スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミレチェの学校 10分の面談

2015.11.26 06:25|未分類
今日は10分間の面談で、母は涙が出そうなくらい嬉しくて、娘をぎゅーっと抱きしめてしまった!

ダルトンスクール独自の子供の成長を測る表があり、それによるとほとんどすべてにおいて標準として必要な能力を満たしている、と。足りないのは、やはりオランダ語の語彙と、口頭による受け答えが少し弱い、と。そこで、クラス25人の中から4人だけ選抜され、週2回40分コースのオランダ語教室に連れて行ってもらう、というコースがあり、その4人にミレチェを選抜してくださった先生。素晴らしい!!笑 そこの授業と、ふだんのクラスの授業と内容が連結しているため、その特別コースで習った単語や言葉をすぐにクラスで活かせるようにできている、というもの。相乗効果が出るといいな。わたしはてっきり別で週2回出てこないといけないものだと思ったのだが、クラス内でしてくれるのであれば親の負担もまったくない。ありがたや~。

ひとつだけ、1学年分とびぬけてよくできているものがある、と。それは、アルファベットや単語の書き、だそう。たしかにもう名前もかけるようになったし、毎日のように手紙のようなものをアルファベットをひたすら並べて書き綴っている。蛇みたいな文字を書くのが2歳ごろからたしかに好きだったな。笑

学校には担当の先生が二人いるのだが、とにかくこの先生は「ここ3か月ですごく成長しています。責任感も強くて言われたことはちゃんとできる子です」とほめてくださり、本当にほっとした。じつは、学校に通い始めて8週間くらいのときの面談では、もうひとりの先生で、「オランダ語がほとんど出てこない」とか、「家で15分オランダ語の読み聞かせや会話を入れて!(家でいったい何してるの?と聞かれているような)」とか、否定的、懐疑的な評価が多かったので、残念に思っていたのだが、娘はこの3か月でいつのまにか少し成長していたのだと思う。

毎日学校が楽しい!そういってくれる娘。毎日の送り迎えは大変だけど、率先して通ってくれることはありがたいこと。さぁ、今日も行ってきます!

コメント

非公開コメント

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。

更新すれば、facebook上でもお知らせしています。

gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。