スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学校選び

2014.08.05 05:00|未分類
3週間、いやほぼ4週間にも渡る休暇がそろそろ終わろうとしている…いやだーーー!!完全に仕事モードから離れているし、やっぱり子供とゆっくりした時間がたっぷりあるほうがいい。それとも、ずっとこのままだとまた物足りなく感じるものなのだろうか。

いやはや、この数週間だけでも、娘と息子はそれぞれに何か成長したような気がする。

息子。しっかり座れるようになり、座ったまわりにはクッションが必要だったのが、いつのまにか倒れることはなくなり、倒れかけても自分で踏ん張って体勢を持ち直せるようになった。何かを片手で掴んだら、反対の手に持ち替えたりするところから、その持った手でそれを振り回してみたり、それで机を叩いたりできるように。

ハイハイは、あいかわらずしないが。うつ伏せになると、苦しい!とぎゃーぎゃー泣き出す始末。こりゃ、お姉ちゃんと同じく、ハイハイをスルーして成長していくつもりか?!

娘。いやー、参ります、毎日。このひとには!!!!!笑 
子供って、親が言っていることをしっかり聞いてまねするみたいだが、ここまでとは…。2歳前後の頃は、言ったことにオウム返ししていたけれど、いまはちゃんと順序づけて、「わたしに」指示をしてくるほどに(涙)。たとえば、食卓で。

「(食事中におもちゃのコーヒーカップを持ってきて)はい、これママのね。…そんなとこに置いたらだめ、もっとこっちに(奥のほうに)置いて、じゃないとこぼれちゃうからね、危ないからね、ほらね、…(続く)」

そう。最近、ママになりきっていろいろわたしに言ってくるものだから、余計にイライラする(苦笑)が、と同時に笑ってしまうと、娘も一緒に笑顔。この子も、まねしてる→笑ってもらえた→言えた→嬉しい、という感覚でもあるかのように。

それでも、ここ数日で嬉しいことが。水筒にまつわるちょっとイイ話(笑)

公園で遊んでいたら、暑さでのどが渇き、「ママ水ちょうだい」というので、「自分で水筒取ってきて飲み。」というと、そのようにしたのだが、自分で飲まずに、まずソラチェにあげようとしたのだ。それにびっくりして、「あれ、ソラチェに先にあげるの?」と聞くと、「うん、ソラチェが先に飲むの。」だと。(「先に~、それから~」は最近覚えた表現。笑)その思いがけない優しさに、思わずぎゅっ!!

夕方の忙しい時間帯。ソラチェが食卓前の椅子に座って水筒を片手に持ち、どんどん叩いては、仕舞いに床に落ちてしまった(しょっちゅうあることだが)。ちょっと手を離したくないときだったので、あー取るの面倒だ~、と思っていたら、ミレチェがさっとやってきて、水筒を拾い、「はい、ソラチェ。」と言って手渡していた。いままでそんなことせずに無視して遊び続けていたのに、急にどうした!?思わずぎゅっ!!!

そんなときは思いっきり褒めてあげる。娘の嬉しそうな顔。それを息子もちゃんと見ていて、なんだか嬉しそう。兄弟姉妹ってこうやって成長していくものなのかな。自分が子供の頃はなにも考えてなかったと思うけど。

友達ママたちはよくこう言う。今日は怒らないで一日を過ごそう、と思ってたその数秒後に怒ってる、と。苦笑 痛いくらいその気持ちが分かる。わたしも先日怒らない云々の記事を書いて、その翌朝、めちゃくちゃイライラしてたからね。もう爆発寸前…このイライラぶつけて書いたんねん!!と思っていたけど、なんのことだったかもう忘れてしまったよ夢と同じなのかな…すぐ忘れてしまう。人間うまくできてるな。

そんな毎日の繰り返しで、世間のママたちはたくましく子供たちと生きていくのであります。。

**************************

昨日は、同じアルメーレに住んでいて、もともと産後ケアのMihoさんを通じて知り合った、Nさんが我が家に遊びに来てくださった。3人のお子さんはもう大学生、と大きく、オランダも十数年在住で、人生の大先輩でもある。そろそろ、1年後に控えた娘の小学校選びを本腰あげて始めなければならず、そのアドバイスをしに来てくださった。Nさんのお子さんはみな、アルメーレのシュタイナー学校に通っていた。ここはわたしの家からだと車で10分ほど、自転車で(わたしがこげば)15分くらいだろうか。シュタイナー教育ってどんなものだろう、という興味から、いくつかの本もお借りして読み始めた。子供の教育って多種多様で面白い。ほかには、近所にもダルトンスクールや、モンテソーリ、普通の(Openbaar school)学校があり、どこにするかはまだ決めかねている。9月から実際に見に行ってみよう。自分なら行って見たいところ、ミレチェに合いそうな学校、学校の雰囲気、家からの距離、etc.いろいろな視点から見てみないとね。

Nさんが、紫蘇が一本植わった鉢と、手作りこんにゃくを持ってきてくださった。手作りやbioにとことんこだわるNさんならではのもの。大切にいただきます、ありがとうございました



コメント

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。