スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンタクラース祭

2006.12.04 05:08|De kunst/芸術・イベント

20061203211542.jpg 


オランダではこの週末にシンタクラース祭を迎えた。シンタクラースについて簡単にいえば、スペインからボートに乗ってオランダにやってくるひとたち(笑)。サンタクロースの起源ともいわれるそうだ。シンタクラースと、そのお供のピートが、子供たちを楽しませてくれる。シンタクラースがオランダに上陸し(毎年11月中旬)まもなく、町中でプレゼント商戦が始まり、町中が活気をみせるときでもある。11月、12月の暗く寒いオランダには、こういった行事はたしかに必要だなぁ。


子供たちだけでなく、大人同士でももちろん、このシンタクラース祭を楽しむことができる。といっても、プレゼントをたくさん持ち込んでゲームをして取り合うという、定番のもの。先日、職場の同僚の部屋でシンタクラースパーティなるものを開いた。オランダの冬には欠かせないエルテンスープを飲みながら、プレゼント強奪合戦!わたしはといえば、終わる直前まで一番多くプレゼントをかかえており、あはは~、とあぐらをかいていたところで、最後に大逆転され、手元に残ったのはたったのひとつ・・・(涙)。マニキュアセット、でもこれは使えないな~(苦笑)。


また、老若男女問わず、このシンタクラース祭で人気のプレゼントのひとつで、名前の頭文字をかたどったチョコレートをお互いに交換する、というものがある。AやらMやらSやら・・・あげたい人の名前の頭文字を想いながら。あげる相手にとって特別で、かつ交換することで相手に接近できる、という特典があるみたい。これ、バレンタインデーに使うと面白いかも?笑。


それから、↑右の黒人ピートくん。黒人をピートとして使っているのは意外と面白い。白人のシンタクラースに黒人のピート。人種差別なく、誰もが親しみを持てるように、といった試みが読める。そんなピートたちを、子供たちは大好きだ。よい子にさえしていれば、お菓子やプレゼントをもらえるのだから。こういった習慣は、大人になっても活きてくる気がする。人種差別のすくないここオランダは、子供のころから偏見をもたないよう、教えられてきているようだ。こういったイベントは、オランダらしい、と思う。写真は、ピートに化けた友達(笑)。


*********************************************


シンタクラース祭が終われば、オランダもクリスマスムード。でも、まずはドイツの旅行記を続けます。

Natuurlijk ken je SInterklaasfeest als je hier woon! Zeker weten?! Wat heb je gedaan allemaal? Vorige week heb ik bij een collega's huisje bezoek en hebben we wat feestje. Iederen hebben iets kadaeutjes meegebracht, en daarna hebben we het uitgepakt, en de wedstrijd is net begonnen! De cijfer was slecht...maar ik heb enigszins van zelf genoten. ik vond het heel gezellig om allemaal thuis te vieren. Ik vertel jou de volgende verhalen over Duitsland, maar volgende keer!

コメント

そんな季節ですねえ

おお、そういえばそんな季節ですねえ。
Zwarte Piet はSt.Nicholasの召使(いわば奴隷)、つまりどっちかっていうとむしろ差別的な話なんですが、最近は彼は「煙突のススで顔が黒い」というようなことを言うのがpolitically correctである、と書いてありましたよー。ま、時代が変われば解釈も変わるということで。
http://en.wikipedia.org/wiki/Sinterklaas
アルファベットのチョコレート、もらうと嬉しいんだけど大きすぎて困りますよね・・・。

まのじさん

wikipediaのリンク、ありがとうございます☆そうかーなるほど、煙突のすすですか。謎が解けました。わたしは個人的に、この白人と黒人のトリオ(シンタとピート二人)がいいバランスをとっていると思えるのです。そうですね、本番は5日ですが、先週末が山場だったみたいです。これが終わればもみの木が花屋に並びますね。

satotjeに、sのレターチョコをあげたら意外に喜んでいました^^5日は靴に何かしかけようか・・・笑。

クリスマスっていいねぇ

クリスマス前のお祭りって素敵だなぁ。
世界中きっとクリスマスムード満点なんだね。
私も蒼に手縫いのサンタマントとフェルトのツリー作成中なのよ!なんか張り切っちゃって!
アルファベットのチョコの話、かわいいなぁ。
バレンタインにだんなにでもあげてみるかな。
「オランダの風習なのよぅ」なんて、知ったかぶりで(笑)

よちこへ

知ったかぶっちゃってくださいな^^わりと喜んでもらえるかも~。ほほ。ソウ君には同じs文字だね。
かわいいママしとうャん!うちも、今年は旅行先などでちょこちょこ集めてきたクリスマスグッズを飾ろうと思っているんだけど・・・うまく飾れるかなあ。こうご期待?!

シンタクラースが来るそんなシーズンですね。オランダから帰国後はや10年たちましたが、このズワルトピートもシンタクラースも寒さも、懐かしく思い出されます。オランダ情報楽しみにしています。

スタイリストさんへ

10年の歳月が流れているのですね・・・10年前とは比べ物にならないくらい温暖化していると思われます。本当に暖かいシンタクラース祭ですよ。

お客様でも、このブログをご覧いただいていらっしゃるかたの中にも、10年以上前にオランダに住んでいて、オランダが故郷のように懐かしい、とおっしゃるかたが多いです。そういう方々に、いまのオランダの情報をすこしでもお届けできれば、と思うのですが・・・気づけば私的な日記ブログになっていますね(汗) それでもご覧いただけるのはとても光栄です。いつもありがとうございます。
非公開コメント

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

 nijntje 

Author: nijntje 
FB上では幸せいっぱいの家族やプライベートのことを書いています。
このブログでは、ちょっとした愚痴ばかり書いています。笑

生まれ住んだ神戸をはなれ、仕事のため来蘭し、かれこれ12年目。2011年夏、アムステルダムから郊外のAlmere(アルメーレ)に引越し。まもなく長女、Miretje(ミレチェ)が誕生、その2年後にSoratje(ソラチェ)も加わり、4人でにぎやかな毎日を送っている。



gechereven ook in het Nederlands(written in Dutch as well as Japanese)



最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。