれた友達まで…ありがとうね

このブログの記事も、じつは何度も中断して今日で開けるのが3回目、という、なかなか通して書ききれない現実。ま、仕方がない。

そう、この「仕方がない」というのが、最近よく口に出したり頭で考えたりする言葉で、本当にその通りなのである(笑)。ソラチェが泣いている→仕方がない。ミレチェがぐずっている→仕方がない。二人とも泣いている→あぁ~仕方がない。。 まず、「その言葉」が出てきたら、つぎの行動に移すまでが妙に落ち着きをはらっている自分がいる。なぜって?あせっても苛立っても、なにもいいことないから、ただそれだけ。ミレ・ソラを順番に対応するしかない。二人いっぺんに泣き止ますことはできないから…。

でもこれは、少なくとも落胆するような、悲観的な対応ではない、と思っている。わたしはなるべく笑顔で楽しく接するようにしている。それも、不思議と自然に出てくる。実際、子供たちはとても可愛いから。なんだろうな…ミレチェ一人のときより、子供「たち」がすごくかわいく思えるのだ。2児の母になると、余裕が見られる、と言われるのはこういうことなのだろうか?子育てを一通り経験して慣れている、ということもあるけれど、何と言っても新生児であるソラチェの泣き声が、たまらなく愛しい。もちろん、何か用事をしているときに泣かれるとそうは思う余裕はないのだが、たいていはこの感情がわいてくる。

それで、昔ミレチェが生まれたての頃に書いた記事を読み返してみることにした。「なぜ泣いているんだろう」「どうして寝てくれないんだろう」そんなことでよく悩んでいたような気がする。なんで悩んでなんかいたんだろう。たぶん、いままで自分で好きなことを好きな時間にできていたことが、四六時中ケアしなければならない赤ちゃんに時間を拘束されて、また、こんな風でわたしは親として正しいのだろうか、という不安とストレスがたまっていたのかもしれない。

いまなら、冷静になってわかる。赤ちゃんは泣くものだ。赤ちゃんは寝たり起きたりを繰り返すのだ。赤ちゃんはたくさんおっぱいを飲むのだ。ただそれらは、大人と一緒で、日々リズムがあって毎日違うのだ、ということ。子供たちにほぼ一日のすべての時間を費やしている。二人が一緒に昼寝したときには、普通の2倍ほど大きい安堵のため息が出る。二人目の育児…ソラチェが泣いていれば、「おなかが減った」だけではなく、「眠い」「ゲップが出そう」「うんちした」etc.の理由があって、その原因が分かれば「なーんだ。そりゃぁ仕方ないね。」と笑っておしまい。一日を振り返って、そんな冷静に判断できるようになった自分に、少し母としても成長したんちゃうん?!と褒めたくなる。

…ま、今のところ、だけどね。苦笑 

今日も、近所の散歩だけで1時間を費やした。まっすぐ歩かない、あちこちで止まっては葉っぱや木の枝を拾ってくる。ほうってバギーに乗った息子と二人だけで先に進みたいところだが、車道のあるところはそうはいかない。前を見ずにキョロキョロしながら歩いているから、危なっかしいったらありゃしない!まだ家でやることも溜まっているから、「早く歩いて!」とついせかしてしまう。でも、今日はくじらのような大きな雲が広がった冬の青空だった。それを見上げて歓声をあげている娘を見ると、なにもあせらなくてもいいな、と思う。こんなのんびりした時間、今しかないんだし…楽しまないとね。結果、3人で楽しく帰ってこれたことがまた嬉しい一日であった。



コメント

非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。