スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめての中央市役所

2006.11.10 02:07|Trouwen/マリッジ

20061107171305.jpg


今回の件で、はじめてアムステルダム東にある、中央市役所へ足を運んだ。ちょっとめずらしいことなので、今回はカメラまで持参。ここの市役所はミュージックシアターと併設しているので建物自体はかなり広い。さっそく窓口で聞きただすと、「Burgerzakenに行きなさい。」とのこと。バーガーザーケン?(笑)オランダ語で市民課のことらしい。


中に入ると、番号札を取って順番が来るのをまつ。平日の午前中だけあって、人気はまばら。わたしが受け取ったのは、個室の番号札。順番が来ると、個室で対面したのは、真っ赤なマックレガーのワイシャツを着たおじいちゃん、だった。これからの担当にもなりそうなので、今後はマックレガーさんと呼ぼう(笑)。


どきどきしながら、今回のわたしたちの希望やら不安などを話すと、すべては心配ご無用、とのこと。まずは、結婚式の日取りだが、その場で結婚式ブッキング台帳なるものに予約してくれた。(本来はすべての書類が通過してから、が原則だが、特別にオッケーをもらえた。)この点が一番ほっとしたこと。また、日本に帰国してからも、結婚証明書などの発行はスムーズにできる、ということ。さらに、オランダで結婚しても、日本人同士であれば、日本の法律が適応されるらしい!例えば、オランダの法律下では、結婚後は、男性側か女性側、または「両方」の姓を選択することができる(e.g.山田・田中・花子)。日本の法律が適応されるのであれば、さらになんの心配もいらない!ほっ。


また、オランダでの結婚式の内容はどんなものか、と興味だてて聞いてみると、オランダらしく、基本的になんでもあり、なんだそうだ。スピーチあり、歌あり。もちろん、厳かに識別あることが前提であるが。でも、5年前に世界ではじめて同性同士の結婚を法的に認めたここオランダなら、ぎゃくになんでもできてしまいそう。


とりあえず、一件落着。マックレガーさんが牧師役ならいいな(笑)。

Een paar dagen geleden ben ik naar het stadhuis vlakbij waterlooplein geweest. Dat was voor het eerst om er te gaan, dus was ik erg benieuwd. Er zijn soort ruimte en ik kon daar even wachten tot de buurt komt. Ik kwam naar een van de onafhankelijke kamer binnen, en daarmee is er een heer die rode {shirt} kleedt. Hij blijkt erg aardig en hij spreekt langzaam zodat ik alles kan begrijpen. I ben nu erg rustig dat alles verschijnt goed te gaan! De manier van Nederlandse trouwen blijkt vijheid. Van nu moeten we de plaats voor trouwfeestje opzoeken! Dit is andere dingen...maar blijf gaan!

コメント

nijntjeさん、こんばんは。
結婚式までの準備、着々と進んでいるのですね。私も1?前に日本からオランダでの結婚式の準備をしたので、書類を送るたびに足りない物があると言われて何度送ったことか、、と思い出しました。こんなこと一生に一度しかできない~(笑、なんて思いました。全てスムースにいっているようで、何よりですね!がんばってください♪

順調そうでなによりですね♪

私はアメリカのフィアンセビザ取得に
住民票やら、戸籍やら、はたまた大阪府警の
鑑識課で指紋取られて→警察証明書のため
んで、5万もかけて予防注射とか健康診断とか・・・etc.
で、ちょっとばかりばたばたの10月でした。。。

12月には面接を受けに赤坂の大使館に行く予定
であります。。

ともかく法律的なことってめんどうくさい。。。

オランダでの結婚、いろいろ大変そうですね。
他の方から話に聞いて、知っておりました。
まさかnijntjeさんがご存じなかったとは!(笑)
でもトラブルなく大きな変更もなく最初の予定通り行われそうでよかったです。ドレスも決まったのかな?
ロッテの市庁舎はメインストリートに面していて、学校のお送り迎えでトラムで通る時にドレス姿の花嫁さんをみかけましたよ。
通りかかる市民からも祝福される感じで。いいですよね~。
引き続きレポを楽しみにしています!

tchaihuisさんへ

こんばんは♪日本でなくオランダでの結婚式を選んだのは、わたしたちのつきあいが、日本よりオランダのほうが長いことや、できるだけインターナショナルなパーティにしたい、というわたしの意向を彼に聞いてもらった結果、なのです…。外国人との結婚ですと、また過程が違ってくるようですね。tchahuisさんのときも大変でしたか?またお話聞かせてくださいね。

あ、あと、ブログ1周年記念、おめでとうございますー☆これからも楽しみにしております!

かなーちかさんへ

ご無沙汰しています!外国人が日本で結婚するのも、相当の書類審査が必要なんだろうなと思われますね。いまは、大阪にお住まいなんですか?

じつは、日本人同士でオランダで結婚するのも、いろいろお金がかかるのです。週末だとさらに手数料がかかるようで…痛いですね;;

shipmakerさんへ

そうなんですよ~知らなかったことだらけ~(あほです)。同僚からも、とくにそんな手間のかかる書類うんぬんの話は聞いていなかったので、そういえば、そんなんも必要なんかな?程度でした(笑)

ロッテの市庁舎!覗いたことがあります。建物自体もまだ新しいですよね??マーストリヒトでも一度見かけましたが、こちらの市庁舎は広場の前にあって、そこで新郎新婦が写真撮影などをしているところに出くわしたことがあります。新婦さん綺麗やったなあ。

市役所まで。

オランダって市役所までおしゃれですね・・・。
すごい。
市役所ってあんまり明るいイメージないけど
オランダの市役所はなんだか楽しそう!!!
デザインミュージアムみたいですね~。

あ、ブログを新しくしました~。

次女。さんへ

おひさしぶりです。日本語で「市役所で結婚式」、といえばかなり地味な印象がありますが、オランダでは市役所(というより市庁舎?)から花嫁さんがでてくるところをときどき見かけます。それだけで華やかなイメージになりますね。ただ、アムスの中央市役所は建て直したものなので、歴史も感じずかなり質素なものですが…。じつは、結婚式をするところは、「もと」市役所のところ、なんですよ^^

またブログ遊びにまいりますねー!
非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。