にじいろ会 新年会

2015.02.08 22:23|未分類
 今週は日曜日を残業分で休みがもらえ、今週も余分にもらえたので、気付けば1週間休み!思いがけない連休で、久しぶりにゆっくりしています(^^♪

と、今日は希望休みを出して、アルメーレ・にじいろ会の新年会へ行ってきた。月例会とは別に、年に一度、日本らしいことをしてこの一年を無事に楽しく過ごせるように、一緒にお祝いするのである。

いやぁ~、幹部(幹事)の皆さん!!お疲れさまでした!!(打ち上げ早々にしましょう。笑)

さて、日本らしいことといえば・・・

餅つき
子供たちによる日本語の劇
合気道
日本酒で乾杯
ママたち手作りのごはんで歓談
豆まきで鬼退治

etc.

があるけれど、まさかのアルメーレで上記の項目すべて実行!!じつに素晴らしい、しっかりとした段取りでプログラムされた内容。わたしは、にじいろ会ママの幹部5人に(なぜか)入っているのだが、ほかのママたちの入念なる意見交換、きめ細かな気配りとコミュニケーションには、毎回脱帽である。また、このにじいろ会のメンバーである子供たちは、娘が生まれたころは5,6歳だったのが、いまや8,9歳。あんなに小さな子供たちだったのに、気付けば日本語で劇までできるほどの日本語の上達の速さには驚いた。それに、あの堂々とした誇り高き態度。すべては、お母さんたちのやる気や明るさ、根性強さが子供たちにも出ているような気がした。

お餅つきのお餅は、タイ米でまず炊いてから、臼で叩いているのだが、最後の出来上がりは本当に美味しかった!わたしは今回も、お酒を飲まないけれどお酒を出す担当であったが、オランダ人パパたちにはとくに好評でよかった。歓談の時間では、アルメーレから引っ越ししてしまって、なかなか話す機会もなくなってしまったAちゃんとも少しゆっくり話せて嬉しかった。

ミレチェは、餅つきのときも「しなーい。。」といい、丸めて用意してくださったお餅だけはきれいに平らげていた。やはり、場所見知りがあって、慣れるのには時間がかかるのだが、歓談の時間でLちゃんがミレチェをとっつかまえて、ひたすら一緒に遊んでくれたおかげで、やっと打ち解けてきた。クライマックスの豆まきでは、控えめに投げていたけれど、お尻ばかり向けていた鬼がこちら(ミレチェとわたし)を振り返ったときに見せた鬼の怖~~~い顔に、ミレチェは悲鳴!!ちょっとさすがに怖かったみたい・・・。でも、そのあと、ちゃんとまた豆を投げていたので、トラウマにはならなかったよう。ほっ。

ソラチェは、いつもどおりといった感じでマイペースにおとなしくしていた。まだ、つかまり立ちできるくらいなので、歩き回ることもなく、たいていはパパの膝の上か、ママの抱っこひもの中で静かにしていた。いや・・・母も存在を忘れそうになるくらい、じつに静かであった(笑)。しかし、最近は言葉も発するようになり、

「ママ~」(パパはまだ?!)

「じぃ。ディ。」(何かを指さしながら訴えている。ディはDieでこれやあれ、という意味。

そんなこんなで、にじいろ会の新年会も幕を閉じた。今年は、にじいろαも参加予定。里帰り後の参加となり、まだまだ未知数だがどうなることやら?!わたしも一緒に成長できるといいな。










コメント

非公開コメント

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク